2013年11月30日

2013クリスマス諸行事のご案内

2013年の行人坂教会の「クリスマス関連の諸行事のご案内」のパンフレットです。

クリスマス関連の諸行事のご案内 2013


行人坂教会 クリスマス関連諸行事のご案内

クリックすると大きな画像が表示されます。



主の来られる喜び

クリックすると大きな画像が表示されます。
posted by 行人坂教会 at 21:39 | 教会からのお知らせ

2013年11月26日

12月第1主日礼拝(アドベント第1主日)

      12月 1日(日) 午前10時30分〜11時50分
説  教 ”ぼく、インマヌエル” 音楽     朝日研一朗牧師
聖  書  マタイによる福音書 1章18〜25節(p.1)
賛 美 歌  27、254、490、356、231、71、25
交読詩篇  113編1〜9節(p.130)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 07:29 | 毎週の礼拝案内

2013年11月25日

石のパン【マタイ7:9〜10】

聖句「あなたがたの誰が、パンを欲しがる自分の子供に、石を与えるだろうか。魚を欲しがるのに、蛇を与えるだろうか。」(7:9,10)

1.《チェルノブイリ》 1986年4月26日、ウクライナ共和国のチェルノブイリ原発4号炉が核暴走の末、爆発し、放射性核分裂生成物、所謂「死の灰」が外に噴き出しました。広島の原爆5百発分に当たると言われています。原発から30キロ範囲の住民に避難命令が出され、そこは「立入禁止地区」、人の住まないゴーストタウンになってしまったのでした。

2.《南瓜のお婆さん》 原発の建屋はコンクリートで固められ、「石棺」と呼ばれています。事故から数年後には、大勢の子供が甲状腺癌や急性白血病を発症するようになりました。慶応大学の藤田祐幸さんは現地の汚染調査に入った時、住民たちが「立入禁止地区」に戻って生活をしているのを見て愕然としました。あるお婆さんは大きなカボチャを見せて、「放射能なんて心配ない」と笑いました。藤田さんは「何て無知な、愚かな婆さんか」と呆れたそうです。

3.《親が毒を与える》 村での調査を終えた時、藤田さんはお婆さんに再会しました。今度は浮かない顔をしています。聞けば「キューバに疎開している孫娘が夏休みで帰って来る」と言います。「良かったじゃないか」と答えた藤田さんに、お婆さんは掴み掛かりました。「あんた、科学者なんだろ。この土地がどんなに汚染されているか知っているだろう!」。藤田さんは「人間の心」が分かっていなかったと思い知らされたと言います。事故直後、日本の母親の母乳からも放射能が検出されました。甘蔗珠恵子さんは「かつて三度の食事に毒を混ぜて食べさせる母親がいただろうか。今の世の母親は殆ど知らずに、知っていてもどうすることも出来ずに」していると悲鳴のような言葉を綴っています。「毒を食らわば皿まで」と言いますが、子や孫にも同じことが言えるでしょうか。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:11 | 毎週の講壇から

2013年11月23日

冬の楽しみ

1.越冬

今思い出しても、やはり、北海道の冬は厳しいものでした。3月の初旬になっても尚、街全体が氷雪に閉ざされていることも多く、中空と地上を灰色に覆いながら降り止まぬ雪を見ながら、思わず「もういい加減にしてくれ!」と泣き叫びそうになったことが、幾度かありました。実際、4ヶ月も雪に埋もれて暮らしていると、元気な人でも鬱状態に陥ってしまいます。況して、体調を崩している人や弱っている人はテキメンです。

私たちが住んでいた琴似という街は、札幌の中でも早くから「和人/シサム」が居留地を置いた所です。近所には「琴似屯田兵屋」が文化財として保存されていました。1874年(明治7年)、札幌で初めて屯田兵が入植した所です。その屯田兵たちに付いて、京都の辺りから女郎も何十名かやって来たそうですが、冬を越すことが出来ず、次の春までに全員死亡していたという話を耳にしたことがあります。私は、吹雪く琴似の街を歩きながら、何度も、その話を思い返したものです。

「越冬」等と言うと、動物や鳥や虫の話と思われるかも知れません。しかし、私たち、人間も冬の寒さを乗り越えるために、それなりの意識が必要なのではないでしょうか。実際、東京の冬は穏やかな晴れの日が多く続き、過ごし易いと思います。さすがに徳川家が幕府を開いただけのことはあります。北海道や東北、北陸、甲信越、山陰地方などの冬の厳しさを思えば、天国みたいなものです。けれども、それだけに「越冬」意識が低く、冬を迎えることが上手では無いように思うのです。

2.遊び

北海道に赴任した時、先輩の牧師たちから「冬を楽しむように」「冬の楽しみを見つけるように」と異口同音に勧められました。しかし、残念ながら、私はスキーにもスケートにも行かずに、教会の玄関前とベランダの雪かきだけを「運動代わり」にして過ごしてしまったのでした。けれども、「冬の楽しみ」を全く味わうことが無かった訳ではありません。確かに、楽しい事はありました。

例えば、主日礼拝と諸集会が終わると、幼い子どもたちを自動車に乗せて、毎週のように「農試公園」に行きました。そこには、高低差10メートルくらいの緩やかなダウンヒルが作ってあり、幼児がプラスチック製の橇に乗って滑り降りるのです。そんなことを日が暮れるまで繰り返していました。

2人の子供を保育園に連れて行く時には、木橇に乗せて、後ろから押して歩きました。歩いて買い物に行く場合にも、木橇を使っていました。その当時は、妻が「生活クラブ生協」に入っていて、集積所の担当をしてくださっている方のお家まで、木橇に長男を乗せて行きました。橇が重い方が道路で滑る危険が少ないのです。

毎年、積雪が完全な根雪と化す1月には、ベランダの雪を固めて、大きなカマクラを造りました。北海道の雪はパウダースノウで、案外、雪だるま等も作りにくいのですが、根雪になると、水分が多くなり、何でも造れるようになります。札幌の雪祭りが2月上旬に開催されているのも、同じ理由かと思います。雪山を造り、それを踏み固めて、その後に横穴を掘って行きます。最後に天井を広げて完成します。

琴似中央通教会はビルのような建物で、牧師館はビルの4〜5階部分に当たります。ベランダは4階です。ベランダ一杯に出来た雪山の上を、幼い子たちが歩いていたのですから、妻は心中穏やかでは無かったようです。ベランダに柵があるのですが、雪山はそれよりも高く聳え立っていたからです。こんなことも、今となっては、楽しい冬の思い出です。

3.祝祭

古来、日本各地には夏祭りがあります。それだけ、日本の夏が苛酷で、過ごし難く、辛かったのです。だからこそ、祭りが生まれたのではないでしょうか。「夏の楽しみ」を作り、意識することで、苦しい夏を乗り越えようとしていたのです。思えば、同じような思いから、クリスマスも誕生したのではないでしょうか。

クリスマスが発達したのはヨーロッパ、特に雪深い諸国においてです。クリスマスは、古代ローマの冬至祭、「太陽の誕生祭り」に対抗して、教会が「義の太陽イエス・キリストの降誕」をお祝いしたのが始まりとされています。それがローマから北上してヨーロッパ各地に広がり、3世紀末に定着したそうです。

ところが、それから百年も経った385年の記録「エテリア巡礼記」(邦訳は『エゲリア巡礼記』、太田強正訳、サンパウロ)によると、コンスタンティノポリス(現在のイスタンブール)やアンティオキア(現在のアンタキヤ)では、既にクリスマスが守られていたのに、エルサレムでは全く受け入れられていなかったそうです。それから更に150年を経た530年頃になって漸く、エジプトのアレクサンドリアの教会で採用されるようになり、エルサレムの教会がそれに続いたとされています。つまり、ヨーロッパでクリスマスがお祝いされるようになって、250年の歳月を経た後に、クリスマスは聖地エルサレムに輸入(逆輸入?)されたという皮肉なお話です。

寒くて冷えるからこそ、嬉しいものがあります。湯たんぽ、お風呂、お鍋、熱燗…。熱いお茶、ホットワインを嗜む人もあるでしょう。そう言えば、札幌には、暖炉の前で熱いココアを飲ませてくれるお店がありました。私には、寝床での読書用に、妻が買ってくれた(指が出せる)手袋があります。温かいこと、熱いことに有り難味を感じる季節なのです。つまり、寒くて冷え込んで来れば、それに適った楽しみ、それに応じた嬉しさを、私たちは求めて来たのです。クリスマスは、間違いなく、その1つでしょう。

牧師 朝日研一朗

【2013年12月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 15:54 | ┣会報巻頭言など

2013年11月19日

11月第4主日礼拝(収穫感謝日、謝恩日)

      11月24日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 ”石のパン” 音楽          朝日研一朗牧師
聖  書  マタイによる福音書 7章9〜10節(p.11)
賛 美 歌  27、580、62、「みんなのてのひらに」、424、106、24
交 読 文  ”天国”(エミリ・ディキンソンの詩より)
新生児祝福式(亀山陽仁郎)       司式:朝日研一朗牧師

収穫感謝日ガーデンパーティー 礼拝後     階下ホールと中庭
 豚汁とご飯、鉄板焼きソバ、その他、持ち寄り歓迎、カンパお願い!

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 09:41 | 毎週の礼拝案内

2013年11月18日

囚われない心【マルコ7:14〜23】

聖句「人から出て来るものこそ、人を汚す。中から、つまり人間の心から、悪い思いが出て来るからである。」(7:20,21)

1.《福と鬼》節分の豆撒きの口上は「福は内、鬼は外」です。「鬼」とは「災厄」の意味です。「家内安全」は誰しも願いしますが、だからと言って「自分の家庭さえ幸せなら良い」と考える剥き出しのエゴイズムには躊躇を感じます。そのせいでしょうか、寺社ですら「鬼も内」と唱える所があります。

2.《内と外》問題は「内と外」の区別です。聖書の世界、古代ユダヤ社会では、異民族、異教徒、それらと接する徴税人は汚れた者とされていました。婦人病に悩む女性が「群集に紛れ込み、後ろから」イエスさまの服に触れるのも、彼女に接しただけで「夕方まで汚れる」とされていたからです。死人や死体も、それに触れた者までも汚れが伝染すると考えられていました。しかし、イエスさまは「忌み穢れ」のタブーを打ち破って、御自ら外に出て行かれました。

3.《罪と幸》イエスさまは「鬼は外から来るのではなく、鬼は内にいる」と仰っているのです。罪や悪は人間の心の中から生まれるもので、病気や不幸とは何の関係もないのです。イエスさまは社会の外側に置かれた人に近寄り、寄り添って生きられました。寄り添うことはくっ付いて「共依存」に成ることではありません。相手の人格を認め、相手の人生を尊重すればこそ、距離を保つ必要があります。その他者に心を与える時、幸せが生まれるのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 16:47 | 毎週の講壇から

2013年11月12日

11月第3主日礼拝

      11月17日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 ”囚われない心” 音楽        朝日研一朗牧師
聖  書  マルコによる福音書 7章14〜23節(p.74)
賛 美 歌  27、580、281、492、24
交読詩篇  77編5〜16節(p.87)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 08:45 | 毎週の礼拝案内

2013年11月11日

すべてが素晴らしい【マルコ7:31〜37】

聖句「このかたのなさったことはすべて、素晴らしい。」(7:37)

1.《多様性》 皆さんは、その教会の礼拝に初出席した時、その教会を、どんな点で評価なさるでしょうか。美しく壮麗な礼拝堂、厳粛な雰囲気、立派なパイプオルガン、聖歌隊のハーモニー、牧師の説教の良し悪し、受付の対応、交わりの豊かさ、町の名士がいること、うどん食堂のお出汁…?。私が教会を評価する基準は多様性です。色々な人たちが礼拝に集っていることです。

2.《豊かさ》 世間では「健常者」と「障碍者」と区別します。福祉制度の上では必要な区別ですが、人間としての価値、尊厳に何等の違いもありません。安積遊歩さんは、講演の際に「誰もでが障碍者になることの出来る可能性を持っている」と言っていました。考えてみれば、神を知る完全な知識を持っていないという意味では、私たちも「知恵遅れ」です。障碍の有無は価値の差ではなく、個性の差なのです。教会に行って笑顔で迎えてくれたとしても、マクドナルドのように没個性な対応なら気持ち悪いです。個性が違えば違う程に、交わりは豊かになるのです。ここにこそ、神さまの創造の豊かさがあるのです。

3.《出会い》 差別と偏見は、私たちの無知から来ています。知らないことが他人の心を傷つけ、何も知らないくせに勝手な思い込みを喋ります。しかも、それは親から子へと伝染していくのです。在日外国人、アイヌ民族、ハンセン病患者への差別など、無知が引き起こした罪悪は枚挙に暇がありません。しかし、知識が積み重ねられても十分ではありません。そこに出会いが必要なのです。「サマリア人の譬え話」は、出会いこそが「善き」ものだったのです。イエスさまも常に出会いを求めて行きました。あのように「人のかたち」をとって、この世に来られたのは、私たちと出会って、共に生きるためだったのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:46 | 毎週の講壇から

2013年11月05日

11月第2主日礼拝(障がい者週間)

      11月10日(日) 午前10時30分〜11時50分
説  教 ”すべてが素晴らしい” 音楽     朝日研一朗牧師
聖  書  マルコによる福音書 7章31〜37節(p.75)
賛 美 歌  27、580、486、18、82、24
交読詩篇  77編5〜16節(p.87)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 16:17 | 毎週の礼拝案内

2013年11月04日

草の花【Tペトロ1:22〜25】

聖句「草は枯れ、花は散る。しかし、主の言葉は永遠に変わることがない。」(1:24,25)

1.《死者の葬り》 人間だけが死者を葬るということをします。動物は葬ることをしません。何万年も昔の墓からも、懇ろに埋葬された遺骨が出土して、原始の人たちの死者への思いが察せられます。葬る理由は、死者の霊的作用への恐れ、穢れへの忌みかも知れません。しかし、迷信に支配された時代でも、お墓は生活圏の近くに作られたのです。生と死とは地続きなのです。死者たちは、尚、生者たちの中に生きているのです。

2.《過ぎ去る者》 『草の花』は福永武彦の小説です。敗戦後の結核療養所を舞台に、死を見つめて生きる人たちの孤独と絶望を綴った作品です。福永もまた、死者が生者に依然として働き掛けることを言います。その人を憶える人が徐々に死に絶えて後、二度目の決定的な死を迎える。だから、死者を憶えて生きることこそが生者の義務なのだと言います。しかし、その記憶も失われます。メルロ=ポンティは身体を「過去という時間の堆積物」と言いました。私たちが愛する者を失った時、身をもぎ取られるように感じるのは、そのためです。

3.《帰って行く》 地上の命も記憶すらも過ぎ去って行きます。「草は枯れ、花は散る」のです。けれども、聖書は「永遠に変わることがない主の言葉」「朽ちない種」と言います。「草の花」の引用は「イザヤ書」40章「帰還の約束」から採られています。バビロン捕囚からの帰還の預言、しかも、3つの福音書が「神の子イエス・キリストの福音の初め」として巻頭に掲げている御言葉です。草の如くに枯れ、花の如くに散る私たちですが、戻るべき道が用意されているのです。人の目から見れば、以前と何も変わって見えません。相変わらず山あり谷ありです。しかし、確実に行き着く先が変わっているのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 20:49 | 毎週の講壇から