2018年07月30日

かいざる納税、返礼なし【マタイ22:15〜22】

聖句「すると、イエスは言われた。『では、皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい。』」(22:21)

1.《消費税》 今や私たちは毎日のように税金を支払い続けながら暮らすようになりました。通称「消費税」、厳密には「付加価値税」です。日本政府は1989年に導入、3%、5%、8%と税率は段階的に引き上げられています。何に対して課税するか、税率は幾らか、時々の政治権力が恣意的に決定しています。正しく税金が使われているか、私たちは監視する責任があります。

2.《変な税》 ローマのヴェスパシアヌス帝は「おしっこ税」で財政健全化に努力しました。英国のジョン王は「臆病税」を諸侯に課したことが災いして「マグナ・カルタ」を押し付けられました。英国は「髭税」「窓税」「帽子税」等、変な税の宝庫ですが、財源確保のための試行錯誤の軌跡を見る思いです。日本でも江戸時代の「間口税」対策が「町屋造り」(鰻の寝床)の起源です。現代でも、肥満防止、健康対策のための「ポテトチップス税」「脂肪税」、少子化対策の「独身税」、「日曜税」「犬税」、温室効果ガス削減の「おなら税・ゲップ税」等、各国で奇妙な税金が制度化されたり、提案されたりしています。

3.《税負担》 「税金/ケーンソス」はラテン語起源です。「住民登録/ケーンスス」によって、ローマ帝国からユダヤの民は人頭税を徴収されていたのです。イエスさまを罠に掛けようと企んだ者たちが「税金を皇帝に払うべきか?」と尋ねました。彼らが持って来たデナリオン銀貨には皇帝の像と銘とが刻まれていました。そこで主は「皇帝のものは皇帝に」と仰ったのです。更に「神のものは神に」と言い添えられました。私たち人間の身心と魂には、神の像と御名、御言葉が刻まれているのです。献身は見返りを期待せずに行なうものです。全て神からお預かりしているものですから、感謝して献げるのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 19:53 | 毎週の講壇から