2019年04月08日

その人たちの信仰を見る【マルコ2:1〜12】

聖句「イエスはその人たちの信仰を見て、中風の人に、『子よ、あなたの罪は赦される』と言われた。」(2:5)

1.《パラリンピック》 英語の「下半身の麻痺した人/パラブリージア」とオリンピックの合成語です。「手術よりもスポーツ」を合言葉にして、英国の病院の競技会から始まりました。ランナーには伴走者、ボッチャには介助者が付くことで障碍や麻痺を持った人も競技をすることが出来るのです。障碍があっても、精神と魂と肉体の力によって、そこから出発して動くことが出来るのです。

2.《体の麻痺した人》 脳卒中の後遺症による麻痺を、昔の人は「中風、中気」と呼びました。「邪気、悪い風に中(あた)った」のが原因と考えたのです。ここで「中風の人」と訳されているのが「パラリュティコス/身体麻痺の、身体不随の人」です。一昔前は「脳卒中は老人の病気」という固定観念があり、聖書事典には「若年性脊髄炎、もしくは脊柱カリエスによる麻痺であろう」と解説されていました。しかし近年では、若年層の脳梗塞や脳出血も事例が多く、医学の常識も入れ替わりました。病因の追究よりも大切なのは「生きること」です。

3.《精神と魂を救う》 イエスさまは先ず「罪の赦し」を宣言されます。当時の人たちは、病因は本人や家族の罪にあると考えていたからです。肉体を癒される前に、精神と魂を癒されたのです。そんな主の御言葉に神学的思弁を費やす律法学者たちとは対照的に、家の屋根を剥がして天井から吊り下げてまで、患者をイエスの御もとに連れて行こうとする人たちがいます。指一本動かさず、座ったままの律法学者を尻目に、主は「彼らの信仰を見た」と書かれています。私たちは4人の奮闘に目を奪われて、患者本人のことを忘れがちです。しかし、御もとに行くことを望んだのは「体の麻痺した人」本人です。4人はサポーターでした。主が御覧になったのは、その中心にいる患者その人です。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 21:57 | 毎週の講壇から

2019年04月02日

4月第1主日礼拝(レント第5主日礼拝)

       4月 7日(日) 午前10時30分〜11時50分
説  教 その人たちの信仰を見る=@音楽   朝日研一朗牧師
聖  書  マルコによる福音書 2章1〜12節(p.63)
讃 美 歌  27、335、490、417、296(1〜3)、76、26
交読詩編  詩編23編1〜6節(p.29)

・青空カフェ      礼拝後      玄関バルコニー

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2019年04月01日

息の長い生き方をしよう【出エジプト記6:2〜9】

聖句「モーセはそのとおりイスラエルの人々に語ったが、彼らは厳しい重労働のため意欲を失って、モーセの言うことを聞こうとはしなかった。」(6:9)

1.《ブッチャー》 プロレスで悪名を馳せたブッチャーの現役引退セレモニーが行なわれました。「スーダン出身の黒い呪術師」の触れ込みで、アラビア風の衣装で入場、凶器攻撃や毒針エルボーでリングを鮮血に染めたものです。リング名の「アブドーラ」は「アブド/しもべ」+「アッラー」、イスラム教徒の名前の定番です。旧約聖書にも「主のしもべ/アブデー」が何回も出て来ます。

2.《奴隷の労働》 勿論「奴隷」という悪い意味もあります。「厳しい重労働」と訳されているのは「過酷な奴隷状態」です。労働そのものもエジプト人の厭う3K労働をさせられていたのですが、それ以上に、自らの意志や意欲を奪われた奴隷労働の方が残酷なのです。ピラミッド等の巨大建造物建設に駆り出されたという情景は、絵画や映画の作ったフィクションです。しかし、エジプト人の監督に打たれて労働をさせられていたのです。日本の植民者も旧満州国で満人の召使を「躾」と称して叩いたり打ったりして使っていたと聞いています。

3.《神の深呼吸》 モーセはファラオに民の出国を要請しますが、逆ギレしたファラオは更に重い労働を課して「この怠け者が!」と罵ります。モーセは解放の幻、約束の土地の幻も語りますが、民は耳を貸しません。奴隷労働は、働く者たちから魂を半分奪い取ること(シモーヌ・ヴェイユ)なのです。「意欲を失って」は「息が短くなる、魂が削られる」の意味です。モーセは同胞の「息を長く」する必要があったのです。それがエジプトに対する「十の災厄」だったのかも知れません。「しもべ」は「他の誰かのために働く人」のことです。奴隷になることは魂を半分奪われることです。私たちは奴隷にならず、神さまのために仕えて参りましょう。それが魂を取り返す唯一の道なのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 20:54 | 毎週の講壇から