2014年10月28日

11月第1主日礼拝(聖徒の日、永眠者記念礼拝)

      11月 2日(日) 午前10時30分〜11時50分
説  教 ”もう泣かなくてもよい” 音楽    朝日研一朗牧師
聖  書  ルカによる福音書 7章11〜17節(p.115)
賛 美 歌  27、574、490、385、111、88
交読詩篇  77編1〜16節(p.87)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 07:12 | 毎週の礼拝案内

試練の逃げ道 【Tコリント10:12〜13】

聖句「神は真実な方です。…試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださいます。」(10:13)

1.《試練の道》 アニメ『巨人の星』の主題歌「行け行け飛雄馬」は「思いこんだら試練の道を行くが男のド根性」という歌い出しでした。「試練の道」を歩む理由は「思い込み」なのです。しかし、「経済優先」も「人命尊重」も単なる思い込みであるという点で、何ら変わるところはありません。問題は、その信念や信仰、価値観や理念が自らと社会を改善するものであるかどうかです。「右に倣え」をせずに、自分の信念に従うことは、この世では「試練の道」なのです。

2.《出口あり》 他の人の真似をするのではなく、自分が自分らしく生きようとすることは、その段階で既に「試練の道」なのです。「試験」や「試合」を目標に日夜努力するのが「試練」です。ギリシア語の「試みる」にも「やってみて御覧」という励ましが含まれています。「逃れる道」が用意されていると言っても、ズルする「抜け道」ではありません。「出口、終わり」という意味です。道行は辛くても必ず出口があるのです。「雌伏」の時があり「雄飛」の時があるのです。

3.《コンダラ》 「主の祈り」の最後は「我らを試みに遭わせず、悪より救い出し給え」です。「ペイラスモス」には「試練」と「誘惑」の意味があります。「悪しき者」とは「サタン」ですから、本当は「誘いに遭わせず」と訳すべきです。この世には「耐え難い苦しみ」があります。その渦中にある当事者に対して「耐えられない試練はない」等と説教するのは持っての他です。当事者が乗り越えられた時、初めて「試練」と言えるかも知れませんが、部外者が不条理な苦難を「試練」と呼ぶのは間違いです。野球グラウンドの整地ローラーを「コンダラ」と言います。『巨人の星』の主題歌を「重いコンダラ」と聞き違えたところから、その俗称が広まったそうです。私たちの人生は「重いコンダラ」を押して進む「試練の道」かも知れません。しかし、イエスさまが一緒に押して下さいます。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 06:28 | 毎週の講壇から

2014年10月27日

2014年教会バザー

2014年の行人坂教会のバザー10月26日に開催されました。


2014_gyoninzaka_bazzar_snap1.jpg

2014_gyoninzaka_bazzar_snap2.jpg

2014_gyoninzaka_bazzar_snap3.jpg

2014_gyoninzaka_bazzar_snap4.jpg
posted by 行人坂教会 at 10:34 | 教会アルバム

2014年10月23日

ダニー・ボーイ

1.ダニ払いの日々

6月の末だったでしょうか、蚊に刺されたのか、痒いなと思っていたら、それはダニだったのです。両手首、両足首の何箇所も瘤になって腫れ上がりました。そう言えば、天候不順で、長く布団を干していませんでした。

幾ら天日干しをしても、摂氏50℃を超えなければ、ダニは死滅しません。たとえ布団の表面が高温に成っても、ダニは布団の内部に潜り込むだけなのです。また、幾ら布団を叩いても、内部に潜んでいたダニと埃が表面に浮き出るだけです。けれども、それを辛抱強く繰り返し、直接に掃除機をかけることで、徐々にダニを駆逐することに成功しました。

けれども、その頃には、両手足首は悲惨な状態に成り果てていました。家族からも気味悪がられる程でしたが、私は呑気に「戦前のフランス映画に『蚤払いの一夜』というのがあったなあ」等と考えていました。以前、ノミに集られたこともありますが、ノミはその立ち姿や顔付きが余りにも人間に似ていて、思わず殺すのを躊躇してしまった程です。

2.ムシムシ大行進

大阪時代、教会学校に来ていた女子中学生から、生まれたばかりの子猫を貰い受けて、しばらく飼っていたことがありました。けれども、若気の至り、すぐに同棲生活は破綻し、泣く泣く猫を実家に帰したのです。すると、離縁された猫の恨みでしょうか。いいえ、宿主がいなくなったために、ネコノミが私の血を吸い始めたのです。この時は、殺虫剤の薫蒸を数回行なったのではなかったでしょうか。

宮崎時代、小学生を引率してビーチキャンプに行った時、面白半分に半身を砂に埋めたまま、迂闊にも一晩眠ってしまいました。朝起きてみたら、全身をハマトビムシに覆われていました。生物の腐った屍骸や浜に打ち上げられた海草を食べる虫です。

北海道時代、青少年ワークキャンプに行った時、焚き火を囲んで、青年たちと徹夜でお喋りをしました。半ズボンなのに防虫を怠ったせいで、両足をブヨに刺されて、翌日から猛烈な痒みに襲われました。北海道の森林には、ヤブカは少ないのですが、ブヨが沢山います。エジプトの魔術師の台詞ではありませんが、まさしく「これは神の指の働きでございます」(出エジプト記8章15節)としか言いようのない痒みでした。

3.吸血に性別なし

手首の腫れに気付いた人から「どうしたのですか?」と尋ねられると、正直に「ダニですよ」と答えつつも、照れ隠しに、アイルランド民謡「ダニー・ボーイ」を歌いました。けれども、すぐに、吸血するのは雌だから、むしろ「ダニー・ガール」ではないかと考えました。ところが、調べてみると、ダニもノミも、雌雄両方が吸血することが分かったのでした。

マンデラ夫人は独房で1匹のハエに慰められたと言いますが、私は未だその境地に至りません。

【会報「行人坂」No.249 2014年10月発行より】

posted by 行人坂教会 at 15:24 | ┣会報巻頭言など

キリスト教こんにゃく問答]X「死者との交流」

1.死者の力?

東日本大震災によって、大勢の人たちが愛する家族を一瞬にして失いました。未だに遺体が発見されず、その喪失を死として受け止めることすら出来ない人もいるそうです。そのような大きな痛みを抱える人たちの中に、死んだ家族が訪ねて来たというような体験者が次々と現われ始めました。最初は、新聞のコラムのような小さな囲み記事で知ったことです。昨年夏には、NHKスペシャル「亡き人との再会=`被災地三度目の夏に」というドキュメンタリー番組が制作されました。

津波で家族を失くした人たちの、訥々と語られる痛切な告白が胸に迫ります。そして、ある日、果たされた「再会」の証言。それを「心霊体験」等と呼ぶことに逡巡を感じてしまう程に、有り触れた素朴な体験談でした。亡き幼な子が愛用の玩具を揺らしたとか、下駄箱のブーツの中に亡き父の墓前に供えられた花が入っていたとか、幼くして死んだ二人の子どもたちが成長した姿を見せに来てくれて「もう大丈夫だから」と言ってくれたとか…。どれもこれも日常の延長線上にあって、「不思議」とすら思えませんでした。

ただ、この体験を契機にして、生きる意欲を取り戻す人も多く、地元の精神科医は「死者の力」と呼んでいると説明していました。

2.死者の祈り

キリスト教、もしくは聖書の信仰では、余り詳しく死者のことは扱っていません。けれども、何事にも例外はあるものです。

「サムエル記上」28章には、ペリシテ軍との決戦を前にして、恐れを抱いたサウル王が死霊を呼び出すエピソードがあります。最初、サウルは祭司や預言者によってヤハウェの託宣を求めるのですが、上手く行きません。それで遂に、自分が禁止し迫害していた「口寄せの術」に頼るのです。

身分を隠したサウルは夜陰に紛れて、巫女(口寄せの女)を訪ねて、あろうことか、預言者サムエルの霊を呼び出させるのです。何とかして、サムエルの助力を得ようとしたサウル王でしたが、サムエルは生前同様に「主があなたを離れ去り、敵になられたのだ」と冷たく言い放ちます。それどころか、イスラエル軍の惨敗と王の戦死すら預言するのでした。ここでは、イスラエルでは魔術として厳しく禁じられていた「口寄せの術」を通して、ヤハウェの御心が語られるのです。

旧約聖書の信仰では、死者は神の御手から離れて行ったものと考えられていました。何しろ、旧約聖書は八割方、現世主義的な信仰なのです。神の祝福は生前において受けるものであり、病気や障碍、その他の災いを受けるのは、何等かの罪を犯した報いと信じられているのです。律法を守って正しく生きていれば、信仰者は何百歳もの長寿に恵まれ、若くして死ぬ者は悪事を働いて呪われた者なのです。たとえ、信仰と善行の報いが現世で与えられないように思われても、その祝福と恵みとは、嗣業の土地を受け継いだ子孫の上に、いつの日か華咲くと信じられていました。

まあ、そのような単純な、しかし強固な「因果応報」の信仰に対して、異論反論を唱えているのが「ヨブ記」であり「コヘレトの言葉」であった訳です。また、バビロン捕囚の現実を正面から受け止めた「イザヤ書」や「エレミヤ書」には、「因果応報」を乗り越えようとする試行錯誤が見られます。

そんな旧約と新約とを繋ぐ「旧約続編」には、死者の復活の信仰が語られています。セレウコス朝シリアからの独立運動を指揮するマカバイ家のユダが、戦死者のために、自分のゲリラ部隊の各人から金を集めて、「贖罪の献げ物」としてエルサレムに送るのです。

「それは死者の復活に思いを巡らす彼の、実に立派で高尚な行ないであった。もし彼が、戦死者の復活することを期待していなかったなら、死者のために祈るということは、余計なことであり、愚かしい行為であったろう。だが彼は、敬虔な心を抱いて眠りについた人々のために備えられている素晴らしい恵みに目を留めていた。その思いは真に宗教的、かつ敬虔なものであった。そういう訳で、彼は死者が罪から解かれるよう彼らのために贖いの生贄を献げたのである」(「マカバイ記2」12章43〜45節)。これを読むと、私は「供養」という仏教用語を思い出してしまいます。

この後「マカバイ記2」では、故人である大祭司オニア三世がユダの夢枕に立ち、驚いたことには、預言者エレミヤを紹介するのです。そして、エレミヤが彼のために「神の賜物であるこの聖なる剣を受け、これで敵を打ち破りなさい」(15章16節)と、戦勝の祈りを唱えてくれるのです。先には死者のために祈ったユダでしたが、ここでは、死者が生者の健闘を祈ってくれるのです。

3.死者に福音

これまで大勢の信徒から、牧師として質問されたテーマの一つに「死後の世界」があります。勿論、私は丹波哲郎ではないので、見て来たように語ることは出来ません。そもそも聖書それ自体が「死後の世界」を見て来たように語ったりはしないのです。そこで、牧師としても、ヴィトゲンシュタインではありませんが、「語り得ぬものについては、沈黙しなければならない」と言うのが賢明な態度なのです。

「死後の世界」について質問なさる信徒の動機は、「夫は未信者のまま逝ったのですが、天国で再会できるでしょうか?」というものでした。夫に限らず、親兄弟、子ども、身内に友人、色々な人たちと愛し合い、睦び合って生きているのが私たちです。そのような思いが去来するのは当然のことです。

今でも「救われるのはキリスト者のみ」と教えている教会は数多くあります。それを前提に「キリスト者とは洗礼を受けた者」と定義しています。ところが、熱心な信徒として働くように意図してのことでしょうか、「滅び」を強調する一方、ただ受洗しているだけではダメで、「悔い改めた者」「霊の洗礼を受けた者」「身と魂を献げた者」「賜物を教会のために活かす者」と、際限なく条件は上がって行きます。しかし、信仰や洗礼を「救いの条件」とするのは如何なものでしょう。そのために、かつては、私たちの教団でも(無理矢理の)「幼児洗礼」どころか「死後洗礼」までが行なわれていたのです。

むしろ、キリストは今も、信者であろうと未信者であろうと、正しい者であろうと正しくない者であろうと、生きている者であろうと死んだ者であろうと、等しく神の御もとへ導こうとされているのではないでしょうか。

「キリストも、罪のためにただ一度苦しまれました。正しい方が、正しくない者たちのために苦しまれたのです。あなたがたを神のもとへ導くためです。キリストは、肉では死に渡されましたが、霊では生きる者とされたのです。そして、霊においてキリストは、捕らわれていた霊たちのところへ行って宣教されました」(「ペトロの手紙1」3章18〜19節)。

「使徒信条」に告白されている「…死にて葬られ、陰府にくだり、三日目に死人のうちよりよみがえり」の意味が、ここにあります。キリストは陰府においても、福音を「宣教」なさっているのです。死んだ者もまた、「霊において生きるようになるため」(同書4章6節)です。

キリストの働かれる「陰府の三日間」は、間違いなく「永遠の時」と繋がっているはずです。私たちは「キリストは生も死も司っておられる御方」と信じて、むしろ、安んじたいと思います。それこそがガツガツしない、本物の信仰です。


【会報「行人坂」No.249 2014年10月発行より】

posted by 行人坂教会 at 15:11 | ┗こんにゃく問答

万霊節の夜に

1.幻想三人組

英国の詩人にして幻想文学作家、チャールズ・ウィリアムズ(1886〜1945年)を御存知でしょうか。『ナルニア国物語』のC・S・ルイス(1898〜1962年)や『指輪物語』のJ・R・R・トールキン(1892〜1973年)らと共に「インクリングス」(仄めかし、微かな音)と銘打った談話サークルを結成して、作品の批評をし合っていたそうです。

盟友であるルイスやトールキンの作品が世界中で読まれ、この日本でも大変な人気を博しているのに比べると、ウィリアムズは、如何にも知名度が低いのです。何しろ、彼の作品で邦訳されているのは、『万霊節の夜』(蜂谷昭雄訳/国書刊行会「世界幻想文学大系」第1期、第14巻として)1冊のみなのです。それも1985年に出版されて以来で、今では「品切増刷未定」と成っています。ルイス、トールキンと共に「オクスフォード幻想文学三羽烏」と称されながらも、ウィリアムズの著作は、殆ど日本に紹介されていないのです。

C・S・ルイスは、幼少時、母の信仰するアイルランド国教会の中で育てられ、長じては、イングランド国教会に帰依したのみならず、自ら「信徒伝道者」を名乗って、著作を通じてキリスト教信仰の普及に努めました。また、J・R・R・トールキンは終生、熱心なカトリック信者であり、教皇ピウス12世の勅令により「エルサレム聖書」が翻訳刊行された際には、その英訳(「ヨナ書」)を担当しているくらいです。C・ウィリアムズも、信仰深い両親のもとに生まれ、イングランド国教会で幼児洗礼、堅信礼を受けています。メソジスト教会系の事務所に勤務していたこともあります。

確かに、ウィリアムズは一時、オカルト団体「黄金の暁」教団に参加したりはしますが、オカルトに血迷って、一時的に棄教したのは、ルイスも同じです。ルイスに勝るとも劣らずキリスト教神学小説を書いているのに、キリスト教系の出版社すら、彼の作品には見向きもしません。私には、そのことが残念でなりません。

2.ハロウィン

ウィリアムズの『万霊節の夜』(All Hallow’s Eve)は、終戦の年、1945年に出版されています。ウィリアムズの没年でもありますから、彼の最後の長編なのではないでしょうか。ナチスドイツの大空襲の際に亡くなった2人の女性、レスターとイヴリンが幽霊と成って、この世に遺して来た男性の愛を確かめるべく、薄明のロンドン市街を彷徨います。やがて、彼女たちは、世界征服の野望を抱き、新興宗教教団を率いるサイモン牧師と対決することになるのでした。因みに「サイモン牧師」は「使徒言行録」8章の「魔術師シモン/シモン・マゴス」がモデルになっています。

突然に、ウィリアムズの『万霊節の夜』を思い出したのは、今年の「聖徒の日/永眠者記念礼拝」(11月第1主日)が丁度、11月2日に当たり、「諸魂日/All Souls’ Day」と重なっていたからです。その前日、11月1日が「諸聖徒日/All Saints’ Day」です。中世のカトリック教会では、「聖人崇敬」が盛んになるにつれて、「諸聖徒日」を列聖された殉教者、聖人のためだけの記念日とし、その他一般逝去者は「諸魂日」に記念したのです。勿論、プロテンタント教会に「聖人崇敬」はありませんから、11月最初の日曜日を「聖徒の日」として定め、全永眠者のための礼拝として守っているのです。

さて、私見ですが「万霊節」というのは、本来の趣旨からすると「諸魂日」(11月2日)のことでしょう。しかも、「万霊節」は英語の「ハロウィン/Halloween」の訳語とされています。先のC・ウィリアムズの小説も、原題は「All Hallow’s Eve/諸聖徒日の前夜」でした。「Hallow’s Eve」が訛って「Halloween」と成ったとされています。ところが、実際には、「ハロウィン」のお祭り騒ぎは11月1日(諸聖徒日)の前夜、10月31日に行なわれています。この辺りの微妙な日のズレ具合が「世俗化」ということなのでしょう。

「クリスマス/Christmas Day」よりも「クリスマスイヴ/Christmas Eve」が盛り上がるように、「諸聖徒の日/All Hallow’s Day/All Saints’ Day」なんかよりも「ハロウィン/All Hallow’s Eve」の方が盛り上がるのです。勿論、「ハロウィン」は「教会暦」には入っていません。時折、「こんなに日本でもハロウィンが定着しているのだから、教会でもお祝いしてみたらどうですか?」との、有り難い助言を頂戴しますが、残念ながら無理かと思います。教会行事(礼拝儀式)とは全く相容れないものだからです。

3.商魂と招魂

近年のハロウィン流行は、恐らく、日本の若者たちのコスプレ趣味と合致してのことでしょう。思い思いの仮装をして練り歩くのは、確かに楽しそうです。昨年、広尾を散歩していたら、黄昏の時間帯に、仮装した小さな子どもたちが大勢やって来る光景を目にしました。フェリーニの『カビリアの夜』のラストシークェンスを思い出す程に、幻想的でした。家々の前に灯されたカボチャ(ジャコランタン)のキャンドルも、私は嫌いではありません。小学校の頃の地蔵盆の灯明を思い出すからです。

ハロウィンは教会と無関係の異教の祭りで、今更、取り込みようも無いと思います。けれども、「聖徒の日」の前夜、もしくは当日の夜、私たちはキャンドルの1本でも灯して、先に召された兄弟姉妹のことを思い出してみるのも悪くはないでしょう。お祭り騒ぎをしなくても、私たちに相応しい「招魂」の仕方はあるのではないでしょうか。ハロウィンの「商魂」より、祈りによる「招魂」をお勧め申し上げます。

今の世の中、とかくコマーシャリズム(営利主義、商業主義)に流されがちです。けれども、何にせよ、魂に関することですから、余り無節操に商売に利用してはいけません。少し度が過ぎるのではないでしょうか。このままでは、決して良いことはありません。

牧師 朝日研一朗

【2014年11月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 14:21 | ┣会報巻頭言など

2014年10月21日

10月第4主日礼拝(体験礼拝)

      10月26日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 ”試練の逃げ道” 音楽    「主の祈り」講解7
                       朝日研一朗牧師
聖  書  コリントの信徒への手紙T 10章1〜13節(p.311)
賛 美 歌  27、409、490、527、528、29
交読詩篇  90編13〜17節(p.105)

秋の教会バザー        午後1時〜3時        階下ホール
 テーマ:「あれから3年…想いを新たに」

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 09:51 | 毎週の礼拝案内

2014年10月20日

わたしはかとりせんこう【コヘレト1:18】

聖句「知恵が深まれば悩みも深まり、知識が増せば痛みも増す。」(1:18)

1.《「可」取り》 疎開した1年を除けば、下目黒の生家で少女時代を過ごしました。小さい頃は、二卵性双生児と言われるくらい弟と似ていました。しかし、私は運動が上手く出来ず、通信簿で体操に「可」(当時の落第ギリギリ)を点けられてしまいました。兄姉たちから「可取りせんこう」とあだ名を付けられ、その時、いつか見返してやろうと心に決めました。その思いが私を、苦手な運動や英語の勉強に向かわせたのでしょう。

2.《教会に行く》 信州の疎開から戻ると、東京は一面焼け野原で、生家の焼け跡にコスモスが咲いていました。闇市で買った「クリスマスの表紙の本」は、実は聖書でした。弟に導かれ、行人坂教会で私も受洗しました。「聖書のことが分からない」と受洗を渋る私に、木村知己牧師は「宗教学者になりたいの?」、「自分は未熟だし」と言えば「道徳家になりたいの?」、「大切なことは、イエス・キリストを信じることだけ」と諭されて入信しました。しかし、洗礼を受けても世界が変わった訳もなく、次第に教会と距離が出来てしましました。

3.《40歳の出発》 夫から、G・オニールの『40歳の出発』という本をプレゼントされて、一念発起しました。夫や子のために生きて来た自分の人生をギアチェンジすることを勧められていたのです。「可取りせんこう」汚名返上のために、日夜祈り、運動と英語の勉強をし、米国のボール州立大学で日本語を教える傍ら、米国経済史を勉強するチャンスが与えられました。お世話になったホストファミリーの2家族からも、第一長老教会、ユニテリアンと、それぞれに豊かな信仰を垣間見ることが出来ました。今は「聖書と祈りの集い」を生活の中心にしています。聖書を読んで語り合う中で、聖書は奥が深く、簡単な答などなく、むしろ、何が神の御心なのか問い続けることの大切さを学んでいます。老いと筋力の衰えを実感する昨今ですが、最後のステージにあっても前向きに生きたいと思います。

阿部弘子

posted by 行人坂教会 at 12:17 | 毎週の講壇から

2014年10月14日

10月第3主日礼拝(信徒伝道週間)

      10月19日(日) 午前10時30分〜11時40分
信徒奨励 ”わたしはかとりせんこう” 音楽   阿部弘子
聖  書  コヘレトの言葉 1章18節(p.1035)
賛 美 歌  27、409、490、575、451、29
交読詩篇  90編13〜17節(p.105)

・讃美歌練習(11月の月歌:63番) 礼拝後     礼拝堂

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 09:28 | 毎週の礼拝案内

2014年10月13日

491回目のゆるし【マタイ18:21〜35】

聖句「イエスは言われた。『あなたに言っておく。7回どころか7の70倍までもゆるしなさい。』」(18:22)

1.《七の七十倍》 その昔『491』というスウェーデン映画がありました。非行 

 少年と共同生活を営むことで、彼らの自主的な更生意欲を高めようという社会実験が行なわれるのですが、却って、少年たちは増長して、その試みは無残な失敗に終わるのです。その題名は「7の70倍までゆるしなさい」という聖書のもじりです。計算すると「7×70=490」ですから、少年たちの悪行がゆるしの限度を超えているということを表現していたのでしょう。

2.《倍返しだ!!》 昨年の流行語大賞はドラマ『半沢直樹』の「倍返しだ!!」でした。支店長には「10倍返し」、常務には「百倍返し」とエスカレートしましたが、「倍返し」と同じ発想が「創世記」にあります。「カインのためには7倍の復讐」、その末裔「レメクのためには77倍」と歌われるのです。ペトロの「7回ゆるし」、イエスさまの「70倍ゆるし」(77倍とも)はその裏返しです。当時は「仏の顔も三度」でした。それを「7回」と完全なゆるしを言うペトロに対して、主は「際限のない復讐に対抗するには、際限のないゆるしを」と仰るのです。

3.《踏み出す力》 「主の祈り」の「我らに罪を犯す者を我らが許す如く、我らの罪をも赦し給え」は、私たちの喉に刺さった小骨のようです。カルヴァンは「神でない我々は赦せはしない。忘れるのみだ」と言いました。確かに、ゆるしは神の御業です。にも拘わらず、この祈りが加えられているのは、私たちに神を信じて一歩前に進むことが促されているのです。終戦直後の韓国の教会では「日本憎し」の思いが強く、礼拝の中で泣きながら唱えたと聞きました。そのような真剣さが私たちにあるでしょうか。人が許せなくても神は赦して下さるのです。もしも、この祈りを唱える時、私たちが居心地の悪さで感じるとすれば、それは、私たちが十字架のイエスさまの御前に立たされているからに他なりません。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 20:49 | 毎週の講壇から