2013年02月26日

3月第1主日礼拝(レント第3主日)

       3月 3日(日) 午前10時30分〜11時50分
説  教 ”あなたのために祈った音楽      朝日研一朗牧師
聖  書  ルカによる福音書 22章24〜34節(p.154)
賛 美 歌  27、222、490、297、530、72、29
交読詩篇  118編22〜29節(p.134)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 08:12 | 毎週の礼拝案内

2013年02月25日

まさか、わたしが…【マタイ 26:17〜25】

聖句「弟子たちは非常に心を痛めて、『主よ、まさか私のことでは』と代わる代わる言い始めた。」(26:22)

1.《アクシデント》 東日本大震災と原発事故の時に「想定外」が流行語になりました。私たちの身の周りにも「まさか」と思うような事件が起こりますが、この場合の「想定外」は、流行語として済ませるには余りにも過酷な現実です。とは言え、何重に安全装置を施そうが、飛んでいる物は落ちるし、走る物は衝突するし、エネルギーを起こす物は爆発するのです。それが道理です。

2.《不祥事の隠蔽》 イジメによる生徒の自殺事件が起こると、学校や教育委員会がこれを「不祥事」「あってはならない事」としてキャンペーンを展開します。しかし、事件の解明に向かわず、隠蔽による組織防衛に力学が働くようです。教会の牧師によるセクシュアル・ハラスメント事件の場合も同様です。結局、隠蔽は加害者を放置し、被害者に更なる迫害を加え、排除して行きます。むしろ、私たちには「あってしまう事」と向き合う勇気が求められています。

3.《裏切りと赦し》 裏切ったのはユダだけではありません。バッハは「マタイ受難曲」で「私の事か?」と12回合唱させています。底本のルター訳は、マンガ風に言えば「グサッ、図星!」です。全員に「心当たり」「思い当たる節」があったのです。しかし、その厳しい罪の宣告の直後に「主の晩餐」が備えられているのです。「まさか」の裏切りを行なってしまう、罪に汚れた私たちのために、しかし、イエスさまは罪の潔めと赦しの聖餐を備えられたのです。そして、その罪を御身に負って十字架に付かれたのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 16:06 | 毎週の講壇から

2013年02月19日

2月第4主日礼拝(レント第2主日)

       2月24日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 ”まさか、わたしが・・・音楽     朝日研一朗牧師
聖  書  マタイによる福音書 26章17〜25節(p.52)
賛 美 歌  27、394、490、314、306、88
交読詩篇  125編1〜5節(p.147)

昼食サービス(カレーライス:300円) 礼拝後   於 階下ホール

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 08:03 | 毎週の礼拝案内

2013年02月18日

墓場のレギオン【マルコ 5:1〜20】

聖句「イエスが、『名は何というのか』とお尋ねになると、『名はレギオン。大勢だから』と言った。」(5:9)

1.《レギオン》 「レジオンドヌール勲章/名誉軍団国家勲章」も、「レジオネラ菌」の名前の由来「在郷軍人/レジョネーア」も「レギオン」から来ています。ローマ帝国の軍団単位から「大勢」を表わす意味で、当時のユダヤでも使われていたようです。ロラン・バルトは「悪霊は複数である」と定義し、人間関係の中に生成する感情(絶望、嫉妬、拒絶、欲望、自己喪失、高慢、虚栄心、不安)に、私たちが振り回される様を例えていました。

2.《病の分類》 近代以後、「汚れた霊に取り憑かれた人」の症状から「精神病」と分類されて来ました。確かに「病人」と「悪霊憑き」はセットに成っていて、体の病と心の病と考えられます。しかし、皮膚病も「癩病」も衣類や家屋の黴も同じ語で表わす時代です。原因の分からない病気は何もかも「悪霊憑き」としたはずです。北海道の「べてるの家」のメンバーは「自分の病気は自分で命名」しています。その病を背負って生きている者にしか本当のことは分かりません。それどころか、私たちが自分の病に気付かない場合もあります。

3.《家に帰る》 レギオンに取り憑かれた人は墓場にいました。生きながらにして死の世界に置かれていたのです。鎖や足枷で縛っても問題は解決しません。反対に信頼さえも失われてしまいました。直訳は「汚れた霊の中における人間」なのです。大勢の中にいても無感覚で無関心、愛も希望もありません。これは私たち自身の姿です。私たちの解放の根拠は神さまです。神に根拠を置いてこそ、愛は愛となります。イエスの悪霊祓いとは、閉鎖的な自己喪失状態から私たちを解放して、改めて社会と家族に送り返して下さることなのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 15:36 | 毎週の講壇から

2013年02月12日

2月第3主日礼拝(レント第1主日)

       2月17日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 ”墓場のレギオン音楽        朝日研一朗牧師
聖  書  マルコによる福音書 5章1〜20節(p.69)
賛 美 歌  27、394、490、296、313、88
交読詩篇  125編1〜5節(p.147)

賛美歌練習 (3月の月歌:222番)  礼拝後   於 礼拝堂
あいさつの会(相互交流の会)      賛美歌練習後
 (さんび)礼拝堂、(聖書輪読)記念室、(Café de 行人坂)階下ホール

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 12:07 | 毎週の礼拝案内

2013年02月11日

日曜日は喜びの日【申命記 5:12〜15】

聖句「主の安息日であるから、如何なる仕事もしてはならない。…そうすれば、あなたの男女の奴隷も、あなたと同じように休むことが出来る。」(5:14)

1.《日曜日》 1872年の「明治改暦」により、太陰暦から太陽暦に改めた際に、日曜日を公休日と決めました。江戸時代には「一六日」がありましたが、穏やかに休むことは許されませんでした。日本社会もキリスト教の「主日」を受け入れたのですが、「週の初めの日」とは考えていません。多くの人が労働の余禄として手にした「週末の休み」と受け止めています。

2.《安息日》 旧約聖書の律法は「安息日」の意味付けとして、3点を挙げています。主がエジプトで奴隷であったイスラエルを救い出したのだから、全ての人が苦役労働から解放されるべきである(申命記5章)。天地創造の御業を覚えて安息すべきである(出エジプト記20章)。主と民との契約を確認し、更新すべきである(エゼキエル書20章)。3つの理由に共通して言えるのは、神さまが人を生かして下さる「御業に感謝しなさい」です。律法と言いながらも、元来、安息日は「喜びの日」「祝いの日」であったのです。

3.《主の日》 ところが、安息日厳守を求める余り、「違反者を死刑に処せ」とまで言われるようになるのです。キリスト者は主の復活日を「主日」として守るようになりました。人を「束縛する日」ではなく「解放する日」として教えたのです。しかし、カトリックの国教化の後も、宗教改革者が権力を握った後も、日曜日を法律によって強制しようとする愚かな試みが繰り返されました。まるで「鼬ごっこ」です。人の心は規則では縛れません。却って、離れて行ってしまいます。愛は私たちが自発的に生きる力なのですから。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 09:21 | 毎週の講壇から

2013年02月06日

2月第2主日礼拝

       2月10日(日) 午前10時30分〜11時45分
説  教 ”日曜日は喜びの日音楽        朝日研一朗牧師
聖  書  申命記 5章12〜15節(p.289)
賛 美 歌  27、394、490、413、204、71、29
交読詩篇  125編1〜5節(p.147)


・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 07:23 | 毎週の礼拝案内

2013年02月05日

弱小低遅狭(じゃくしょうていちきょう)!【マタイ7:13〜14】

聖句「狭い門から入りなさい。滅びに通じる門は広く、その道も広々として、そこから入る者が多い。」(7:13)

1.《狭い門と広い門》 イエスの時代の町は城壁で囲まれた要塞都市でした。「大きく広い門」とは権力者が入城する凱旋門、「小さく狭い門」は「糞門/汚物門」でした。そこには、ゴミを漁る貧民、排除された病者、被差別の階層がいました。イエスの言葉は、その人たちと肩を並べて生きる「共生への志」に満ち溢れた言葉なのです。入試に言う「狭い門・広い門」とは訳が違うのです。

2.《三間=さんまを》 「今の子どもには『さんま』がない」と言われます。「時間」(余裕の欠如)と「空間」(場の喪失)と「仲間」(本当の友の不在)です。かつての日本家屋には色々な「間」がありました。しかし今は、競い合い、命を削り合い、「狭き門」に殺到する生き方の中で「間」が無くなっています。距離感を失っているのです。かつて若者たちの間では「仲間以外は皆風景」と言われ、今や「自分以外は皆風景」と言われています。「間」が抜けた時代です。これを「間抜け」と言うのでしょう。

3.《余地のある客間》 高度経済成長期に「強大高速広」を追求した結果です。今の若者たちも尚、履歴書の空欄の「間」を必死に埋めようとしています。しかし、私たちは所詮「致死率百%」の弱さと脆さを抱えた存在です。弱さを絆として、命を育み合うのが本分です。徴税のための人口調査(住民登録)に、ベツレヘムが溢れ返る中、「客間には彼らのいる余地がなかった」で、イエスの生涯が始まります。そのイエスが好んで徴税人の家に泊まった事実は興味深いことです。傷付いた人の心の隙間に、イエスは泊まろうとされるのです。教会が神の「居間」、神と出会う「広間」と成りますように、そこにこそ、教会の存在意義があるのではないでしょうか。

木村良己牧師(同志社高等学校・中学校校長)

posted by 行人坂教会 at 19:59 | 毎週の講壇から

2013年02月04日

創立110周年記念礼拝

創立110周年記念礼拝での木村良巳牧師による説教の様子です。
たくさんの方にご出席をしていただきました。

20130203木村牧師の説教

礼拝後に弦楽四重奏のミニコンサートがおこなわれました。

20130203コンサート

その後で記念撮影をしました。

20130203行人坂教会記念撮影
posted by 行人坂教会 at 17:25 | 教会アルバム