2013年03月31日

ナラティヴム

1.読み聞かせ

2009年4月初め、二男が突然、小児脳梗塞(脳幹梗塞)という病気を発症し、生死の境を彷徨いました。意識を取り戻したものの、重い四肢麻痺と構音障碍が残りました。2ヶ月の急性期入院と半年間のリハビリ入院期間が終了し、車椅子ながらも下目黒小学校に復帰することが出来たのは、3学期に成ってからでした。寒い季節でもあり、後遺症や免疫力の低下もあったのでしょう。2日登校しては1日休むというような学校生活でした。

朝に私が二男を送り、午後に妻が迎えに行くという毎日が始まりました。そんな時、私たち夫婦は、PTAの方から「読み聞かせ」のボランティアに誘われました。月1回、ほんの10分程の「朝の会」のことです。2011年の2学期から始めたのだったと記憶しています。何しろ慌しい朝の時間です。始めた当初は、完全に失念してしまっていて、夫婦して穴を開けるという大失態を演じたことがあります(突然の欠席にも対応できるように、区民ボランティアのベテランさんがサポートして下さっているのですが…)。

この失敗を反省して以来、基本的には、私が参加し、妻は1年1回か2回くらいの特別出演に成っています。私が「読み聞かせ」をしようと思った契機は、二男が愛して止まぬ下目黒小学校の、その子どもたちに、何か関わりを持ちたいと思ったからです。保護者の、しかも、お父さんの「読み聞かせ」は珍しがられたようで、現在、下目黒小学校のHPにも写真がアップされています(2013年3月10日付け3年生のページ「今年度最後の読み聞かせ」)。

2.語りと騙り

@長谷川集平:『トリゴラス』(文研出版)、Aマイケル・ローゼン作・クエンティン・ブレーク絵:『悲しい本』(あかね書房)、B長谷川集平:『はせがわくんきらいや』(ブッキング)、Cキティ・クローザー:『ちいさな死神くん』(講談社)、Dエヴァ・シュヴァンクマイエローヴァー:『オテサーネク』(水声社)、E長谷川集平:『すいみんぶそく』(童心社)、F宮部みゆき作・吉田尚令絵:『悪い本』(岩崎書店)、Gかのこ作・米倉斉加年絵『トトとタロー』(アートン)、H皆川博子作・宇野亜喜良絵:『マイマイとナイナイ』(岩崎書店)、Iアーサー・ビナード作・ベン・シャーン絵:『ここが家だ/ベン・シャーンの第五福竜丸』(集英社)、J八百板洋子作・齋藤芽生絵:『吸血鬼のおはなし』(福音館書店)、K本橋成一:『チェルノブイリからの風』(影書房)、L鳥山明:『てんしのトッチオ』(集英社)、M杉山亮作・竹内通雅絵『きんたろう』(小学館)、N京極夏彦作・町田尚子絵:『いるのいないの』(岩崎書店)…。順番は適当ですが、これまで採り上げた本です。

こうして並べてみると、ACEは典型的な「死の教育/デス・エデュケーション」です。Bは森永砒素ミルク中毒、Iは第五福竜丸の被曝、Kはチェルノブイリ原発事故を扱った社会的なテーマの作品です。@は怪獣、Dは人喰い樹、Fは心の闇、Hは体の中にいる他者、Jは吸血鬼、Nは家に憑依した霊と、恐怖と怪奇と不安をテーマにしています。Gは全く分類不能です。LとMだけが辛うじて痛快な作品です。

実は、私は「読み聞かせ」という語が余り好きではありません。「聞かせ」という部分に、何か押し付けがましさと言うか、強制力を感じてしまうのです。それで、私自身は「語り」と呼んでいます。文化人類学や旧約聖書学、古典文献学や言語学では「ナラティヴム/Narativum」と言われる部分を担当していると、自分では心得ています。勿論「語り」は「騙り」に通じてもいます。けれども、それだからと言って、即ち「嘘」等という訳ではありません。フィクションの中にもリアリズムがあり、ファンタジーの中にも現実世界が反映されて居り、嘘八百の戯作の中にも真実が込められているのです。

3.愛を叫ぶ獣

私が「語り=騙り」に拘っているのは、思い返してみると、子ども時代に見たテレビドラマの影響かも知れません。『アウターリミッツ』『宇宙大作戦』『未知の世界/ミステリーゾーン』『悪魔の異形』『プリズナーNo.6』『四次元への招待』『ヒッチコック劇場』『オーソン・ウェルズ劇場』等の米英ドラマ、円谷プロ製作の『ウルトラQ』『怪奇大作戦』『恐怖劇場アンバランス』も忘れる事は出来ません。

例えば、『アウターリミッツ』にはハーラン・エリスン(『世界の中心で愛を叫んだけもの』)が、『ミステリーゾーン』にはリチャード・マシスン(『地球最後の男』『ある日どこかで』)が台本が書いた作品もあったのです。幼少時に、これらの作品に触れた御蔭で、私は自ら命を絶つこともせずに、投げ槍になることも無く、今も生きるを得ているのです。

今の子どもたちが、それに匹敵する「語り」に出会っているか、それは知りません。『世にも奇妙な物語』『本当にあった怖い話』『トリハダ』等の現代のショートショートが、果たして、私たちが生きる力を得た程に、今の子どもたちに与えてくれるのか、私には分かりません。時代状況も、子どもを取り巻く環境も違うからです。しかし、私は、かつて私が受けたように、子どもたちに語ろうと思います。

ハーラン・エリスンやリチャード・マシスンには遠く及びませんし、金城哲夫や市川森一や上原正三に比ぶべくもありませんが、「子どもたちに、生きる力を届けたい」という、その心意気だけは失わないで、子どもに向かって「語り」を続けていきたいと思っているのです。その意味では、小学校の「読み聞かせ」も、教会学校の「子どもの礼拝」のメッセージも、私にとっては同じなのです。

世界に対する違和感だったり、居心地の悪さだったり、漠然とした不安だったり、そういうものが、結局、最後の最後には「生きる力」に成って行くのです。なぜなら、私たちがこの世に生きるということは、まさしく、そういうことに他ならないからです。

牧師 朝日研一朗

【2013年4月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 07:37 | ┣会報巻頭言など