2017年07月31日

網と舟と父親を残して【マタイ4:18〜22】

聖句「イエスは、『わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしよう』と言われた。二人はすぐに網を捨てて従った。」(4:19,20)

1.《付いて来るかい》 町内会の夏祭りでは露天商の夜店が立ち並びます。小学校の低学年の頃、日暮れ前から会場で遊んでいた私は、たこ焼きの屋台の準備を手伝ったことがあります。ご褒美に最初に焼けた物を貰ったのですが、おじさんから「一緒に来るかい?」と言われたのでした。以後しばらく、各地を移動しながら露天商を営む自分の姿を妄想するのがマイブームでした。

2.《袖の触れ合うも》 イエスさまが「4人の漁師を弟子にする」場面ですが、如何にも行き当たりばったりに思われます。投網漁をしているペトロとアンデレの兄弟に唐突に「私に付いて来なさい」では付いて行けません。普通に考えれば先ず「豊漁か?」「景気はどうか?」と世間話から始まり、彼らの抱える生活苦や将来の不安が開陳され、主が福音を説かれた後に、この招きの言葉があるべしです。幾ら何でも出会い頭に「私に付いて来なさい」では「ハーメルンの笛吹き男」に操られてる子どもたちと同じです。その点「ルカによる福音書」は挿話の順番を入れ替えることで、誰もが納得できるように再構成しています。

3.《有無を言わさず》 改めて「マタイによる福音書」に目を転じると、ドラマ展開のプロセスに何の関心も抱いていません。イエスさまが「さあ来い、俺の後ろに」と言い、弟子たちが付いて行ったという暴力的展開です。喧嘩上等のヤンキーのノリなのです。ヤコブとヨハネの兄弟は、網だけではなく、持ち舟も父親も船子も捨て去ります。非常識とも不人情とも思われますが、信仰の決断を迫られる時には、常識や人情を捨てても良いのです。仕事や生活(網と舟)、家族(父親)を何よりも大切にしていますが、それは永遠でも究極でも無いのです。いつか、主の召命に応えてお別れする時が来るのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 19:54 | 毎週の講壇から

麺@ワーク

7月30日(日)、礼拝後の“麺@ワーク”です。

みんなで美味しい冷や汁とお素麺を頂き、楽しくペンキ塗りをしました。

麺@ワーク
posted by 行人坂教会 at 10:11 | 教会アルバム

2017年07月30日

バイブル・ゴースト・ストーリー

1.怪談会

夏と言えば、怪談です。幕末から明治期に掛けては、江戸の庶民は「怪談噺」を聴くために、挙って寄席に通ったのです。幕末の初代林家正蔵(1781―1842)が「怪談噺」の元祖とされていますが、「怪談噺」と言えば、やはり、初代三遊亭圓朝(1839―1900)でしょう。『牡丹燈籠』『真景累ヶ淵』『怪談乳房榎』は圓朝の創作です。また「グリム童話」の『死神の名付け親』を翻案した『死神』は今も上演されることの多い人気演目です。圓朝は稀代の幽霊画コレクターでもありました。

怖い話を聴くと、自然と汗も引くというので、明治時代には、有名無名の語り手たちが集まって「百物語」をする「怪談会(かいだんえ)」が盛んに催されました。泉鏡花が呼び掛け人になって、柳田國男や田中貢太郎、小山内薫、柳川春葉などが取って置きの逸話を披露し合っていたのです。このような「怪談会」は、今でも日本各地で夏の風物詩として開催されていて、大変に人気があります。

ネットのイベント情報を調べてみると、東京四谷は勝興寺、福島は本法寺、高崎は少林山達磨寺と、会の性質上、お寺を会場に開催されることが多いようです。やはり、お墓の近くが盛り上がるのでしょうか。しかし、意外にも京都の「怪談会」は五条間之町(あいのまち)、「甚松庵(じんまつあん)」という「抹茶体験セミナー」等をやっているお店が会場になっていました。京都は寺が多過ぎて、敢えて外したのでしょうか。それとも、参加者の間口を広げるための企画なのでしょうか。感心しました。

2.幽霊譚

聖書にも「幽霊」という語が出て来ます。すぐに思い浮かぶのが、イエスさまが「湖の上を歩く」エピソードです(「マタイによる福音書」14章22〜33節、「マルコによる福音書」6章45〜52節)。

イエスさまは、弟子たちを舟に乗せ、ガリラヤ湖を渡るように送り出します。御自身は独り山に登って祈っています。しかし、弟子たちの乗った舟は逆風に悩まされて、岸に着けないで難儀しています。夜も明けようかという薄明の中を、人影が湖上を歩いて、こちらに近付いて来るではありませんか。弟子たちは恐怖の余りパニックになり、「幽霊だ!」と叫びます。ギリシア語原典には「ファンタスマ」と書いてあります。ラテン語でも英語でも「Phantasma」は「幽霊」の事です。

勿論、弟子たちが「幽霊」と思ったのはイエスさまでした。イエスさまは「安心しなさい。私だ。恐れる事はない」と語り掛け、溺れそうになったペトロには「信仰の薄い者よ、なぜ疑ったのか」と叱り、弟子たちは「本当に、あなたは神の子です」と讃えるのでした。それが聖書の本筋なのです。

しかしながら、このエピソードには、やはり、どこか怪談(と言って悪ければ、怪異譚)の趣きがあるのも事実です。皆さんも自分に当て嵌めて想像してみて下さい。海辺や湖で夜釣りをした経験があれば、真っ暗な水底の恐ろしさを身に沁みて感じるはずです。それどころか、弟子たちの場合には、陸地に辿り着けぬまま、ボートの上にあり、風が出て波立っています。そんな時、こちらに向かって、黒い人影が湖上を近付いて来ます。かなり、ヤバイです。私などは恐怖の余りに失禁してしまうかも知れません。

3.口寄せ

旧約聖書で幽霊譚を「1つ挙げろ」と言われれば、何を措いても「サムエルの亡霊」でしょう。「サムエル記上」28章の物語です。紀元前1000年、イスラエルの王サウルはペリシテ軍との最終決戦を前にして、大きな不安を覚えます。既にサウル王は主なる神ヤハウェから見限られていたために、託宣によっても夢によっても「ウリムとトンミム」(祭司の使う占いの道具)によっても、ヤハウェは何も応えて下さいません。

思い余ったサウルは、夜に兵を2人だけ従え、陣を抜け出して、エン・ドルに住む「口寄せの女」を訪ねるのでした。かつて口寄せ女と魔術師を追放したのはサウル王でしたが、皮肉にも今や王自身が口寄せ女の力を借りようとしているのです。しかも、陰府から呼び出す相手は、何と預言者サムエルだったのです。若き日に自分を指導してくれたサムエルに「為すべき事を教えて下さい」と、サウル王は泣き付きます。しかし、サムエルの預言は厳しいものでした。サウルの軍勢は敵軍に破れ、王も王子たちも殺され、イスラエル王国はダビデのものになると言うのです。それを聴くや、サウル王は忽ち地面に倒れ伏すのでした。

口寄せを行なう巫女と言えば、日本では、恐山のイタコ、琉球のユタが有名です。朝鮮半島にはムーダン(巫堂)がいます。こちらは政治にも介入するので厄介です。最近では、朴槿恵(パク・クネ)大統領失脚の原因となった崔順実(チェ・スンシル)もムーダンです。古くは、李氏朝鮮第26代王高宗(ゴジョン)の妃、日本人によって暗殺された閔妃(ミンビ)もムーダンで、莫大な国費を呪術のために浪費したとされています。

欧米でも「チャネリング/Channeling」と言って、より高次な霊的存在、即ち神や聖霊、天使や精霊、死者や宇宙人と直接交流(交信)する宗教(及び疑似科学)が引きも切らず存在しています。「幸福の科学」の大川隆法が、仏陀やイエス・キリストや宇宙人の「霊言」を語ると称しているのも、この流れを汲んでいます。

それにしても「より高次な存在と交信した」等と称して悦に入っているのは、如何にも愚かしいことではないでしょうか。イエスさまが、庶民の悲しみの声、苦しみの叫びに耳を傾けて居られたことを忘れてはなりません。「群集を見て、飼い主のいない羊のような有様を深く憐れ」まれた(「マルコによる福音書」6章34節)と書いてある通りです。

牧師 朝日研一朗

【2017年8月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 06:00 | ┣会報巻頭言など

2017年07月25日

7月第5主日礼拝

       7月30日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 網と舟と父親を残して=@音楽    朝日研一朗牧師
聖  書  マタイによる福音書 4章18〜22節(p.5)
讃 美 歌  27、128、490、52、513、26
交読詩編  詩編143編1〜6節(p.160)

・麺@ワークT      礼拝後      階下ホールに集合
焼きソバを頂いた後、礼拝堂玄関、記念室の扉の補修、塗り直しをします。

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2017年07月24日

天使と野獣【マルコ1:12〜13】

聖句「イエスは40日間そこに留まり、サタンから誘惑を受けられた。その間、野獣と一緒におられたが、天使たちが仕えていた。」(1:13)

1.《美女と野獣》 2017年上半期最大のヒット映画は、ディズニーの実写版『美女と野獣』です。この物語には、愛と信頼の人間関係があって初めて、人間性が回復されるというテーマがあります。さて、野獣の正体ですが、アニメ版で野獣のキャラクターをデザインしたグレン・キーンは「神がこの世に創造された生き物の中から、様々な動物を合成して作り出した」と発言しています。

2.《悪魔と動物》 イエスさまがサタンと対決する「荒れ野の誘惑」の場面ですが、悪魔との問答がありません。その代わりに、イエスさまと共に「野獣」がいるのです。詳しい描写が無いまま、唐突に「野獣」が登場するので、私も長い間この「野獣」を「悪魔」自身か「サタン」の使い魔のように錯覚していたくらいです。「野獣」と訳されている「テーリオン」は「テール」の指小語です。「テール」は「猛獣、凶暴」ですから、間違いなく獰猛な肉食獣です。しかし、イエスさまと一緒にいると、熊も小熊のように、狼も赤ちゃん狼のように、ライオンも赤ちゃんライオンのように成っているのです。

3.《天使の奉仕》 主がサタンから苦難を受けられた時、野獣たちが共にいたのです。その光景はキプリングの『ジャングル・ブック』、手塚治虫の『ジャングル大帝』、釈迦の「涅槃図」と同じです。「イザヤ書」11章のメシア預言の成就なのですが、私たちが悲嘆する時、ペットの動物が無言のまま見守っていたことも思い出されます。天使たちが「仕えていた」とは、主に食事を供えていたという意味です。私たちの奉仕は、結局、この2つに尽きるのです、即ち「荒れ野」に置かれた人に食事を運び続けるか、それとも共にいて見守るか。しかも、本当の奉仕は私たち自身の人間性を回復することでもあるのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:51 | 毎週の講壇から

2017年07月18日

7月第4主日礼拝

       7月23日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 天使と野獣=@音楽         朝日研一朗牧師
聖  書  マルコによる福音書 1章12〜13節(p.61)
讃 美 歌  27、128、490、142、284、26
交読詩編  詩編143編1〜6節(p.160)

・讃美歌練習(8月の月歌:554番) 礼拝後     礼拝堂

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2017年07月17日

主の言葉は響き渡る【Tテサロニケ1:2〜10】

聖句「主の言葉があなたがたの所から出て、マケドニア州とアカイア州に響き渡った…ので、何も付け加えて言う必要はないほどです。」(1:8)

1.《ノイズ》 礼拝説教が佳境に入った時に、折り悪く、教会の側をちり紙交換車がアナウンスをしながら通り、苦笑せざるを得ないことがありました。選挙カー、右翼街宣車、ちり紙交換、移動販売車など、英語では「sound trucks/音響トラック車」と言いますが、日本独自の文化です。「騒音」の対語は「清音、楽音」と言いますが、騒音か否かは、個々人の快不快に左右されます。

2.《コール》 美しい音楽も歌声も「聞きたくない」人にとっては騒音です。世間でも「子どもの声は騒音か、それとも希望の響きか」は大きなテーマと成っています。テサロニケの信徒たちの「信仰の働き、愛の労苦、希望の忍耐」はマケドニアとアカイアに「響き渡っている」とパウロは言います。「主の言葉は響き渡る」という言い回しは「詩編」19編2〜5節から採られています。「響き」はヘブル語で「コール」、ラッパの響きも雷鳴の轟きも、声や音色も「コール」です。サイモン&ガーファンクルのヒット曲「サウンド・オブ・サイレンス」も「その声も聞こえないのに/その響きは全地に普く」から来ているのです。

3.《神の声》 何万人もの人々が暮らしている都会生活では、言葉も歌も大量に消費されて行きます。話していても、互いの気持ちが通じ合うことは思いの他、少ないのです。喧騒と音響が溢れているのに、意味のある音が受け止められません。しかし、昔の人は空を仰ぐだけで神の御言葉を思ったのです。パウロの「あなたがたの信仰が至る所で伝えられている」は、メディアの無い時代、大袈裟かも知れません。しかし、教会の人たちは覚えて祈っていた。「知る人ぞ知る」のです。また、神さまさえ御存知ならば、誰からも知られなくても良いのです。何しろ、信仰とは「神のみぞ知るセカイ」なのですから。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 19:52 | 毎週の講壇から

2017年07月11日

7月第3主日礼拝

       7月16日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 主の言葉は響き渡る=@音楽     朝日研一朗牧師
聖  書  テサロニケの信徒への手紙T 1章2〜10節(p.374)
讃 美 歌  27、128、490、54、457、26
交読詩編  詩編143編1〜6節(p.160)


・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2017年07月10日

神の国は、飲み食いではなく【ローマ14:13〜23】

聖句「神の国は、飲み食いではなく、聖霊によって与えられる義と平和と喜びなのです。」(14:17)

1.《ハラール》 イスラム圏から来日する観光客の増加と共に、イスラム法に照らして食べても良いと認定された食材の専門店、ハラール料理を提供する店が出て来ました。その認証を与える協会も含めて「ハラルビジネス」と言います。しかし、ハラールも実際には、国と民族と文化による温度差、意識の個人差もあり、食物タブーを厳密に守っていられない状況もあるのです。

2.《棲み分け》 「ローマの信徒」たちは「ヘレニスト」(ギリシア語を母語ととして外国で暮らすユダヤ人)に「異邦人」も加わる混成集団でした。文化的、宗教的背景も異なります。しかし、そのような人たちが共に集まって礼拝を守っていたところに活気が溢れていたのです。米国キリスト教史を学ぶと、移民は宗教集団であり、各民族、各宗派ごとに棲み分けがあることに気付きます。しかしながら、パウロの時代のキリスト者の集まりには、未だ棲み分けはなかったのです。当然そこに衝突も生まれます。にもかかわらず、それでも礼拝を共にして行ったところに、パウロの果たした役割があったのです。

3.《愛に従う》 当時の礼拝は、食事を共にしながら祈り、賛美し、キリストを記念したのです。食事が各自持ち寄りだったのか、給食だったのか、会場の主催者提供だったのか定かではありませんが、戒律を守る人の前に禁忌とされた食材を置くのは、如何にも愛がありません。一種のハラスメントです。それ故、パウロは「神の国は飲食にあらず」と叱っているのです。ところで、イエスさまは反対に「神の国は大宴会」と仰っています。主の慈悲に限りが無いことに気付く日が来ます。その日には、私たちが選んだものも拒んだものも、全て与えられることでしょう(映画『バベットの晩餐会』より)。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:49 | 毎週の講壇から

旭日亭菜単(続き)その39

  • 「紙の動物園/ケン・リュウ短篇傑作集1」(ケン・リュウ著、古沢嘉通編訳、ハヤカワ文庫)
    読み始めてすぐに、同じ中国系のテッド・チャン(『あなたの人生の物語』)を思い出しました。深い喪失感に裏打ちされたファンタジーなのです。案の定、著者自身が「チャン作品にこれまで大きな影響を与えられている」と付記していました。折紙の動物たちが命を吹き込まれて戯れる表題作、同じように漢字が魔法の力を顕わす巻末の「文字占い師」、「結縄」には、縄を編むことで記録される言語が出て来ます。「心智五行」では、体内にバクテリアを取り込むことで、ある惑星の環境への適応を果たした部族が登場します。一旦、北米白人の目に触れることで異化された「東洋のエキゾチシズム」、これがケン・リュウの方術です。彼の作品には、米国白人社会に憧れを抱きながらも、彼らによって手痛く裏切られる中国人が繰り返し描かれています。「太平洋横断海底トンネル小史」では、相手は日本帝国です。しかし、米国白人も日帝も、中国共産党も台湾国民党も、憎しみの対象としては描かれないのです。「文字占い師」の中で、甘さんは在台米軍の情報将校と国民党の軍属から、最愛の息子を眼前で殺され、自身も凄惨な拷問を受けた挙句に殺されるのですが、カート・ヴォネガットのように、怨みを超越してしまっているのです。痛みが憎しみに流れないのです。その点、優雅ですらあります。
  • 「世界ファンタスティック映画狂時代」(友成純一著、洋泉社)
    著者が「キネマ旬報」に連載していた「びっくり王国大作戦」は欠かさず読んでいました。フランスのアヴォリアッツ、カタルーニャのシチェス、ポルトガルのファンタスポルト等の「ファンタスティック映画祭」にプレスとして参加し続け、世界中のホラーやスプラッター、エログロ映画を観まくった著者が、そこで出会った映画人たちとの交流を含めて綴った貴重な記録です。ピーター・ジャクソン、タランティーノ、トビー・フーパー等、ビッグネームも出て来ますが、やはり、巻末の第5章「ファンタで出会った凄い人たち」が凄い!の一言。『ソサエティ』のブライアン・ユズナ、『リトルショップ・オブ・テラーズ』のイワン・カルドソ、『コフィン・ジョー』のホセ・モジカ・マリンズ、『ネクロマンティック』のユルグ・ブットゲライト、『ゾンパイア/死霊大戦』のオラフ・イッテンバッハ等の記述は、VHS乱発時代の狂奔を思い出して、ニヤニヤしました。「君の名字、ブットゲライトっていうのか? 日本ではそう呼ばれているが」、それに対して「俺の名前か、それは?」と、Buttgereit本人が応える珍問答は涙が出る程に微笑ましい。
  • 「興亡の世界史/ケルトの水脈」(原聖著、講談社学術文庫)
    妻が一時期、セシルさんというブルターニュ人からフランス語を習っていました。彼女は黒沢清監督の大ファンで、水木しげるの『墓場の鬼太郎』も読んでいました。それは、彼女の中に流れるケルトの血のせいかも知れません。我らが柳田國男も、ブルターニュの民族学者、ポール・セビヨから方法論を学んでいたのです。日本民俗学との接点も深いのです。民族移動に伴う文化や言語の連続性については、「言語が存続するか消滅するかの境目を移住者の視点から考えると、家族をともなうか単身なのかが大きな分岐点となる」との卓見。「自文化に対する自負心が、文化的権威を背景にした「文明開化」の思想、これこそキリスト教が本来持つ普遍性(カトリシテ)の思想にもつながる」。つまり、文化的優位性の自意識があって初めて、伝道者は異文化の地に乗り出す布教の覚悟を固めると、著者は指摘しています。欧米の宣教師のみならず、イスラムの布教、仏教の伝播、全てに言えることです。日本のキリスト教界について言えば、現在、韓国系の教会が日本の布教活動に熱心なのも、彼らの優越感が大きく作用しているはずです。それに対して、昔ながらの教会においては、伝道意欲が低いと非難されがちです。しかし、それは日本の土着文化、土着宗教に敬意を払い、同じ目線に立とうという所に到達したからなのです。例えば、ブルターニュでは「布教者のキリスト教化はまったく強引なところがなく、一歩前進一歩後退の状態にあった」「布教者が異教に寛容であった」と著者は言います。これがケルト的キリスト教を育んだのです。私がケルト十字架を特に愛しているのも、このスタンスを是とするからです。「土着的な独自のものと普遍的なものとが入り交じって一つの文化を構成」すること、日本文化と日本的感性を愛する牧師としての理想です。
  • 「シュトヘル/悪霊」第14巻(伊藤悠作、小学館)
    完結しちゃいました。主要登場人物が一堂に南宋国都江堰に集結。命のやり取りです。但し、急変する展開もアクションも、良い意味で物語に従属しています。その物語とは…。国は滅んでも民は生きる。民は滅んでも人は生きる。人は死んでも文字は生き残る。文字を使う人が消えれば文字も死ぬ。しかし、死んだ文字でも、それに人が触れることで息を吹き返す。今失われつつあるのは生物多様性だけではありません。グローバリズムという暴力の中で、人間の言語や文化、信仰の多様性も急激に失われているのです。些か駆け足ながらも、そういうことを深く思わされる幕切れでした。この日本でも、地方の町村の人口減少のために、人々の暮らし、風土が消滅しています。もはや止めようのないことだとは思います。その代わりに、私たちは未来に向けて、何かの種子を蒔く責任があるように思うのです。
  • 「ヒトラーの描いた薔薇」(ハーラン・エリスン著、伊藤典夫他訳、ハヤカワ文庫)
    エリスンはテレビドラマの台本を書いていただけあって、すぐに映画化できそうな作品があります。「血を流す石像」では、NYの聖パトリック大聖堂の尖塔に施されたガーゴイルの意匠が実体化して、枢機卿を串刺しに、尼僧を股裂きに、「ジーザス運動」の群集を虐殺します。『空の大怪獣Q』のラリー・コーエンに映画化して貰いたいです。このように、著者のキリスト教に対する嫌悪が、どの作品からも醸し出されていて、その反骨ぶりには脱帽です。日本で神社神道に対して、ここまで牙を剝いて愚弄できる作家が一人でもいるでしょうか。「睡眠時の夢の効用」では、ジェリー・ファウェル(80年代を代表するTV伝道師、「モラル・マジョリティ」でレーガン政権を支えた)を名指しで「糞野郎」呼ばわりしています(勿論、88年の作品)。表題作に至っては、エリスン自身はユダヤ人でありながら、地獄に堕とされたヒトラーの姿を詩情豊かに描いています。「クロウトウン」には絶句。主人公の青年弁護士は自宅で恋人を堕胎させますが、トイレに流した胎児を探して来るように、恋人に要求され、マンホールの蓋を開けて下水道に降りて行きます。この初期設定だけで、もう降参です。こちらは、コーエンの『悪魔の赤ちゃん』を思い出させます。
posted by 行人坂教会 at 09:11 | 牧師の書斎から