2017年02月06日

家を建てるなら【エフェソ2:11〜22】

聖句「キリストにおいて、あなたがたも共に建てられ、霊の働きによって神の住まいとなるのです。」(2:22)

1.《マイホーム》 1975年に「家を作るなら」という建売住宅のCMソングが流行りました。都心に住む庶民の憧れが「団地」から「庭付き一戸建て」に変化した潮目だったのです。世に言う「マイホーム」です。しかし、どうして「アワ/私たちの」ではなく「マイ/私の」なのでしょうか。持ち家を手に入れた喜びの表現なのでしょうが、一抹の孤独と空虚さが感じられます。

2.《使途不明金》 教会形成も「家を建てる事」に喩えられます。イエスさまもペトロに「この岩の上に私の教会を建てる」と仰いました。その聖句を縁起として、バチカンの総本山「サン・ピエトロ大聖堂」はペトロの墓の上に建てられているようです。千三百年に渡って(324〜1626年)建て増しを続けました。遂には建立費用捻出のために「免償/免罪符」を乱発し、その結果、ルターが反対声明を出して、「宗教改革」が始まります。完成は、その更に110年後です。確かに稀有壮大ではありますが、イエスさまは何と言われるでしょう。ペトロなら使徒だけに「使途不明金!」と批判するに違いありません。

3.《建てられる》 イエスさまの仰る「教会」は建物のことではありません。「教会」と訳されている「エクレーシア」は「集会」と訳すべきです。「土台、要石、建物全体、神殿、住まい」と言われていますが、飽く迄も比喩なのです。「箱物」ではなく、主に呼び集められた人たちが「聖なる神殿」「神の住まい」に「成る」のです。私たちの力や業によってではなく、三位一体の神の力によって作り出される奇跡なのです。その基本は「食卓紐帯」にあります。血の繋がった家族ではありませんが、共に聖餐に与り、共に愛餐する「仲間」です。その時、私たちは「組み合わされて成長し」「共に建てられる」のです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 19:50 | 毎週の講壇から

教会学校2月お誕生会で

教会学校2月のお誕生会に、チョコレートフォンデュ&チーズフォンデュをしま した。

教会学校2月のお誕生会
posted by 行人坂教会 at 17:48 | 教会アルバム