2019年10月15日

10月第3主日礼拝(信徒伝道週間、教育週間)

      10月20日(日) 午前10時30分〜11時40分
信徒奨励 ともにある時間、ひとりで行く時間 =@ 佐治 恵
聖  書  コリントの信徒への手紙T 12章1〜11節(p.315)
讃 美 歌  27、95、490、406、377、25
交読詩編  詩編73編21〜28節(p.84)

・教会案内      正午〜午後0時30分    礼拝堂
教会バザー    午後0時30分〜3時    階下ホール

posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2019年10月08日

10月第2主日礼拝(神学校日、伝道献身者奨励日)

      10月13日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 愛が冷え切った世界で=@音楽    朝日研一朗牧師
聖  書  マタイによる福音書 24章1〜14節(p.47)
讃 美 歌  27、95、490、398、483、25
交読詩編  詩編73編21〜28節(p.84)


・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2019年10月07日

まだ席がありますか?【ルカ14:15〜24】

聖句「『…まだ席があります』と言うと、主人は言った。『通りや小道に出て行き、無理にでも人々を連れて来て、この家をいっぱいにしてくれ。…』」(14:22,23)

1.《聖書と血糖》 家庭医から血糖値の高さを指摘されます。聖餐式に使用する葡萄液が甘いものですから、イエスさまの血糖値も気になります。古代から糖尿病はあったそうですから、大酒飲みのイエスさまも、ヘロデ親子や大祭司も糖尿病の可能性があります。古代ローマ人は1日4食でしたから、ピラトも糖尿病だったかも知れません。誰も彼も糖尿病にしたく成るのです。

2.《午餐と晩餐》 古代ユダヤ人は朝夕の1日2食でした。「列王記」の預言者エリヤや「出エジプト記」の鶉とマナからも分かります。ところが、14章12節には「昼食や夕食の会」とあります。英訳聖書は「ディナー」と「サパー」に訳し分けられることが多いです。「ディナー」は時間帯ではなく、その日のメインの食事「正餐」を意味します。「サパー」は「スープを啜(すす)る」から派生した語で、床に入る前の簡単な食事でしたが、照明の発達と共に豪華に成ったのです。ギリシア語の「デイプノン/晩餐」には「御馳走を食べる」の含みがあります。イエスさまの譬え話「大宴会」は「デイプノン・メガ」なのです。

3.《神の招待状》 ある主人が盛大な宴会を催し、予め招待して置いた客たちに、改めて召使いを遣わして案内しますが、招待客は「畑を買った、牛を買った、嫁を買った」と理由を付けてドタキャンするのです。自らの所有と経済活動を優先しているのです。この無礼なドタキャンに対して「神の怒り」は、恐らく生涯を通して、畑も牛も嫁も得ることがない、生活困窮者を招くという方向に転換します。「町の大通り/広場」「路地/巷」から更には「通り/田舎の畦道」「小道/生垣、垣根」まで召使いたちは、客を捜して巡ります。私たちは、そのような神の必死の招きを決して疎(おろそ)かにしてはなりません。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 19:51 | 毎週の礼拝案内

2019年10月01日

10月第1主日礼拝(世界聖餐日、世界宣教の日)

      10月 6日(日) 午前10時30分〜11時50分
説  教 まだ席がありますか?=@音楽    朝日研一朗牧師
聖  書  ルカによる福音書 14章15〜24節(p.137)
讃 美 歌  27、95、369、375、72、25
交読詩編  詩編73編21〜28節(p.84)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内