2014年12月15日

目覚めても夢を信じて【マタイ1:18〜25】

聖句「ヨセフは眠りから覚めると、主の天使が命じた通り、妻を迎え入れ、…そして、その子をイエスと名付けた。」(1:24,25)

1.《非常識と嘘》 皆さんはサンタクロースの存在を信じていますか。我が家の二男は中学生ですが、今年もサンタへのお便りを書いて玄関の壁に貼っています。「サンタさんを信じている人の所に、サンタは来るのだ」と教えた親もあります。全くその通りなのです。信じなければ、来る者も来ないのです。

2.《奇跡と偶然》 所謂「処女懐胎」も常識では理解できないことです。「嘘だ」と言う人が普通です。また、科学的に実証できると主張する根本主義者も本末転倒です。キリスト降誕そのものが常識外れな出来事だったのです。有り得ないような神の愛の奇跡を物語ろうとしているのです。「奇跡など信じない」という態度は珍しくありません。何か善い事があっても「偶然」と受け止めるのでしょう。その意味では、奇跡を信じない人には、奇跡は決して起こらないのです。信じなければ、起こるものも起こらないのです。普通に考えれば、奇跡などは「有り得ない」のです。しかし、それだからこそ「有り難い」のです。それ故にこそ、嬉しいし、感謝の心も自然と湧き上がって来るのです。

3.《決断と応答》 ヨセフにとっても、マリアの妊娠はショックでした。積み立てていた10シェケルもの「花嫁購入金」を支払って、漸く婚約が成立し、1年間の婚約期間が始まったばかりでした。不義密通を訴えれば、婚約解消は可能でしたが、マリアの命はありません。そんな時、夢に天使が顕われて御言葉を告げたのです。私たちならば、目が覚めて「何だ、夢か」と落胆する場面ですが、ヨセフは命じられた通りに、マリアを妻として迎え入れたのです。「神の声を聞く」のは「聞いて決断する」ことです。人が聞く場合だけではなく、神が人の祈りを聞き届けて下さる場合にも使われます。対話的な語なのです。人間が呼び掛けに応えて生きる人格をもった存在であるから、神は語り掛けて下さるのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:00 | 毎週の講壇から