2018年07月16日

どっこい生きてる【Uコリント6:1〜10】

聖句「人に知られていないようでいて、よく知られ、死にかかっているようで、このように生きており、罰せられているようで、殺されてはおらず…」(6:9)

1.《半分半分》 解剖学者の養老孟司は見ず知らずの学生から「もう死んだと思っていました」と言われて面食らったそうです。昔から「棺桶に片足を突っ込んでいる」と言いますが、自分から宣言すると超越的な響きがあります。ソチ五輪の後、記者会見で浅田真央が自身の進退を「ハーフハーフ」と答えました。「中途半端」と違い、「宙ぶらりん」は大変な緊張を強いられるのです。

2.《テレーマ》 タロットに「逆さ吊りの男」というカードがありますが、ウェイト版では、T字型十字架に吊るされた男に後光が差しています。罪人ではなく聖人なのです。その意味は「テレーマ/汝の意志するところを行なえ」と言われています。スランプに喘ぐアスリートや芸術家を励ます言葉にも思われますが、本来は、聖書のギリシア語「御心」です。「御心の天に成る如く」の「御心」、「私の願いではなく、御心が行なわれますように」の「御心」です。ゲツセマネでは、神の独り子ですら「御心」が分からずに苦しみ祈られたのです。御心は自明ではなく「心を新たにして自分を変えて頂く」ことが前提なのです。

3.《どすこい》 パウロは自分たちが出遭った幾多のトラブルを挙げると共に、それに対して、如何なる態度で向き合って来たかを語ります。そのトラブルには「抑圧」や「行き詰まり」など、現代社会と教会が直面する問題が含まれています。私たちも「宙ぶらりん」の状態で引き裂かれているのです。しかし、こんな時代であれば尚更、世間の評価ではなく、神さまとの関係を大切にしましょう。「見よ、私たちは生きている」「見よ、今や恵みの日」と言われています。世の人が誰も見ようとしない「御心/テレーマ」にこそ、私たちは目を向けましょう。それこそが「どっこい」「どすこい!」なのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 21:56 | 毎週の講壇から