2018年09月10日

聖書は食べられません【エゼキエル2:8〜3:3】

聖句「『人の子よ、わたしが与えるこの巻物を胃袋に入れ、腹を満たせ。』 わたしがそれを食べると、それは蜜のように口に甘かった。」(3:3)

1.《聖書の始末》 私の師、深田未来生はUMCの宣教師を隠退した後、米国の高齢者村で暮らして居られます。彼が手伝っている古本市に持ち込まれる聖書の処分に悩んでいるそうです。手垢が付いて汚れていれば、他の書籍は紙ゴミですが、誰かと人生を同伴して来た聖書だけに、捨てるに捨てられず、売れないことは明らかなのに、市の片隅に置いてしまうとか。米国ならではの悩みです。

2.《聖書と対話》 「バイブル」は「紙草/パピルス」から「書籍/ビブリア」と変化した語で、単に「本」という意味です。それが「聖書」として神聖視されるに至るまでには紆余曲折の歴史があります。世界中で1年間に7億冊も出版され、ホテルにも備え付けられていて、有り触れているが故に、実際には読んで貰えないという逆転現象もあります。聖書は大昔の歴史を綴った本ではなく、歴史を通して働く神を、現代の私たちに証しするものです。それによって私たちの命や人生の意味を問い直すのです。従って、その問い掛けの姿勢さえあれば、信者/非信者に関わり無く、聖書は対話の相手に成ってくれるのです。

3.《甘みと苦み》 私の知人に、実際に聖書を暗記しては1ページずつ食べた人がいます。何とか聖書の御言葉を自分のものにしたいと願われたのです。聖書には「御言葉を食べる、巻物を食べる」行為が描かれています。エゼキエルの場合には、預言者活動の通過儀礼だったのでしょう。その巻物には、神の「哀歌、呻き、嘆き」が記されていました。悲しみは「苦み」です。罪の世にありながら、人間如何に生くべきかと問うことは甘くはありません。聖書の苦みを知り、御言葉の魅力を感じるようになるためには、それ相応に、人生の苦しみ悲しみを体験しなければなりません。精神的、霊的な成長が必要なのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 21:03 | 毎週の講壇から