2015年10月19日

「神の御言葉」から望みをもらう【イザヤ46:3〜4】

聖句「わたしはあなたたちの老いる日まで、白髪になるまで、背負って行こう。わたしはあなたたちを造った。わたしが担い、背負い、救い出す。」(46:4)

1.《長寿の源》 信徒奨励の奉仕に立たされた本日は、奇しくも89歳の誕生日です。長寿の源は兵隊に行かなかったことかも知れません。徴兵検査は甲種合格でしたが、入隊前に終戦になりました。しかし、名古屋大空襲で実家は一夜にして灰になり、辛うじて命だけは助かるという経験をしました。戦後70年の今「剣を取る者は皆、剣で滅びる」の聖句を改めて胸に刻みたいものです。

2.《真の福音》 日本紙業という会社に入り、定年退職まで勤めました。しかし、工場勤務で製造部門の責任を任されたものの、機械の調子が悪く生産性が上がりません。従業員の労災も多発し、業績不振が続きました。そんな時、亀有教会に導かれ、「キリストは神の身分でありながら…自分を無にして僕の身分になり、人間と同じ者になられました」の御言葉に触れたのです。自分の不徳を思い、完全な人格者イエスに近付きたいと受洗しました。福音の信仰は、人間的な希望を超えた、神の愛、十字架の救い、復活と再臨にあることを後に知りました。

3.《われ信ず》 私が信仰に入った時代は高度経済成長期、休日返上で増産に次ぐ増産に励む時代でした。それでも、私が信仰生活を続けることが出来たのは、聖書の御言葉(私が選んだのではなく、神が私を選んだ)、牧師の説教(神の一方的な恵みによる救い)、先輩たちの真摯な信仰生活の御蔭でした。亀有教会の会堂建築と墓地建設では、委員長として使命を全うすることが出来ました。思い返せば、私自身が受けた恵みは測り知ることの出来ぬ程に大きなものでした。天に宝を積むことが出来たとの思いです。中世の神学者、アンセルムスは「理解せんがために信ずる」と述べました。理解してから信じるのではなく、信じることで初めて分かる世界が確かにあるのです。それが聖書の世界なのです。

野原滋三

posted by 行人坂教会 at 18:45 | 毎週の講壇から