2016年05月09日

母鳥と雛鳥のために【申命記 22:6〜7】

聖句「母鳥をその母鳥が産んだものと共に取ってはならない。必ず母鳥を追い払い、母鳥が産んだものだけを取らねばならない。」(22:6,7)

1.《雀の姿焼き》 私は生まれついての下戸でありながら、学生時代には、酒に強く成ろうと無謀な修行を続けていました。神学生の集まる一杯飲み屋で、酒のアテに「スズメ」が出て来て驚きました。現在でも伏見稲荷神社の門前町では、雀と鶉が姿焼きで売られています。大阪の新世界では、狗の肉が売られていました。聖書を読む場合、私たちが最も想像力を向けなくてはならないのは「屠る、捌く、調理する、食べる」という生活実感なのです。

2.《食物タブー》 聖書に「羊」「パン」と言われても、すぐに食べ物と認識しない私たちには、聖書の信仰を受容できていないのです。キリスト教には食物タブーは何もありませんが、旧約時代のユダヤ教徒は「レビ記」や「申命記」に記載された食物タブーに神経を尖らせながら暮らしていたのです。私たちにとって「鰻」は高級食材ですが、旧約の民にとっては食べ物ではありません。どの生き物を「食べ物として認識」するかは、それぞれの宗教や文化、時代や状況によって大きく異なりますが、その実感が大切なのです。

3.《小鳥を守る》 「申命記」は律法、規則の本です。規則と言うと、誰も好印象は持ちませんが、時折り愛らしい戒めもあるのです。ユダヤで鶏の飼育が広まるのはマケドニア帝国時代からです。それ以前には、卵は野鳥の巣から取るしかありませんでした。貴重な蛋白源でした。春に成ると家族総出で「卵探し」に出掛けました。人間が卵や雛鳥を奪い取るのを見詰める母鳥を慮っているのです。規則には、それが生まれる経緯と背景があります。恐らく、旧約の民もまた、親子が引き裂かれるような別離の体験を知っていたのです。また、規則は、弱い立場にある者たちを救うためにこそあるのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:48 | 毎週の講壇から