2018年06月18日

種を蒔き続けよう【マルコ4:1〜9】

聖句「ほかの種は良い土地に落ち、芽生え、育って実を結び、あるものは三十倍、あるものは六十倍、あるものは百倍にもなった。」(4:8)

1.《岩波書店》 岩波書店の商標は「種まく人」です。創業者の岩波茂雄は長野県諏訪郡の農家の生まれで、苦学の末に書店を開いた人です。戦時下にも公然と軍部批判をする硬骨漢でした。青年時代に内村鑑三の影響も受けています。労働と質素と深い思索を重んじるが故に、ミレーの「種まく人」をモチーフにしたのです。勿論、ミレーの絵は「種を蒔く人」の譬えに由来しています。

2.《種は色々》 実は「マルコ福音書」の「種を蒔く人」の譬え話には「種/スペルマ」という語は出て来ません。「マタイ」「ルカ」の並行記事では「種は御言葉」との解説が添えられていますが、「マルコ」にはありません。あなたが蒔くものが、世に善を、人に幸せをもたらすなら、御言葉に囚われなくて良いのです。但し「種を蒔く人/スペイローン」という主体、「種を蒔く/スペイロー」という行為は明記されています。「種を蒔く」ことは「労働、業、働き」であり、そのために労苦するのは私たちです。1粒の「種」のように、小さく目立たないことでも、その思いは天高くに向けられているのです。

3.《種まく人》 イエスさまの譬え話は、芽を出さず、根を張れず、成長できずに枯れて行く種から始まります。農作業に付き纏う徒労感を、主は知って居られるのです。当時の農業技術では、1粒の麦の種から収穫される麦は多くて25粒でした。「30倍、60倍、百倍」は現実の農業ではあり得ないのです。しかし、成長させて下さるのは主なのです。オランダの画家、ゴッホも「種まく人」を描いています。「神の言葉を蒔く人になりたい」と、牧師を志しながら挫折した彼ですが、その絵は今も人の魂を打ちます。「我々の足が続く限り歩き続けよう。足が疲れても、苦難が大きくても、人生を進み続けよう」。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 19:52 | 毎週の講壇から