2018年07月09日

神の家か、火事の家か【Tテモテ3:14〜16】

聖句「神の家でどのように生活すべきかを知ってもらいたいのです。神の家とは、真理の柱であり土台である生ける神の教会です。」(3:15)

1.《占い師》 占いは御神籤や運勢判断など、私たちの暮らしの隅々に生き残っています。天皇代替わりに際しては亀卜が行なわれます。時に重大な決断を迫られる政治指導者も専属の占い師を雇っていたことが知られています。「三国誌」の諸葛孔明は奇門遁甲の使い手、関ヶ原の合戦の日取りを決めた閑室元佶も臨済宗の僧でした。軍師は占い師でもあり、戦争は占いに左右されていたのです。

2.《火の家》 タロットカードの絵札に「塔」があります。落雷によって王冠が開き、塔は炎に包まれ、人が転落しているのです。マルセイユ版では「神の家」と言います。「火事の家/La Maison de Feu」が「神の家/La Maison Dieu」と誤記されたとも言われます。壇一雄の『火宅の人』、その題名の由来である法華経の「三車火宅」も思い出されます。しかし、その絵柄は「キリストの陰府降り」と類似しています。地獄の門を壊して、主が亡者たちを解放されるのです。バベルの塔が単なる「混乱」を嘆く話ではなく、統制や隷属からの「解放」の物語、多様性の主張でもあったことを忘れてはなりません。

3.《神の家》 教会が「神の家」だとしても完全無欠と言いたいのではありません。むしろ、世にある教会は問題続出の「火事の家」でもあるのです。それこそが「信心の秘められた真理」「信心の奥義」なのです。「信心/エウセベイア」とは「よく礼拝する、深く敬う」の意味です。「信仰」に比べて具体的な生活態度を言う語です。暮らしに根差した信仰が「信心」なのです。「火事の家」さえも「神の家」に変えて下さる神の奥義、「災い転じて福と成す」神秘の奇跡を愚直に信じることです。時に落雷や火事に見舞われ、問題山積の教会ですが、それこそ、この地上に立てられ、生きていることの証なのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:52 | 毎週の講壇から