2016年05月31日

6月第1主日礼拝

       6月 5日(日) 午前10時30分〜11時50分
説  教 捨て石が親石になる=@音楽     朝日研一朗牧師
聖  書  使徒言行録 4章5〜22節(p.219)
讃 美 歌  27、22、490、295、474、73、28
交読詩編   16編1〜11節(p20)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2016年05月30日

誰もが招かれている【使徒言行録2:36〜42】

聖句「この約束は、あなたがたにも、あなたがたの子供にも、遠くにいる全ての人にも…誰にでも、与えられているものなのです。」(2:39)

1.《行列ぎらい》 最近の話題に、東京都美術館の「若沖展」入館に3〜4時間待ちの長蛇の行列がありました。テレビには「行列のできる法律相談所」という長寿番組があり、最近では、人気店のことが「行列店」「並ぶ店」等と表現されます。私たちは世間の話題に遅れまいと、過敏に成って、メディアに操作され易く成っているのではないでしょうか。付和雷同を自戒すべきです。

2.《ゆとり教会》 私は田舎者で、根っからの「行列ぎらい」ですから、いつも「混雑」ではなく「ゆとり」を探して生きて来ました。現代の日本社会からは急速に「ゆとり」が失われています。「ゆとり」は「ゆたけき」、その意味は「豊」ではなく「寛」にあると考えます。単に時間に余裕が無いのではなく、不寛容に成っているのです。教会の「ゆとり」は霊的な「ゆとり」、貪欲ではなく無欲を、競争ではなく共存を、自慢ではなく謙遜を求めるべきです。私たち自身は貪欲で競争に取り憑かれていて、自慢たらしいケチ臭い存在ですが、神さまの愛は大きく広く深いのです。イエスさまが「ゆとり」を保証するのです。

3.《プレゼント》 ペトロの福音告知を聞いた人たちは「心を突き刺され」て、「私たちは何をすべきか?」と問い掛けます。私たちにも「関係ある」と感じること、「何かしたい」という素直な気持ちが大切です。そこで「悔い改め」「キリストの名による洗礼」「罪の赦し」が挙げられるのですが、実は「使徒言行録」の中では、3つとも神の「賜物」なのです。「条件」ではなく「聖霊の賜物」として「誰にでも、与えられているもの」なのです。「多ければ多いだけ」与えられるのです。教会は、その3つを条件として読もうとします。「聖霊の賜物」も「主の招き」も条件として訳してあります。ケチ臭い話です。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:24 | 毎週の講壇から

2016年05月24日

5月第5主日礼拝

       5月29日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 誰もが招かれている=@音楽     朝日研一朗牧師
聖  書  使徒言行録 2章36〜42節(p.216)
賛 美 歌  27、224、490、211、397、26
交読詩篇  104編24〜35節(p.118)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2016年05月23日

聖なる 聖なる 聖なる主よ【イザヤ6:1〜5】

聖句「彼らは互いに呼び交わし、唱えた。『聖なる、聖なる、聖なる万軍の主。主の栄光は、地を全て覆う。』」(6:3)

1.《ハリウッド》 東和商事の宣伝部長だった筈見恒夫は「神聖ガルボ帝国」というコピーを作り、女優グレタ・ガルボの近寄り難い美貌を表現しました。「ハリウッド」は「柊林」なのに、「聖林」と漢字を当てたのは明らかな誤訳です。中国人は「好莱塢」「荷里活」と音写します。しかし、戦前の日本人にとって近寄り難い世界という思い故に「聖林」が普及したのでしょう。

2.《聖なるは神》 「聖性」は「分離、聖別」を要求します。聖と俗の領域を区別するのです。神社の境内は聖域なので、本来の仕来たりでは、斎戒沐浴して参拝しなくてはなりません。神殿や寺院、聖堂が山の上にあったり、天に伸びる大伽藍を有していたり、階段を上ったり、お香が焚かれていたりするのも「自己聖化」のための装置なのです。しかし、イエスさまは、当時「汚れた者」とされていた人たちとも盛んに交流し食事を共にされました。聖性を表現しようとする気持ちは分かりますが、人の作ったものは、どこまで行っても聖ではありません。「自己聖化」は欺瞞です。真に聖なるは神さまだけです。

3.《救いたまえ》 「聖なる、聖なる、聖なるかな」は「三聖唱」「聖三祝文」と言われ、三位一体の啓示が完了したことを記念して歌われました。「イザヤ書」6章「セラフィムの唱和」から採られた賛美です。紀元5世紀初め、大地震と余震に悩む市民が十字架行進をすると、少年が天に上げられて、天上でその続きを聴きました。地上に戻った少年の証言から、主のエルサレム入城の際の賛美「ホサナ」を歌うように、主教は指示しました。すると余震が治まったそうです。人間の造った神殿などは「揺れ動き」ます。その時、私たちが神に向かって言うべきことは「ホサナ/救い給え!」の一言だけです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:48 | 毎週の講壇から

2016年05月22日

母の日の青空カフェ

母の日の礼拝後に開かれた青空カフェの様子です。

青空カフェの様子
posted by 行人坂教会 at 17:31 | 教会アルバム

2016年05月17日

5月第4主日礼拝(三位一体主日)

       5月22日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 聖なる 聖なる 聖なる主よ=@音楽  朝日研一朗牧師
聖  書  イザヤ書 6章1〜5節(p.1069)
賛 美 歌  27、224、490、353、351、26
交読詩篇  104編24〜35節(p.118)

・讃美歌練習(6月の月歌:22番)    礼拝後       礼拝堂
・昼食サービス(カレーライス:350円)  讃美歌練習後    階下ホール

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2016年05月16日

酔っているのではない【使徒言行録2:1〜16】

聖句「今は朝の9時ですから、この人たちは、あなたがたの考えているように、酒に酔っているのではありません。」(2:15)

1.《ペンテコステ》 キリスト教の三大祝日でありながら、日本では、クリスマスやイースターに比べて、格段に認知度が低いです。世間はともかく、ペンテコステ派の教会を除けば、教会の信徒からも、この日が重視されていないことが問題です。しかしながら、ペンテコステは、クリスマスが祝われるように成る150年も前から、教会で大切に守られて来た祭りです。日本人最初の受洗者(1548年)の記録もペンテコステでした。

2.《聖書とワイン》 世間からは「クリスチャンは禁酒禁煙」のレッテルを貼られていますが、酒を嗜む信徒は珍しくありません。また、聖書からワインを取り除いてしまったら、主の生涯や譬話が成り立たなくなってしまいます。聖書の人たちはワインを水割りして常飲していましたし、ワイン以外にも、大麦ビール、シードル、蜂蜜入りワイン、棗椰子酒がありました。聖書は「禁酒」を勧めてもいません。「酒に酔い痴れてはなりません。それは身を持ち崩す元です」(エフェソの信徒への手紙5章18節)と書いてあるのです。

3.《満たされた人》 「聖霊降臨」の場面では、弟子たちが「他国語」「多言語」で証をしたとされる部分(4〜11節)と「異言」を語ったと思しき部分(12〜13節)とが混在しています。ペンテコステ派では「異言」を語る人を「聖霊に満たされた人」と言います。ペトロもまた「酔っているのではない」と主張しますが、それだけ「酒に酔っている」ように見えたのです。「エフェソ書」の勧めも、その類似を言います。つまり、主の霊に満たされて、弟子たちは「酔っている」かのように、喜びに満ち溢れたのです。酒に「酔っていた」のではなく、霊に「満たされていた」のです。似ているけど違うのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:48 | 毎週の講壇から

2016年05月15日

ペンテコステ

今日はペンテコステ。
こどもの礼拝のあと、子どもたちと、ふしぎな風のうちわを作りました。
鳩サブレのプレゼントがありました。


20160515gyoninzaka_pentecostes.jpg
posted by 行人坂教会 at 16:51 | 教会アルバム

讃美歌を歌う会

月に一度、礼拝後、オルガンを囲んで讃美歌を歌います。

20160515gyoninzaka_singing_group.jpg
posted by 行人坂教会 at 16:43 | 教会アルバム

2016年05月10日

ペンテコステ(聖霊降臨日)礼拝

       5月15日(日) 午前10時30分〜11時50分
説  教 酔っているのではない=@音楽    朝日研一朗牧師
聖  書  使徒言行録 2章1〜16節(p.214)
賛 美 歌  27、224、490、406、346、72、26
交読詩篇  104編24〜35節(p.118)

・あいさつの会(相互交流の会)   礼拝後
 (さんび)礼拝堂オルガン前、(聖書輪読)記念室

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内