2013年05月27日

わたしにあるもの【使徒言行録3:1〜10】

聖句「私には金や銀はないが、持っているものを上げよう。ナザレ人イエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい。」(3:6)

1.《大化け》 デビュー時に目立たなかったタレントが、何かを契機にして一躍大スターに成ることを、芸能界では「化ける」と言います。ペトロは思慮浅く、誘惑に負け、何度も失敗を重ねました。しかし、その冴えない男が使徒の代表、やがてローマ教会の指導者となり、殉教を遂げるのです。歴史に大きな活動の足跡を残したペトロを支えた、信仰の原点は何だったのでしょうか。

2.《奇跡力》 イエスさまを否認したペトロでしたが、危うい所を、主の復活と赦しによって生かされたのです。彼にあるのは、その確信と証言だけでした。神殿で「生まれながら足の不自由な男」と出会ったペトロは、その「持っているものを上げた」のです。物乞いは「歩き回ったり躍ったりして」神を賛美しました。「歩き回る」こと等、私たちには何でも無い事のようですが、それが奇跡です。当たり前の事として見過している事柄の中に、神さまの御力が働いているのです。

3.《お名前》 人を生かすものは金銀ではなく、十字架の赦しの力です。「イエス・キリストの名によって」と言われているように、奇跡の出来事はペトロの力によるものではありません。イエスさまの御名に、その御生涯と御業、御言葉が全て宿っているのです。しかしながら、魔術的な呪文でも霊験新たかな効力でもありません。ただ、私はここに立っている、赦され生かされているという証しです。そして、それこそが人間の恢復に是非とも必要なのです。更には、それが「無学な普通の人」に非凡な人生を歩ませて行ったのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 10:38 | 毎週の講壇から