2016年12月05日

暗いこの世の光として【ヨハネ12:44〜50】

聖句「わたしを信じる者が、誰も暗闇の中に留まることのないように、わたしは光として世に来た。」(12:46)

1.《ランタンの光》 ハロウィンには、カボチャを刳り貫いて作った「ジャック・オー・ランタン」という「鬼火」の提灯が付き物です。あの灯火を見ると、私は幼少時代の地蔵盆を思い出します。夏休みとは言え、辻の地蔵堂に子どもが夜遅くまで遊びつつ灯明を守るのです。提灯を持って地蔵堂への参拝を呼びかけますが、大人たちは賽銭を供えると共に、子どもにお菓子を振る舞うのです。

2.《一隅を照らす》 ハロウィンの原型は、聖マルティヌスの祭りです。紀元4世紀のトゥールの司教、マルティヌスは、ローマ軍騎兵としてアミアンに駐屯していた時、吹雪の中で震える半裸の物乞いに、自分のマントを切り裂いて差し出します。その物乞いがキリストだったのです。その祭りでも子どもたちがランタンを灯して、教会へ招きます。最澄の言葉に「一隅を照らす」があります。隅は光の届きにくい薄暗い所です。誰もが競い合って光の当たる中心に出ようとしますが、押し退けられる人や弾き出される人もいるはずです。クリスマスこそは「この世界の片隅に」生きる人たちを光で照らす物語だったはずです。

3.《光として来た》 イエスさまは「光として世に来た」はずの御方です。しかし、世界に冠たる大都市ではなく田舎町に、宮殿ではなく家畜小屋にお生まれになりました。「誰も暗闇の中に留まることのないように」と仰るのですから、それが必然だったのです。主は「光として」来られたのですから、他の人を押し退けて、光の当たる場所に出ようとは為さいません。むしろ、私たちが光の照らす場所を目指すのは、自らが「闇の人」であるからです。イエスさまは自分から片隅に生きて「一隅を照らす」のです。それは「誰も孤立してはいけない」「私たちは一緒にいる」「神さまはあなたと共にいる/インマヌエル」のメッセージです。それを身をもって示されたのがクリスマスなのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 16:50 | 毎週の講壇から