2017年11月12日

2017収穫感謝合同礼拝

子どもたちも、司式や聖書朗読をしました。

2017収穫感謝合同礼拝

礼拝後、収穫感謝愛餐会がありました。持ち寄った食材で作った豚汁、果物、海の幸、鉄板焼きをいただきました。 餅つきもしました。

2017収穫感謝日記念パーティー
posted by 行人坂教会 at 22:15 | 教会アルバム

2017年11月10日

2017年11月07日

11月第2主日礼拝(収穫感謝日合同礼拝)

      11月12日(日) 午前10時30分〜11時30分
説  教 水のこころ音楽      朝日研一朗牧師
聖  書  イザヤ書 55章8〜11節(p.1153)
讃 美 歌  27、569、62、絶望の中に主はよみがえる、355、89
交 読 文  マルティン・ルター「詩編130編講解」より

・収穫感謝日愛餐会     礼拝後      階下ホール
 豚汁、焼きソバ、餅つき(無料、カンパお願いします)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2017年11月06日

死と陰府の鍵を持っている【黙示録1:9〜20】

聖句「わたしは最初の者にして最後の者、また生きている者である。一度は死んだが、見よ、世々限りなく生きて、死と陰府の鍵を持っている。」(1:17,18)

1.《玄関の鍵》 とある婦人から問い合わせがありました。「バザー会場に鍵を落としたかも知れない」と仰るのです。外出から戻って、玄関の扉を開けようとした時に、鍵が見付からなくて慌てた経験は、誰にでもあるでしょう。昔は外から閉める自宅の鍵は存在せず、夜間に内側から閂をするだけでした。自宅には必ず誰かしら家人が居り、帰宅すれば「お帰りなさい」と迎えてくれたのでした。

2.《聖書の鍵》 宝物庫や蔵のために鍵はあり、それを持っているのは王と祭司、豪商でした。つまり、特別な力と権威の象徴だったのです。魔道書『ソロモンの鍵』は、ソロモン王が72匹の悪魔を使役したという伝説から生まれた魔法の解説書です。「ダビデの鍵」(3章7節)と言ったら、「ダビデの子」「ダビデの孫生」「ダビデの若枝」と同じく、メシアの力と全権を意味しました。ディオクレティアヌス帝の迫害時、エーゲ海のパトモス島に流刑され抑留されたヨハネに、キリストの幻が顕われ、「死と陰府の鍵を持っている」と仰るのです。

3.《人生の鍵》 「最初の者/プロートス」「最後の者/エスカトス」に加えて「生きている者」でもあります。人間の原型と最終形態、そして刻々と変化する全ての「命/ゾーエー」でもあるのです。生も死も超越した御方である故に「死んだが、生きている」ではなく「死んで、尚生きている」と読みたいのです。「陰府」は「冥界の王ハデス」、「死」は「死神タナトス」です。今や命の主であるキリストが「冥王」や「死神」に取って代わられたのです。いずれ私たちも臨終の時を迎えます。その時、決して独りぼっちではないのです。イエスさまが傍らに居られ、永遠の命へと導いて示して下さるのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:52 | 毎週の講壇から