2014年01月06日

新しい人間【マルコ10:46〜52】

聖句「盲人は、すぐ見えるようになり、なお道を進まれるイエスに従った。」(10:52)

1.《変わり得る》 たとえ世界一高い山に登って下りて来ても、世界一周の大旅行をして来ても、その旅の中に出会いがなければ、人間は何も変わりません。名所巡りの絵葉書を捲るのと同じです。つまり、私は自分独りでは変われない。関係性の中でしか何かが生まれる可能性はないのです。それは「変わり身の速さ」とは違います。変化の速度が遅くても、表面ではなく内実が変わっていくことなのです。聖書は「人間は変わり得る」と訴えています。主なる神がそれに賭けて下さった、それがイエス・キリストの十字架なのです。

2.《座っている》 イエスさまが盲人を癒されて「目出度し」という話ではありません。御利益を説くだけなら、2千年も前の古臭い話に価値はありません。これもまた、出会いによって人生が変わる話なのです。この盲人は物乞いをするために「道端に座って」いました。物乞いは人に頼って生きることです。立ち上がって自分の足で歩もうとしないのです。そして「道」には「人生」が暗示されています。私たちもまた、悲しみや不幸を引き受けようとはしないで、自分の人生を棚上げしてしまって、道端に座り込んでしまうことがあるのです。

3.《叫び続ける》 バルティマイは目が不自由だったのですが、イエスさまが近くに来られたと聞いて「ダビデの子よ、私を憐れんで下さい」と一生懸命に叫びました。座っているだけの人生から脱却したいと思ったのです。「ダビデの子」というメシアの称号は「マルコによる福音書」中ここだけです。そんなバルティマイに、イエスさまは「何をして欲しいか」と問います。実は「自分が何を願っているか、分かっていない」(10:38)人が大勢いるのです。バルティマイは、イエスさまの十字架の道行きに従って行くのでした。強いられてでもありません。低きに流れるのでもありません。自立と連帯とは1つなのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:17 | 毎週の講壇から