2016年07月31日

灰色のバスに乗って

1.真夏の悪夢

7月26日の未明、変な夢を見ました。残念ながら、前後の物語は、もう思い出せなくなっていますが、とにかく覚えている場面をお話しましょう。

田舎の小学校の校舎の、2階の廊下に立ち尽くして、私たちは廊下の窓から外の風景を見詰めていました。自分の卒業した小学校ではありません。どこかの見知らぬ小学校です。晴れ渡る初夏、遠くには、なだらかな山々、その手前に川の流れ、こちらに向かっては、自然林の点在する田園風景が続いています。

私の周りには、やはり何かを察して廊下に飛び出して来た学友たちがいます。そうです。何か異常事態が起こったのでした。突然、数キロ先の畑で爆発音が響き、土煙がモクモクと立ち上り、やがて、それは上空で「キノコ雲」に変わりました。私の周りの学友たちが悲鳴を上げて「原爆だ!」と叫びました。

しかし、その「キノコ雲」は原爆によるものではありませんでした。原因は竜巻だったのです。私たちのいる窓の下には、大きなプールがあって、そこには、なぜかイルカがいて、いつも2階の窓際までジャンプして、私たちから餌を貰っていたのですが、折り悪くジャンプしたイルカは、旋風に吹き飛ばされてしまいました。私たちはその後、プールに下りて、イルカを水の中に戻してやるのに、とても苦労をしたのでした。

久しぶりに夢を見ました。と言うか、目覚めても覚えているような、生々しい夢でした。階下に降りると、妻から「大変な事件が起こっているよ!」と告げられたのでした。

2.暴力の連鎖

26日未明、相模原市緑区の障がい者施設「津久井やまゆり園」(社会福祉法人「かながわ共同会」運営)に、26歳の元職員が侵入、ナイフと包丁で入所者を切り裂いて行き、現時点で19名が死亡、負傷者は20名に上るとされています。自ら警察署に出頭した男は「障害者がいなくなればいいと思った」との供述をしているとか、容疑者の尿と血液からは、大麻の陽性反応が出たとも報道されています。

咄嗟に、昨年末の米国の事件を思い出しました。カリフォルニア州サンバーナーディノの障がい者支援の福祉施設「インランド・リージョナル・センター/Inland Regional Center」に、男女3名が侵入して、銃を乱射、14名が死亡、17名が負傷したのでした。犯人たちは「ISIL/アイシル」「アル=ヌスラ戦線」「アル・シャバーブ」等のイスラム過激派に影響を受けた連中でした。私が、相模原市の事件と共通性を感じたのは、犯人の1人、サイード・ファルクが「職員」であったという点です。

そう言えば、「川崎老人ホーム殺人」もありました。昨年末、川崎市の介護付き有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」では、入居者の老人たちが次々に転落死しましたが、年が明けてから、職員がベランダから投げ落として殺害していた事が明らかになりました。これ程に極端な事例ではありませんが、職員が施設の入所者や病院の入院患者に虐待を加えて「事件化」する事は珍しくありません。忘れてならないのは、反対に、職員が利用者(入所者)から暴力を受けるケースも多々あるという事です。

暴力を振るわないまでも、暴言を吐く入所者もいるかも知れません。あるいは、場合によっては、認知症の悪化などによって恐慌を来たして、結果的に暴れてしまう患者もいるかも知れません。精神障がい者施設でも知的障がい者施設でも皆無とは言えないでしょう。職場環境が劣悪であれば、その職員の受ける痛手も大きいでしょう。このような悪循環(暴力の連鎖)が社会の至る所で起こっているように思うのです。

3.灰色のバス

「津久井やまゆり園事件」の犯人は、「大量虐殺」であるという点で、2008年の「秋葉原通り魔事件」の加藤智大をも思い出させます。薬物依存症の患者であったとすれば、また別の局面の問題にも発展するでしょう。しかし、彼の「障害者がいなくなればいいと思った」という発言には、私たち人間の魂の奥深くにまで根を下ろした、恐ろしい罪を感じないではいられません。

『灰色のバスがやってきた』(フランツ・ルツィウス著、山下公子訳、1991年、草思社)という本を御存知でしょうか。大戦中のナチスによるユダヤ人絶滅政策は知られています。しかし、ドイツ本国と占領地では、25万人以上の障がい者たちもまた「安楽死」の名の下に、組織的に虐殺されて行ったのです。その中には、身寄りのない老人たちも「お国のために戦った」はずの傷病兵も含まれていたのです。

ある日、施設や病院、学校の前に「灰色のバス」がやって来て、行く先も知らされぬまま強制移送され、殆ど全ての人たちが二度と生きては帰って来なかったのです。ドイツ語の原題は「Verschlppt/無理やり連れ去られて、こっそり連れ出されて」と言います。ドイツで出版されたのが1987年です。生き残った者たちが皆無に近かったので、戦後40年以上も知られなかった事件だったのです。

これが「ナチス的な虐殺」だとすれば、「日本的な虐殺」スタイルもあります。今でも障がい児と無理心中をする親御さん、認知症の連れ合いや親と無理心中をする人たちが後を絶ちません。その人たちもまた「灰色のバス」に乗せたのだなと思います。いや、一緒に「灰色のバス」に乗って行こうとしたのかも知れません。正直を言うと、肢体不自由児を抱える私自身の心の中にも「灰色のバス」は、時折り停車しているのかも知れません。

大量虐殺の犯人を許すことは出来ませんが、私自身の魂にも暴力は根を下ろし、幹から枝を伸ばしいて、それが「灰色のバス」の停車場と成っているような気もするのです。

牧師 朝日研一朗

【2016年8月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 06:00 | ┣会報巻頭言など

2016年07月26日

7月第5主日礼拝

       7月31日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 マムシにご用心!=@音楽      朝日研一朗牧師
聖  書  マタイによる福音書 12章33〜37節(p.23)
讃 美 歌  27、115、490、195、91、29
交読詩編  詩編68編1〜11節(p.75)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2016年07月25日

キリスト編み物教室【Tコリント1:10〜17】

聖句「皆、勝手なことを言わず、仲たがいせず、心を一つにし思いを一つにして、固く結び合いなさい。」(1:10)

1.《編み物》 編み物が趣味の人、習慣的に編む人、片手間に編む人、認知症予防に編む人、誰かのために徹夜で編む人もいるでしょう。吉田聡の『湘南爆走族』の主人公は暴走族の総長でありながら、高校の手芸部の部長でもあるミスマッチな個性が味わいでした。学校に手芸部があるように、英米には「Knitting Club/編み物会」があり、同好の人たちが集まって編み物をします。

2.《クラブ》 米国の『金曜日の編み物クラブ』という小説は「編み物会」の人間模様が描かれています。雑多で我儘な人たちが時と場を同じくすることで、やがて固い絆で結ばれて行くのです。日本は「編み物教室」です。「クラス」と「クラブ」では大違いです。プロテスタント教会も近世に生まれ、近代に日本に入って来たために専ら「教室モデル」に成っていますが、「クラブ」要素も大切にしなくてはいけません。「クラブ」は「塊、棍棒」という語です。しかし、一塊に成ってクラブ、グループが出来ると、一致団結して見えますが、互いに「勝手なことを言い、仲たがいする」ように成るのが世の常です。

3.《クラス》 パウロの勧告は校長先生の朝礼の訓話みたいに鬱陶しく感じられます。そうでなくても日本社会は「同調圧力」の強い風土です。「一致の勧め」も多様性の切り捨て、少数意見の排除、全体主義に成り兼ねません。しかし「一つの、同じ」と訳された「アウトス」は「オートマチック」の「オート/自動的」の語源です。「自発的、自分から」なのです。「固く結び合いなさい」を「一緒に編み物しなさい」と訳した英訳がありました。確かに「ニット」には「強い絆で結ぶ」の意味もあります。私たち自身の綻びや破れを、神の御前に晒け出し、縫い繕い、皆で編み上げて行くのが教会形成なのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:48 | 毎週の講壇から

2016年07月19日

7月第4主日礼拝

       7月24日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 キリスト編み物教室=@音楽     朝日研一朗牧師
聖  書  コリントの信徒への手紙T 1章10〜17節(p.299)
讃 美 歌  27、115、490、411、542、29
交読詩編  詩編68編1〜11節(p.75)

・讃美歌練習(8月の月歌:374番)   礼拝後    礼拝堂

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2016年07月18日

希望を抱いて生き抜くために【使徒言行録24:10〜23】

聖句「更に、正しい者も正しくない者もやがて復活するという希望を、神に対して抱いています。」(24:15)

1.《フェリクス》 ディズニーの「ミッキーマウス」(1928年)と田河水泡の「のらくろ」(1931年)は、墺系米人のメスマーとサリヴァンが作った「黒猫フィリックス」(1919年)が源流です。ここには、同じ「フェリクス」という名前の総督が登場します。ピラトから数えて7人目、他の総督たちが腰掛け任期なのに比べると、ピラトの10年、フェリクスの8年は立派です。

2.《分派と異端》 パウロが、エルサレム滞在中にキリストを証したために騒動が起こりました。ローマの市民権を持つパウロは、総督フェリクスの所に護送されて来たのです。キリスト教信仰は「この道」と呼ばれています。未だ名前が無かったとは言え、まるで口に出すのも憚られる「忌み名」のようです。「分派」とも言われています。「協会訳」「新改訳」では「異端」とも訳されていますが、「分派/ハイレシス」に「異端」の含みが加わるのは紀元2世紀以降です。ともかく、他の人から何と言われようと、何と思われようと構いません。一番大切なのは、自分が何を信じているか、信仰と信条です。

3.《復活の希望》 パウロは総督の前で自らの信仰を弁明しますが、自分たちの信仰は「旧約聖書に基づく」と主張すると共に、「復活の希望を抱く信仰」だと表明しています。キリスト教の核は復活信仰なのです。但し、パウロは「正しい者も正しくない者も」と付け加えています。ファリサイ派も復活信仰を持っていましたが、善行と徳を積んだ信仰者のみが復活すると考えていました。しかし、パウロは自分の敵である彼らも、自分を暗殺しようと狙っている者たちも、御心ならば救われると言います。それ故に、ここでの「希望/エルピス」は「絶対用法」なのです。普遍的な、究極の希望とされているのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:52 | 毎週の講壇から

2016年07月17日

麺@ワーク

礼拝後の「麺@ワーク」です。 おいしい素麺をいただいてから、礼拝堂の拭き掃除など、みんなで楽しく汗を流しました。

麺@ワークその1

麺@ワークその2

麺@ワークその3

posted by 行人坂教会 at 17:10 | 教会アルバム

2016年07月12日

7月第3主日礼拝

       7月17日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 希望を抱いて生き抜くために=@音楽 朝日研一朗牧師
聖  書  使徒言行録 24章10〜23節(p.262)
讃 美 歌  27、115、490、380、443、29
交読詩編  詩編68編1〜11節(p.75)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2016年07月11日

キリスト者と呼ばれて【使徒言行録11:19〜26】

聖句「このアンティオキアで、弟子たちは初めてキリスト者と呼ばれるようになったのである。」(11:26)

1.《不良少女》 1984年に『不良少女とよばれて』という大映ドラマがありました。母親の一言に傷付いた少女が非行に非行を重ね、少年院送りとなるのですが、指導に来た青年との出会いから民間舞楽の第一人者に成る物語です。これは原笙子の自叙伝のドラマ化です。本人が「不良少女とよばれて」いたのは1950年前後です。いつの時代にも不良少年少女は存在しているのです。

2.《ツッパリ》 「不良少年」と「非行少年」は違います。不良は自らを「不良」と称しますが「非行」とは言いません。「非行」とは飽く迄も大人目線の語です。これは「自らを何者とするか」というアイデンティティの問題として重要です。大学時代にクエーカー教徒の女性から「本当は、自分たちはフレンドと言う」と教えられて目から鱗でした。元々「クエーカー/震える人」の名称は、迫害した側が投げ付けた蔑称だったのです。「メソジスト」もまた「方法を重んじる几帳面な奴」という蔑称です。嘲笑われても「然り」と認めて、そのように呼ばれることを恥としなかったのです。これぞ信仰者のツッパリです。

3.《喧嘩上等》 そもそも「プロテスタント/抗議する人」の名称も、彼らの信仰の自由と良心の権利を踏み躙ったローマ教会側が名付けたものです。ローマ教会が自らを「カトリコス/普遍的な教会」と僭称し続けているのと比べると、興味深いことです。弾圧する側、権力者側や体制側からレッテルを貼り付けられても、売られた喧嘩を買うのです。「キリスト者、クリスチャン」も同様です。当初、信者たち自身は、そう呼ばれることを良しとしなかったのです。しかし、紀元2世紀初めには、その名前の故に苦難を受けても惨めとは思わなくなったのです。まさに「喧嘩上等!」、キリスト者のツッパリです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 19:52 | 毎週の講壇から

2016年07月08日

一点一画 one jot or one title その32

  • 「昭和の女優/官能・エロ映画の時代」(大高宏雄著、鹿砦社)
    以前に観て衝撃を受け、改めて観直してみると、記憶した映像や展開と食い違っている ことがあります。著者も『非行少年/陽の出の叫び』における三条泰子の映像(の記憶) に、その種の錯覚を見出しています。「その微妙な勘違い、否、差異こそ、映画の面白さ であり、映画の秘密を解く鍵であるとさえ言える。とともに、その勘違いのなかに、そ の人なりの映画を観る根源的な意味が含まれていると感じるのである」。「勘違いを飲み 込む見方もまた、映画には許されるであろう。末梢的な細部の描写をDVDで何回も見 て、正確をきす風潮があるが、それだと、同時代に観た映画の大切な魂≠ェ失われて いくこともあるのである」。京マチ子、前田通子、三原葉子、若尾文子、左幸子、加賀ま りこ、春川ますみ、団令子、安田(大楠)道代、渥美マリ、関根恵子(高橋惠子)…。映 画は女優で観るものだと、つくづく再確認します。増村保造監督作品が数多く採り上げ られているのも、私の趣味と一致しています。『赤い天使』『セックス・チェック/第二の 性』『でんきくらげ』『遊び』の論評は、自然、力の入り具合が違って来ているようです。
  • 「HUNTER×HUNTER」第33巻「厄災」(冨樫義博作、集英社)
    長男が「連載では今、クラピカとクロロ(幻影旅団の団長)が戦っているよ」と教えて くれました。しばらくして、続巻コミックスも出たと知り、早速購入しました。それに しても、この文字の多さは何でしょうか、士郎正宗の『攻殻機動隊』に匹敵するでしょ う。その上、この登場人物の多さは何でしょうか。まさか作者は、丸ごと「暗黒大陸」 に連れて行って、全員を虐殺するつもりではないでしょうか。そういう清算の仕方を企 てているのかと邪推したく成ります。本来、主人公であるはずのゴンとキルアを外して いるのも、「キメラアント編」の時のように、後から送り込むつもりなのでしょうか。読 み終えた数日後、長男から情報が入りました。「また、冨樫、休載だってよ」。丁度、テ レビでは、アニメ『美少女戦士セーラームーン』の再放送「ムーンライト伝説」が流れ ていました。「ごめんね 素直じゃなくて…」。
  • 「阿呆の鳥飼」(内田百闥、中公文庫)
    うちの教会の会員の娘さんが表紙カバーの木版画を担当しています。百閧フ小説は随想 のようであり、その随想は小説のようです。「私は小さい時分から小鳥が好きで、色色な 鳥を飼ったり、殺したりしました」という巻頭のさり気ない告白から、胸が疼きます。 人間が生き物を飼うことは、即ち、殺すことに通じるのです。「飼い殺し」と言うくらい です。衰弱する目白や仏法僧を夜通し手の中で温めて介護し、眼を患った柄長の世話を 甲斐甲斐しく焼き、家から飛び立ってしまった河原鶸の行く末を思ってオロオロする、 その愛惜の深さに切なく成ります。しかし、他方、捕らえた鼠に石油を掛けて焼き殺す 話、蛸の頭に刻み煙草のお灸を据えて息絶えさせる話、飼い猫の股を掴んでギュッと泣 かせる話、栗鼠を衝動買いした挙句にボール函に入れたままで死なせてしまう話、酷薄 な懺悔のようなエピソードも満載です。その振幅の激しさは、飼うという営みの本質を よくよく言い表わしているように思います。
  • 「日時計」(シャーリィ・ジャクソン著、渡辺庸子訳、文遊社)
    訳者は「あとがき」で「この物語には友達になりたいと思える人物がひとりも出てきま せん」と断言していますが、私にとっては、主要登場人物全員がごく身近な人たちに思 われたのでした。教会の牧師などという稼業のせいかも知れません。全く違和感がない のです。私にとっては、皆、興味深い、愛すべき人物と思われたのでした。終末を迎え るに当たって、ハロラン家の「お屋敷」が「ノアの箱舟」に成る、そんなお告げを受け て、各々一癖も二癖もある訳ありな人たちが擬似家族を形成しながら、その日に備えて 準備をして行くのです。それは、クリスマスやイースターの準備をしている時(アドベ ントやレント)の教会生活そのものです。加えて、小学生の頃、土曜日の午後、雨戸を 閉めて居間を暗くして、「えび満月」(煎餅)片手に、妹と一緒にテレビの『ウルトラゾ ーン』(『アウター・リミッツ』第2シーズン)を見ていた時の情景が脳裏に蘇えって来ま した。
  • 「プリニウス」第4巻(ヤマザキマリ+とり・みき作、新潮社)
    紀元62年に起こったポンペイ大地震を描いています。ウェスウィウス噴火の可能性を 語るプリニウスに、護衛のフェリクスは「縁起でもない!」と諫めます。「自然が己の力 で動く事の何が縁起が悪いのだ。なぜそうやって自分の命のつごう優先で物事を考えよ うとするのだ?!」と反論するプリニウス。自然の力の前に、人間の作り上げた文明?、 いや、インフラは一瞬にして脆くも潰え去るのです。善でも悪でもなく、これこそが世 の現実です。東日本大震災の時にも「神はいるのか!」と、これ見よがしに無神論的キ ャンペーンがありました。けれども、カタストロフを採り上げて、殊更に神や仏を呪う のは筋違いというものです。ただ、私たちの存在も、私たちの文明も、余りにも卑小で あるという事に尽きるのです。そう言えば、ポッパエアによるブッルスとオクタヴィア の暗殺、謎のユダヤ人の暗躍、呪詛板やキリスト教も登場します。盛り沢山のローマ史 です。
  • 「見た人の怪談集」(岡本綺堂他著、河出文庫)
    鏡花「海異記」、鷗外「蛇」、芥川「妙な話」、佐藤春夫「化物屋敷」の4篇は『日本怪奇 小説傑作集T』(創元推理文庫)で、小泉八雲「日本海に沿うて」、岡本綺堂「停車場の 少女」もどこかで読んでいます。15篇中6篇ですから、3分の1以上が再読だった訳で す。この手のダブリはアンソロジーに付きものですが、それでも、この本の「見た人の…」 という編集意図に脆弱さを感じないではいられません。展開そのものよりも、シニカル な文章が光っていたのが、正宗白鳥「幽霊」です。「大本教でもモルモン宗でも、何でも いいが…肉体を離れて魂魄が無いものなら、基督も釈迦も、お直婆さんやおみき婆さん と同じように痴愚の教えを説いて、幾億万の人間をたぶらかしたのだ」。猟奇的なオチが 控える橘外男「蒲団」、どこか陰惨な印象を残す角田喜久雄「沼垂の女」が私の好みです。 田中貢太郎「竃の中の顔」、大佛次郎「手首」は、古典の味わいの中にも、江戸時代の無 残絵を思わす、独特の残酷趣味が漂っています。
posted by 行人坂教会 at 10:14 | 牧師の書斎から

2016年07月05日

7月第2主日礼拝

       7月10日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 キリスト者と呼ばれて=@音楽    朝日研一朗牧師
聖  書  使徒言行録 11章19〜26節(p.235)
讃 美 歌  27、115、490、469、392、29
交読詩編  詩編68編1〜11節(p.75)

・青空カフェ       礼拝後       バルコニー

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内