2015年07月28日

『聖書と祈りの集い』休会について

聖書と祈りの集いは、8月いっぱい休会します。9月2日から再開します。

posted by 行人坂教会 at 17:16 | 教会からのお知らせ

8月第1主日礼拝(平和聖日)

       8月 2日(日) 午前10時30分〜11時50分
説  教 破れを担って立つ=@音楽      朝日研一朗牧師
聖  書  詩編 106編6〜23節(p.945)
賛 美 歌  27、196、490、499、357、72、24
交読詩篇  122編1〜9節(p.146)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2015年07月27日

さあ、向こう岸に渡ろう【マルコ4:35〜41】

聖句「その日の夕方になって、イエスは、『さあ、向こう岸に渡ろう』と弟子たちに言われた。」(4:35)

1.《歩く神の子》 電車やバスや地下鉄などの公共交通機関、自家用車、自転車と私たちには色々な移動手段があります。東京には、明治時代から路面電車が整備されていました。しかし、ほんの何十年か前まで、田舎には徒歩しかありませんでした。イエスさまの一行も、主を訪ねて来た人たちも皆、徒歩で移動していたことを忘れてはいけません。聖書の神さまは「時速5キロ」(小山晃祐)なのです。

2.《ガリラヤ丸》 「マルコによる福音書」に「群集」という語が使われる時、必ずしも良い意味ではありません。病人が主の御もとに来るのを阻むばかりか、祭司長に扇動されて主を捕らえて、十字架刑を要求します。しかし、イエスさまは「群集」の中に1人1人の人生を見ようとします。それでいて、その中に留まる訳ではなく、群集から離れて移動します。「マルコ」では、ガリラヤ湖を行き来する「舟」がその移動を助けます。大正時代、近江兄弟社を立ち上げたヴォーリスも、大型モーターボートに「ガリラヤ丸」と名付け、その伝道船で琵琶湖畔を廻りました。「ここは日本のガリラヤ、主の訪れを待つ地」と考えたのです。

3.《同じ舟の上》 激しい突風が吹き荒れる湖の上、波を被って揺れ動く舟の上で弟子たちが慌てふためいています。教会もまた、この世にあり、集まる者も普通の庶民ですから、内憂外患を抱えています。古来、キリスト教では、教会は「舟」に譬えられて来ましたが、私たちの教会は豪華客船でもタンカーでも戦艦でもなく、帆掛け舟のようです。また、難局にあっても、神の御心に不従順であるかも知れません。試練の嵐の中で、自分の弱さ脆さに気付いて、漸く祈りを学ぶのです。そんな時、イエスさまは眠っているように見えても、必ず私たちを助けて下さいます。何しろ、私たちと同じ舟の上に乗っておられるのですから。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:48 | 毎週の講壇から

2015年07月26日

戦争の真の終わり

1.望みさえすれば

「戦争の終わり」という言葉を耳にすると、私たちの世代にとっては、1971年のジョン・レノンの名曲「ハッピー・クリスマス/戦争は終わった」(Happy Xmas/War Is Over)が思い出されます。

「メリークリスマス/そして新年おめでとう/良い年になるように祈ろう/恐怖のない世の中であるように/クリスマスがやって来た(戦争は終わる)/弱き人にも強き人にも(君が望みさえすれば)/富める人にも貧しき人にも(戦争が終わるよ)/世の中が間違っていても(君が望みさえすればね)」。

「メリークリスマス」に「戦争を止めよう」というメッセージのコーラスが被る二重構造に成っています。西洋には「クリスマス休戦」という用語があるように、クリスマスの告知は平和のメッセージと繋がっています。その2つの要素を組み合わせて、見事に1つのバラード曲に仕上げたところに、ジョン・レノンの天才があります。

12月に成ると、ラジオやテレビ、音楽配信サービス等で流されることの多い曲です。けれども、今年に限っては、季節は夏に向かっているというのに、やたらと思い出されてなりませんでした。「君が望むなら/if you want it」という句が脳裏に何度も浮かんでは消えるのでした。「未来は君が望むようにしかならないよ」。これもまた、確か、ジョン・レノンの言葉だったと思います。

2.クリスマスには

先日、珍しく、子どもからテレビのチャンネル権を譲られて、1977年の戦争映画『遠すぎた橋』(A Bridge Too Far)を観ていました。

ノルマンディー上陸作戦成功後、英軍のモンゴメリー元帥がブラウニング中将に立案させたのが「マーケット・ガーデン作戦」です。米軍のパットン将軍との功名争いに取り憑かれたモンティは、一気にライン川を越えて、ドイツ国内に攻め入ろうと計画したのです。1944年9月、独軍占領下のオランダの主要な橋を、先発の空挺師団が降下、確保して(マーケット作戦)後、英軍の機甲師団が攻め上る(ガーデン作戦)筋書きでした。ところが、独軍ビットリッヒ中将のSS機甲師団の攻撃によって、補給が断たれると、忽ち戦線は「地獄の一本道」と化し、連合軍の前線は分断され孤立無縁となります。僅か9日間の戦闘で、連合軍は戦死戦傷者と行方不明者が1万7千名、更に7千名近くが捕虜になるという惨憺たる結果を招いたのでした。

38年ぶりに観ると、当時、気にも留めなかった事柄に深いメッセージが込められていたことが分かって来ます。ブラウニングが作戦を指揮官たちに説明する場面では、「これで、クリスマスまでに戦争は終わる」という定番の台詞が出て来ました。アーンエムの英軍負傷兵たちが、讃美歌「日暮れてやみはせまり」を合唱する場面もありました。何千人もの兵士が犬死した作戦の終了後、ブラウニング中将が「ただ、あの橋は少し遠かったな」と、軽く言い放つのも邪気がないだけに却って震撼させられました。因みに、フレデリック・ブラウニング中将は、私の大好きな作家、ダフネ・デュ・モーリア(『レベッカ』や『鳥』が有名)の夫君でもあったのでした。

「クリスマスまでには、戦争が終わる」は、欧米では、戦場に兵士を送り出す指導者たちの常套句なのです。第一次大戦の時にも、そう言われて、そう信じて、多くの兵士が出征して行ったのです。連続テレビ小説『マッサン』でも、スコットランド時代のエリーさんの恋人が「クリスマスには帰って来る」と言い残したのを覚えて居られるでしょう。

しかし、実際には、フランス戦線は膠着、悲惨な塹壕戦と化します。戦車や毒ガスが投入されて、戦場は文字通りの地獄と化したのです。それで、次の年になっても、その次の年になっても、兵士たちは帰って来ませんでした。

3.敗戦70年の夏に

私たちもまた「アジア・太平洋戦争」の敗戦から70年目の夏を迎えようとしています。聖書では「70」は「完全数」、従って「70年」は「期間の満了」を意味します。それ故に「エレミヤ書」25章、29章では、新バビロニア帝国による捕囚が「70年」で終わることに成っているのです。史的には「バビロン捕囚」(紀元前587年)からキュロス王による「捕囚解放令」(紀元前538年)までは、49年間でした。

安倍晋三首相が「安保関連法案」を国会に提出しました。海外有事の際には、自衛隊を世界中どこにでも派遣することが出来て、米軍の同盟国として戦争に参加できるようにするための法整備です。しかも、これを「時限立法」ではなく「恒久法」として設置しようとしているのです。「アメリカの国力が衰退した分を、同盟国の日本が補う」等と、綺麗事を言っているマヌケがいますが、実際には、ベトナム戦争時の韓国軍のような役回りに違いありません。日米関係がフェアな同盟関係ではなく、宗主国と属国の関係であることは、沖縄の現実を見れば一目瞭然です。

丁度、70年目の節目の年に、宗主国の台所事情と属国の思惑とが絡み合って、日本国の再軍事化が進もうとしているのです。70年経って尚、米国からの独立を果たせず、果たせないままに「同盟」という表看板によって、米国製の高額な兵器を売り付けられ、米国の要請で、世界各地に派兵させられるのです。便利な「イエローキャブ/Yellow Cab」扱いされているのです。これを「亡国」と言わずして、何を言いましょうか。これは「シビリアン・コントロール/文民統制」以前の問題です。明確な国家戦略のないままに、(米国の失敗の先例を見ていながら)徒に米国追従政策を行なえば、この国は立ち行かなくなります。

牧師 朝日研一朗

【2015年8月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 06:00 | ┣会報巻頭言など

2015年07月21日

7月第4主日礼拝

       7月26日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 さあ、向こう岸に渡ろう=@音楽   朝日研一朗牧師
聖  書  マルコによる福音書 4章35〜41節(p.68)
賛 美 歌  27、125、490、127、456、89
交読詩編  97編1〜12節(p.110)

讃美歌練習(8月の月歌:196番) 礼拝後     礼拝堂

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2015年07月20日

多く愛した者が多く赦される【ルカ7:36〜50】

聖句「この人が多くの罪を赦されたことは、わたしに示した愛の大きさで分かる。赦されることの少ない者は、愛することも少ない。」(7:47)

1.《マグダラ》 マグダラのマリアは聖書の人気キャラで、欧米では「マグダラ」という彼女の出身地も「マデリーン」や「マドレーヌ」といった女性の名前として定着しています。何しろ、イエスさまの十字架と復活の最大の証人です。8章「奉仕する婦人たち」の名簿には筆頭に挙げられています。このことから、彼女が家柄も良く、かなりの資産家であったことが推測できるのです。

2.《罪深い女》 ところが、マリア・マグダレーナと言えば、娼婦の代名詞にされてしまうのです。英語の「マグダリーン」は「売春婦の更生施設」です。ベタニアで主に香油を注いだマリアの記事と、ガリラヤで主に香油を注いだ「罪の女」の記事とが混同されてしまった結果です。その上、ローマ教皇グレゴリウス1世が「7つの悪霊を追い出して頂いたマグダラの女と呼ばれるマリア」という紹介文から、「7つの悪霊」を「7つの大罪」と解釈したため、7つの大罪の全てを犯した「罪深い女」とされるようになってしまったのです。このように、古代中世の人の聖書の読み方は、面白半分の思い込み、ウケ狙いが多いのです。

3.《献げる愛》 「携香女」と言って、香油の入った壷を抱えた女性がイコンに描かれていると、マグダラのマリアを意味します。確かに、主の復活の朝にも、彼女は香油を携えて墓に向かっています。しかし、ガリラヤの「罪の女」は、主の葬りの備えをしたベタニアの女とは異なる記事です。最大の違いは、彼女が泣きながら主に油を塗っているところです。その嘆きの深さは半端ではありません。彼女は悲しみを抱えたままの自分を主に献げたのです。立派な自分や価値のある自分を献げる必要はありません。星野富弘の詩にもあるように「しあわせが集ったよりも/ふしあわせが集った方が/愛に近いような気がする」のです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:50 | 毎週の講壇から

2015年07月14日

7月第3主日礼拝

       7月19日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 多く愛した者が多く赦される=@音楽 朝日研一朗牧師
聖  書  ルカによる福音書 7章36〜50節(p.116)
賛 美 歌  27、125、490、439、483、89
交読詩編  97編1〜12節(p.110)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2015年07月13日

てんたさん【ヤコブ1:12〜18】

聖句「誘惑に遭う時、誰も、『神に誘惑されている』と言ってはなりません。神は…人を誘惑したりなさらないからです。」(1:13)

1.《言霊幸はふ國》 「てんたさん」とは誰かと、数人の人から尋ねられました。大和言葉の力は、現代に生きる私たちの五感も刺激するようです。山上憶良が「好去好来の歌」に「言霊の幸はふ國」と詠んだ通りです。私たちは、言葉に霊的な力(タマ)が宿り、その働きによって幸福がもたらされていると信じているのです。「てんたさん」は、『どちりな・きりしたん』(1600年)の「主の祈り」に「我らをてんたさんに放し給ふことなかれ」の「tentaçâo」のことです。

2.《試練か誘惑か》 何しろ、当時「悪魔」も「天狗」と訳していたくらいですから、「テンタサン」にも適切な訳語が見付からなかったのでしょう。ギリシア語の「ペイラスモス」には「試練」と「誘惑」の両方の意味があります。「神の与えられた試練」か「悪魔の誘惑」か明瞭ではないのです。この両義性が翻訳を難しくしたのかも知れません。イエスさまの「荒れ野の誘惑」でも、主を悪魔の誘惑へと導いているのは「御霊、聖霊」です。それは「共観福音書」が主張しているところです。果たして、神さまが私たちを悪魔の誘惑へ連れ行くのでしょうか。

3.《立ち尽くす愛》 「試練」は「耐え忍ぶ、持ち堪える、逃げ出さずに留まる」べきものとして教えられています。先輩の牧師からは、女性やお金の「誘惑」に遭う時には「三十六計逃げるが勝ち」と教えられました。試練とは外側から襲い掛かる苦難、誘惑は内側から忍び寄って来て、欲望を煽り、唆すものです。また、私たちには試練が誘惑の働く機会としてしまう場合があります。苦難に際して、責任転嫁したり、神と人とを呪い怨むようになるのです。私たちは弱いので、苦難に耐え切れるものではありません。しかし、そんな時こそ、立ち尽くしましょう。愛は、信仰は立ち尽くすのです。イエスさまの十字架のように。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:50 | 毎週の講壇から

2015年07月07日

7月第2主日礼拝

       7月12日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 てんたさん=@音楽         朝日研一朗牧師
聖  書  ヤコブの手紙 1章12〜18節(p.421)
賛 美 歌  27、125、490、538、532、89
交読詩編  97編1〜12節(p.110)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2015年07月06日

平和の挨拶【ヨハネ14:25〜31】

聖句「わたしは、平和をあなたがたに残し、わたしの平和を与える。わたしはこれを、世が与えるように与えるのではない。」(14:27)

1.《仁義を切る》 映画『男はつらいよ』第1作には、寅さんがテキ屋仲間に仁義を切る場面があります。また、東映任侠映画の『昭和残侠伝』や『緋牡丹博徒』のシリーズでは、今なら些か冗長と思われるような渡世人の仁義切りが、毎回のように丁寧に描かれています。本来は「辞宜」と言って「挨拶をすること」「礼をすること」だったのです。香具師や侠客だけではなく、炭鉱や鉱山の労働者、旅回りの職人の世界にも、仁義を切る習慣があったと言われています。

2.《安否を問う》 仁義切りの姿勢では、右の手の平を相手に見せるのが基本です。手の内を見せて、武器も敵意もないことを知らせるのです。西洋人や中国人の握手にも同じ意味があります。日本のサラリーマン社会に残る名刺交換の儀式も、その流れを汲んでいます。「平和の挨拶」はキリスト教会の専売特許ではありません。ユダヤ教徒の「平和の挨拶/シャローム」は、会衆がお互いの安否を問う習慣でした。それは「接吻」によって行なわれました。欧米では、誰もが日常的に「頬っぺにチュッ」を行なっていますが、私たちは苦手な分野です。

3.《本当の平安》 古代ユダヤ教では、相手の身分や立場、相手との関係によって接吻の部位が変わりましたが、キリスト教会は、階級や人種の違いを乗り越えようと努力して来ました。「平和の挨拶」は「聖餐」の前に行なわれました。和解をした上で初めて「聖餐」に臨むことが出来るのです。シリアやアルメニアの教会では 接吻でなく握手を交わし、コプト教会では礼を交し合います。自分らしい在り方で良いのです。南インド合同教会は、20世紀に諸教派が20年以上の対話を重ねて合同した教会ですから、「平和の挨拶」の時間を最も大切にしています。私たちも、魂を奪われている人の手を包んで、祝福を祈りたいものです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 20:37 | 毎週の講壇から