2018年05月22日

楽しい音を奏でるために

1.グッドニュース

先日、銀座「教文館」に行った帰り道、妻が「子どもらにお土産を」と「大角玉屋」で和菓子を買いました。その際、栗が丸々1個入った「どら焼き」がショーケースに展示してあり、商品名が「福音」と成っていてビックリ(!)。けれども、改めて熟視してみると、小さく「Fukune」と別記されていました。後で聞けば、この店の看板商品との由。何でも「ふくいん」と読んでしまう、これ等も職業病の一種でしょう。

 聖書の用語「福音」は、ヘブル語の「ベソーラー」、ギリシア語の「エウアンゲリオン」から来ています。「良き音ずれ、良い知らせ」という意味です。英訳聖書では、伝統的に「ゴスペル/the gospel」と訳されていましたが、最近では「グッドニュース/the good news」の訳語を当てる聖書が多く成りました。

 『がんばれ!ベアーズ』(1976年)という少年野球を題材にした映画がありました。リトルリーグの最下位チーム「ベアーズ」に、吞んだくれのコーチ兼監督(ウォルター・マッソー)とその娘のピッチャー(テイタム・オニール)がやって来て、遂に決勝戦にまで進出するという作品でした。女子のピッチャーと言うと、私たちにとっては「水原勇気」、水島新司のマンガ『野球狂の詩』(1972〜77年)が思い出されますが、ポール・R・ロスワイラーの小説『赤毛のサウスポー』(The Sensuous Southpaw/1976年)の影響でしょう。阿久悠が作詞したピンク・レディーの「サウスポー」の出典でもあります。

 さて、『がんばれ!ベアーズ』の原題は「The Bad News Bears/悪い噂のベアーズ、厄介なベアーズ」です。勿論、これは「The Good News for Mr.So-and-so/誰某に福音(朗報、耳寄りな知らせ)!」という定番の商品広告を思い出させるものです。

2.悪い噂の福音派

5月14日、ドナルド・トランプが在イスラエルの米国大使館を、テルアビブからエルサレムへ移転したことで、中東情勢が極度に悪化しています。ガザでの騒乱だけではなく、イランとの間で戦争まで勃発しそうな気配です。5月9日のイラン核合意からの米国の離脱、イランに対する経済制裁の復活も含めて、米国のイスラエルロビーの介入が露骨です。

 それはともかく、昨今の日本のテレビニュースや新聞記事では、それに関連して、トランプの偏った「イスラエル支持の背景には、米国の有権者の4分の1を占めるキリスト教福音派の票取りの目論見がある」と解説されているのです。NHKのキャスターが、まるで鬼の首でも取ったようにフリップを捲ると「福音派」という文字が登場します。日頃から日本の政治に対しては、無批判なキャスターなのに、トランプやイスラエルの時には「由々しき問題」という面立ちで語っていて、非常に腹が立ちます。

 そもそも「福音派/Evangelicals」というのは、非常に大雑把な括りです。その信仰も政治的立場も多種多様なのです。それを、多くの日本人がキリスト教について無知であるのを良いことに、したり顔で「福音派」が原因のように言うのです。

 「プロテスタンティズム/Protestantism」の訳語は「福音主義」なのです。つまり、広義においては、私たちの教会も「福音主義」なのです。しかし、プロテスタント諸派の枠組みの中で、敢えて「福音」の看板を掲げる場合には「自由主義神学の立場を取らず」のニュアンスに成ります。「福音派」の多くは「聖書無謬説」の立場を取っていますが、その殆どは一言一句ではなく、「全体として」聖書は真理であるという主張をしています。お互いの相違についても、割合に鷹揚なのです。私自身は「聖書無謬説」を採りませんが、それもまた、信仰の1つだと認めたいと思います。

 但し、その中には、頑なまでに「聖書無謬説」を主張する人たちがいます。彼らのことを「原理主義者/Fundamentalists」と言います。彼らが一般の「福音派」と異なるのは、自分たちの意見を採らない者に対して「敵対者」のレッテルを貼り、憎しみを煽り、より攻撃的に成っていることです。簡単に言えば「二元論」に陥っているのです。これは、かなり有害です。その意味では、キリスト教など何も知らないくせに、十把一絡げに「福音派」を悪者扱いする日本のマスコミも、同じく「二元論」に陥っていると申せましょう。

3.安易なレッテル

真に恐るべきは、安易な「レッテル貼り」です。16億人のイスラーム(ムスリムとムスリマ)が全員「イスラム国/ISIL」ではありません。その多くは穏やかで敬虔な人たちです。また、米国の有権者の4分の1を占める「福音派」の信仰を持つ人たちが皆、イスラームを憎んでいる訳でもありません。その殆どは愛と正義を重んじる人たちです。「聖書無謬説」を採る人たち誰もがトランプの仲間ではありません。その多くは生活困窮者です。

 今の世の中は、世界が高度に情報化され、ネットワーク化された反動として、体温を感じるような確かな出会いや安心感が失われているのだと思います。その代わりに、ネットやメディアを通して、表面的な知識や一面的な理解だけが先行して、安易な「レッテル貼り」が横行する結果と成っているのでは無いでしょうか。

 米国では「歴史的な教会が凋落することで、悪い宗教団体が台頭している」との警告があります(「ニューヨーク・タイムズ」のコラムニスト、ロス・ドウザット)。個々人は真面目な、敬虔な人たちであっても、悪い宗教団体の指導者(彼らは常に「断言」口調です)によって、その政治的志向によって、簡単に操作されたり、誘導されたりしてしまう。そのような状況も起こっているようです(その際に、聖書の言葉を引用します)。

 私たちは、キリストの「福音」を信じる者ですから、安易で危険な「レッテル貼り」をする事にもされる事にも、十分に気を付けて、喜びの和音を奏でたいと思うのです。

牧師 朝日研一朗

【2018年6月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 22:01 | ┣会報巻頭言など

5月第4主日礼拝(三位一体主日)

       5月27日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 訪れを待ちながら=@音楽      朝日研一朗牧師
聖  書  ヤコブの手紙 5章7〜20節(p.426)
讃 美 歌  27、129、490、15、430、88
交読詩編  詩編15編1〜5b節(p.19)

・讃美歌練習(6月の月歌:316番)  礼拝後    礼拝堂

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内