2019年06月10日

孤児の叫びに応える霊【ヨハネ14:15〜24】

聖句「わたしは、あなたがたをみなしごにはしておかない。あなたがたのところに戻って来る。」(14:18)

1.《あしなが》 昭和30年代には、交通事故死者数が年間1万人を超えて「交通戦争」と呼ばれました。そんな中で「交通遺児支援あしなが運動」を始めたのが玉井義臣と岡嶋信治のお二人です。お二人の家族も暴走車や酔っ払い運転の犠牲に成っているのです。現在「あしなが育英会」は、病気や災害、自死によって親を亡くした子どもたちを肌理細やかに援助する活動を展開しています。

2.《孤児物語》 「あしなが」とは、ウェブスターの児童文学『あしながおじさん』から来ています。思えば、19〜20世紀の児童文学は「孤児文学」でもあったのです。『アルプスの少女ハイジ』『赤毛のアン』『秘密の花園』『小公女』『トム・ソーヤーの冒険』『オリバー・ツイスト』…『ハリー・ポッター』シリーズに至るまで、主人公は皆、親を亡くした子どもたちです。Ch・ブロンテの『ジェーン・エア』も孤児です。『レ・ミゼラブル』のコゼットも、孤児として虐待されているのをジャン・ヴァルジャンに救い出されるのでした。

3.《愛する霊》 ペンテコステは「聖霊降臨節」ですが、私たち自身も、聖霊についてはよく分からないのです。むしろ、正直に「よく分からない」と言うべきなのです。神の御心を何もかも分かっているかのように嘯く者の方が、却って不敬虔です。よく分からないからこそ、信じるのです。イエスさまは弟子たちに、聖霊(パラクレートス/助け手、慰め手、弁護者)を送って、「あなたがたを孤児のままに捨て置かない」と約束なさいました。つまり、ネグレクト(育児放棄や虐待、愛さないこと)の反対なのです。孤児(寄る辺ない思いに苦しむ者)を受けて入れて、我が子として愛することです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 23:15 | 毎週の講壇から

ペンテコステ礼拝

ペンテコステ礼拝です。

20190610ペンテコステ礼拝
posted by 行人坂教会 at 15:00 | 教会アルバム