2013年08月30日

行人坂教会創立110周年記念ミニコンサート

行人坂教会創立110周年記念

   ミニコンサート

9月22日(日)正午から1時間

  • モーツァルト:モテットより「踊れ喜べ、汝幸いなる魂よ」
     W.A.Mozart: Mottet Exsultate Jubilate
  • ブラームス:5つの歌より「日曜日」
     J.Brahms: 5 Lieder Sonntag
  • ヴィヴァルディ:モテットより「主の僕らよ、主をほめたたえよ」
     A.Vivaldi: Mottet Laudate pueri Dominum
  • シューベルト:歌曲「音楽に寄す」
     F.Schubert: An die Musik
  • その他

  • 大元和憲(おおもと・かずのり)バリトン
  • 福田美樹子(ふくだ・みきこ)ソプラノ
  • 向阪由美子(さきさか・ゆみこ)ピアノ伴奏


日本基督教団 行人坂教会 東京都目黒区下目黒1−4−1 牧師 朝日研一朗


大元和憲(おおもと・かずのり)バリトン

東京藝術大学大学院修士課程修了、同大学院博士課程修了(博士号取得)。平野忠彦、服部太、故渡辺健次郎に師事。第15回奏楽堂日本歌曲コンクール第3位。第2回中田喜直記念コンクール金賞。大中恩ほか日本歌曲の研究家。オペラでは『カルメン』(エスカミーリョ)、『ドン・パスクワーレ』、『魔笛』、佐藤眞『犀』(二郎)、『おこんじょうるり』、『ドン・ジョヴァンニ』(タイトルロール)、日生オペラ教室『夕鶴』(運ず)、『カルメン』(スニガ)、メノッティ『電話』、『カヴァレリア・ルスティカーナ』、新国立劇場公演『罪と罰』(士官)、『マノン』、『おさん』等に出演。また、バッハ『マニフィカトD dur』、ストラヴィンスキー『ミサ』、ベートーヴェン『第九』『ミサC dur』、芸大定期ドヴォルザーク『レクイエム』のソリストを務める。和歌山大学教育学部音楽教育学科准教授。


福田美樹子(ふくだ・みきこ)ソプラノ

国立音楽大学付属音楽高校、国立音楽大学声楽科卒業。スペインのリセオ音楽院にて最優秀の成績でディプロマを取得後、フランスのボルドー音楽院、パリ市立音楽院にてフランス歌曲、オペラを学ぶ。ボルドー地区の教会、フェミナ劇場などのコンサートに出演。古典からルネサンス歌曲、現代歌曲までのソロやオペラ、アンサンブルなど幅広いジャンルで活動している。フランス語のディクションに力を入れて、後進の指導に当たっている。東京音楽学院講師、コンセールC会員。川口絹代、マディー・メスプレ、カルメン・ブスタマンテ、イレーネ・ジャルスキー、ジャンクリストフ・ブノワの各氏に師事。


向阪由美子(さきさか・ゆみこ)ピアノ伴奏

フェリス女学院大学音楽学部器楽学科(ピアノ)卒業。1999年よりドイツ国立ブレーメン芸術大学演奏学科に留学。在学中、声楽科の伴奏を務め、また、学内オーケストラのピアノパートとしても活動する。学内では2000〜2002年、オペラ・ピッコラ・ブレーメンのコレペティトゥア及び、本番オーケストラにてピアノパート/チェンバロを担当。イタリアのサンタキアーラ国際音楽アカデミーにピアノソロで参加。2002年10月、ブレーメン芸大修了、帰国。これまで、フェリス女学院音楽学部副手、二期会オラトリオ講座・オペラワークショップ・ピアニストなどとして研鑽を積む。ピアノを山田富士子、河野元、シュテファン・ジーバス、マインハルト・プリンツ、室内楽をジーバス、カトリーン・シュルツ、アレキサンダー・ベリー、伴奏法を森島英子、故トーマス・デューイの各氏に師事。




  
posted by 行人坂教会 at 18:37 | 教会からのお知らせ

2013年08月27日

9月第1主日礼拝

       9月 1日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 ”偽善者の田舎芝居” 音楽      朝日研一朗牧師
聖  書  マタイによる福音書 6章1〜4節(p.9)
賛 美 歌  27、440、490、496、457、80、88
交読詩篇  147編1〜7節(p.164)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 07:26 | 毎週の礼拝案内

2013年08月26日

愛敵と隣人愛【マタイ5:38〜48】

聖句「『隣人を愛し、敵を憎め』と命じられている。しかし、私は言って置く。敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。」(5:43,44)

1.《共生》 行政でも使われる「共生」は、本来、生物学の用語です。2つの異なった種類の生物が密着して生活して、相互の利害を共有しているのです。詩人の石原吉郎は自身のシベリア抑留体験から、共生は便宜的に始まるのではなく、そうしなければ生きられない、切羽詰った形で始まったのではないかと言います。石原は「最も近い者に最初の敵を発見するという発想を身につけた」のでした。

2.《敵性》 ギリシア語の「近い者/プレーシオン」こそは、聖書の「隣人」に他なりません。イエスさまが引用なさった「レビ記」19章を見ても「敵を憎め」等とは書いてありません。兄弟愛、同胞愛、隣人愛を説いているだけです。それは自分の部族の者に限定され、「敵を憎め」へと収斂していきます。これが「隣人愛の正体」です。イエス御自身は「隣人を愛せ」と言わず「敵を愛せ」と仰っているのです。無理難題としか思われません。しかし、私たちもまた、神さまから見れば「悪人」「正しくない者」かも知れません。そのように考える時、私たちは、敵だとても同じこの世に生かされていることを知るのです。

3.《愛敵》 キリスト教会は「敵を愛する」との主の命令を「敵は、愛することによって敵ではなくなる」「敵を味方に付けることによって敵を滅ぼす」(リンカーン大統領)と教えて来ました。しかし、この方法論の根底にあるのは、ユダヤ教と同じ「隣人愛」の教えです。ただ、如何にして敵を隣人に変えてやろうかというのです。このような考え方から欠落しているのは、「天の父」から見れば、他ならぬ私たち自身が「敵」であるかも知れないという思慮深さです。十字架を置き去りにしたら、それはキリスト教信仰ではありません。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 19:46 | 毎週の講壇から

2013年08月25日

夏休みの忘れ物

1.宅配便

滞在する先方に、事前に宅配便を送って置く。あるいは、帰る直前、自宅宛てに宅配便を送って置く。恐らく、誰もが普通にしていることです。出来るだけ手持ちの荷物を減らすためです。車椅子の同伴者があれば尚更です。

今年も夏休みを利用して、鹿児島大学の霧島リハビリテーションセンターに、二男を入院させることが出来ました。とは言え、昨年より1週間ほど短い日程でした。しかも、長男の夏期講習があり、彼を独り東京に残して置くことも出来ませんでしたから、往路と前半の11日間を妻が担当し、後半の11日と復路とを私が担当するように、夫婦で交替して、病院の付き添いに当たりました。

霧島を離れる数日前に、病院の売店で段ボール箱を貰って、逗留しているホテルに持ち帰り、済んだ物から少しずつ箱詰めをして行きます。やり終えた夏休みの宿題、読書感想文、読み終えた本、洗濯して畳んだ着替え、病院の陶芸教室で作ったお皿、お土産…。前日夕方には、段ボールは満タンに成り、発送を終えることが出来ました。ところが、不思議なもので、退院の朝、病院に行ってみると、後から後から荷物が出て来るのです。結局、二男の旅行鞄も私のリュック(ドイツ陸軍の背嚢です。オーケーへの買い出しにピッタリ)も、気付けばパンパンに膨らんでいました。

さて、帰宅して翌々日、霧島から段ボールが届きました。箱から出して整理して行くのですが、何かが足りないような気がしてなりません。入れ忘れてしまった何かがあるのです。それは、こちらに送り届けることの出来ないものなのです。それは、私自身が目を閉じて、思い出すことで、漸く脳裏に広がって行く情景なのです。

2.十字架

霧島リハビリテーションセンターの庭には、小さな東屋があって、足湯を楽しむことが出来ます。勿論、盛夏の真昼間、屋根があるとは言え、そんな所で足湯に浸かる人は誰もいません。それでも、二男が足湯に入りたいと言うので、装具を脱がせて、足湯に入れてやりました。私は彼が倒れないように背後に立って、上体を支えています。

真夏の青い空に、白い入道雲、山々の緑、蝉の鳴き声、滴る汗、あちらこちらから温泉の白い蒸気が立ち昇っています。

二男が山の上に目を遣って、「十字架」と言いました。見れば、山の頂上に1本、大きな松の木があって、中央の幹から左右の手のように枝が分かれていて、その有様は「十字架」のようです。ホテルや道路から見ていた時には気付きませんでした。角度が違うと、まるで分からないのです。しかし、病院の庭の足湯に座って見ると、その角度からは、確かに「十字架」に見えるのです。それも、リオデジャネイロの「コルコバードのキリスト像」に見えるのです。御存知でしょうか。山の上で、キリストが両腕を広げて、全ての人を迎えてくれているのです。ポルトガル語の正式名称は「Cristo Redentor/贖い主なるキリスト」と言うのだそうですが、あのキリスト像のように見えるのです。

所謂「心霊写真」と同じです。記念写真の背景に写り込んだ木や草の葉っぱや岩石が人間の顔に見えたりするのです。それは、私たちの脳が「人間」を「顔」として認識するシステムを持っているからです。幼児に絵を描かせれば、巨大な円形に目と口のある顔で、それに申し訳程度に手足の線画が付け足してあります。認識論的には、あれこそが最もプリミティヴな「人間」の姿なのです。

つまり、私たちは常に「顔」としての「人間」を無意識に、あらゆる風景の中に探しているのです。言うまでも無く、単なる目の錯覚なのですが、そんなことを言ったら、私たちの認識するものは全て錯覚と言っても良いのです。恋をすると、相手が美しく見えるのも錯覚なのです。赤ん坊が可愛く見えるのも錯覚なのです。家族が仲良く幸せに感じるのも錯覚なのです。ペットの犬猫が懐いてくれていると思われるのも錯覚なのです。自分が職場や社会から評価されていると考えるのも錯覚なのです。

しかしながら、錯覚は錯覚であっても、どのような錯覚を見るかということが問題なのです。「心霊写真」には何の意味もありません。しかし、恋人が美しく思われ、赤ん坊が可愛く見え、家族が幸せに感じる、それは大きな意味のあることなのです。それを説くことが信仰です。同じように、山の上の1本松に、両腕を広げて万人を迎えんとするキリスト像を重ね見ることもまた、意味のあることなのだと思います。

3.愛の歌

ボサノバの名曲に「コルコバード/Corcovado」があります。それこそ、キリスト像の立つ「コルコバードの丘」の情景が歌い込まれています。アントニオ・カルロス・ジョビンの作詞作曲です。ジャズの名盤『ゲッツ/ジルベルト』では、英詞も付けられて「Quiet nights of quiet stars」(アストラッド・ジルベルトのヴォーカル!)という歌い出しでも知られています。素晴らしい歌詞(ポルトガル原詞)なので、ご紹介しましょう。

「1つの場所、1本のギター/この愛、1つの歌/それらが愛する人を幸せにする。/考えるための静寂と/夢見るための時間がある。/窓の向こうにはコルコバードの丘が見える/キリスト像が美しく微笑み掛けている。/…/悲しみに沈み/世界を信じられなかった私が/あなたに出会い/知ることが出来た/幸せの意味を。」

きっと、コルコバードのキリスト像も、イエスさまがマルタに仰ったように「大切なものは数多くは無い。たった1つだけなのだよ」(ルカによる福音書10章42節)と、作詞者に語り掛けたのでしょう。そんな、胸の熱くなる詞ではありませんか。

牧師 朝日研一朗

【2013年9月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 09:59 | ┣会報巻頭言など

2013年08月20日

8月第4主日礼拝

       8月25日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 ”愛敵と隣人愛” 音楽        朝日研一朗牧師
聖  書  マタイによる福音書 5章38〜48節(p.8)
賛 美 歌  27、410、479、482、29
交読詩篇  57編1〜6節(p.65)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 09:56 | 毎週の礼拝案内

2013年08月19日

舟【創世記6:14、22 ルカ5:1〜11】

聖書に出てくる「舟」とは、教会を暗示している。船内がそうであるように、教会の中も平等・協力を必要とする場所なのである。更に、湖上で揺れる舟のように、教会も常に不安定である。いつも、なんだかんだと問題が起きて揺れるのだ。揺れない船がないように、揺れない教会もない。いや揺れるからこそ、お互いの虚飾もはがれる。裸とはいかないが、下着一枚で恥ずかしながら集まっている。お互いの隠せない恥と罪を、許しあって生きるしかない場所なのだ。更に舟は、陸から離れている。これは教会が、この地上から常に距離を置いていることを暗示している。しかし完全に離れているわけではない。地上と天国の中間地点、ターミナルの場所。完全に天国でもない、完全に地上でもない、曖昧な距離感、漂流感が教会の特徴。イエスの招きを受けたペトロたちは舟を陸にあげて従った。この陸に上げられた舟、全く無意味な、力のない、間の抜けた姿。ここに教会の最後の姿がある。イエスと共にいる時、もはや教会が陸に上がった舟のように、教会は無用になる。神の名は、主の栄光は永遠であっても、教会は永遠ではない。あの教会も、この教会も、いずれは陸に上がった舟のようになる。大切なのは舟ではない。舟が運んだ人々こそが大切なのだ。ノアの箱舟が偉大だったのではない。箱舟が運んだ命一つ一つこそが、かけがえがなかったのだ。その船が運んだ人々が、イエスと共に生きるのであれば、教会は陸に打ち捨てられてよい。ただ振り返って、崩壊寸前の傷ついた教会に、心からの感謝をささげたい。涙をぬぐいつつ教会を慈しむ、そんな感謝の思いに満たされる日が来ると聖書は語る。

塩谷直也牧師師

posted by 行人坂教会 at 16:03 | 毎週の講壇から

2013年08月13日

8月第3主日礼拝

       8月18日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 ” ”       塩谷直也牧師(青山学院大学宗教主任)
聖  書  創世記 6章14、22節(p.8)
      ルカによる福音書 5章1〜13節(p.109)
賛 美 歌  27、410、490、524、557、29
交読詩篇  57編1〜6節(p.65)

讃美歌練習(9月の讃美歌:440番)  礼拝後         礼拝堂
郷土料理有志の会昼食サービス   讃美歌練習後       階下ホール
 宮崎名物:うまか!冷や汁(300円)、酷暑にスタミナを付ける郷土料理
ホサナ広場映画会       午後1時〜2時40分        礼拝堂

ご注意:今回の礼拝の音声録音は行いません。
posted by 行人坂教会 at 07:59 | 毎週の礼拝案内

2013年08月12日

不公平な人生【サムエル記上 26:6〜11 ルカ16:19〜31】

私だけがどうして不幸なのか、どうして人生は不公平なのか、そう嘆く私たちは、無意識のうちに不公平を是正するための復讐を計画している。しかしそれに対しダビデとラザロは、不公平の最終的是正が神の領域であることを示してくれる。復讐できるけれどあえてしない、強さと愛の世界があることを私たちに教えてくれる。

コルベ神父の身代わりによって生き残ったガヴィヨニチェック、彼も逆の意味で また人生の不公平に悩んだ一人。どうして自分だけが生き残ったのか。どうしてあんないい人が殺され、私のような人間が生き残るのか。このような人間もまた、人生の不公平を是正するための復讐をする。しかし復讐の相手は、自分自身。自らを殺して、人生の不公平を是正しようとするのだ。

もしもコルベ神父がこのガヴィヨニチェックの苦しみを聞いたら天国で何と言 うだろう?小崎登明氏はこの問いにこう答えた。「人間に・・・あの人は尊い、この人は貧しい、そう言う生き方はないのだよ。全ての人間は、同じように神が愛しておられる。神は普通の人を愛される。どの人も、あの人も、神の豊かな愛に生かされているのだから。」・・・ガヴィヨニチェック、あの人は生きる価値がある。この人にはない、と言うことはない。全ての人間は同じように神が愛している。神はあなたのような普通の人を愛される。偉い人も、立派な人も、若くして死んだ人も、生き残ったあなたも、神の愛に生かされている。私が死んで、あの人が生きた方がよっぽど良かった、と言うことはない。全ての人に生きる価値がある・・・。

不公平な人生を是正しようと私たちは復讐に走る。けれどダビデ、ラザロ、そしてイエスは、私たちに語る。本当の強者となり、神にゆだねなさい。与えられた人生を、生き残ったあなたのたった一つの命を大切にしなさい、と。

塩谷直也牧師師

posted by 行人坂教会 at 17:08 | 毎週の講壇から

2013年08月07日

幽径耽読 Book Illuminationその9

  • 「白魔」(アーサー・マッケン著、南條竹則訳、光文社古典新訳文庫)
    ふと、気が付くと、最近、南條竹則訳の幻想小説ばかりです。「プロローグ」の隠者アンブローズとコットグレーヴの対話こそは、マッケンの思想のエッセンスです。物質文明の中を生きなければならぬ、現代の幻視者の立ち位置です。その点で、併録の「生活のかけら」は小説としては限りなく退屈ですが、物質生活から霊的生活へと移動するための(随筆形式の)指南書なのでしょう。マッケンの父親が国教会の牧師であるのは知っていましたが、まさか「高教会派」(High Church)だったとは驚きです。それなのに生活に窮乏していて…。マッケンがカトリックに改宗するのも無理ありません。T・S・エリオット、ブラウン神父(チェスタトン)、そんなのばっかり読んでいます。
  • 「天来の美酒/消えちゃった」(アルフレッド・エドガー・コッパード著、南條竹則訳、光文社古典新訳文庫)
    墓場に最後に埋められた者が、古参の連中の奴隷となって、他の亡者どもに仕えねばならぬという、恐ろしい迷信に囚われた老人の悩み(「マーティンじいさん」)。自分の教区(parish、日本で言えば「教会」)の皆の衆を天国まで導きながら、自らは門扉を閉ざされてしまう牧師のショック(「レイヴン牧師」)。田舎の少年が俳優から信仰復興運動の説教者へと転身、挫折、最愛の女性との死別を経て、修道会の運営する救貧院で死を迎える人生(「天国の鐘を鳴らせ」)。自称無神論者コッパードによるこれらの短編こそ、牧師必読の小説です。
  • 「ソーシャルワーカーという仕事」(宮本節子著、ちくまプリマー新書)
    ソーシャルワーカーは他者の人生に介入する仕事。「それらの人生に向き合うことにより自分の頭の中の引きだしを一つ一つ増やしていく。そうした蓄積を重ねて、ワーカーとして成長出来るのです」。牧師という自分の仕事を振り返ると、その共通性に驚かされました。これまで大勢の人たちに出会いました。その1人1人と交わした対話、一緒に過ごした教会生活、共に祈り働いたこと、そういった事が私の胸の中に抽斗を増やしていたのです。明治から昭和にかけての賀川豊彦、石井十次、富岡幸助など、キリスト者がソーシャルワーカーの先駆的な働きをしていたことも思い出されました(p.166、5〜8行目)。ワーカーが絶望してはいけない。楽天的でなければいけない。しかし、職業的な憂いが必要。この辺り、牧師の仕事そのものです。
  • 「知れば恐ろしい日本人の風習」(千葉公慈著、河出書房新社)
    「ぼたもち」「おはぎ」に関連して、社寺の朱色信仰が血液、それも神への供犠の、台座から滴り落ちる生贄の血を起源とするという話。あるいは「蘇民将来」の一族が「茅の輪潜り」で疫病除けをしたものの、「巨旦将来」の一族が滅亡する話。これらは、まさに「過越祭」の起源譚を彷彿とさせます。福の神を外へ逃がさないため、正月に雨戸を閉め切ったり、掃除、労働せず、物忌み状態で過ごす。これまた「安息日」律法に共通します。巻末の「小泉小太郎」説話から「神仏習合」の粋を抜く辺りの見事さ、感服しました。仏教同様、外来宗教であるキリスト教も、明治以来の禁忌を犯して、習合の営みに踏み出すべきなのかも知れません。
  • 「カイヨワ幻想物語集/ポンス・ピラトほか」(ロジェ・カイヨワ著、金井裕訳、景文館書店)
    「ポンテオ・ピラトのもとに十字架につけられ、死にて葬られ…」とは、今も毎週の礼拝で唱えられる「使徒信条」の一節です。そのピラトが、もしも異なった判決を下していたら…という小説です。「それはシモン・ペトロの切り落とされた耳が奇跡によってもと通りになる話であり…」(p.89)は、「シモン・ペトロによって」とすべきでしょう。併録の「ノア」も、深い洞察に満ちた物語です。大洪水の中、羊飼いの母親が乳飲み子もろ共に大きな鮫に食べられるのを、ノアは目撃してしまいます。その理不尽さに彼の正義感はショックを受けます。ノアは、自分が神によって救われたことを誇りとは感じられなくなり、酒浸りになっていくのです。ワインを飲んで酔っ払う「農夫ノア」の物語(創世記9章20〜28節)を見事に織り込んであります。
  • 「終点:大宇宙!」(A・E・ヴァン・ヴォークト著、沼沢洽治訳、創元SF文庫)
    やはり、怪獣ファンとしては「休眠中」のイーラでしょう。異次元からゾロゾロと侵入して来る「音」のイェーヴド人も、「アウター・リミッツ」や「ウルトラセブン」を思い出させます。昔の翻訳(1973年)のせいばかりではないでしょう。今読むと、懐かしいと言うか、古臭い印象もあります。その辺りが、フレドリック・ブラウンやシオドア・スタージョンと違うのです。それでも(と言うか、それ故に)巻頭の「はるかなりケンタウルス」はオチが最高です。
  • 「ハカイジュウ」第10巻(本田信吾作、秋田書店)
    『世界怪獣映画入門!』(洋泉社MOOK)に大畑創監督(『へんげ』)による実写プロモ版『ハカイジュウ』の写真が載っていて、思わず長男に見せてしまいました。秋田書店のビルが破壊される楽屋落ちみたいな場面があるのですが、編集部から逃げ出している後ろ姿の人物が「手長足長」みたいで、これが一番気持ち悪かった。ハッキリ言って、クラーケンはインパクトありません。新型の巨大フューズの方が印象的でした。
posted by 行人坂教会 at 22:43 | 牧師の書斎から

2013年08月06日

8月第2主日礼拝

       8月11日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 ”不公平な人生”   塩谷直也牧師(青山学院大学宗教主任)
聖  書  サムエル記上 26章6〜11節(p.472)
賛 美 歌  27、410、490、356、580、29
交読詩篇  57編1〜6節(p.65)

ご注意:今回の礼拝の音声録音は行いません。


posted by 行人坂教会 at 10:43 | 毎週の礼拝案内