2015年01月27日

2月第1主日礼拝

       2月 1日(日) 午前10時30分〜11時50分
説  教 ”イヤな奴らもご大切?” 音楽    朝日研一朗牧師
聖  書  マタイによる福音書 5章43〜48節(p.8)
賛 美 歌  27、207、490、288、394、77、25
交読詩編  86編11〜17節(p.99)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 07:17 | 毎週の礼拝案内

2015年01月26日

羊の群れには山羊が要る【マタイ25:31〜40】

聖句「すべての国民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く。」(25:32,33)

1.《羊の比喩》 旧約聖書では「羊飼い」と「羊の群れ」は「ヤハウェ」と「イスラエルの民」に、新約聖書では「キリスト」と「教会の信徒」に例えられます。英語の「牧師/パスター」も「羊飼い」のことです。しかし、イメージだけが独り歩きした結果、余りにも理想化され、現実から遊離しているのです。

2.《羊と山羊》 実際、私たちは羊を飼ったこともありません。羊のこと等、何も知らないのです。私たちは勝手に右に置かれる「羊」は「良い信徒」で、左に置かれる「山羊」は「不信者」と、余りにも図式的に読んでしまいがちです。しかし、飽く迄も、主の裁きの的確さを羊飼いが分類する手際良さに例えているのです。むしろ、古くは、山羊は羊よりも大切にされていました。律法でも「食べてもよい清い動物、神に奉げられる供え物」とされています。「羊」には「迷える羊の群れ」という悪いイメージ(エレミヤ書50章6節)もあるのです。よく羊は迷うのです。反対に「迷子の山羊」「迷える山羊の群れ」等と聞いたことがあるでしょうか。山羊は羊の群れを導くことさえも出来るのです。

3.《山羊の価》 それなのに、中世以降「山羊」は「悪魔」の図像として使われるようになりました。作家の森達也は、モンゴルの羊の群れの中に、必ず山羊がいることを発見しました。羊は集団同調性が高すぎて、草葉を食い尽くしても移動しないのです。山羊は行動的なので、草葉を移動し、結果的に羊の群れを導くのです。震災以後、森達也は「不謹慎」という語に危険を感じて、日本人は「羊度」の高いので、私たちの中の「山羊度」を高めようと提案して居られました。教会も「従順な羊の群れ」を強調する余りダイナミズムを失っています。しかし、ここに描かれた(最も小さい者にする)良い行ないは「集団行動」ではなく「単独行動」です。世に迎合せず自己充足もせず、「山羊度」をアップしましょう。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:44 | 毎週の講壇から

2015年01月23日

ドラマの黄金時代

1.信仰の擁護者

16世紀初頭、テューダー王朝のイングランド王、ヘンリー8世は、世継ぎの男児を産まないカタリーナ・デ・アラゴン(スペイン国王フェルディナンド5世の妹)と離婚して、アン・ブーリンと再婚しようとします。ところが、ローマカトリック教会では、結婚は秘蹟(サクラメント)であるため、それを破ることは出来ません。ヘンリーは、カンタベリー大主教トーマス・クランマーに、アンとの結婚の合法性を宣言させます。そして遂に、ローマ教皇庁と袂を分かち、英国王を英国教会(アングリカン・チャーチ)の首長とする「首長令」を議会通過させるたのでした。

因みに、元々、ヘンリーは宗教改革には反対していて、ルターの教説を反駁する論文を書いて、そのために、教皇レオ10世(本名:ジョヴァンニ・デ・メディチ、実家が彼のスポンサーでした)から「信仰の擁護者/Defensor Fidei」の称号を受けていたのです。ヘンリーは教皇から破門されるのですが、皮肉なことに「信仰の擁護者」の称号は、これ以降、英国王の代々の肩書きとして公称されるようになります。

結局のところ、世継ぎの男児を産めなかったアン・ブーリンは、哀れ、ヘンリーの寵愛を失い、姦通の濡れ衣を掛けられて、断頭台の露と消えます。その後も、ジェーン・シーモア(産褥死)、アン・オブ・クレーヴス(結婚失効)、キャサリン・ハワード(姦通罪により処刑)、キャサリン・パーと、ヘンリーは不幸な結婚を繰り返します。ヘンリーの命を受けて、次から次へと王妃探しをする陰謀家の宰相、トーマス・クロムウェルは、後の「ピューリタン革命」の立役者、オリヴァー・クロムウェルの先祖です。それはともかく、結局、ヘンリーが斬首させたアンの娘、エリザベス1世が英国を支えることになるのです。

2.血まみれ女王

エリザベスの時代に先立って、ヘンリーとカタリーナとの間に生まれたメアリー1世が即位します。父王に対する怨みからでしょう、彼女は狂信的なカトリック教徒に成っていました。英国の宗教改革を全て否定し、異端審問を復活させ、プロテスタントの聖職者を追放、投獄、先のクランマーを初め、3百人を焚刑に処したのです。それで、彼女は「血まみれメアリー」と呼ばれました。カクテル「ブラッディ・メアリー」の由来です。

メアリー1世と同時代に、スコットランドの王妃だったのが、もう一人のメアリー、フランスから嫁いだマリー・ド・ギーズでした。彼女もまた、スコットランドをフランスの属州にしようとして、プロテスタント貴族と領民を弾圧しました。そして、3人目のメアリーが登場します。スコットランド女王、メアリー・スチュワートです。彼女も母親の遺伝子を継いだのでしょう。ローマ教会復興政策を進めますが、スコットランド長老教会の抵抗は予想外に強く、却って自分の身が危うくなります。ジョン・ノックス(カルヴァンの友人)との会談も決裂、彼女はイングランドに亡命を余儀なくされます。王位が脅かされると思ったエリザベスは、メアリーを19年間監禁した挙句に処刑します。

こうして、エリザベス1世の「黄金時代」を迎えたのですが、未婚のまま生涯を終えたエリザベスに子はありませんでした。何しろ、彼女の愛人、ウォルター・ローリーが先住民から奪い取って、エリザベスに献呈したのが、北米「ヴァージニア州」と言うくらいです(「ヴァージン・クイーン/未婚の女王」に因んで名付けた)。

こうして最終的には、テューダー朝は断絶。ヘンリーの姉が嫁いだスコットランドのスチュワート朝、ジェームズ1世(メアリー・スチュアートの遺児)が両王朝を継承することになります。歴史というものは、何と皮肉なのでしょう。このように二転三転する歴史を見ていると、英国人がシニカルなのも、この辺りから来ているのかと得心が行きます。

3.黄金狂時代?

とにかく、この時代の英国王室のドタバタはドラマの宝庫です。この時代の歴史を題材にした映画は、どれだけ数多くあったことでしょうか。その中でも、私が一番印象深かったのは、ヘンリーに逆らって斬首された大法官、トーマス・モアを描いた『我が命つきるとも』(1966年)でした。原題の「A Man for All Seasons」とは「時勢がどんなに変わっても、それに流されない男」という意味でしょう。

他にも、アン・ブーリンをヒロインに据えた『1000日のアン』(1969年)、『ブーリン家の姉妹』(2008年)、エリザベス1世を描いた『エリザベス』(1998年)、『エリザベス:ゴールデン・エイジ』(2007年)の二部作、古くは、『女王エリザベス』(1939年)、『ヴァージン・クイーン』(1955年)の二部作、『悲恋の王女エリザベス』(1953年)、メアリー・スチュワート物としては、『メアリー・オブ・スコットランド』(1936年)、『クイーン・メリー/愛と悲しみの生涯』(1971年)等が思い出されます。

英国で「コスチューム・プレイ/時代劇」と言えば、この時代なのです(そうでなければ、ロビン・フッドの時代でしょう)。丁度、日本で言えば「戦国時代」です。NHKの大河ドラマも「幕末」と「戦国時代」の代わり映えのしないシーソーの連続ですが、やはり、それが「大河」に相応しいと、多くの人が感じているからなのでしょう。それは恐らく、登場人物の多彩さと共に、二転三転する権力ゲームの面白さでしょう。

その意味で、ドラマにとっての「黄金時代/Aetas Aurea」なのです。そう言えば「大河」にも、堺の商人を描いた『黄金の日々』がありましたが、ヨーロッパも、ある種の「黄金時代」でした。経済と金融で言えば、イタリアはメディチ家とボルジア家、ドイツはフッガー家の時代です。但し、彼らのデッチ上げた「免罪符/贖宥状」が引き金と成り、「宗教改革」運動が起こったことも忘れてはなりません(やっぱり、皮肉)。

牧師 朝日研一朗

【2015年2月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 17:49 | ┣会報巻頭言など

2015年01月20日

1月第4主日礼拝

       1月25日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 ”羊の群れには山羊が要る” 音楽   朝日研一朗牧師
聖  書  マタイによる福音書 25章31〜40節(p.51)
賛 美 歌  27、49、490、359、461、24
交読詩篇  40編1〜12節(p.48)

・讃美歌練習(2月の月歌:207番)  礼拝後    礼拝堂
・昼食サービス(カレーライス:300円) 讃美歌練習後 階下ホール

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:19 | 毎週の礼拝案内

2015年01月19日

憐れみ受けて招かれて 【ローマ11:25〜36】

聖句「神の賜物と招きとは取り消されないものなのです。」(11:29)

1.《私の初心》 よく「初心忘るべからず」と申します。世間では「初めての時の感動や意気込み、初志を忘れずに物事に当たらねばならない」の意味合いで使われています。成る程、慣れて来ると何事もルーチンに陥ります。教会生活も、いつも自分から「お迎えする側」に立つことを意識しないと、いつの間にか「お客様状態」どころか、横柄な「牢名主状態」に成ってしまうのです。

2.《人の初心》 世阿弥の『花鏡』が「初心忘るべからず」の出典です。「初心」と言うと、とかく若い時代に限定して考えがちです。しかし、世阿弥は「若い時の初心」に加えて「時々の初心」「老後の初心」を言います。青年時の挫折や失敗だけが大切なのではなく、壮年老年期の風体を身に付けること、更には、老後にも未経験の出来事や試練が訪れるのですから、自らの未熟さを受け入れつつ、それに向き合って行かねばなりません。それが本来の「初心」なのです。失敗しないこと、要領よく立ち回ることが大切なのではなく、自らの人生を引き受けていくことが大切なのです。信仰を生きることも全く同じです。喜寿米寿傘寿を迎えても尚、未経験の出来事、初体験が待っているのです。

3.《神の初心》 世阿弥を読むと、芸事においても「謙虚さ」が求められていることが分かりました。信仰で言えば「自分が空しい者であるとの自覚」です。神さまの恵みを前にしては、私たちの信仰や業績、知恵や悟りの大小などは取るに足りないのです。神の恵みは絶対的で、全てを包み込んでいます。神の「賜物と招き」は「憐れみ」(神の愛)によるものです。十字架上の主の「父よ、彼らをお赦しください」の祈りです。あの執り成しの祈りに表わされた愛によって支えられているのです。この「初心」を忘れ、傲慢に陥った時、教会は基礎を失うのです。崩壊して廃墟と化します。私たちの信仰は「神の初心」によって与えられ、導かれます。私たちも「キリスト者の初心」を忘れてはなりません。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:50 | 毎週の講壇から

2015年01月13日

1月第3主日礼拝

       1月18日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 ”憐れみ受けて招かれて” 音楽    朝日研一朗牧師
聖  書  ローマの信徒への手紙 11章25〜36節(p.291)
賛 美 歌  27、49、490、37、442、24
交読詩篇  40編1〜12節(p.48)

・ホサナ広場映画会       昼食後      礼拝堂
 映画:『ミュージック・オブ・ハート』(1999年/米国/123分)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 07:15 | 毎週の礼拝案内

2015年01月12日

とりなしの祈り【ローマ8:31〜39】

聖句「復活させられた方であるキリスト・イエスが、神の右に座っていて、わたしたちのために執り成してくださるのです。」(8:34)

1.《暴言者》 昔の牧師は、今の牧師よりも権威があったので、信徒の崇敬を集める反面、時に暴言を吐くことも多かったように思います。N教会の信徒、Sさんは尊敬するT牧師から「お前は音痴だから讃美歌を歌うな」と言われて以来、数十年間、「口パク」で礼拝の讃美歌に参加していました。

2.《偽善者》 C教会で長く役員を務めたAさんは、B牧師から「あんたの祈りは『執り成しの祈り』ではなくて『取り柄なしの祈り』」と笑われて、自ら役員を退かれました。このような出来事は、私にも他人事とは思われません。振り返れば、私の発言や振る舞いによって不愉快な思いを為さった信徒が大勢おられたであろうことが思われます。教会生活に限らず、一般の社会生活においても同じです。私たちは、このようにして、お互いに数多くの恨みを作りながら生きているのです。生き物から命を奪わないでは生きられないのと同様、争わず温和に暮らしているつもりであっても、誰かを傷付けながら、「私」という者は存在しているのです。せめて、その自己認識だけは忘れないようにしたいと思うのです。

3.《仲保者》 自らの偽善性、欺瞞、独善に気付くことで、私たちは、そこから解放され、脱出することが出来るのです。むしろ、それを見据えなければ、永遠に壁の中です。必ず乗り越えられるのです。そのように、確信を持つことが出来るのは私たちには「神の愛」と「キリストの執り成し」が与えられていると信じるからです。十字架は人と人、神と人とを繋ぎます。その中心には、神の子でありながら人として生きられたイエスさまが居られます。イエスさまは「中の人」でした。無責任な立場から正論を語る人、無関係、部外者を標榜しつつ批判する者たちと違い、主は自ら関係者となって、私たちの罪に連帯して行かれるのです。そのイエスさまの執り成しを原点として、私たちも祈って参りましょう。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:00 | 毎週の講壇から

2015年01月06日

1月第2主日礼拝

       1月11日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 ”とりなしの祈り” 音楽       朝日研一朗牧師
聖  書  ローマの信徒への手紙 8章31〜39節(p.285)
賛 美 歌  27、49、490、478、540、24
交読詩篇  40編1〜12節(p.48)

・青空カフェ     礼拝後      玄関バルコニー

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 08:00 | 毎週の礼拝案内

幽径耽読 Book Illuminationその20

  • 「刻刻」第8巻(堀尾省太作、講談社)
    ヒロイン、樹里が「止界」から登場人物を一人ずつ退場させて行くことで、物語が終局へと向かいます。でも、「あたしがここに最後まで残る」という悲壮な自己犠牲に終わらせないのが、この作品の美点です。幕引きの仕方としては安心でした。全体としては、登場する女性たちの力強さと賢さを感じます。その辺りは、星野之宣の『ヤマタイカ』でしょうか。
  • 「不思議屋/ダイヤモンドのレンズ」(フィッツ=ジェームズ・オブライエン著、南條竹則訳、光文社古典新訳文庫)
    巻頭の「ダイヤモンドのレンズ」が圧倒的に強い印象を残します。顕微鏡を覗くのが唯一の趣味という理科少年が長じて、最高水準の顕微鏡セットを組み上げるのですが、ある日、レンズの向こう側に、妖精の少女を発見するのでした。そこで急カーブして幻想小説の趣きを呈して行きます。ダイヤモンドを手に入れるために、ユダヤ人商人を殺してしまう辺りは、『罪と罰』のようでもありました。つまり、オブライエンは多面的な作家なのです。そう言えば、昔、望遠鏡を題材にした窃視症の男の物語をマンガで読みました(吉田光彦の『ペダルに足がとどく日』に入っていた、多分「ズームバック」)。意外に楽しめたのが、中国物「手品師ピョウ・ルーが持っているドラゴンの牙」です。解説によると、「太平天国の乱」と関係があるらしいです。
  • 「シュトヘル/悪霊」第10巻(伊藤悠作、小学館)
    金国の居庸関攻略戦に新型弩(石火矢)が登場。それ以外に軍事的な進展はありません。民族の興亡を達観した上で、大ハンを討とうとするハラバル(「等価」)、真正面から大ハンに西夏文字の価値を説こうとするユルール(「愚者」)、純粋に大ハンの首を取ろうとするシュトヘル(「大首」)、大ハンを討たせてトルイへの代替わりを目論むナラン(「出来事と心」)。こうして主要登場人物のベクトルは全て、大ハンに向かいます。そして、ユルールの前に姿を現わした大ハン(「対峙」)…。次巻が山場です。
  • 「MASTERキートン/Reマスター」(浦沢直樹×長崎尚志作、小学館)
    昔の『MASTERキートン』では女子高生だった娘の百合子が、離婚したばかりという設定で、第7話「マルタ島の女神」に登場。キャラクターの成長ぶりを見るパターンは『20世紀少年』です。第1話「眠り男」と最終話「栄光の八人」が、いずれも病室で幕切れとなります。どちらも絶望的な現実の中に、小さな光を灯そうとする物語です。始まりと終わりが繋がっていて、円環になっています。第4話「ハバククの聖夜」は『リオ・ブラボー』『要塞警察』、籠城戦の典型。これがシンプルで、一番好きです。第5話「女神とサンダル」、第6話「オオカミ少年」は、忘れていた過去を思い出す話です。東欧の人身売買ビジネス、ユーゴ内戦、北アイルランド紛争、ワシントン条約違反の密輸ビジネス、東西冷戦時代のスパイ網、フォークランド紛争、またユーゴ内戦と現代史に、いつものドナウ川文明、トロイア戦争、マルタの地下神殿と考古学ネタのスパイスも効かせてあって、往年の読者も安心して読めますが、それにしてもキートン、全然老けていないじゃないですか。
  • 「ハリウッド美人帖」(逢坂剛+南伸坊談、七つ森書館)
    何と言っても、逢坂剛の凄まじいブロマイド・コレクションに脱帽しました。私にとって面白かったエピソードを挙げます。ボギーの『大いなる別れ』のファム・ファタル、リザベス・スコットは神学校出身(牧師を目指していたんだ)。私も彼女のCDは持っています。『拳銃の町』のオードリー・ロングは牧師の娘。ドロシー・マローンは南メソジスト大学出身。ビング・クロスビーは『我が道を往く』の「オマリー神父」だけに熱心なカトリック信者。不倫交際中のインガー・スティーヴンス(『刑事マディガン』)にプロテスタント(スウェーデン出身なので、多分、ルター派)からの改宗を迫るも、彼女が拒否したため破局。改宗を受け入れたキャスリン・グラント(『シンドバッド7回目の航海』)と結婚したとか。ドロレス・ハート(『ボーイハント』)は女優を引退して、ベネディクト会の修道女になっていたのですね(「オスカー投票メンバーである、史上唯一の修道女」)。胸元の大きく開いたドレスのロンダ・フレミング、ジューン・ナイト(初耳の女優)、胸が尖がっているドロシー・ラムーアにマリア・モンテス、脚線美のイロナ・マッセイ、リリー・パルマー、ヴァージニア・メイヨ、シド・チャリース、ジョーン・ドルー、ケイ・ランドール。レスリー・ブルックス、ヴェラ=エレン、エレイン・スチュワートの水着姿、ホットパンツのドリス・デイとホープ・ラング、肩の美しいニコール・モーレイ、ダナ・ウィンター、マーラ・パワーズ、ジア・スカラ、とにかくセクシーなティナ・ルイーズ、珍しく薄化粧のクラウディア・カルディナーレ、私の贔屓のリー・レミック、キャロル・リンレーまで、眺めているだけで幸せになります。
  • 「屍者の帝国」(伊藤計劃×円城塔著、河出文庫)
    謎の敵「ザ・ワン」を追跡する展開は、『メタルギアソリッド/ガンズ・オブ・パトリオット』を思い出させます。ホームズの盟友、ワトソンを中心にして、『ドラキュラ』『フランケンシュタイン』『カラマーゾフの兄弟』『007』『海底2万里』、果ては『風と共に去りぬ』も出て来ます。しかしながら、肝心の「ザ・ワン」が登場した辺りから物語の運動が失速した印象は拭えません。正直、私も乗り切れなくなってしまいました。時々、気の効いた台詞や奇想も出て来るだけに残念でなりません。失敗の原因の1つは、唯一のヒロインである「ハダリー」の造形が中途半端である点です。『エヴァ』の綾波レイみたいな存在なのですが、絵の無い分、私にはチンプンカンプンでした。本作の「屍者」「屍兵」もまた、数多のゾンビ物と同じく、組織集団や大衆の中で魂を剥奪された人間の暗喩です。しかし、そうであれば、尚の事、酷使され、遣い捨てられて行く彼らの無残な姿は、もっと描かれるべきだったのではないでしょうか。
posted by 行人坂教会 at 07:53 | 牧師の書斎から

恵みの年とするために【ルカ4:16〜30】

聖句「主がわたしを遣わされたのは、捕らわれている人に解放を、…圧迫されている人を自由にし、主の恵みの年を告げるためである。」(4:18,19)

1.《テゼ共同体》 第二次大戦の最中、ロジェ・シュッツという人がブルゴーニュ地方の寒村で祈りと労働の生活を始めました。ロジェは、ナチスの迫害を逃れて来た人たちをスイスへと逃亡させる支援を始めました。戦後、超教派による修道会を発足、各国の青年たちと共に祈る「テゼ共同体」が生まれたのです。

2.《ヨベルの年》 「讃美歌21」には「テゼ」の歌が11曲も入っています。ラテン語の歌詞が添えられているのは「テゼ」の中立性を表わしています。49番「全地よ主をほめうたえ」の「ユービロー/喜ぶ」は「ユービラェウス/記念の年」から来ています。英語の「ジュビリー」ですが、ヘブル語の「ヨベル」を語源としています。50年に1度「ヨベル/雄羊の角笛」を吹いて、その到来を告知したのです。その「ヨベルの年」には、一切の農業生産の停止、先祖の土地への帰還、奴隷解放、土地財産の無償返却が行なわれたのです。今なら、不動産業者と貸し金業者は軒並み倒産です。しかし、土地も人間の命も神さまからお預かりしているものなのです。「誰のものでもない」のです。

3.《パーソナル》 単なる昔話ではなく、近年、アフリカ・キリスト教協議会の呼びかけで「ジュビリー2000」運動が展開されました。イエスさまも、ローマ帝国の一極支配(グローバリズム)の中で、「ヨベルの年」の価値観をもって、ローマの押し付けて来るワールドスタンダードに対抗しようとされたのです。現代世界は、人口の1%の富裕層が全世界の富の半分を独占しています。その一方で、貧困と飢餓、虐待や搾取に苦しめられている人たちが大勢います。格差の拡大は他人事ではありません。大きな潮流の中で、無力感に襲われますが、どんなに巨大に見えても、この世は消え去るのです。「マス」に対抗するのは「パーソナル」です。神さまの為さる御業は全て、私たちの「人格」に関わることなのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 07:16 | 毎週の講壇から