2015年09月21日

輝かしい日が来る前に【使徒言行録2:14〜21】

聖句「主の偉大な輝かしい日が来る前に、太陽は暗くなり、月は血のように赤くなる。主の御名を呼び求める者は皆、救われる。」(2:20,21)

1.《幻と夢》 ヨエルの預言「若者は幻を見、老人は夢を見る」は有名ですが、日本語の「夢幻」は世の儚さの譬えです。しかし、英語の「dreams」「visions」は「将来の夢、展望、理想像」を意味します。肯定的、前向き、未来志向の語なのです。それに対して、私たちは堅実さを主張する余り、自分と他人の夢や幻を頭ごなしに否定して、希望の芽を摘み取って来たのかも知れません。

2.《夢解き》 旧約聖書の注釈書「ミドラーシュ」には、ある夢を見た女がラビに良い解き明かしを受けて幸せな生活を送るのですが、ラビの不在時、弟子たちの悪い解釈によって不幸がもたらされる物語があります。夢は「解き明かした通りになる」(創世記41章31節)、即ち「如何なる夢も、人がそれに与える解釈によって価値が決まる」というのがユダヤの考え方です。「タルムード」は「解釈されていない夢は、未だ読まれていない手紙のようなものだ」と言います。夢は解釈された時、私たちが受け止めた時、その力を発揮するのです。

3.《神の愛》 私たちは前向きに生きているでしょうか。未来を志向しているでしょうか。そのために与えられているのが聖霊、聖霊を生きて働くものとするのが、イエスさまの福音なのです。大正時代の歌人、野口精子は「あるものの胸に宿りしその日より輝き渡る天地の色」と詠みました。私たちの生きる現実は灰色で、見通しも明るくありませんが、世界を色鮮やかに変える何かがあるのです。それは神の愛です。現代の教会は高齢化に不安を感じていますが、老若に関係なく、明日に向かって今日を生きることは大切です。夢と幻、希望がなければ、世界は闇です。パウロの言うように、たとえ、私たちの「外なる人」は衰えて行くとしても、「内なる人」は日々新たにされて行くのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:44 | 毎週の講壇から