2015年08月31日

夢がかなう【ヨハネ15:1〜8】

聖句「わたしの言葉があなたがたの内にいつもあるならば、望むものを何でも願いなさい。そうすればかなえられる。」(15:7)

1.《アイアム》 「ヨハネによる福音書」では「最後の晩餐」の場面は4章にわたりますが、パン裂きと葡萄酒について触れる代わりに、イエスの「私は…」宣言が7回もあります。「命のパン」「世の光」「羊の門」「良い羊飼い」「復活」であり、「命」「道」「真理」「まことの葡萄の木」であると宣言されます。実は、ギリシャ語やヘブライ語は日本語と似ており、主語の「私は…」を使うのは自分のアイデンティティを強調する時だけです。主イエスは弟子たちに必死に自分のアイデンティティを伝えようとなさっているのです。 

2.《相互関係》 これらは旧約聖書のイメージを用いています。命のパンの「マナ」や「世の光」は「出エジプト記」、「良い羊飼い」は「詩編」23編や「イザヤ書」40章、「葡萄の木」は「イザヤ書」5章です。「出エジプト記」3章のヤハウェの自己紹介は曖昧で抽象的ですが、イエスの「私は…」宣言は分かりやすい。しかも、ご自身のアイデンティティを説明するだけではなく、私たちのアイデンティティをも説明しているのです。

3.《聖霊の実》 イエスは、神が与えた「命のパン」として私たちを養い、神が約束した地へ導く「光」です。神と出会える唯一の「道」です。今日の箇所では、主イエスは「葡萄の木」、私たちは「枝」、神は農夫として私たちを手入れします。罪深い私たちは、自分で実を結ぶことは出来ませんが、イエスに繋がると、必ず霊の実を結びます(ガラテヤ5:22〜23)。クリスチャンになると、私たちの心が変わります。私たちの霊的なDNAはイエスと同じようになり、主イエスの夢(御国が来ますように)が、私たちの夢になります。そして、その夢は必ずかなうのです。

キスト岡崎エイブラハム宣教師(南支区、久が原教会)

posted by 行人坂教会 at 17:50 | 毎週の講壇から