2014年03月31日

目と耳、そして、心【マタイ13:10〜17】

聖句「彼らは目で見ることなく、耳で聞くことなく、心で理解せず、悔い改めない。私は彼らを癒さない。」(13:15)

1.《探し物は何》自分の眼鏡や入れ歯、小銭入れ等、いつも使っているのに、どこに置いたのか見付からなくなることがあります。それを家族がいとも簡単に見付けたりすると、すっかり自信喪失します。しかし、使っている本人にとっては自分の身に付けている物ですから、却って見付けにくいのです。私たちが目にしている光景は、自身の記憶や意識に頼って再構成された世界なのです。

2.《心が捉える》私たちの目は、カメラレンズのような「機械の目」ではなく、「心の目」なので、現実とはズレが生じるのです。つまり、その時々の健康状態や精神状態、疲れや気分などに影響を受けるのです。逆を言えば、私たちの目や耳は外の情報を何でも取り入れているのではなく、関心のある事柄に焦点を合わせているのです。現実の世界の中から、今の自分にとって必要と思われる情報だけを、無意識のうちに採り出しているのです。私たちの目や耳の働きは、私たちの心の働きと直結しているのです。

3.《心に入って》イエスさまは数多くの譬え話をなさいました。「罪の赦し」等と言っても分かりませんが、ストーリーならば、「迷子の羊さん」ならば、子どもにも分かります。また、イエスさまの譬え話には生活感があります。それは、主が、百姓や漁師、徴税人や娼婦、主婦といった目の前にいる人たちに向かって語り掛けていたからです。ここには聞き手の問題もあります。幾ら聖書のメッセージに触れても、それを他人に向けられたものとして受け止めている限り、自分のものにはなりません。イエスさまが問題にされているのは、視覚や聴覚ではなくて、何かを感じ取る私たちの「心の働き」なのです。弟子たちも特別な修行を要求されたことはありませんでした。色々な人に出会って、感じ取って、少しずつ成長して行く心を、私たちに求められているのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:36 | 毎週の講壇から

2014年03月25日

行人坂教会庭の杏の木

今年も中庭にある杏の木に花が咲きました。



杏の木

杏の木に花

posted by 行人坂教会 at 18:28 | 教会アルバム

3月第5主日礼拝(レント第4主日)

       3月30日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 ”目と耳、そして、心” 音楽     朝日研一朗牧師
聖  書  マタイによる福音書 13章10節〜17節(p.24)
賛 美 歌  27、455、490、196、462、29
交読詩篇  102編1〜15節(p.114)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 08:20 | 毎週の礼拝案内

2014年03月24日

燻し銀の魅力【ヘブライ 12:4〜13】

聖句「およそ鍛錬というものは、当座は喜ばしいものではなく、悲しいものと思われるのですが、後になるとそれで鍛え上げられた人々に…」(12:11)

1.《燻し銀》 若い頃、フランスのフィルム・ノワール(暗黒街映画)に魅了された時代がありました。特に、親分役やメグレ警部役のジャン・ギャバンの風格には参りました。そんなギャバンを「燻し銀の魅力」と、池波正太郎が書いているのを読んで、初めて、その言葉を知りました。スマートではないけれども、一度見たら忘れられないような独特の味わいがあるのです。

2.《燻製品》 友人に、燻製作りを趣味にする牧師がいます。今では、燻製器とスモークウッドを使えばお手軽に燻製が作れるのです。さすがにベーコン作りは下ごしらえが大変ですが、塩鯖や干物、プロセスチーズ、ゆで卵などのスモークは簡単に出来るのです。日本にも鰹節やいぶり漬けの伝統があります。燻すことで保存性が高くなり、独特の風味が付くのです。このことは、私たちの信仰にも適用できます。1つは「長続きする信仰」です。入信にも少し手間がかかるかも知れません。また、その教会生活も新鮮味が薄いかも知れません。けれども、ゆったりとした気持ちで、長く続けられるのが良いのです。

3.《味わい》 煙によって食品は燻製になりますが、銀は燻し銀に変わります。空気中の硫化水素や温泉の硫黄により、銀表面が硫化銀に覆われるのです。ピカピカ光る安っぽい銀ラメよりも、くすんだ銀の方が渋くて味わいがあるという美意識も存在するのです。周囲に見せびらかしたり、相手の都合を無視してアピールしたりしないのが「渋くて味わいのある信仰」です。ギリシア語の意味から「鍛錬」は「親子」関係、「精錬」は「吟味」と繋がります。いずれも錬り上げられて純化するのです。練り上げる炎は苦しみと悲しみです。苦しみに遭うのに、信仰者も不信者も変わりありません。従って「純化」「聖化」はキリスト者の特権ではありません。しかし、その時、苦しみ悲しみによって、余計な物が削ぎ落とされ、イエスさまの十字架が明らかに見えて来るはずです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:12 | 毎週の講壇から

2014年03月18日

3月第4主日礼拝(レント第3主日)

       3月23日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 ”燻し銀の魅力” 音楽        朝日研一朗牧師
聖  書  ヘブライ人への手紙 12章4節〜13節(p.417)
賛 美 歌  27、455、490、309、528、29
交読詩篇  102編1〜15節(p.114)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 17:18 | 毎週の礼拝案内

2014年03月17日

病人を真ん中に【マルコ3:1〜6】

聖句「イエスは手の萎えた人に、『真ん中に立ちなさい』と言われた。」(3:3)

1.《誰が真ん中》 3人で写真を撮ったら、真ん中の人が早死にするという迷信がありました。上座のように真ん中に年配の人を招いた結果です。欧州の街には、真ん中に広場があり、市民の憩いの場であり、時にはデモ等の集会にも利用されます。広場に面して大聖堂や教会もあります。残念ながら、日本の都市には市民のための広場が存在しません。広場の存在は、誰が町の中心、主役であるかという事を示しているのです。

2.《体の灯し火》 女優の真中瞳が芸名を東風万智子に変えました。黒木瞳と並ぶ絶妙な芸名でしたのに残念です。実際、幼児の認識の始まりは「顔」であり、次が「目」です。顔の中心は目、まさしく「真ん中に瞳」なのです。中東では、古代からアイシャドーが用いられていました。美醜の基準も目の大小が決定したくらいです。それ故に、聖書では「目」が大切にされています。イエスさまも「体の灯し火は目である」と教えています。それが無くなってしまったら、光が失われるのです。体の器官としては最も傷付き易く弱い部分ですが、それが無くなったら真っ暗闇、それが「目」に託された意味です。

3.《皆が真ん中》 イエスさまが「体」と仰る時、それは「教会」や「社会」を意味します。それでは、誰が「目」の役割を果たしているでしょう。傷付き易くて弱々しいのですが、それが失われたら、この世は闇なのです。子どもや女性、病人や障碍者、異邦人、寡婦と孤児、差別されている人に光を当てられます。社会で脚光を浴びている人ではなく、どちらかと言えば、「日陰」にいる人を真ん中に連れ出されるのが、イエスさまのお考えのようです。しかし、特別扱いなさるのではなく、一人一人が誰もが皆、真ん中にされて「瞳のように守られる」世界を作ろうとなさっていたのです。愛された者が「真ん中」に立たせられるのです。キリストの愛を知る人は誰でも「真ん中」にいるのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:25 | 毎週の講壇から

2014年03月16日

2014レント〜イースター案内

2014年のレント〜イースター案内のパンフレットです。


レント〜イースター案内のパンフレットの表紙

朝日牧師メッセージ「移動する復活の命」

レント〜イースターの諸行事スケジュール

posted by 行人坂教会 at 20:23 | 教会からのお知らせ

2014年03月11日

3月第3主日礼拝(レント第2主日)

       3月16日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 ”病人を真ん中に”   音楽     朝日研一朗牧師
聖  書  マルコによる福音書 3章1節〜6節(p.65)
賛 美 歌  27、455、490、294、311、29
交読詩篇  102編1〜15節(p.114)

賛美歌練習 (4月の月歌:450番)  礼拝後   於 礼拝堂
あいさつの会(相互交流の会)      賛美歌練習後
 (さんび)礼拝堂、(聖書輪読)記念室、(Café de 行人坂)階下ホール

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:11 | 毎週の礼拝案内

2014年03月10日

灰と塵の間に【ヨブ記 42:1〜6】

聖句「しかし今、この目であなたを仰ぎ見ます。それ故、私は塵と灰の上に伏し、自分を退け、悔い改めます。」(42:5,6)

1.《三回忌》 東日本大震災から3周年を迎えます。「3.11」前後には、全国で記念行事が粛々と執り行なわれ、マスコミは真面目な報道をするでしょう。この震災は、私たちの在り方に対して色々な問題提起をしています。しかしながら、その課題に応えることないままに、「三回忌」を「弔い上げ」とするように、3周年を機に、蓋がされていくのではないかと、私は危惧します。

2.《不条理》 鹿野融完住職(横浜の徳恩寺)の被災地での活動を、作家の荻野アンナがエッセイに綴っていました。その中に「人がいつか死ぬのは条理、突然の災害による死は不条理。条理と不条理に、共に向き合う心構え」という言葉がありました。しかし、死因が何であるかによらず、愛する者の死こそが不条理なのです。人間にとって愛する者の死は受け入れ難いのです。それでも、そんな不条理極まりない愛する者の死もまた、条理として受け止めることが出来るように、私たちには信仰が与えられているのです。勿論、弱い人間ですから「なぜ?」という問いを発し、不条理に苦しまなくてはなりません。その条理と不条理、両方に「向き合う」ことこそが、私たちに相応しい生き方なのです。

3.《塵と灰》 条理と不条理との間にあって、苦しみ悩む人間の姿を描いているのが「ヨブ記」です。「結び」の大団円は「ヨブ記」の下敷きに成った民話「ヨブ物語」のハッピーエンドで、本文の結末ではありません。サタンは「人間の信仰など所詮、御利益信仰だ!」と言い、友人たちは「因果応報」「神の絶対義」の教条主義から、苦難のヨブに回心を迫ります。元通りの幸せが「ヨブ記」の答ではありません。むしろ、問い続けて行くことが信仰であり、人生であることを、この結末は教えているのです。勿論、人間からの一方的な問いに終始するものではありません。私たちは神さまからも問われるのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:23 | 毎週の講壇から

2014年03月04日

3月第2主日礼拝(レント第1主日)

       3月 9日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 ”塵と灰との間に” 音楽       朝日研一朗牧師
聖  書  ヨブ記 42章1節〜6節(p.832)
賛 美 歌  27、455、490、297、518、29
交読詩篇  102編1〜15節(p.114)

・温故知新映画会      昼食後(約1時間)     礼拝堂
映画:『葉山のおぢいちゃん全快の日』『土曜日の一周年』
講師:佐藤 洋(早稲田大学/映画史)、証言:武田由利子、前田利雄

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 09:42 | 毎週の礼拝案内