2015年08月10日

熱情の神【申命記6:1〜15】

聖句「あなたのただ中におられるあなたの神、主は熱情の神である。あなたの神、主の怒りが…燃え上がって、…滅ぼされないようにしなさい。」(6:15)

1.《愛の兜》 戦国時代、越後国の上杉景勝に家老として仕えた直江兼次は「愛の兜」が有名です。彼を主役にした大河ドラマの『天地人』を見ると「愛の武将」として描かれています。しかし、彼の「愛」の前立ては「愛宕権現」か「愛染明王」から来ているとされています。戦勝と立身出世、敵の調伏を祈願しているのです。事実、当時のイエズス会の宣教師たちは「ご大切」と翻訳しています。

2.《嫉妬神》 「新共同訳」が「ねたむ神」から「熱情の神」に切り替えたのも苦心の末です。英訳、仏訳、独訳、羅訳に至るまで「嫉妬深い神」「焼き餅焼きの神」なのです。但し、ギリシア語「七十人訳」の「ゼーローテス」は「熱心党」と同じ語です。ヘブル語「カンナー」にも「熱烈な」と「嫉妬深い」の2つの意味があります。但し、旧約聖書のヘブル語の本来の用法からすれば、「エール・カンナー」に「熱情の神」の訳語は当たりません。人間の妬みとは違う、神についてのみ使われる特別な用法の「妬む」なのです。主を否む者には天罰を与え、主のみを礼拝するように要求する、それが「妬む神」なのです。

3.《愛の神》 旧約の神は、荒れ野や砂漠の厳しい暮らしの中から培われた信仰です。「聞け、イスラエルよ」の呼び掛けで始まる「シェマー」は「ユダヤ教の魂」と言われています。唯一神に対する絶対的服従と依存が信仰の中心です。しかし、イエスさまは御子として、全く異なる神を証されました。「アッバ」と呼び掛け得る神、義人にも罪人にも、善人にも悪人にも等しく慈しむ母、「放蕩息子の帰還」を待ち侘びる父でした。北村透谷は、英語の「パッション」を「情熱」と訳しましたが、「受難」の意味の方が古いのです。「熱情の神」が、人間に向かって溢れる愛の余りに「受難のキリスト」を産み出して下さったのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:43 | 毎週の講壇から