2019年03月31日

死者に永遠の安息を

1.生ける死者

レント(受難節)からイースター(復活日)に掛けての季節、毎年、私は「復活」とは何だろうかと思いを巡らせます。言うまでも無く、キリスト教信者が目標にしている「復活」とは「キリストの復活の命に与(あずか)る」ことです。つまり「主にある復活」「主による復活」です。逆を言うなら「主によらない復活」「主と共には無い復活」という邪道も存在する訳です。凡そ、ホラー小説、ホラー映画の真骨頂は、ここにあります。

ロシアの作家、レオニード・アンドレーフの『ラザルス』は、「ヨハネによる福音書」11章で、キリストによって墓から呼び戻されたラザロが辿る、恐怖の人生を描いた物語です。再生したラザロの体からは死臭が消えず、死の世界を見た目は虚無に満ちています。最初は、歓迎していたベタニア村の住民も、次第に彼を避けるようになり、遂にはマリア、マルタの姉妹からも見捨てられて、各地をさ迷い歩きます。やがて「死者の中から甦った男」という評判を聞き付けたローマ皇帝に召喚されますが、正面から彼の目に見入ってしまった皇帝は恐怖の余り、ラザロの両眼を抉り出して放逐するのです。

物語の幕切れ、沈み行く夕陽を追うようにして、両の手を前に伸ばして、盲目のラザロが荒野を歩いて行く姿は、そのまま「ゾンビ」「生ける死者」です。『ラザルス』(1918年)が「世界最初のゾンビ小説」と呼ばれる所以です。

この小説の中では、ラザルス(ラザロ)は不信者(キリストを信じない者)として描かれています。キリストによって復活させられたにも拘わらず、彼自身は信仰の無い者だったが故に「主によらない復活」だったのです。即ち「生ける死者」と成った訳です。

2.恐怖の復活

「モダンホラー」における同趣旨の作品として、すぐに思い出されるのが、スティーヴン・キングの『ペット・セマタリー』(1983年)です。田舎町に引っ越して来た若い医師の家族が主人公です。ルイスとレイチェルの若夫婦に、幼い娘アイリーン、生まれたばかりの息子ゲージの幸せな4人家族です。

けれども、ある日、可愛がっていた猫が交通事故で死んでしまいます。幼い娘に猫の死を伝えられないルイスは、隣人のジャドに勧められるまま、裏山の「ペット霊園」に埋葬します。すると、翌朝、死んだはずの愛猫が帰って来たのです。但し、猫は腐臭を発してヒョコヒョコ歩く、別の凶暴な「何か」に変わり果てていました。呪いの力を借りて、人間が死者を復活させようとすると、恐ろしい事が起こるのです。

この話が本当に恐ろしくなるのは、この後です。今度は息子のゲージがタンクローリーに轢かれて死んでしまうのです。ルイスはジャドの制止を振り切って、息子の死体を抱きかかえて裏山に向かうのですが…。この後の展開はご想像にお任せします。

キングの小説がホラーなのは、愛猫や愛児が化け物に成って襲い掛かって来るからではありません(それも結構、怖いけど…)。それ以上に、愛する子どもを亡くしてしまう事があり得るという、世界の現実に対する恐怖です。こんなに恐ろしい事は他に無いのです。愛するが故の恐怖です。深く愛するが故に、その人の命が突然に奪われる事は、耐え難い恐怖なのです。だから、本当の恐怖は悲しみに彩られているのです。

ウィリアム・ワイマーク・ジェイコブスの短編『猿の手』(1902年)は、持ち主の願いを3つ叶えてくれるという「猿の手」のミイラが巻き起こす恐怖を描いています。老夫妻が「死んだ息子を生き返らせてくれ!」と「猿の手」に願ったために、深夜、死んだ息子が帰って来るのです。激しく玄関のドアをノックする音、半狂乱に成って息子を出迎えに走る妻…。小学生の時に読んだのですが、思い出すだけで、今も身の毛が弥立ちます。「猿の手」の教訓は「定められた運命を無理に変えようとすれば災いが伴う」という事です。

ホラー小説の古典、メアリー・シェリーの『フランケンシュタイン』(1818年)においても「人間の手による復活」が描かれます。医学生、ヴィクター・フランケンシュタインが死体を繋ぎ合わせて蘇生実験を繰り返した挙句、「怪物」を生み出してしまうのは、母の病死が契機です。「神の摂理に反する科学による創造」として語られる事が多いのですが、死体が材料に成っている事を考えると、むしろ「主によらない復活」がテーマでは無いでしょうか。

このように、キリストによらぬ復活の試みは悉(ことごと)く失敗するのです。人間の科学や呪術の力による復活は、神の御業の醜悪極まりないパロディに成り果ているのです。

3.アドベント

今のところ、私たちが死者に対して出来る事は、神に祈る事だけです。日本では「レクイエム」が「鎮魂歌」と訳される場合がありますが、その訳語は正しくありません。「レクイエム」とは「死者のためのミサ曲/Missa pro defunctis」の入祭唱の最初の言葉「Requiem aeternam dona eis,Donine:/主よ、永遠の安息を彼らにお与えください」「et lux perpetua luceat eis./そして永久の光が彼らを照らしますように」から来ています。荒ぶる「魂を鎮める」のではなく「永遠の平安、休息」を願っているのです。

レクイエムの最後は「楽園歌」です。これは出棺の際に歌われました。「楽園へ/天使たちがあなたを導いてくださいますように/…天使の合唱隊はあなたを迎え/かつて貧しかったラザロと共に/永遠の平安を得る事が出来ますように」。

愛する者の死は、私たちにとって大きな悲しみです。しかし、私たちが求めるのは「主による復活」である事を忘れてはなりません。その時が来るまでは、今は亡き愛する人の「安息」をこそ祈るべきです。私たちも静かに信頼して、イエスさまの「再臨/Adventus」の時を待ちましょう。「復活」を待ち望む事もまた「アドベント」なのです。

牧師 朝日研一朗

【2019年4月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 06:00 | ┣会報巻頭言など

2019年03月26日

3月第5主日礼拝(レント第4主日礼拝)

       3月31日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 息の長い生き方をしよう=@音楽   朝日研一朗牧師
聖  書  出エジプト記 6章2〜9節(p.101)
讃 美 歌  27、23、490、527、310、25
交読詩編  詩編24編1〜10節(p.29)

・定期教会総会     正午〜午後3時      階下ホール

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2019年03月25日

罪は戸口で待ち伏せる【創世記4:1〜16】

聖句「正しくないなら、罪は戸口で待ち伏せており、お前を求める。お前はそれを支配せねばならない。」(4:7)

1.《町田樹選手》 2014年のフィギュアスケート世界選手権で、町田選手は「エデンの東」の演技で自己最高得点を弾き出しました。大会終了後の記者会見で、彼は「ティムシェル/汝、治むる事を能ふ」を「自分の運命は自分で切り拓く」と解釈したと言って話題になりました。「ティムシェル」はヘブライ語で、スタインベックの原作『エデンの東』のキーワードです。

2.《エデンの東》 前半はアダム・トラスクの「受難物語」です。出生直後に母を亡くし、暴君の父や気性の荒い異母弟に振り回され、キャシーとの結婚も破局を迎えます。彼女は美人で聡明ですが、その魂は歪んでいて、アダムの弟を誘惑して双子を出産、しかも、その子たちを捨てて出奔するのです。そんな中、アダムは親友サミュエル、中国人の使用人リーと共に聖書の学びを続け、「カインとアベル」の物語から人間の原罪について考えます。リーは、人間には罪を治めることが出来る、選びの可能性が与えられていると教えるのでした。

3.《戸口に罪が》 ジェームズ・ディーン主演の映画『エデンの東』は、その後日譚です。成長したアダムの息子たちの確執が「カインとアベル」の物語を下敷きにして描かれるのです。愛されない者が抱く怒りが復讐心を呼び、その復讐心が罪をもたらすのです。「創世記」4章には、神がカインの献げ物を選ばれなかった理由は明記されていません。私たちの人生も、そのような謎に満ちているのです。聖書は私たちに謎を提示するのであって、答えを与えてくれるのではありません。むしろ、謎に直面した時、そこに岐路が生まれるのです。神、人、世の中を恨んで生きるのか、それとも出来る限り前向きに生きようとするのか…。私たちを罪の呪縛から解き放つのが、イエスさまの十字架です。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 20:45 | 毎週の講壇から

2019年03月20日

CSわいわいタイムの作品

2月の日曜日朝、教会に集まって来た子どもたちと雪を作りました。 (粉に水を混ぜ雪を作る実験玩具です)

雪だるまフィギアに目と口を書き、瓶に詰めてちょっとした雪の世界。

雪だるま
posted by 行人坂教会 at 10:16 | 毎週の礼拝案内

2019年03月19日

杏の花が咲きました

教会庭の杏が今年も咲きました。時折、鳥がやってきて何かついばんでいます。 陽の当たる高い位置は満開ですが、目線の低い位置はまだ蕾が膨らんだ状態です。

教会の庭の杏の花3

教会の庭の杏の花2

教会の庭の杏の花1
posted by 行人坂教会 at 09:44 | 教会アルバム

3月第4主日礼拝(レント第3主日礼拝)

       3月24日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 罪は戸口で待ち伏せる=@音楽    朝日研一朗牧師
聖  書  創世記 4章1〜16節(p.5)
讃 美 歌  27、23、490、440、303、25
交読詩編  詩編24編1〜10節(p.29)

・讃美歌練習(4月の月歌:335番)   礼拝後    礼拝堂

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2019年03月18日

苦悩の谷から希望の門へ【ホセア2:16〜17】

聖句「わたしはぶどう園を与え、アコル(苦悩)の谷を希望の門として与える。そこで、彼女はわたしにこたえる。」(2:17)

1.《トルストイ》 帝政ロシア時代の文豪、レフ・トルストイはキリスト教信仰篤い作家として知られていますが、ロシア正教会からは破門されています。ロシア正教会が皇帝や支配階級と癒着して、貧しい民衆を圧迫していることを批判したからです。更にトルストイは、ドゥホボール教徒(プロテスタントにも似た分離派)を支援するために『復活』の印税を全て使ってさえいるのです。

2.《イワンの死》 トルストイの中編小説『イワン・イリッチの死』は、中央裁判所の判事にまで昇進し、家族も円満、友人にも恵まれ、立派な新居も完成間近の45歳の男が、突然「死に至る病」に直面する物語です。迫り来る死の不安の中で、イワンは孤独と絶望感、自己嫌悪に責め苛まれます。彼の成功の人生が単なる虚飾に過ぎなかったこと、それがあるがために却って、彼自身を苦しめていることを、トルストイは見事に描き出しています。19世紀に書かれた小説なのですが、イワンの苦悩は21世紀に生きる私たちと変わりません。

3.《開かれた門》 ホセアは紀元前8世紀の北王国の預言者です。神の召命によって「淫行の女」ゴメルと結婚しますが、彼女は別の男たちの子どもを3人産むのでした。恐らく、ゴメルは異教の大地豊穣を司る巫女(神殿娼婦)だったのでしょう。姦通した女性は石打ちで殺される時代です。不妊や料理の不出来を理由に女性が離縁される時代です。にも拘わらず、ホセアはゴメルを心から愛していたので、売り飛ばされた彼女の身請けさえするのです。ここに主なる神の深い愛が表現されているのです。その愛の故に、神さまはアカン一族が石打ちで処刑された「アコルの谷」、死の谷を「希望の門」へと変えて下さるのです。私たちにとっては、それこそが御子イエスの十字架です。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 20:54 | 毎週の講壇から

2019年03月13日

受難節

3月6日(水)から受難節に入りました。

今年も礼拝堂の十字架に牧師の手作りの蔓のリースが掛けられました。

受難節
posted by 行人坂教会 at 14:18 | 教会アルバム

2019年03月12日

旭日亭菜単(続き)その50

  • 「神と金と革命がつくった世界史/キリスト教と共産主義の危険な関係」(竹下節子著、中央公論社)
    如何にも出版社が販売促進を願って付けた書名です。フランス在住の著者自身による本当の題名は、表紙の脇にある「Genèse et Perversions du Pouvoir modern/近現代の国家権力の起源と腐敗」の方でしょう。前回に引き続き「エゾテリスム(秘教)史」研究者の本ですが、こちらは更に強烈な政治と経済と宗教の三竦みが描かれています。第1章−1だけは我慢しなければなりませんが、その後は余りにも面白くて、途中で置くことが出来ず、睡眠不足になること必至です。キリスト教と革命思想によって西欧に開花した「普遍主義」が如何にして成長し、権力交代を成して、その後に堕落して行くか…。ロシア革命、ラテンアメリカの「解放の神学」とバチカンとの関係に目を奪われます。社会革命と信仰との相克の中で格闘した人物として、シャルル・ペギー、エリック・サティ、岡本公三、ガイヨー司教の生涯が採り上げられます。そして第4章「近代日本の革命とキリスト教」では、大逆事件で逮捕された僧、内山愚童も登場します。第5章「東アジアの神と革命」では、中華文化圏の孔教、朝鮮半島の天道教が普遍主義を目指す試行錯誤が描かれています。
  • 「オカルティズム/非理性のヨーロッパ」(大野英士著、講談社選書メチエ)
    著者は(「アブジェクション」でお馴染み)ジュリア・クリステヴァの弟子筋の人です。ヨーロッパ思想史という立場からオカルティズムを俯瞰した力作です。欧米では進んでいるようですが、少なくとも国内では、この種の学術的なオカルティズム研究は稀少です。「ルネサンス魔術」の盛んなカトリック文化圏ではなく、プロテスタント文化圏から「神智学」が生まれたという指摘なども定説なのですね。フランス革命後の啓蒙主義的理神論者、ロベスピエールの背後には「神の母」なるカルト教団が存在していたこと、サン=シモンやフーリエ等のユートピア思想家の中にもオカルト思想が流れていたこと、後にカトリックに改宗した悪魔的秘密結社の女教祖ダイアナ・ヴォーンが架空の人物で、何も知らずに、リジューのテレーズが熱心に手紙のやり取りをしていたこと…面白すぎます。著者の結論は「キリスト教という、西欧にとって知的・「霊」的生活を律してきた啓示宗教が、唯物主義、進化論等、近代そのものともいえる「世俗化」によって、命脈を絶たれた後、なお、死後の生を信じ、霊魂の不滅を信じるために、唯物主義・進化論を作り出した主導思想である「実証科学」を逆手にとって、なおも、「宗教」を持続させたいと願う人々の意志が、近代オカルティズムを現代まで生き延びさせているとはいえまいか?」ということです。
  • 「ピクニック・アット・ハンギングロック」(ジョーン・リンジー著、井上里訳、創元推理文庫)
    あのカルト映画のファンとしては読まないで済ます訳には参りません。ハンギングロックにピクニックに行ったアップルヤード学院の生徒と教師が神隠しに遭います。物語は聖バレンタインの日に始まり、イースター直前の聖金曜日(キリストの受難日)で幕を閉じます。「不吉な綴織は、何の前触れもなく織られはじめたのだ」とあるように、1つの失踪事件が発端となって、多くの人たちの運命が描かれて行くのです。ゴブラン織りかジャカード織りか知りませんが、綴れ織り(タペストリー)のように、まるで事前に絵柄は決まっていたかのように展開して行きます。少女たちがハンギングロックを登り始めた時、昆虫や小動物たちが恐慌を来たしたのと同じように、登場人物が全て「バタフライ効果」(アマゾンの蝶1羽の飛翔がテキサスの竜巻を引き起こす)のように影響を受けるのです。マイケルとアルバートの同性愛的関係、救出されたアーマとマイケルとの擦れ違う思い、アルバートとセアラが同じ孤児院で育った兄妹だったのに接点が生まれないこと、そして、アップルヤード校長の末路…。あの映画のファンなら絶対に楽しめます。
  • 「黒魔術の娘」(アレイスター・クロウリー著、江口之隆訳、創元推理文庫)
    クロウリーの魔術書の翻訳者による、クロウリーの短編小説集です。魔術ネタが多いのは当然ですが、「キルケーの夢」には、真打ちエリファス・レヴィが登場します。クロウリーがE・レヴィの転生と自称していたことを思えば尤もか。個人的には、テレパシーの科学実験を続ける夫婦を描いた「マグダレン・ブライヤーの遺言」が一推しです。テレパスの妻(マグダレン)は悪魔(それとも死神?)の哄笑を耳にして、最愛の夫が死んだことを知ります。「セルヴェルトゥスの火刑をせせら笑ったカルヴァンの顔ですら、この笑いを聞けば慈愛に満ちたものに見えるでしょう。それほど完璧に地獄落ちの精髄を表している笑いだったのです」。改革派、長老派の信徒が読めば腰を抜かしそうな喩えです(笑)。「これではぼくは髪を刈られたサムソンよりも盲目だ。…同様に真実で、同様に虚偽、神の目にはすべてが虚偽にして真実、それらすべてを超えるものが神なのだ、子供、あの《子供》の頭脳だけがそれを把握できるのだ。幼子のようにならなければ、天の王国に入ることあたわじ!=v(「アイーダ・ペンドラゴンの試練」)。意外にクロウリーの言説、マトモに思われるでしょう。でも、これは魔術の最終段階「深淵の嬰児」なのだそうです。他には、硫酸で顔を焼かれた美女とか、斧で切断されて薪と共に積まれた美少女の四肢とか、小包から出て来る恋人の切り取られた唇と金髪とか、猟奇的でサディスティックな(女性に対する)描写も多々あります。
  • 「ゴールデンカムイ」第16巻(野田サトル作、集英社)
    土方歳三と土井新蔵(人斬り用一郎)との邂逅が泣かせる。幕末の京都で用一郎が「天誅」と叫んで斬り捲くる場面は、五社英雄監督の『人斬り』を参考にしていると思われます。彼が「先生」として従っていた男に切り捨てられるのも、『人斬り』の岡田以蔵と武市半平太の関係です。介錯を申し出る土方を留めて、「楽に死ぬのは申し訳ない」「天下国家のためと大勢殺した…」「「アイヌ」とは…「人間」という意味だそうだ」「俺はこの土地に流れ着いて…「人間」として生きた…自分だけ申し訳ない」と呟きながら果てて行きます。後半に登場する曲馬団の団長、山田と軽業師の長吉、キャラからして吉田光彦(劇団「天井桟敷」のポスターを描いてた漫画家)です。それに、丸尾末広の『少女椿』が少し入っています。キロランケが一宿一飯の恩義を受けたウィルタの女性に「チシポ」(アイヌの針入れ)をプレゼントする場面を見て、私も妻に「チシポ」を差し上げたのを思い出しました(全く使って貰っていませんが…)。
posted by 行人坂教会 at 20:13 | 牧師の書斎から

3月第3主日礼拝(レント第2主日礼拝)

       3月17日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 苦悩の谷から希望の門へ=@音楽   朝日研一朗牧師
聖  書  ホセア書 2章16〜17節(p.1405)
讃 美 歌  27、23、490、191、294、25
交読詩編  詩編24編1〜10節(p.29)


・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内