2015年05月31日

親不孝物語

1.重ねた不義理

6月14日、父の「二十五回忌法要」のために実家に帰る予定です。恐らく、実家に帰るのは11年ぶりです。長男二男が共に未だ幼くて、トノサマガエルやシマヘビを捕まえようと、田んぼの畦道を走り回った記憶があります。母に会うのも6年ぶりです。二男が入院中に、上京して家事を助けてくれた時が最後です。指折り数えて、何という親不孝者かと、我ながら驚きます。

これだけ長く不義理をしていると、家族や親族から「あんた、誰?」と冷たくあしらわれても文句は言えません。白いお面こそ着けていませんが、『犬神家の一族』の「佐清(すけきよ)」状態であることは想像に難くありません。いっそ「佐清」の白いお面を被って帰省しようかとも考えましたが、新幹線に乗る前に(品川駅の段階で)「不審者」として職務質問の対象になるのが関の山ですね。

ともかく「親不孝」「親への不義理」というのは、それだけで「十戒」の第5戒に違反している訳です。「あなたの父母を敬え。そうすれば、あなたは、あなたの神、主が与えられる土地に長く生きることが出来る」(出エジプト記20章12節)。「敬う、尊敬する」と訳されたヘブル語「キベード」は「カーベード/重い」「コーベド/重さ」から派生した語です。「神の権威を重んじる」ことなのです。死んだ者としての取り扱い(祖先崇拝)や年老いて衰弱した者への配慮(憐憫)とは無縁なのです。むしろ「汝らの父母に祝福の基あり」と、律法は教えてくれているのです。つまり、不義理を重ねた挙句に、私が実家に帰るのを重苦しく感じるのも、神さまの与えて下さる重さに違いありません。

2.見知らぬ家族

そんなことを思い浮かべていると、往年のフランス映画2本が思い出されました。1960年の『かくも長き不在』(Une aussi longue absence)、そして、1982年の『マルタン・ゲールの帰還』(Le retour de Martin Guerre)です。

前者は御覧になっている方も多いでしょう。カンヌ映画祭のグランプリ(パルム・ドール)作品です。パリの下町で飲み屋を営む未亡人(アリダ・ヴァリ)が、記憶喪失の浮浪者(ジョルジュ・ウィルソン)に出会います。彼はどことなく、戦時中に行方不明になったままの夫の面影と重なるのですが…。マルグリット・デュラスがシナリオに参加していて、アラン・レネが編集を手掛けています。観終わった後、スポンジを天麩羅にして飲み込んだような、憂鬱な気分に浸れること請け合いです。

後者は、16世紀のフランスの小村を舞台に、突然、現われた男(ジェラール・ドパルデュー)が「マルタン・ゲール」と名乗るのですが、マルタンの妻(ナタリー・バイ)は夫の変貌振りに困惑するという物語です。かつては神経質で人付き合いの悪かった夫が、今は気さくで家族思いの働き者に変わっていたのです。ところが、やがて本物のマルタン・ゲールが、戦死したはずの戦場から帰って来たのです。この話を、アメリカの南北戦争に舞台を移してリメークした映画が、リチャード・ギアとジョディ・フォスター共演、1993年の作品『ジャック・サマースビー』(Sommersby)です。

この事件は、当時の裁判記録が残っていて、それに取材した中世史研究書『マルタン・ゲールの帰還/16世紀フランスの偽亭主事件』(ナタリー・Z・デーヴィス著、成瀬駒男訳、1985年、平凡社)が有名です。

そう言えば、安部公房の『他人の顔』という名作もありました。これらは皆、夫婦の話ですが、親子や兄弟姉妹でもあり得る話です。実際、中国残留孤児の帰還運動が盛んだった時には、肉親の再会と思っていたら、DNA鑑定などで後から別人であることが判明したというような話が幾つもあったように思います。そもそも、戦中戦後に還って来た戦死者の遺骨などは本人の物であるかどうかも、甚だ怪しかった訳です。

3.親不孝大通り

なぜでしょうか、日本各地に「親不孝通り」と称する飲み屋街があります。横浜の曙町、博多の天神が有名ですが、東京でも洲崎大門と吉原大門とを繋ぐ「大門通り」を「親不孝通り」と呼んだ時代があったそうです。「遊郭から遊郭へ」ですから、文字通りの「親不孝」です。調べてみると、大阪では近畿大学の近所(長瀬駅前)に、名古屋では名古屋駅裏(太閤口)に「親不孝通り」と称する場所があったそうです。最近では「親富孝通り」等と、別の文字を当てて表記する場合があります。

重ねて、映画の話で恐縮ですが、私の大好きな増村保造監督の1958年作品にも『親不孝通り』というのがありました。「アプレ」だか「太陽族」だか(どっちにしても古い)の若者たちが主人公なので、舞台は洲崎でも吉原でもなく、銀座に成っています。川口浩、桂木洋子、野添ひとみ、船越英二というメインキャストを見ても、古色蒼然としています。何しろ、今や桂木を除いて3人とも物故者です。

因みに、1945年の『天井桟敷の人々』(Les enfants du paradis)の第1部は「犯罪大通り」(Le boulevard du crime)でした。1840年代のパリでは、下町の「ブールヴァール・デュ・タンプル/le boulevard du Temple」が「犯罪大通り」の名前で呼ばれていたそうです。「親不孝通り」が駅裏の飲み屋街、裏路地の後ろ暗いイメージなのに、「大通り/ブールヴァール」とは、何と祝祭的なのでしょうか。かの映画にも登場する、実在の犯罪者にして詩人、ピエール・ラスネールは、今では「ムッシュ・ラスネール」というフランスのニット専門の服飾ブランドに名を残しています。締めに、ラスネールの名台詞をどうぞ。「危ないねぇ。気をつけることです。振り返ると、過去は狂犬のように噛み付いて来ますぞ」。

牧師 朝日研一朗

【2015年6月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 06:00 | ┣会報巻頭言など

2015年05月26日

5月第5主日礼拝(三位一体主日)

       5月31日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 ”父と子と聖霊の名によって” 音楽  朝日研一朗牧師
聖  書  マタイによる福音書 28章16〜20節(p.60)
賛 美 歌  27、568、490、406、351、29
交読詩篇  146編1〜10節(p.163)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2015年05月25日

あなたの光は消えていないか【ルカ11:35〜36】

聖句「だから、あなたの中にある光が消えていないか調べなさい。」(11:35)

1.《ペンテコステ》 「五旬祭」等と言っても、単に「50日目」という意味です。南太平洋バヌアツにはペンテコステ島があります。フランス人が「発見」した日が丁度その日だったと言います。バンジージャンプ発祥の地です。また、日本人で初めて受洗の記録が残っているのが、ザビエルの通訳を務めたアンジロー(弥次郎)です。1548年(天文17年)のペンテコステでした。ラテン語の「神/デウス」を「大日」と訳してしまったのは興味深いエピソードです。

2.《聖霊降臨の日》 その失敗に懲りたのか、以後、イエズス会の宣教師たちはキリスト教用語を無理に漢字に翻訳しませんでした。「祈り」は「おらしょ」、「天国」は「ぱらいぞ」、「隣人」は「ぽろしも」でした。現代でも「降誕節」等と発話しても誰も理解できませんが、幼児ですら「クリスマス」は理解できます。それにしても、近年のカタカナ語の流通と消費のスピードには問題を感じます。余りにも語が大切にされていないように思われるのです。聖霊降臨の場面には、14(7の倍数)の国と地域が紹介されています。福音は「全世界」に向けて、翻訳発信されたのです。ペンテコステは通訳者、伝える人の記念日なのです。

《光輝くために》 日本におけるキリスト教信仰普及の低さ、滲透の遅さを嘆く人が大勢います。「リバイバルが足りないから」「聖霊の働きを祈らないから」との理由説明も聞きますが、むしろ、このことは、日本の私たちに与えられた独自の使命と課題ではないでしょうか。各人の人生に固有であるのと同じく、この国特有の課題があるのです。日本ホーリネス教団創設に協力した宣教師、レティ・バード・カウマンは「?燭が輝くためには、先ず身を削って燃えなければならない」「燃えるとは、苦痛や病、消耗や活動低下」「しかし、実は、良い働きをしていると自分で考えている時よりも、この世の祝福となっている」「世の人は十字架なしに栄光を求めている」(『荒野の泉』)と祈りの言葉を残しています。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:13 | 毎週の講壇から

2015年05月19日

ペンテコステ(聖霊降臨日)礼拝

       5月24日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 ”あなたの光は消えていないか” 音楽 朝日研一朗牧師
聖  書  ルカによる福音書 11章33〜36節(p.129)
賛 美 歌  27、568、490、348、342、81、29
交読詩篇  146編1〜10節(p.163)

・讃美歌練習(6月の月歌:21番)    礼拝後     礼拝堂
・昼食サービス(カレーライス:300円)   讃美歌練習後  階下ホール

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2015年05月18日

偽善者の祈り、異邦人の祈り【マタイ6:5〜15】

聖句「祈る時にも、あなたがたは偽善者のようであってはならない。…また、あなたがたが祈る時は、異邦人のようにくどくどと述べてはならない。」(6:5,7)

1.《偽善者》 家族や友人から面と向かって「偽善者!」と罵られたら、誰でも大きなダメージを受けるでしょう。青年時代、私は「偽善者」の謗りを受けたくないばかりに悪人ぶっていました。「偽悪者」です。しかし、人間は仕事や家族に対して社会的責任を果たし、人生とも向き合っていかなくてはなりません。むしろ、神の御前には「偽善者」でしかないことを自覚することが大切なのです。

2.《異邦人》 そう言われても、久保田早紀のヒット曲かカミュの実存主義文学を思い出すのが関の山です。「オリコン第1位」か「ノーベル文学賞」です。サンドラ・スミスの新しい英訳は「L’Etranger」を「The Outsider」としました。この世の秩序や価値観から完全に離脱してしまった者です。その意味では、問題提起者でもあります。私たちが「自明」とすることに異議申し立てをするのです。聖書の世界で「異邦人!」と言われたら、戦前日本の「非国民!」とのレッテル貼りにも等しい破壊力がありました。しかし、イエスさまは、「異邦人、異教徒」と蔑まれた徴税人たちや娼婦、遊女たちと共に生きられたのでした。

3.《祈る人》 そんなイエスさまなのに「異邦人のように祈るな」と、否定的に教えています。「マタイによる福音書」が書かれた当時、ユダヤ人キリスト者たちはユダヤ教の礼拝堂から排除されたのです。礼拝で必ず唱える18ヶ条の祈祷文「シェモーネ・エスレ」に、新たに「ナザレ人と異端の者どもを直ちに滅ぼし給え」が加えられたのです。これは「踏み絵」でした。こうして会堂から追放されたキリスト者たちは「主の祈り」を唱え始めたのです。「くどくどと述べる」祈りとは「シェモーネ・エスレ」のことだったのです。「偽善者」の謗りを受けたら、自らを振り返る機会としましょう。「非国民」の罵りを受けたら、差別される人に寄り添う機会としましょう。それこそが、真の祈る人の姿勢なのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:50 | 毎週の講壇から

2015年05月12日

5月第3主日礼拝(アジア・エキュメニカル週間)

       5月17日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 ”偽善者の祈り、異邦人の祈り” 音楽 朝日研一朗牧師
聖  書  マタイによる福音書 6章5〜15節(p.9)
賛 美 歌  27、568、490、109、499、29
交読詩篇  146編1〜10節(p.163)

・あいさつの会(相互交流の会)     礼拝後
 (さんび)礼拝堂オルガン前、(聖書輪読)階下ホール

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2015年05月11日

愛する力【Tヨハネ4:7〜21】

聖句「神は愛です。愛にとどまる人は、神の内にとどまり、神もその人の内にとどまってくださいます。」(4:16)

1.《友愛と連帯》 「母の日」はプロテスタント教会起源の祝日です。メソジスト教会の牧師夫人が提唱した、母親の健康と衛生を守る運動の一環でした。やがて南北戦争で50万人もの兵士が戦死する事態に至った時、ジャーヴィス夫人は「母親友愛の日」を、ジュリア・ウォード・ハウは「平和を求める母の日」等のイベントを開催して、戦争犠牲者を覚え、母親たちの悲しみを訴えたのです。

2.《平和と悲嘆》 生涯をかけて「母の日」を国の記念日として制定しようと運動を続けたジャーヴィス夫人の没後、その娘アンナが母の遺志を受け継ぎます。母の召天日翌日の礼拝で、出席者にカーネーションを配ったのです。本来「母の日」は母親を亡くした者たちが悲しみを言い表わす日だったのです。グリーフケアの啓蒙活動をする社団法人「リヴオン」の尾角光美代表は、母の自死に自らも傷付きましたが、「母の日」の由来を知り、衝撃を受けたそうです。それを契機に母親に死別した人たちの文集の出版活動を続けているのです。顧みて、私たちはどれ程そのことを意識していたでしょうか。

3.《人を生かす》 家族の喪失と向き合うことは辛いことです。しかし、それを少しずつ果たしていくのが「グリーフワーク」(悲しみの作業、喪の仕事)です。「ラルシュ共同体」のジャン・バニエは、知的障碍のある青年たちと共同生活を始めた時、本当の自分を見つけたと言います。愛されていないと感じている人は優秀な人間に成ろうと努力し、権力を求めて注目されたがるのです。私たちは、愛や思いやりによって生きる力を与え合い、互いを生まれ変わらせることも出来るのです。全身麻痺の挙句、5歳で死んだ少年は、病没の数週間前、失明しました。傍らで嘆く母親に向かって、彼は「お母ちゃん、ぼくにはまだ心があるよ。お母ちゃんのこと大好きだよ」と言いました。彼は母親を生かそうとしたのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:52 | 毎週の講壇から

2015年05月10日

母の日のカーネーション

母の日に教会にカーネーションを飾りました。

カーネーション
posted by 行人坂教会 at 17:51 | 教会アルバム

2015年イースター礼拝後の写真

イースター礼拝後、皆さんで写真を撮りました。

イースター礼拝後の皆さんの写真
posted by 行人坂教会 at 17:48 | 教会アルバム

2015年05月05日

5月第2主日礼拝(母の日)

       5月10日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 ”愛する力” 音楽          朝日研一朗牧師
聖  書  ヨハネの手紙T 4章7〜21節(p.445)
賛 美 歌  27、568、490、485、338、29
交読詩篇  146編1〜10節(p.163)

・青空カフェ       礼拝後       玄関バルコニー

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内