2015年05月04日

ねぇ、聴いていますか?【サムエル上3:1〜9】

聖句「戻って寝なさい。もしまた呼びかけられたら、『主よ、お話しください。僕は聞いております』と言いなさい。」(3:9)

1.《三回化》 後に預言者となるサムエルの少年時代ですが、神殿に仕える姿は、江戸時代の「一休咄」と重なります。同じ事柄が3回繰り返されるのを、昔話の世界では「三回化/トレブル」と言います。繰り返されることで面白味も増すし、ホップ・ステップ・ジャンプで跳躍して新展開に移ることも出来るのです。

2.《聴いて》 グリム童話の翻訳で知られる小澤俊夫は、音楽のバーフォームになぞらえて、誰かが発見発明したのではなく、聴き心地が良かったからだと論じて居られます。恐らく、少年サムエルの物語も、口伝承の時代から受け継がれているのでしょう。「一休咄」が単なる笑い話ではなく禅の公案であるのと同じように、この物語も「神に聴くとは如何なることか」と教えようとしているのです。祭司エリは少年サムエルに「主よ、お話しください。僕は聞いております」という「聴き方を伝授」したのです。「聞く」には「空耳」や「聞き流し」も含まれるでしょう。単に「聞こえる」だけの場合もあります。しかし、「聴く」には「理解して味わう」ことや「聴き従う」ことが求められているのです。

3.《シェマ》 脱カルトカウンセラーのパスカル・ズイヴィは、「聴く」を「十四回も耳を傾けて、心で聴くこと」と漢字の意味づけをしていました。もう1つ「尋ねる」の「訊く」があります。質問して確かめるのです。相手の言っていることの意味を共有しなければなりません。「聞く、聴く、訊く」の3つの意味を全て含むのが、ヘブル語の「シャーマー」です。律法の一番大切な教えとして、イエスさまが挙げておられる教え(マルコ12章28節以下)も、「聞け、イスラエルよ」で始まります。これをユダヤ人は「シェマの祈り」と言い、苦難の時、殉教の際にも、これを叫ぶのです。神への愛と隣人への愛とを、イエスさまは「聴く」ことにおいて繋がれました。まさしく「信仰は聴くによる」のです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 15:58 | 毎週の講壇から