2015年11月30日

エッサイの根より【ローマ15:7〜13】

聖句「また、イザヤはこう言っています。『エッサイの根から芽が現われ、異邦人を治めるために立ち上がる。異邦人は彼に望みをかける。』」(15:12)

1.《サンタ事始》 日本社会に広く深くクリスマスを普及させたのは、宣教師でも牧師でも熱心な信徒でもなく、サンタクロースとクリスマスツリーでしょう。日本初お目見えは、両方とも1874年(明治7年)です。米国長老派教会の宣教師、キャロザース(カロゾルス)から受洗したばかりの、元南町奉行所与力の原胤昭が築地の学校のクリスマス会で、裃姿に大小の刀を差して鬘を被ったサンタを演じているのです。サンタの姿や衣装も国や地域により異なる時代でした。

2.《聖木と聖書》 クリスマスツリーには、聖書に因んだ飾りもあります。でも、所詮はお飾り程度です。ツリーの起源は、8世紀のボニファティウスの逸話にあるとか、定番の樅の木を横から見ると、三角形をしていて「三位一体」等と解釈する人もあります。しかし、如何に後付けをしても、所詮はゲルマン人の冬至祭「ユール」の聖木の焼き直しと思われます。ツリーは聖書とは無関係に思われます。ところが、シャルトル大聖堂の「エッサイの木」のステンドグラスを見た時、これこそ、クリスマスツリーの原点ではないかと思わされたのです。

3.《異邦人の木》 「エッサイの木」の図像は、画面の下で眠っている老エッサイの腹から太い幹が伸び、ダビデ、ソロモンを経て、24人の王たちに枝分かれし、中央の梢にはキリストがあります。13世紀には、頂点のキリストは聖母子像に 変わります。母マリアは「ダビデの血筋」ではありませんから「家系図/ファミリーツリー」の否定です。しかも、エッサイ自身は眠っていますから、人間の業や力によるものではありません。それどころか、エッサイはモアブ人ルツの孫に当たります。異邦人の血筋なのです。イエス・キリストは、単なるユダヤ人のメシアに終わらず、全ての「異邦人の救い主」なのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:50 | 毎週の講壇から

2015年11月29日

湯たんぽの夢

1.暖かい寝床

かつては身体に熱量が充溢していた私も、開腹手術を境にして、すっかり冷え性に成ってしまいました。真冬に布団から素足が出ていても、朝まで眠り続けていたものですが、今では布団に湯たんぽが欠かせません。思い返せば、手術直後には、分厚い靴下を履かないでは眠れない程でした(まるで、イギリス人のようです)。あの頃に比べれば、かなり元気を回復してはいるのです。しかし、それでも、やはり、毎晩、湯たんぽを用意しています。今年は暖冬だと言うのに…。

湯たんぽは11月上旬に登場します。我が家で湯たんぽを用意するのは、私の仕事です。但し、以前は、家族のために湯たんぽを作って上げていたのですが、今では、自分自身のために作っているような気がします。比較的、温暖な夜など、妻や長男が「今夜は要らない」と言うのに、せっせと湯たんぽを作り続けています。気の毒に思って同情してくれるのでしょうか、二男は「ぼくのも作って」と言ってくれます。

しかし、こうして私が湯たんぽを作るようになったのは、札幌時代からです。御存知のように、極寒の北海道では、窓は二重窓、二重サッシ、玄関も二重扉、部屋のストーブは冬中付けっ放しです。外出時/外泊時にも、自宅のストーブは「Low」のままにして置くのが鉄則です。礼拝堂の暖房なども、週日の間に冷え切っているので、土曜日の深夜にボイラーを焚き始めて、朝の礼拝時に備えます。極寒の故に部屋の中は(常夏とまでは言わずとも)常春状態にしてあるのです。

そんな環境下で、湯たんぽ等、不要と思われるかも知れません。それでも、出産後、妻が体調を崩したのを契機に、湯たんぽを作り始めました。湯たんぽをして眠ってみると、血の巡りが善くなり、順調に回復したように思われて、それ以来、冬の湯たんぽは我が家の定番と成りました。

2.懐かしい炉

湯たんぽの効用は幾つもあります。朝の目覚めが良いのです。電気毛布を使用すると、眠っている間に体の水分が失われて脱水症状に陥ることがあります。タイマーをセットして、ストーブやエアコンが点くのは便利ですが、朝の新鮮な空気からは程遠いものです。湯たんぽには、そんなことはありません。風邪も引きにくいのです。湯たんぽは、電気もガスも灯油も使いません。勿論、湯を沸かすのにガスは必要ですが、その後はエネルギーを消費しません。朝までポカポカしています。最高の省エネ暖房具です。

それにしても、10年以上、湯たんぽを利用していると、最近の湯たんぽは製品の質が悪くなったと思います。プラスチック製であっても、数年は使用に耐えたものですが、最近は、1年か2年しか持ちません。先日も、2年前に買った製品の柄から湯が漏れ始めて廃棄したばかりです。その数日後には、昨年買ったばかりの製品の蓋が破損して、そこから湯が漏れて、危うく火傷しそうに成りました。

その点、金属製が丈夫なのですが、こちらは内部から腐食が起こり易いという欠点があります。勿論、シーズン終了時には、一旦、水を抜いた後も引っ繰り返す等して溜まり水を落とします。蓋を開けたままにして、数日間、風に晒して内部まで乾燥させてから、押し入れに仕舞います。それでも、腐食を起こして、継ぎ目から湯が少しずつ漏れていたことがありました。やはり、消耗品なのでしょう。残念なことです。

そう言えば、私の幼少時、実家には、江戸時代、明治時代の代物(殆どガラクタ)が沢山あったのです(因みに、今も囲炉裏火鉢の間があります)が、その中に瀬戸物製の湯たんぽがありました。瀬戸物にどれだけの保温性があったのかは大いに疑問です。

私の幼少時には「豆炭」という暖房具があり、それを布団に入れて眠っていました。湯たんぽ程の大きさの容器をパカッと開けると、中に豆炭を入れる窪みがあります。そこに、火を点けた豆炭を入れるのです。炬燵も「練炭」でした。よく炬燵の中に入って遊んでいた子どもが一酸化炭素中毒で亡くなっていました。「練炭」は円筒形をしていました。その小型が「豆炭」でした。同じ豆炭を使う携帯用の「懐炉」もあったように思います。石炭ストーブと同じく、今と成っては懐かしい暖かさです。

3.熱燗の喜び

私の故郷も雪が降るので、小学校の教室には、大きなダルマストーブがありました。冬には、2人でバケツに石炭を入れて教室に運ぶのが、日直の仕事でした。給食のコッペパンをストーブで焼くのが流行りました。焼いたパンにマーガリンを置いて溶かしました。ストーブの上には、加湿のために湯の入った鍋が置いてあるのですが、それに牛乳瓶を入れて、熱燗にして飲むのが流行りました。今と違って、パンも牛乳もマズイ代物ですが、温めると何でも美味しく感じました。

やがて灯油ストーブに変わりました。日直が2人で灯油を入れたポリタンクを運ぶようになりました。そして、誰もパンを焼かなくなりました。パンを焼いてみると、石油臭かったのです。それでも牛乳の熱燗は続いていました。

中学に入ると、全館スチーム暖房でした。各教室の窓際にスチームのラジエーター(放熱機)が突き出ていました。濡れた靴下を乾かしたものです。勿論、回収する時期を見誤ると焦げてしまいます。クラスの皆が挙って、濡れた靴下や手袋をラジエーターの上に置くものですから、授業中、そこから臭い湯気がユラユラと立ち上ります。しかも、そのすぐ脇に購買の焼きソバパンを置いて温めているツワモノがいました。

やはり、冬は、それなりに寒くなければ、暖かさへの感謝も湧き上がって来ません。

牧師 朝日研一朗

【2015年12月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 06:00 | ┣会報巻頭言など

2015年11月24日

11月第5主日礼拝(アドベント第1主日)

      11月29日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 エッサイの根より=@音楽      朝日研一朗牧師
聖  書  ローマの信徒への手紙 15章7〜13節(p.295)
賛 美 歌  27、381、490、151、413、28
交読詩篇  詩編51編1〜14節(p.59)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2015年11月23日

命のパンをください【ヨハネ6:34〜40】

聖句「彼らが、『主よ、そのパンをいつもわたしたちにください』と言うと、イエスは言われた。『わたしが命のパンである。』」(6:34,35)

1.《パンの顔》 パンに顔の付いたキャラクターと言えば、やなせたかしの「アンパンマン」です。最初は「PHP」に掲載された大人向けの童話でした。人間の顔からパンの顔に、8頭身から3頭身へと、子ども向けにキャラ変更して行きますが、貧困と飢えに苦しむ人を助けるために、自分を差し出すというモチーフだけは変わりません。ここには「本当の正義は飢えさせないこと」という、戦中戦後を生きた作者ならではの一貫した信念があります。

2.《パンの耳》 「パンの耳」は、英語では「crust/外皮」「heel/踵」と言います。パンには「耳」だけではなく「生地目」もあります。焼き立てパンから人間の「鼻」が出て来るのは、ゴーゴリの短編小説です。家庭の主婦は「パンの耳」活用レシピを色々と発表していますし、製パン工場でも再利用を宣伝しています。しかし、今も昔も「パンの耳」は、貧困家庭の最後の食糧です。埼玉県在住の母子家庭の母親は、貧困家庭と見られるのを恐れて、ペット店で金魚の餌用の「耳」を買い、100円スープに浸して食べて、給料前を凌ぐと言います。

3.《命のパン》 70〜80年代、読売新聞大阪社会部には、黒田清という硬派ジャーナリストがいて、社会問題に鋭く切り込みました。大阪社会部が発掘した事件の1つが「パンの耳事件」です。1977年、寝屋川市に住む29歳の主婦が、5人の子どもを残して餓死しました。出稼ぎ中の夫の留守に、子どもを飢えさせぬために、自分は水道水とパンの耳で凌いでいたのです。ヘンリ・ナウエンは「キリストの体なるパンは裂かれて食べられるもの」と言いました。食卓を囲み、1つのパンを裂いて分け合う時、その中に命は宿るのです。私たちには、そんな家庭を、教会を、社会を形作って行く使命があるのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:49 | 毎週の講壇から

2015年11月21日

2015クリスマスイヴ賛美礼拝のお知らせ

次のご案内を出しております。

2015行人坂教会クリスマスイヴ賛美礼拝
posted by 行人坂教会 at 23:23 | 教会からのお知らせ

2015クリスマス諸行事のご案内

2015年の行人坂教会の「クリスマス関連の諸行事のご案内」のパンフレットです。

クリスマス関連の諸行事のご案内2015


行人坂教会 クリスマス関連諸行事のご案内

クリックすると大きな画像が表示されます。



クリスマスの長靴下

クリックすると大きな画像が表示されます。
posted by 行人坂教会 at 23:21 | 教会からのお知らせ

2015年11月17日

11月第4主日礼拝(収穫感謝日合同礼拝)

      11月22日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 命のパンをください=@音楽     朝日研一朗牧師
聖  書  ヨハネによる福音書 6章34〜40節(p.175)
賛 美 歌  27、381、62、「ひとつになろう」、533、28
交 読 文  河野進 より =i『旅』より)

・讃美歌練習(12月の月歌:179番)  礼拝後    礼拝堂
・収穫感謝日パーティー       讃美歌練習後    階下ホール
 豚汁&御飯、鉄板焼き(焼きソバ、他)、餅つき:カンパ持ち寄り大歓迎

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2015年11月16日

一生のおつきあい【ヨハネ5:1〜18】

聖句「イエスは、その人が横たわっているのを見、また、もう長い間病気であるのを知って、『良くなりたいか』と言われた。」(5:6)

1.《死刑宣告》 皮膚病は肉眼による診断が可能な分野ですが、ある大病院の医師が老婦人の症状を診て「この病気は大変だよ。先ず一生治らんよ。苦労するねぇ」と言ったそうです。医師は「自分の診断能力はどうだ」とばかりに言い放ったのですが、改善を望む患者の気持ちを逆撫でする、暴力的な言葉です。しかも、後にそれが誤診と判明したというオチまで付いています。患者への「死刑宣告」にも等しい言葉です。医師はどのくらい自覚しているでしょうか。

2.《医療被害》 「マルコによる福音書」5章に登場する「長血の女」の説明には、「ここに12年間も出血の止まらない女がいた。多くの医者にかかって酷く苦しめられ、全財産を使い果たしても何の役にも立たず、益々悪くなるだけであった」との医者への苦言があります。現在でも、患者を怒鳴り付ける横柄な医者、殊更に裁くような態度の医者がいます。古代社会であれば、医者紛いのペテン師もいたはずです。勿論、イエスさまも「病人には医者が必要」と仰いますし、「愛する医者ルカ」のような、患者に寄り添う人もいたのでしょうが…。

3.《良くなる》 イエスさまの時代、ベトザタの池はローマカトリックの聖地「ルルドの泉」のように、何等かの治癒力があると庶民の間で信じられていたようです。そこに「38年間も病気で苦しんでいる人」がいますが、彼には介護や介助をしてくれる者もいません。イエスさまは、そんな彼に「良くなりたいか」と尋ねられます。何より患者本人の意志や気持ちが大切なのです。「WHO/世界保健機構」が1999年に「健康」の定義をしました。健康とは、単に病気ではない状態を言うのではなく、病んでいても、障碍や麻痺があっても人は健康であり得るのです。健康とは生きる意欲の問題なのです。私たちに、その意志があれば、主は同伴者と成って下さいます。それが「良くなる」ことです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:49 | 毎週の講壇から

2015年11月12日

一点一画 one jot or one title その28

  • 「時間と空間のかなた」(A・E・ヴァン・ヴォークト著、沼沢洽治訳、創元SF文庫)
    知的宇宙生物エズオルと人類の攻防を描いた「第二の解決法」、宇宙植物アイビスが人類を滅亡させるのが「平和樹」、いずれもヴァン・ヴォークトの定番メニューです。貸し出し上映される度に、フィルムの中身が変質する「フィルム・ライブラリー」には、16ミリ映写機の懐かしい匂いを感じました。意外な拾い物は「永遠の秘密」です。ナチスドイツの興亡を、「ケンルーベ装置」という架空の発明品を通して描いて見せます。しかも、この作品、物語を報告書だけで構成するという実験作です。国家権力によって戦争目的のために利用される科学者が、見事に意趣返しを遂げる展開も心地良いです。「避難所」は「宇宙ヴァンパイア」ドリーグ人との絶望的な戦いを描いていますが、いつもながらのドンデン返しは流石です。ただ、私としては、少年のような美少女クラッグ人、パトリシア・アンガーンに、もう少し活躍して欲しかったです。
  • 「日本残酷物語1/貧しき人々のむれ」(宮本常一、山本周五郎、楫西光速、山代巴監修、平凡社)
    五社英雄の映画『御用金』で、幕府の御用金を運ぶ船を座礁させるトリック、あれは全国津々浦々の漁村で、日常的に使われていたのです。山村では、僅かばかりの開墾地を巡って、『七人の侍』のような流血の抗争が繰り広げられています。三浦哲郎の『おろおろ草紙』のネタに成った、天明の大飢饉における人肉食も取り上げられています。後半の「弱き者の世界」では、乞食の生涯、子どもの間引きと堕胎、姥捨て、女性忌避、過酷な炭鉱労働、遊女、からゆきさんの証言が語られていきます。それは、現代日本を象徴する課題であるはずの、貧困家庭とホームレス、幼児虐待と育児放棄、老人施設での暴力、性暴力、売買春と風俗産業の原点を見るようです。貧しさ故に、乳児を放置して農作業や炭鉱労働に従事しなければならず、働けなくなった老人たちは自らを役立たずと蔑み、死に急ぎます、つい50年か百年ほど前には、この貧困が日本の現実であったことを覚えたい。しかも、精神性においては、今も大して変わっていません。巻末には、今村昌平の『女衒/ZEGEN』のモデル、村岡伊平治の波瀾万丈物語もあります。日本の女性たちは、鎖国時代から拉致られて、中国や香港で性奴隷にされていたのですね。
  • 「カフカの『城』他三篇」(森泉岳士作、河出書房新社)
    カフカの『城』、漱石の『こころ』から「先生と私」、ポーの『盗まれた手紙』、ドストエフスキーの『鰐』が短編マンガと成って収録されています。観念的、寓話的、幻想的などと言われて、皆が敬遠する作品ばかりです。物語をなぞるのではなく、その作品の持つ雰囲気を抽出しているのです。あの長大な『城』が僅か16ページのマンガに化けるのですから、凄いと言わざるを得ません。でも、丘の上に建つ城の周りを、いつ終わるともなく巡り歩いているような「悪夢の香り」、『こころ』の朦朧とした感じ等よく出ています。墨汁で描かれた世界ですから、描かれていない余白こそが、この連作の最大の魅力かも知れません。
  • 「風立ちぬ/宮崎駿の妄想カムバック」(宮崎駿作、大日本絵画)
    とにかく全ては、堀越次郎設計の九単(三菱KA−14九試単座戦闘機)の美しい機体に奉げられているのです。九単は、後の九六艦戦(九六式艦上戦闘機)や零戦(零式艦上戦闘機)の原型に成る試作品。しかし、「逆ガル」の主翼が大変に美しいのです。「逆ガル」とは、「ガル」(カモメ)のM字形に見える主翼と逆に、W字形に成っている主翼のことです。結局、映画『風立ちぬ』も、この「逆ガル」を見て、ビリッと戦慄が走るかどうかで、作品の評価が分かれてしまうでしょう。因みに、私の息子たちは「映画を観ても何も感じなかった」「意味不明だった」と言います。そりゃあそうです。プラモデルも作ったことがないのですから。
  • 「ミス・ブロウディの青春」(ミュリエル・スパーク著、岡照雄訳、白水社)
    1967年に映画化されています。残念ながら私が覚えているのは、サンディを演じたパメラ・フランクリンが美術教師のヌードモデルになる場面だけです。但し、ロッド・マッケンの主題歌「ジーン」は大好きで、数年前のクリスマス会で披露したことがあります。原作は、実に苦み走った味わい。女子学園中等部のブロウディ先生は6人の生徒を選んで、彼女が信じる「エリート教育」を施します。女生徒たちは高等部に進んでも尚「ブロウディ組」として個性を発揮します。しかし、そんな「最良の時/the prime」も、やがて終わりを告げます。物語は20年後の時点から回顧されているのです。それこそは、彼女たちが成長した証なのですが、それでも彼女たちの「最良の時」はあの時代だったと認めざるを得ないのです。単なる郷愁や懐古趣味ではありません。多感な少女期に強烈な個性と溢れる情熱を持った人物と出会い、その影響を受けてしまうということは、それ程に喜ばしく、また同時に(一種のトラウマのような)苦々しい体験なのです。
posted by 行人坂教会 at 14:11 | 牧師の書斎から

2015年11月10日

11月第3主日礼拝

      11月15日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 一生のおつきあい=@音楽      朝日研一朗牧師
聖  書  ヨハネによる福音書 5章1〜18節(p.171)
賛 美 歌  27、381、490、290、210、28
交読詩篇  詩編51編1〜14節(p.59)


・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内