2016年07月25日

キリスト編み物教室【Tコリント1:10〜17】

聖句「皆、勝手なことを言わず、仲たがいせず、心を一つにし思いを一つにして、固く結び合いなさい。」(1:10)

1.《編み物》 編み物が趣味の人、習慣的に編む人、片手間に編む人、認知症予防に編む人、誰かのために徹夜で編む人もいるでしょう。吉田聡の『湘南爆走族』の主人公は暴走族の総長でありながら、高校の手芸部の部長でもあるミスマッチな個性が味わいでした。学校に手芸部があるように、英米には「Knitting Club/編み物会」があり、同好の人たちが集まって編み物をします。

2.《クラブ》 米国の『金曜日の編み物クラブ』という小説は「編み物会」の人間模様が描かれています。雑多で我儘な人たちが時と場を同じくすることで、やがて固い絆で結ばれて行くのです。日本は「編み物教室」です。「クラス」と「クラブ」では大違いです。プロテスタント教会も近世に生まれ、近代に日本に入って来たために専ら「教室モデル」に成っていますが、「クラブ」要素も大切にしなくてはいけません。「クラブ」は「塊、棍棒」という語です。しかし、一塊に成ってクラブ、グループが出来ると、一致団結して見えますが、互いに「勝手なことを言い、仲たがいする」ように成るのが世の常です。

3.《クラス》 パウロの勧告は校長先生の朝礼の訓話みたいに鬱陶しく感じられます。そうでなくても日本社会は「同調圧力」の強い風土です。「一致の勧め」も多様性の切り捨て、少数意見の排除、全体主義に成り兼ねません。しかし「一つの、同じ」と訳された「アウトス」は「オートマチック」の「オート/自動的」の語源です。「自発的、自分から」なのです。「固く結び合いなさい」を「一緒に編み物しなさい」と訳した英訳がありました。確かに「ニット」には「強い絆で結ぶ」の意味もあります。私たち自身の綻びや破れを、神の御前に晒け出し、縫い繕い、皆で編み上げて行くのが教会形成なのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:48 | 毎週の講壇から