2015年02月24日

3月第1主日礼拝(レント第2主日礼拝)

       3月 1日(日) 午前10時30分〜11時50分
説  教 ”この人を世の光に” 音楽      朝日研一朗牧師
聖  書  マタイによる福音書 5章13〜16節(p.6)
賛 美 歌  27、293、490、55、573、78、26
交読詩篇  107編1〜16節(p.123)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 08:19 | 毎週の礼拝案内

2015年02月23日

ありのままの姿見せるのよ【ルカ18:9〜14】

聖句「言って置くが、義とされて家に帰ったのは、この人であって、あのファリサイ派の人ではない。」(18:14)

1.《アナ雪》 昨年大ヒットしたアニメ映画『アナと雪の女王』の「レット・イット・ゴー」のオリジナル英語版のサビの歌詞には「ここに私は立つ」というエルサの決意表明があります。マルティン・ルターがヴォルムス国会に召喚されて異端宣告を受けながらも表明した「我ここに立つ」との信仰の言葉から来ているのです。ルターも審問の1日目には、居並ぶ権力者に気圧され、精彩を欠いていたのですが、2日目に決然と「我ここに立つ」と宣言します。夜の間、ルターは必死で祈り、主が「私はあなたと共にある」と言って応えられたとしか思えません。

2.《パンセ》 百数十年後、ヤンセン主義者のパスカルも堕落したイエズス会を批判しますが、彼には「パスカルの賭け」と呼ばれる信仰の問い掛けがあります。もしも、神の実在について賭けをするなら、実在に賭けた方が得だというのです。実在を否定して、それが誤っていた時には、その代償が大き過ぎるのです。「神の存在を信じるか」の問いは、私たちを再び信仰の原点に立ち戻らせてくれます。神の御前に立たされていることを、今更ながらに気付かせてくれるのです。

3.《真の姿》 ファリサイ派の人と徴税人の、2人の祈る姿を通して、イエスさまは「神に向き合うとは如何なることか」を教えられます。ファリサイ派は自分の行為の報告に終始して居り、徴税人を見下して、自分の幸せを感謝します。徴税人は自分の犯した罪に向き合い、それを通して神に憐れみを乞います。ファリサイ派は神を見ていないのです。ベトナム戦争の報道写真で知られる岡村昭彦は、当時「ベトナムの子供は可哀想」と感想を寄せた母親や子供に対して、怒りを露わにしています。日本社会は「他人の不幸で幸福感を味わう」「可哀想」の病気に冒されているのです。「自惚れて、他人を見下して」いるファリサイ派の方が、その傲慢さや愚かさが分かり易い分、救われる可能性があります。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:48 | 毎週の講壇から

2015年02月18日

すべては風の中に

1.カンサス

その昔「カンサス」というバンドがありました。結成時のメンバーの大半が、米国カンザス州出身だったので「KANSAS」というのですが、日本の音楽ファンの間では、なぜか濁点を取って「カンサス」と発音されていました。所謂「プログレ」、プログレッシヴ・ロック(ジャズやクラシックの要素を盛り込んだ前衛的なロック)のバンドです。1970年代後半に活躍していました。

彼らの最大のヒットと言えば、やはり「すべては風の中に」(Dust in the Wind)でしょう。1977年のアルバム『暗黒への曳航』(Point of Know Return)からの曲です。「Dust in the wind,/all we are is dust in the wind,/everything is dust in the wind.」(風に舞う塵/ぼくらは皆、風の中に舞い踊る塵みたいなもの/すべては風の中の塵」というサビのフレーズが今でも忘れられません。アコギ(アコースティックギター)伴奏によるバラードで、間奏のヴァイオリン(と言うか、フィドル)ソロが「大正演歌」のようなメロディーを切々と歌い上げます。私の「青春の一曲」です。

当時から「この歌詞は聖書からインスパイアされたものだ」等と、尤もらしく説明が為されていました。「塵に過ぎないお前は塵に帰る」(創世記3章19節)、「わたしは彼らを風の前の塵と見なし/野の土くれのようにむなしいものとする」(詩編18編43節)、「神を信じない者の希望は、風に運ばれる籾殻/嵐に吹き散らされる消えやすい泡/風に吹き流される煙、一夜だけの客の思い出/このように彼らの希望は過ぎ去って行く」(知恵の書5章14節)…。確かに、似ていると言えば、似ているかも知れません。

2.棕梠の葉

この何年か、レント(受難節)に入る前週になると、私は教会の庭で焚き物をして灰を作っています。前の年の「棕梠の主日」に飾った棕梠を七輪で燃やすのです。その焚き付け用に、教会学校の子どもたちが書いた願い事の短冊を使います。短冊と棕梠、これに香り付けとして線香も加えるようになりました。

灰作りも今年で4年目を迎え、随分と要領よく出来るようになっています。2012年に初めて試した時には、大量の棕梠を全部燃やそうとして、泥まみれの悪戦苦闘でした。普段、あちこちで私たちが目にする棕梠は「和棕梠/ワジュロ」か「唐棕梠/トウジュロ」、その交配種「合棕梠/アイジュロ」です。

2011年、礼拝堂の座席ベンチの両隅に、大きな棕梠の葉を飾って「棕梠の主日」礼拝を表現しようとしました。残念ながら、会衆の多くは、尖った棕梠の葉を居心地悪く感じたり、礼拝堂全体に違和感を感じたりで、顰蹙を買ってしまいました。こういう失敗を仕出かしたことも、私は自らの胸に刻み付けるものです。これを大いに反省して、以後は、会堂外の入り口の階段手すりに飾るようにしています。

毎年、寄付して頂いた「唐棕梠」を使っています。葉が垂れているのが「和棕梠」、「和棕梠」よりも更に組織が固く、葉が垂れていないのが「唐棕梠」です。1年間干して乾燥させていたとは言え、この固い「唐棕梠」を燃やそうとしていたのですから大変です。3時間以上、七輪の前で右往左往していました。翌年(2013年)には「唐棕梠」を燃やすのを遂に断念し、礼拝堂正面に飾る「洋棕梠」、つまり、ナツメヤシ(棗椰子)、フェニックスの葉だけを焼くようになったのです。

焚き付けとしては、短冊は余りにも小さいので、今年は「神よ願はくは耳を我が祈にかたぶけ給へ」(文語訳、詩編55篇2節)の聖句に棕梠の絵を描いた模造紙を用意して、子どもたちに自分の短冊を貼って貰いました。これを短冊切りにして、焚き付けると、丁度よい塩梅でした。これを「火による聖別式」と称して、私なりの式文を整えて臨んでいますが、今年は30分で、上質の灰を作ることが出来ました。私の中では、規模の小さな「左義長」、キリスト教信仰に基づく「どんど焼き」に成っています。

3.塵灰なり

レント第1主日の「灰の受膏式」では、このようにして用意した灰を、参列者の額に塗ります。主イエスの受難と十字架に与ることで、その復活と永遠の命にも与りたいと願って為される儀式です。従って、ここで唱えられる御言葉は「我等は塵と灰なり/プルウィス・エト・スポディウム・スムス」という悔い改めの告白です。私としては、単なる「厄祓い」で終わらせたくはないのです。

こうして年々、準備に手間取ることはなくなりましたが、それでも、こんなに試行錯誤したり、労力と時間を費やして、何をしているのかと笑われるかも知れません。その目的の1つは、余りにも内面化・精神化されたレントを、もう一度「肌に感じるもの」としたいという試みです。もう1つは、日本文化、東洋文化との対峙であり融和です。勿論、西洋伝来のキリスト教ドグマを上位に置いて、これまで私たちの魂を育んで来た日本の文化を下位に見ようとは、私は少しも思わないのです。私なりに、聖書のメッセージを、この国の風土に接木することが出来ないかと考えている訳です。

「すべては風に舞う塵」と認識することは、何も諦念でもペシミズムでもありません。それが真実であるならば、そこから与えられる新たな希望や喜びも必ずあるのです。自分が塵や灰に過ぎないということが、私たちを怨みや呪い、執念や欲望から救い出してくれるとしたら、どんなに素晴らしいでしょうか。また、「塵に過ぎない者」として、この刹那を大切に感じることは出来ないでしょうか。それは、十字架の御前に、自らを投げ出す姿勢から、そんなに遠く離れてはいないと思うのです。

牧師 朝日研一朗

【2015年3月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 11:20 | ┣会報巻頭言など

2015年02月17日

2月第4主日礼拝(レント第1主日礼拝)

       2月22日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 ”ありのままの姿見せるのよ” 音楽  朝日研一朗牧師
聖  書  ルカによる福音書 18章9〜17節(p.144)
賛 美 歌  27、207、490、105、571、25
交読詩編  86編11〜17節(p.99)

・讃美歌練習(3月の月歌:293番)  礼拝後    礼拝堂
・昼食サービス(カレーライス:300円) 讃美歌練習後 階下ホール

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 07:22 | 毎週の礼拝案内

2015年02月16日

人生の旅人【ヘブライ11:13〜16】

聖句「この人たちは皆、信仰を抱いて死にました。…自分たちが地上ではよそ者であり、仮住まいの者であることを公に言い表わしたのです。」(11:13)

1.《ゴーギャン》 ゴーギャンの絵画に「我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこに行くのか」と題された作品があります。タヒチ移住後、貧困と病苦の中、愛する娘の死を契機に描かれました。カトリック教会に反抗し続けたゴーギャンですが、神学校時代に学んだ教理問答「創造論」から引用したのです。

2.《ハイネの詩》 ハイネの「問い」という詩の中にも同じフレーズが出て来ます。荒涼とした夜の海辺に立つ若者が「人生の謎」を問い掛けます。ハイネはユダヤ教徒からプロテスタントに改宗しながらも、終生、後悔して自分を責め続けた人です。しかし、これは宗旨に関係なく、いつの時代のどんな人間にとっても迫ってくる問いなのです。残念ながら、近年「人生いかに生くべきか」の問いを発する若者がいません。周囲から「お前自身の問題だろ」と叩かれるのです。単に「共感の喪失」のみならず「普遍性の喪失」が進んでいるのです。産業社会のもたらした呪いの1つだと思いますが、私たちの抱える課題はお互いに共有されなくなり、各人が孤立して窒息状態に陥っているのです。

3.《カトリコス》 普遍的な問い掛けをさせない社会に成っているのです。本当は若者の青臭い問い等ではなく、「人生の秋」から「人生の冬」に避けようもなく迫る喫緊の問いなのです。長い年月、私たちが疑問を発することを止めていたにしても、いずれ向き合う現実です。幾ら長逗留をしても「仮住まい」の身に変わりはありません。私たちは「旅人」なのです。「旅は道連れ世は情け」「旅は情け人は心」とも言います。人との出会いと別れに対しても、この世に対しても、愛惜の念をもって接しましょう。今の時代、皆が個別化し、公を無視して、個人の見解だけを主張し合っています。私たちは皆「旅人」であるとの事実認識に立ってこそ、「カトリコス/普遍的な、公の」が保証されていくのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:45 | 毎週の講壇から

2015年02月10日

幽径耽読 Book Illuminationその21

  • 「ドミトリーともきんす」(高野文子作、中央公論社)
    ここは、朝永振一郎、牧野富太郎、中谷宇吉郎、湯川秀樹が寄宿する学生寮。寮母のとも子さんと赤ん坊のきん子さんは、学生さんたちの思考と発想に耳を傾けながら暮らしています。なぜか日本の公教育が少しも教えてくれない、科学者たちの人間味溢れる表情や物腰を、高野の漫画が垣間見せてくれます。敢えて「漫画」と書いたように、多分、4人のキャラは、彼らと同時代に活躍した4人の漫画家のキャラを被せてあります(朝永が50年代の手塚風だったり、牧野は「矢車剣之助」風だったりする)。そして、圧巻はフィナーレを飾る湯川の「詩と科学」です。高野の漫画を背景にして、湯川の言葉に接するとなぜか胸に染み、落涙を禁じえませんでした。
  • 「日本霊異記」(原田敏明、高橋貢訳、平凡社ライブラリー)
    行基の説法を拝聴していた女が連れていた子は、10歳を過ぎても歩かず、泣き続け、乳を飲み食べ続けています。まるで『千と千尋の神隠し』の「坊」のようです。行基は「その子を淵に捨てろ」と再三勧告し、遂に女が流すと、その子は「あと3年お前から貪ろうと思っていたのに」と捨て台詞を呟きます。その子は前世の敵対者だったという話(中巻第30話)。ホドロフスキーの『ホーリー・マウンテン』で、ヨガの行者の勧めで、キリスト似の男が肩に乗せている侏儒を舟から投げ捨てる場面を思い出しました。蛇に犯された娘に薬草を飲ませて堕胎させる話(中巻第41話)、鳥の卵のような肉の塊から生まれた女の子が長じて尼となり、「外道」と罵られながらも高い知恵で仏道を究めて行く話(下巻第17話)、娘が結婚した夫は実は悪鬼で、初夜に頭と指1本を残して食われた話(中巻第33話)、未婚の女が男と交わることなく懐妊、神の宿る石を産む話(下巻第31話)、女性が絡む怪異談が私には特に面白かったです。
  • 「鳥/デュ・モーリア傑作集」(ダフネ・デュ・モーリア著、務台夏子訳、創元推理文庫)
    デュ・モーリア中毒です。ヒチコックの映画化で有名な「鳥」の恐ろしさは、核戦争の始まってしまった世界の隠喩ではないでしょうか。何しろ、主人公ナットは自宅のロッジを補強して、シェルターを作るのですから。「戦時中、空襲があった時と同じだ。国のこちら側では誰も、プリマスの人々がどんな目に遭ったかを知らない。人は、自らその被害を受けないかぎり、何事にも関心を抱かないのだ」。ナットの独白も有り触れた言葉に見えて奥深い怖さがあります。冬の寒い日が設定されているのですが、鳥の襲撃から一夜明けてみると、友人の農場からも、近所の公団からも一筋の煙も上がっておらず、火の気が無くなっている、その風景描写に慄然とします。ヒロインの心が不思議な山岳宗教に捕らえられてしまう「モンテ・ヴェリタ」、映画館の案内嬢に導かれて、自動車修理工の青年が闇の領域へ足を踏み入れてしまう「恋人」、有閑マダムが避暑地でアヴァンチュールを愉しんでいる内に煉獄に陥る「写真家」、富豪の若妻の自殺原因を求めて、探偵が辿る道のりが、まるで巡礼のように描かれる「動機」…。圧巻です。
  • 「オオカミの護符」(小倉美惠子著、新潮文庫)
    神奈川市宮前区土橋、東急田園都市線の鷺沼とたまプラーザの間にある地域が、一瞬にして、橘樹郡宮前村大字土橋に戻ります。護符を通して、著者が私たちを1960年代初頭へと誘うのです。やがて御嶽講の宿坊(わが教会学校も御岳山荘に泊ったことがあります!)を経、山岳信仰の源流を遡り、秩父の深奥へと分け入って行きます。オオカミのお産の鳴き声を聞きつける「心直ぐなる者」との出会いは感動的ですらあります。明治の廃仏毀釈は教科書でも教えていますが、明治政府が修験道禁止令を出したことは知りませんでした。山の神に抱かれて初めて成り立つ暮らしと祈りは、「自然」「環境」「里山」「宗教」といった語を当て嵌めることすら躊躇われます。労働にも「稼ぎ」と「仕事」の2種類があるという山村の流儀(内山節の説)、勉強になりました。
  • 「宰相の二番目の娘」(ロバート・F・ヤング著、山田順子訳、創元SF文庫)
    ヤングは自作中短編の長編化をする作家です。これは以前に読んだ「真鍮の都」でした。展開もオチの付け方も『時が新しかったころ』と似ています。少女が成長して、迎えに来てくれる(待っていてくれる)というパターンは、ハインラインの『夏への扉』と言い、どうやら、タイムトラベル物を書く男性SF作家(と、その男性読者)の願望みたいです。そんなことは最初から分かっているのですが、読んでいる間は、それこそ愛妾に寝物語を聞かせて貰っているスルタンの気分になれます。
  • 「いま見てはいけない/デュ・モーリア傑作集」(ダフネ・デュ・モーリア著、務台夏子訳、創元推理文庫)
    中学生の時『レベッカ』を読んで以来です。エルサレムの聖地ツアーにやって来た一行の受難劇「十字架の道」が面白そうだったので買いました。インフルエンザに伏した老牧師の代役を務めさせられることになった若い牧師の憤懣よく分かります。その老牧師のために無償の奉仕を続けて来た老嬢が、当の牧師が「付き纏われて困っている」と漏らしたとの噂を耳にして恐慌を来たす辺りもリアルです。ニコラス・ローグの『赤い影』の原作たる表題作、クレタ島に来た美術教師が体験するパン神の呪い(「真夜中になる前に」)、怖いです。亡き父の旧友を訪ねた新進女優が垣間見た不思議な世界(「ボーダーライン」)は、きらきらと輝く少女の感受性がお見事。「第六の力」は『ウルトラQ』の一ノ谷博士みたいな研究者の話。とにかく粒揃いの作品集です。
posted by 行人坂教会 at 15:52 | 牧師の書斎から

2月第3主日礼拝

       2月15日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 ”人生の旅人” 音楽         朝日研一朗牧師
聖  書  ヘブライ人への手紙 11章13〜16節(p.415)
賛 美 歌  27、207、490、509、466、25
交読詩編  86編11〜17節(p.99)

あいさつの会(相互交流の会)      礼拝後
 (さんび)礼拝堂、(聖書輪読)記念室、(Café de 行人坂)階下ホール
・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 10:21 | 毎週の礼拝案内

2015年02月09日

誇る者は主を誇れ【Tコリント1:26〜31】

聖句「『誇る者は主を誇れ』と書いてある通りになるためです。」(1:31)

1.《土地への礼儀》 「創立112年」と言っていますが、前身である京橋教会設立から数えてのことで、行人坂教会としては設立90年に当たります。「百年越え」は成りませんが落胆不要です。古いというだけなら、室町時代創建とされる大鳥神社や目黒不動尊に敵いません。むしろ、この地域の目まぐるしい変化を思えば、ここに今も場を与えられていることへの感謝を覚えずにはいられません。

2.《主による地縁》 ラテン語の「ゲニウス・ロキ」は「土地の守護霊」のことですが、現代の景観設計の分野では「土地柄」「場の雰囲気」です。これに、私は「地縁」の意味を加えたい。「地縁血縁」等と言うと鬱陶しいシガラミを思わされますが、「その土地がもたらしてくれた縁」「その場所で生まれた出会い」と考えてみましょう。京橋教会は関東大震災の「被災教会」でした。4年しか使用しなかった新会堂を焼失し、「エクソダス」を経て、この地に辿り着いたのです。この教会は被災者や生き残ってしまった人たちの「遣り切れなさ」を知っている教会なのです。しかも、私たちが主によって結ばれ、愛着を抱いている教会は、もはや銀座京橋ではなく、この目黒行人坂にあるのです。

3.《エクササイズ》 移転先次第で「恵比寿教会」「祐天寺教会」「目黒不動教会」「戸越銀座教会」に化けていたかも知れません。そうならないで、私たちは今ここに共にいるのです。人間の知恵と力は震災で灰燼に帰しました。だから「誇る者は主を誇れ」なのです。出典のエレミヤ書9章では、主を「目覚めて知る」こと、即ち「認識し体得せよ」と命じられています。それは、この地にあって、主の慈しみと正義と公平とを証しすることなのです。それを実践(エクササイズ)することが求められているのです。「キリストの体」もエクササイズしなくてはなりません。毎週の礼拝と祈り会を確実に守ることです。私たちが「当たり前」と思っても、当たり前のものは何一つありません。全て感謝すべきことです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 16:45 | 毎週の講壇から

2015年02月03日

2月第2主日礼拝(創立記念日礼拝)

       2月 8日(日) 午前10時30分〜11時50分
説  教 ”誇る者は主を誇れ” 音楽      朝日研一朗牧師
聖  書  コリントの信徒への手紙T 1章26〜31節(p.300)
賛 美 歌  27、207、490、220、449、25
交読詩編  86編11〜17節(p.99)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 07:19 | 毎週の礼拝案内

2015年02月02日

イヤな奴らもご大切?【マタイ5:43〜48】

聖句「しかし、わたしは言っておく。敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。あなたがたの天の父の子となるためである。」(5:44,45)

1.《七人の敵》 イエスさまの教えには、実行困難と思われるものが数々ありますが、その中でも、皆が投げ出したくなるのが「愛敵」の教えです。特に「敷居を跨けば七人の敵あり」の男性諸氏からは評判の悪い。多くの信徒も「敵を作らない」努力、「敵対関係にならない」努力をしているのに過ぎません。

2.《愛の課題》 この「愛敵」の教えを掲げていながら、キリスト教会の歴史もまた抗争に次ぐ抗争でした。迫害を受けていた時代はともかく、政治権力に承認され、制度と教義を確立させ、教会が財産や領土、既得権益を持つようになってからは戦争の仕掛け人にもなりました。宗教改革も戦争をもたらしました。海外伝道も列強の植民地獲得競争とリンクしていました。近代になって漸く「住み分け」を学び、抹殺し合うことを止めたのです。教会もまた、愛の教えを実践して来なかったのです。ならば「看板に偽りあり」として、潔く愛の一枚看板を降ろすべきでしょうか。否、これが無ければ本当の地獄になります。むしろ、偽善者と罵られても、この看板を担って歩むところに愛敵は始まるのです。

3.《御大切に》 これは私たちが一生を賭して担うべき課題なのです。実行が困難であればこそ祈り続けなければならないのです。祈りとは、水を打った静けさの中に神と向かい合うことばかりではありません。悩み苦しみに拉がれても、苛々した気持ちを責められても、神に向き合うのです。この課題は、私たちの死後にまでも 及ぶのです。キング牧師は「愛敵」の根拠として、憎しみの連鎖が憎しみを増すこと、憎しみは自身をも歪めること、悪循環を断つのは愛しかないことを主張しています。『どちりな・きりしたん』は「アガパオー」を「御大切」と訳しました。私の敵であっても、誰かにとっては、大切な人かも知れません。況して、神さまは大切になさることでしょう。課題として担い合いましょう。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:47 | 毎週の講壇から