2017年12月31日

奇妙なオルガン

1.天馬博士のオルガン

『鉄腕アトム』と言えば、手塚治虫の原作もさることながら、1963〜1966年(昭和38〜41年)に、フジテレビ系列で放映された日本初の国産アニメ(虫プロダクション)が有名です。動きがリアルで丁寧な(ディズニーや東映動画に代表される)フルアニメーションに対して、制作費と製作時間を削減するための、リミテッドアニメーション(フィルム3コマにつき1枚の動画)、バンクシステム(同じセル画の使い回し)を確立した「ジャパニメーション」草創期の作品です。

記念すべき第1話「アトム誕生」の放映は1月1日でした。また、第2話「フランケン」、第3話「火星探検」までは、手塚自身が演出を担当しています。並々ならぬ意気込みが伺えます。

第1話「アトム誕生」では、交通事故で独り息子の「飛雄」を失った天馬博士が、人間型のロボットを発明し、息子の名前を採って「トビオ」と命名します。人間と同じように細やかな感情まで持っている「トビオ」でしたが、天馬博士は次第に、人間のように成長しないトビオに苛立ちを感じるようになり、結局、サーカス団に売り飛ばしてしまうのです。「鉄腕アトム」と命名するのは、サーカス団の団長(ハム・エッグ)なのです。アトムはローマの剣闘士さながら、残酷な「ロボット対戦」をさせられるのですが…。

ところで、天馬博士が「トビオ」=「アトム」を完成させる場面ですが、彼が操作する機械は、明らかにパイプオルガンをイメージしています。但し、そこで響き渡るのはベートーヴェンの「運命」第1楽章の有名な旋律です。

2.オペラ座のオルガン

手塚治虫が映画、とりわけSF映画と怪奇映画に造詣が深かったことは有名です。「アトム誕生」の場面は、ユニヴァーサルの『フランケンシュタイン』(1931年)や『フランケンシュタインの花嫁』(1935年)、『フランケンシュタインの復活』(1939年)を思い出さない訳には参りません。あるいは、フリッツ・ラングの『メトロポリス』(1926年)におけるアンドロイド「マリア」創造の場面も思い出されます。

それにしても、天馬博士のオペレーションがオルガンであるのは、一体、どこから来ているのでしょうか。私がすぐに思い出したのは『バーバレラ』(1968年)です。デュラン・デュラン博士が自身の発明による「オルガニズム拷問マシン」(凄い洒落)に、バーバレラを入れて、パイプオルガン演奏よろしく自ら操作していました。

近くは『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』(2006年)があります。蛸のような顔をした悪霊、デイヴィ・ジョーンズが海賊船「フライング・ダッチマン号」(彷徨える阿蘭陀人!)の中で、両手のみならず、顎から垂れ下がる触手をも使って、パイプオルガンを弾いていました。海賊船の船内にパイプオルガンとは笑えるではありませんか。ともかく、怪奇趣味にはオルガンがよく似合うのです。

恐らく、その原点は『オペラの怪人』=『オペラ座の怪人』(1925年)でしょう。自分が溺愛する無名の新人、クリスティーヌを主役にするために、ファントム(「怪人、幽霊」)と呼ばれるエリックが暗躍する物語です。エリックはクリスティーヌに恋する余り、彼女を誘拐して、ガルニエ宮地下の秘密の部屋に監禁して、自分を愛するように迫ります。しかし、クリスティーヌは、エリックが一心にパイプオルガンを弾いている最中、仮面を剝ぎ取ってしまいます。そこから表われた彼の醜い素顔は…。

ガストン・ルルーの原作は知りませんが、この映画のエリックはオペラ座のオルガニストだったという設定です。それで、このサイレント(無声)映画を上映して、パイプオルガンの即興演奏を入れたリサイタルが行なわれたりしているのです。

3.パスカルのオルガン

17世紀フランスの思想家、ブレーズ・パスカルは『パンセ』の中で、人間を「奇妙なオルガン」に譬えています。

「気まぐれ。――人は普通のオルガンを弾くつもりで、人間に接する。なるほど人間はオルガンではあるが、奇妙な、変わりやすい、移り気なオルガンである。そのパイプは音階の順に並んでいない。普通のオルガンしか弾けない人は、この諧音では音を出すことができない。鍵盤がどこにあるかを知らなければならない。」(松浪信三郎訳、河出書房新社)。

最後の「鍵盤/touches」という語は、草稿に欠落して居り、多くの版本がこれを採用していますが、全く確定していません。パスカル自身、モンテーニュの『随想録』に触発されているらしいのですが、『随想録』には、以下の如き同趣旨の発言があります。曰く「1つのペダル(marche)を踏んだ者は、すべてに触れたも同然である。それは極めて協和的な音の調和であり、決して調子外れになることがない」。従って「鍵盤」ではなく「ペダル/marche」という語を補う本も出て来ています。

突然に「なるほど人間はオルガンであるが…」等と言われても、私たちは狐に摘まれたような気分に成りますが、以前にも申し上げた通り、「オルガン」のラテン語「organum/オルガヌム」とは「道具、楽器」であり、「器官、臓器」の意味にも派生しているのです。ですから「なるほど人間はオルガン」なのです。

「気まぐれ」という訳語も「一定しない事」とする訳者もいます。人間というものは難しい。人間付き合いは難しい。人に接してみると、人によって反応もまちまちで、その日の機嫌や健康状態、天候や気候によっても変わり易く、安定していないのです。だから、この人間というオルガンでは和音を奏でられない。そのようにパスカルは言っているようです。

牧師 朝日研一朗

【2018年1月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 06:00 | ┣会報巻頭言など

2017年12月26日

12月第5主日礼拝(2017年歳晩礼拝)

      12月31日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 向こう岸に渡ろう=@音楽      朝日研一朗牧師
聖  書  マルコによる福音書 4章35〜41節(p.68)
讃 美 歌  27、245、490、357、456、24
交読詩編  詩編19編8〜15節(p.25)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2017年12月25日

見上げてごらん夜の星を【ルカ2:8〜20】

聖句「羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて天使の話したとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った。」(2:20)

1.《バイスタンダー》 救命医療と看護の用語です。誰かが急病になったり、事故や災難に見舞われた時「偶然、その場に居合わせた人」のことです。発見から通報、応急の救命処置など、その役割の重要さが改めて注目されています。北米には「善きサマリア人法」の制定された自治体も多く、その場に居合わせた誰でもが「バイスタンダー」として行動できるように促されています。

2.《クリスマス招待》 羊飼いたちは、クリスマスのバイスタンダーでした。マリアとヨセフは、キリストが人として生まれるために必要条件として選ばれた存在でした。また、占星術の学者たちも事前にキリスト降誕を予測して、遙々何千キロも旅して来た人たちです。明確な目的意識や旅行計画があって初めて、御子のいる場所へと辿り着くことが出来たのです。そんな中にあって、羊飼いたちこそが「偶然、その場に居合わせた」存在なのです。それまでイエスの家族とは何の接点も無かった人たちが、野宿して寝ずの番をしていたために、主の栄光を仰ぎ、天使に招待されて、降誕の場面へと導かれて行ったのです。

3.《召し出された人》 占星術の学者たちは「拝みに来た」のですから、一種の巡礼です。羊飼いたちが招かれたのはどうしてでしょうか。羊飼いたちは都市や貴族に憧れることも羨むこともなく、与えられた務めに満足していたからだと、ルターは説明しています。素朴な彼らは礼拝に行ったのではなく、とにかく行って見て、人々に知らせたのです。人との出会いも、出来事との出会いも、先ず自分が行って見ることから始まります。その結果として、彼らはクリスマスの証人と成り、神を「あがめ、賛美しながら帰って行った」のです。こうして賛美は私たちの生活に入り込み、終わることなく続くのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 19:50 | 毎週の講壇から

2017年12月19日

クリスマス礼拝(アドベント第4主日)

      12月24日(日) 午前10時30分〜正午
説  教 見上げてごらん夜の星を=@音楽   朝日研一朗牧師
聖  書  ルカによる福音書 2章8〜20節(p.103)
讃 美 歌  27、245、263、258、69、82、24
交読詩編  詩編19編8〜15節(p.25)

・讃美歌練習(1月の月歌:191番) 礼拝後      礼拝堂
クリスマス愛餐会(新入者歓迎会) 讃美歌練習後〜午後2時 階下ホール
  メニュー:カレー他、会費:500円(子300円、新入会者、未就学児無料)

クリスマスイヴ賛美礼拝    午後5時〜6時(※)    礼拝堂
 メッセージ: エッサイの木 =@音楽    朝日研一朗牧師
 讃美歌:248、261、259、265、264

今年は日曜日と重なりましたので、例年より早い時間に行います。

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2017年12月18日

飼い葉桶に一本の藁を【ルカ2:1〜7】

聖句「…マリアは月が満ちて、初めての子を産み、布にくるんで飼い葉桶に寝かせた。宿屋には彼らの泊まる場所がなかったからである。」(2:6,7)

1.《洞窟と石灰岩の桶》 「飼い葉桶」と言うと、私たちは木製の桶を想像してしまいますが、イエスさまが寝かされたのは石灰岩に掘られた代物だったようです。同じように「飼い葉桶」と言われるので、誰もが「家畜小屋」を想像してしまいますが、家畜は洞窟に入れたようです。新約外典「ヤコブ原福音書」にも、ヨセフとマリアが「洞窟」に泊まり、出産する描写があります。

2.《発酵させた飼い葉》 新約聖書には「飼い葉桶」はありますが「飼い葉」は出て来ません。旧約聖書「イザヤ書」30章には「発酵させた飼い葉/ベリール・ハーミーツ」が出て来ます。農業には無駄がありません。打穀後、麦粒を選り分けた後に残る茎や籾殻に、圧搾後の葡萄の皮を混ぜて酢酸発酵させたのです。家畜に与える最上級の飼料なのです。佐々木倫子のマンガ『動物のお医者さん』にも、刈り取った牧草を乳酸発酵させる「サイレージ」が出て来ます。このようなことを考えて、改めて降誕場面を思い浮かべると、仄かに甘酸っぱいワインビネガーの香りのする飼い葉がイメージされませんか。

3.《藁屑を飼い葉桶に》 片柳弘史神父がマザー・テレサの下でボランティアをした体験を語って居られます。マザーはボランティアたちに、空っぽの飼い葉桶を指し示して、何かを犠牲にする度に、藁を1本ずつ入れて、クリスマスに備えよと言います。クリスマスのミサの時には、飼い葉桶に藁が満たされ、参加者の心にも広い空間が生まれていたそうです。「藁」は「空しさ/ウァーニタース」の象徴です。私たちは自分の心と頭とを「虚栄」という「空しい」「藁屑」で一杯にしているのです。けれども、そんな藁屑も1本ずつでも奉げていけば、イエスさまをお迎えするための「飼い葉」に変わっているのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 19:52 | 毎週の講壇から

2017年12月17日

オルガン設置感謝コンサート

12月16日にオルガン設置感謝コンサートが行われました。

オルガン設置感謝コンサート

当日のプログラムです。音楽

コンサート案内カバー

コンサート案内program

コンサート案内profile
・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 07:30 | 教会アルバム

2017年12月12日

12月第3主日礼拝(アドベント第3主日)

      12月17日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 飼い葉桶に一本の藁を音楽     朝日研一朗牧師
聖  書  ルカによる福音書 2章1〜7節(p.102)
讃 美 歌  27、245、269、256、24
交読詩編  詩編19編8〜15節(p.25)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2017年12月11日

飼い葉桶を知っていますか【イザヤ1:2〜9】

聖句「牛は飼い主を知り、ろばは主人の飼い葉桶を知っている。しかし、イスラエルは知らず、わたしの民は見分けない。」(1:3)

1.《降誕セット》 「教会が一番質素なクリスマス」という川柳を作りました。商業施設や一般家庭の方が華やかにクリスマスの装飾をしていて、キリスト教会が一番地味かも知れません。最近では、雛人形、五月人形の感覚で「降誕セット」を飾る所もあります。しかし「降誕セット」はツリーやリースよりも、クリスマスとは何であるかを明示している点、福音的であるかも知れません。

2.《プレゼピオ》 13世紀の修道士、アッシジのフランチェスコが「降誕セット」を考案したとされています。聖書を読めない庶民や子どもが見ても、クリスマスが何であるか理解できるようにしたのです。当初は「活人画」「聖劇」に近いものでしたが、人形を使うようになり、家庭用の小型セットも生産されて普及したのです。その心は真ん中に置かれた「飼い葉桶」にあります。発祥地イタリア語の「プレゼピオ」は、ラテン語の「プレ/の前に」と「セピオー/囲む、取り巻く、守る」に溯ります。それを見詰める時、私たち自身が飼い葉桶を、御子イエスを「取り巻く」巡礼者になる仕掛けなのです。

3.《主を知る時》 イザヤの預言を読むと「しかし、イスラエルは知らず」という所で胸を突かれます。讃美歌の「ああベツレヘムよ」の「ひとみな眠りて知らぬ間にぞ/み子なるキリスト生まれたもう」を思い出します。誰もクリスマスを知らないのです。同じく、世の中には、誰も知らない悲しみや痛み、分かって貰えない苦しみも数多くあります。「夜」は相互交流が断絶し、孤独に悩む時間の象徴です。「同床異夢」です。しかし、クリスマスを知った私たちは、「知ったかぶり」と「知らん振り」を止めて、知ったことを元手にして、改めて生きることを始めたい。その時に「夜」は終わり、夜明けが来るのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 11:00 | 毎週の礼拝案内

2017年12月05日

12月第2主日礼拝(アドベント第2主日)

      12月10日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 飼い葉桶を知っていますか=@音楽  朝日研一朗牧師
聖  書  イザヤ書 1章2〜9節(p.1061)
讃 美 歌  27、245、229、267、24
交読詩編  詩編19編8〜11節(p.25)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内