2018年09月30日

麺@ワーク

9月30日(日)、礼拝後に「麺@ワーク」を行いました。

今日の麺@ワークは、みなさんで美味しいおうどんとお蕎麦、玉蜀黍を頂いた後、 庭の草取りをしました。

20180930麺@ワーク
posted by 行人坂教会 at 19:09 | 教会アルバム

バザールでござーる

1.教会バザー

「ミス・マープルが、オールド・ホール荘に出かけたのは、教会でひらくバザーに屋台を出してほしい、と頼むためだった」。アガサ・クリスティの「ミス・マープルもの」、1942年の短編『申し分のないメイド』(The Case of Perfect Maid)の一節です。クリスティの探偵ではエルキュール・ポアロと双璧を成す、ゴシップ好きの教会婦人(古い言い方をすれば「老嬢」の)ミス・マープルが事件を解決していく推理小説です。

「教会でひらくバザー」と訳されていますが、原文では「the vicarage fete/ザ・ヴィカリッジ・フェイト」と成っています。直訳は「牧師館の慈善バザー」と言ったところです。英国国教会では「牧師館」を「ヴィカリッジ」と言います。元々はラテン語の「ウィカーリウス/vicārius/代理人」です。「キリストの代理人」たるローマ教皇の、そのまた「代理人」として、その教区(町や村)を託された司祭のことです。

エリザベス1世の治世、1599年、「首長令/Act of Supremacy」と「統一令/Acts of Uniformity」によって、英国議会は国内の教会をローマ教会の支配から独立させます。つまり、ローマ教会の所有する土地建物その他の財産を没収して、エリザベスを首長とする国教会の支配下に置いた訳です。英国国教会の信仰内容はプロテスタント、特にカルヴァン主義の影響を強く受けていますが、制度上の用語はローマカトリック時代の語が、そのまま使われる場合が多いのです。

「牧師館/パーサニジ/parsonage」という語があるにも拘わらず、相も変わらず「司祭館/ヴィカリッジ」と呼び続けているのも、ローマカトリック時代の名残りです。従って、「ミス・マープルもの」で一番有名な『牧師館殺人事件』(あるいは『牧師館の殺人』)も、その原題は「The Murder at the Vicarage」なのです。

20世紀以後に建て直した教会ならいざ知らず、「ミス・マープル」の暮らすケント州の村にあるような教会は、建物もローマカトリック時代からの古式ゆかしき様式です。礼拝堂を礼拝以外の目的に使うことはありません。恐らく、教会の敷地(もう少しハッキリ申しあげると「牧師館の庭」)を会場に露店、屋台(stall-holders)を出していたのでしょう。

2.お祭りと市

「慈善バザー」と訳されている「フェイト/fete」は「フェア/fair」と同じ意味です。屋外で開催される娯楽イベントです。米国の「ステートフェア/state fair」が有名です。日本語では「農畜産物品評会」と訳されていて、面白くもありませんが、実際には、楽しいお祭りなのです。往年のミュージカルファンならば、ウォルター・ラング監督、ジーン・クレイン主演の『ステート・フェア』(State Fair)(1945年)を御存知でしょう。戦後、日本で初めて公開された総天然色(テクニカラー)のミュージカルです。それをリメイクしたのが、ホセ・フェラー監督、パット・ブーン主演による同名作品(1962年)。いずれも『サウンド・オブ・ミュージック』の名コンビ、オスカー・ハマースタインU世作詞&リチャード・ロジャース作曲の歌曲に彩られています。この『ステート・フェア』、戦前にも映画化されていて『あめりか祭』(1933年)という題名を付けて、日本で公開されています。こちらはヘンリー・キング監督、ジャネット・ゲイナー主演でした。

音楽ファンには、サイモン&ガーファンクルの歌で知られる英国のバラッド「スカボロー・フェア/Scarborough Fair」があります。「パセリ、セージ、ローズマリー&タイム」とハーブの名前が何度も繰り返される名曲です。1967年の映画『卒業』(The Graduate)の挿入歌としても知られています。「スカーブラ/Scarborough」は英国ノースヨークシャー州の港町、「フェア」はそこに立つ「市」のことですが、米国にもカナダにもオーストラリアにも南アフリカにも同名の町があり、その名は何かしら遍在性を伴っているのです。何しろ、フィリピンと中国と台湾、ベトナム等が領有権を主張し合って係争中の南シナ海にも「スカボロー礁」があるくらいです。

ビージーズの「メロディ・フェア」(Melody Fair)も忘れてはいけません。こちらも、1971年の映画『小さな恋のメロディ』(Melody)の主題歌として使われて有名に成りました。但し、こちらの「フェア」は『マイ・フェア・レディ』の「フェア」、「汚れなく美しい」の意味でしょう。「メロディ」はヒロインの名前でしたから…。

とにかく「フェア」と言えば「市」に「お祭り」の気分が加わっているようです。

3.慈善と定価

「バザー/Bazaar」は「バザール」、中東やインドの「市場」を指すペルシア語だそうです。原語は「バハ・シャール/物の値段を決める場所」、つまり、定価は存在しないのです。売り手と買い手とが個別に交渉して、値段を決定する「取り引き」が行なわれるべきなのです。バザーで売り子をしていると、しつこく値引きを要求するお客さんに辟易する時がありますが、「バザー」という語の本来の意味からすると、お客さんは間違ってはいないのです。あるいは、私たちが値付け作業をして、定価を書き込んでいくのは、本来的には「バザー」に相応しくないのです。

どうして、そして、いつの頃から、この「バザー」という語が日本で定着し、教会はもとより学校や幼稚園、施設や福祉作業所などで広く使われるように成ったのか、残念ながら寡聞して知りません。戦前には「チャリティ・バザール」の訳語として「慈善市」等と称した場合があったようです。しかし、やはり「教会バザー」という語も古くから使われていたようでもあります。ともかく、その昔は「バザー」と言えば「慈善市」でしたから、値引き要求をする不心得者などは、凡そ存在しなかったようですが…。

牧師 朝日研一朗

【2018年10月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 06:00 | ┣会報巻頭言など

2018年09月25日

9月第5主日礼拝

       9月30日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 裸の大将の失楽園=@音楽      朝日研一朗牧師
聖  書  創世記 3章8節〜24節(p.4)
讃 美 歌  27、148、490、422、530、26
交読詩編  詩編96編1〜9節(p.110)

・麺@ワークU  昼食後〜午後3時(出入り自由)  階下ホール集合
 作業内容:中庭の草むしり、礼拝堂イス修繕

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2018年09月24日

人生の採点表【マタイ25:31〜46】

聖句「主よ、いつわたしたちは、飢えておられるのを見て食べ物を差し上げ、のどが渇いておられるのを見て飲み物を差し上げたでしょうか。」(25:37)

1.《ぼくの採点表》 映画雑誌「SCREEN」に48年間も連載された、双葉十三郎の新作映画の評点記事です。「五つ星採点システム」による辛口の評論でした。それでいてBC級の作品にも愛情をもって論評なさっていました。近年は、どの分野でも価値基準が曖昧になり、目利きの批評家が消え、無教養、且つ無責任な「いいね!」「ヤダネ!」の単純な二者択一が幅を利かせています。

2.《点数稼ぎか?》 星をつける採点システムを始めたのは、タイヤメーカーのミシュランかも知れません。イエスさまも「五つ星採点」です(日本語訳では「見て」が5回、原典では3回)。飢える人、渇く人、旅する人(異邦人)、裸の人、病人や囚人へのケアが採点基準になっています。但し「御国を受け継ぎ」「永遠の命に与る」ために、せっせと善行を積んでいるとしたら、独善的な点取り虫、いけ好かないゴマすり野郎に過ぎません。実際「正しい人たち」は、御国の王から招き入れられた時にも、自分たちが善行をした等と露ほどにも思っていなかったではありませんか。数えても覚えてもいなかったのです。

3.《最小でも同胞》 反対に「呪われた者ども」は「自己採点」に余念がありません。「正しい人たち」は困っている人を見て助けただけで、キリスト等は見ていませんでした。しかし、自分が高得点を取ることを目指す人は、キリストを探して人などは見ないのです。彼らの反論に対して、主は「私の兄弟である、この最も小さい者の一人」と仰います。「最も小さい者」は「ミクロス」の最上級「取るに足りない」、「兄弟」には「母胎」の含みがあります。主は「私と同じ人の子」「私の同胞なのだ」と、小さくされた人への愛を訴えます。もし人生に採点表があるとしたら、如何に多く深く愛したかを映し出すでしょう。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 19:52 | 毎週の講壇から

2018年09月22日

2018年09月19日

お泊りホサナ

9月16〜17日にYMCA東山荘でお泊りホサナを実施しました。


お泊りホサナ初日

お泊りホサナ二日目
posted by 行人坂教会 at 00:42 | 教会アルバム

2018年09月18日

9月第4主日礼拝

       9月23日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 人生の採点表=@音楽        朝日研一朗牧師
聖  書  マタイによる福音書 25章31節〜46節(p.50)
讃 美 歌  27、148、490、548、563、26
交読詩編  詩編96編1〜9節(p.110)

・讃美歌練習(10月の月歌:152番)  礼拝後   礼拝堂

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2018年09月17日

いのちの深呼吸【創世記2:6〜9】

聖句「主なる神は、土(アダマ)の塵で人(アダム)を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった。」(2:7)

1.《夕べの風》 連続テレビ小説『半分、青い。』では、鈴愛と律が「そよ風の扇風機」の開発に取り組んでいます。聖書に登場する最初の風は、夕方のそよ風です。「日の涼しい風」(創世記3章8節、協会訳)とありますが、ユダヤ教では1日の区切りは夕べにあるからでしょう。顧みて、異常な酷暑で夕涼みの習慣も無くなった私たちは、自然の風を感じることが少なくなりました。

2.《風が必要》 以前、板橋区の園芸センターで鉢植えを物色して、温室のような店内で、観葉植物や大輪の花を観ていた時、店員に聞くと「植物には、陽の光や水や肥料だけではダメで、風が必要なのだ」と教えてくれました。植物が生きて行くために、成長するために風が必要なのだということは、植物学界で理論化されているのかどうか知りませんが、少なくとも園芸店の経験則として受け継がれているようです。目から鱗でした。「天地創造」の記事に「風の創造」は出て来ませんが、その代わりに、主なる神が吹き込んだ「命の息」があります。植物のみならず、動物や人間にとっても「風」が必要なのです。

3.《生ける魂》 関連があるのは「土」と「人」だけではありません。「生きる者」は「生ける魂」ですが、「命の息」の「命」にも「魂」の意味があります。ラテン語訳の「息/スピーラークルム」は「風窓、空気孔」です。「スピリチュアル」と言うと、胡散臭い霊媒師や自己啓発が出て来て如何にも風通しが悪い印象がありますが、真の霊性はそよ風が入って来るような爽やかさなのです。植物が花を咲かせ、実を付けるのは年に1度です。コンビニ化された社会で、私たちも成果主義に取り憑かれて「死んだ魂」と成っています。ありのままに雨風を身に受けて生きましょう。神さまは必ず良い風を送って下さいます。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 19:53 | 毎週の講壇から

2018年09月13日

お知らせ:婦人之友10月号の記事

婦人之友10月号

今日のいのり「人生のクロスロードで」

朝日牧師が執筆しております。


婦人之友10月号の紹介はこちらです。

posted by 行人坂教会 at 14:06 | 教会からのお知らせ

2018年09月11日

9月第3主日礼拝

       9月16日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 いのちの深呼吸音楽        朝日研一朗牧師
聖  書  創世記 2章6節〜9節(p.2)
讃 美 歌  27、148、490、314、404、26
交読詩編  詩編96編1〜9節(p.110)

・みんなでお掃除    礼拝後   礼拝堂、記念室、階下ホール

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 16:00 | 毎週の礼拝案内