2014年03月17日

病人を真ん中に【マルコ3:1〜6】

聖句「イエスは手の萎えた人に、『真ん中に立ちなさい』と言われた。」(3:3)

1.《誰が真ん中》 3人で写真を撮ったら、真ん中の人が早死にするという迷信がありました。上座のように真ん中に年配の人を招いた結果です。欧州の街には、真ん中に広場があり、市民の憩いの場であり、時にはデモ等の集会にも利用されます。広場に面して大聖堂や教会もあります。残念ながら、日本の都市には市民のための広場が存在しません。広場の存在は、誰が町の中心、主役であるかという事を示しているのです。

2.《体の灯し火》 女優の真中瞳が芸名を東風万智子に変えました。黒木瞳と並ぶ絶妙な芸名でしたのに残念です。実際、幼児の認識の始まりは「顔」であり、次が「目」です。顔の中心は目、まさしく「真ん中に瞳」なのです。中東では、古代からアイシャドーが用いられていました。美醜の基準も目の大小が決定したくらいです。それ故に、聖書では「目」が大切にされています。イエスさまも「体の灯し火は目である」と教えています。それが無くなってしまったら、光が失われるのです。体の器官としては最も傷付き易く弱い部分ですが、それが無くなったら真っ暗闇、それが「目」に託された意味です。

3.《皆が真ん中》 イエスさまが「体」と仰る時、それは「教会」や「社会」を意味します。それでは、誰が「目」の役割を果たしているでしょう。傷付き易くて弱々しいのですが、それが失われたら、この世は闇なのです。子どもや女性、病人や障碍者、異邦人、寡婦と孤児、差別されている人に光を当てられます。社会で脚光を浴びている人ではなく、どちらかと言えば、「日陰」にいる人を真ん中に連れ出されるのが、イエスさまのお考えのようです。しかし、特別扱いなさるのではなく、一人一人が誰もが皆、真ん中にされて「瞳のように守られる」世界を作ろうとなさっていたのです。愛された者が「真ん中」に立たせられるのです。キリストの愛を知る人は誰でも「真ん中」にいるのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:25 | 毎週の講壇から