2013年03月11日

茨の冠、葦の棒【マタイ 27:27〜31】

聖句「イエスの着ている物を剥ぎ取り、赤い外套を着せ、茨の冠を編んで頭に載せ、また、右手に葦の棒を持たせて…」(27:28,29)

1.《引き渡す》 ローマ帝国側の責任者、ユダヤ総督ピラトは「私には責任がない」と言います。「水を持って来させ、群集の前で手を洗う」というパフォーマンスまで演じています。しかし、彼はイエスさまを「十字架に付けるために引き渡した」と明記されています。自分で直接手を下さずとも人は殺せるのです。責任を感じないままに、私たちも大切な何かを「引き渡して」いるかも知れません。

2.《私の責任》 十字架に掛ける前に、死刑囚を嘲るのがローマ兵の習慣でした。しかし、総督官邸から引き出された時には、イエスさまは自分の十字架を担ぐ力も失っていました。磔刑は、受刑者が体力頑健な場合には、数日も生き長らえたと言われますから、数時間で絶命したイエスさまは衰弱していたことが分かります。拷問と虐待、暴行が行なわれたことは明らかです。しかし、福音書は兵士の拷問を告発する代わりに、十字架への信仰告白を行なうのです。

3.《責任告白》 自らの責任を告白せずに、如何なる信仰告白もありません。「赤い外套、茨の冠、葦の棒」は、いずれも私たちの罪と弱さを表現する品物です。しかしながら、緋のような罪もキリストの血によって浄められるのです。茨の棘はアダム以来の原罪を表わします。全国水平社の「荊冠旗」にまで受け継がれています。これも、神が触れる時に救いの徴と変えられる(グレゴリウス1世)のです。葦の棒で頭を打ち叩かれるイエスさまの御姿は如何にも惨めですが、本当に惨めなのは、葦のように折れ易い私たちの弱さでしょう。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 16:53 | 毎週の講壇から