2019年10月29日

11月第1主日礼拝(聖徒の日、永眠者記念礼拝)

      11月 3日(日) 午前10時30分〜正午
説  教 信仰によって今も語る=@音楽    朝日研一朗牧師
聖  書  ヘブライ人への手紙 11章1〜12節(p.414)
讃 美 歌  27、379、490、227、458、385、26
交読詩編  詩編17編1〜5節(p.20)

・青空カフェ      礼拝後      玄関バルコニー

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2019年10月28日

パーフェクト・ワールド【マタイ6:5〜15】

聖句「天におられるわたしたちの父よ、御名が崇められますように。御国が来ますように。御心が行われますように…。」(6:9,10)

1.《10月31日》 プロテスタント教会では「宗教改革記念日」ですが、世間は「ハロウィン」一色です。ハロウィンが「子どもの祭り」として定着している米国では、多くの牧師が「ハロウィンを宣教の機会」として積極的に捉えていますが、大人の乱痴気騒ぎと化した日本では躊躇を感じます。だからと言って、これを「異教の祭り」と敵視するのは行き過ぎかとも思います。

2.《完全な世界》 原理主義的な教会では、自らの信仰生活の潔癖さ、完全さを追及する余りに、信徒が自分の子どもたちにハロウィンを禁じたりします。クリント・イーストウッド監督の映画『パーフェクト・ワールド』は、少年時代に父親から虐待を受けた脱獄囚が、「エホバの証人」の母親と暮らす少年を人質にして逃亡する内に、お互いに自らの姿を重ね合うことで生まれる交流を描いています。脱獄囚は、家出したまま戻って来なかった父親がくれたアラスカの絵はがきを肌身離さず持っていました。映画の幕切れに、それを少年に託すのでした。

3.《愛の完成を》 聖書で「完全な世界」と言えば、天地創造です。また「天の父が完全であられるように、あなたがたも完全な者となりなさい」とのイエスさまの教えが重要です。信徒は「キリスト者の完全」を目指して、自ら節制禁欲に励むばかりか、家族や周囲の人間にも押し付けて行く傾向にあります。本来、目指していたはずの神の愛とは程遠い、裁きと支配に陥ってしまうのです。イエスさまは「主の祈り」の最初に「御名、御国、御心」を置かれました。神さまの愛の心と願いが世界中に及びますようにとの祈りです。それが「完全な世界」です。人間が完成することではありません。また、自分たち(クリスチャン)だけが救われることを願っているセコイ祈りではありません。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 19:52 | 毎週の講壇から

2019年10月27日

祝砲の挽歌

1.楽器としての大砲

10月22日午後、事務仕事をしていると、遠くで花火のような爆音が聞こえ、地響きが感じられました。それで「令和天皇」の「即位礼正殿の儀」が終了したのだと分かりました。陸上自衛隊北富士駐屯地(山梨県)の第1特科隊から「礼砲部隊」が編成され、礼砲専用の105ミリ榴弾砲を4門使用したのです。

首相が音頭を取る「天皇陛下萬歳!」の最初の「て」と言った瞬間、宮殿の部隊長が「撃て!」と無線で命令、850メートル離れた北の丸公園に待機する部隊が発射します。その砲音は3.5秒後に宮殿に到達、つまり、首相が「萬歳!」を言い終えた瞬間に響きます。その後は5秒間隔で、合計21発が発射されます。

105ミリ榴弾砲(M101)は先の大戦中から戦後に掛けて、「連合国」で広く使用されていた野砲です。米軍では朝鮮戦争、ベトナム戦争初期にも主力野戦砲として活躍、日本の陸自では、米軍の供与を受けて使用され始め、かなりの長期間、現役を務めました。部隊によりますが、10年くらい前までは、チラホラ残っていたように思います。特撮ファンにとっては『地球防衛軍』(1957年)の「ミステリアンドーム」攻撃の場面が思い出されます。現在は退役し、礼砲用に使用されるか、音楽隊がチャイコフスキーの「序曲1812年」を演奏する場合に「楽器」として使われているのです。

余談ですが、2017年に北富士駐屯地創立67周年記念行事が開催された時には、音楽隊が『シン・ゴジラ』のテーマ(伊福部昭の「ゴジラ」と鷺巣詩郎の「新世紀エヴァンゲリオン」のメドレー)を演奏し、後継機種の155ミリ榴弾砲FH70(えふえっちななまる)が発射されました。このFH70は「平成ゴジラ」シリーズの常連兵器です。但し、こちらは発射音が強過ぎて「楽器」向きでは無かったようです。

2.大砲は「国崩し」

「祝砲」と「礼砲」に厳密な違いはありません。英語では「Gun Salutes/敬礼の発砲」です。日本語では、皇族の即位など、特別な祝意を表わす場合には「祝砲」、外国の要人に歓迎の意を表わす場合には「礼砲」と言い換えています。最大21発と決めたのは、英国海軍の経費節減が起源とされています。それ以前は、気分次第で撃ちまくっていたのでしょう。

21発、19発、17発、15発、13発、11発、7発と、礼待する相手の身分や階級によって発射数が決められています。また、奇数は慶事、偶数は弔事(弔砲)とされています。

関係があるのか無いのか、香典に入れる金額には、偶数を避ける習慣があります(但し、なぜか2万円や2千円は良いらしい)。でも、葬儀は「弔事」故に偶数でも良いのでは…と思います。更には、銃を発射する「弔銃」の場合には「斉射3回敬礼/Three-volley salute」です。奇数は「慶事」の場合では無かったのでしょうか…。

最も古くから黒色火薬を使用していたのは、中国人だと言われています。13世紀には、モンゴル軍がイランや日本に侵攻する際に火薬弾を投げています。14世紀のスペインでは、ムーア人が弩(石弓)に似た、火薬の爆発で太矢を発射する大砲を開発していたようです。百年戦争の際には、イングランドのエドワード三世が「カレー攻城戦」(1346〜47年)に10門の大砲を使用しています。15世紀には飛躍的に破壊力が高まり、トラニオン(車輪付き台車)により移動域も拡がりました。コンスタンティノープル攻城戦(1453年)では、オスマン・トルコのメフメト二世が大型砲を多数使用しています。この大型砲を開発したのは、ハンガリー人の技師ウルバンでした。

日本で大砲が使用されるのは、その120年後、豊後の戦国大名、大友宗麟がポルトガルの宣教師から手に入れた「石火矢/フランキ砲」を「国崩し」と名付けたのが最初とされています。16世紀末には、国内でも大砲の生産が行なわれるようになったとか…。大坂の陣のために、徳川家康が英国から「カルバリン砲」4門を入手したとされています。

大砲(cannon/キャノン)という語は、ギリシア語「カンナ/kanna/筒」、ラテン語「カンナ/canna/葦笛」から来ているとか…。大砲の語源も「葦笛」という楽器だったのです。

3.大砲に白い薔薇を

私が「祝砲」という語を覚えたのは、かつて一世を風靡した海外ドラマ「刑事コロンボ」の第28話「祝砲の挽歌」(By Dawn’s Early Light)(1974年)でした。私立の陸軍幼年学校を経営する大佐(パトリック・マックグーハン)が、経営不振を理由に男女共学の短大に変えようとする、金儲け主義の理事を謀殺するエピソードでした。邦題からも察せられる通り、謀殺のトリックに使われるのが、校庭にある大砲なのです。

開校記念日の早朝(原題はここから来ています)、理事が祝砲の引き綱を引くと、轟音と共に大砲が暴発して、理事は爆死してしまうのです。ドラマの大詰め、校長室で対峙する大佐とコロンボ、事件の核心に迫るコロンボに対して、大佐は葉巻を勧め、自身の信念について滔々と語り始めます。最後に「薔薇があるのだよ。白い薔薇だ…」と語る大佐…。コロンボは唖然とするものの、大佐の犯行動機が保身や欲得を超えたものである事を察して、最大の敬意をもって受け止めるのでした。

因みに、原題は米国の国歌「星条旗/The Star-Spangled Banner」の歌詞の一節です。「Oh,say can you see/ああ、君たちにも見えるだろうか」「by the dawn’s early light/夜明けの薄明かりの中」「What so proudly we hailed/我らが誇り高く叫ぶのを」。米英戦争のマクヘンリー砦の攻防戦(1814年)を歌い上げた歌です。その歌詞の中には、英軍が砦に対する攻撃で発射したロケット弾(コングリーヴ・ロケット)も出て来ます。また「我らは神を信ず/In God is our trust」という国家標語も歌い込まれているのです。

牧師 朝日研一朗

【2019年11月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 06:00 | ┣会報巻頭言など

2019年10月22日

10月第4主日礼拝

      10月27日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 パーフェクト・ワールド音楽    朝日研一朗牧師
聖  書  マタイによる福音書 6章5〜15節(p.9)
讃 美 歌  27、95、490、109、495、25
交読詩編  詩編73編21〜28節(p.84)

・讃美歌練習(11月の讃美歌:379番)  礼拝後   礼拝堂

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2019年10月21日

ともにある時間、ひとりで行く時間【Tコリント12:1〜12】

聖句「神の霊によって語る人は…、聖霊によらなければ、だれも『イエスは主である』とは言えないのです。」(12:3)

1.《遅効性》 小学校2年生の時、日曜学校でペトロの信仰告白(あなたこそ、生ける神の子キリストです)を繰り返し学びました。高校2年生で受洗する際、「あなたにとってイエスとはどういう御方か?」と問われました。戦争体験を聴く会では、戦場でキリスト者として自身を保つことの厳しさを学びました。信仰者の決然たる言葉は、何十年も経ってから効き目の出て来るものです。

2.《しるし》 信仰の告白は聖霊の働きです。ブルーダーの『嵐の中の教会』は、1930年代、ナチス政権の成立によって「キリストのしるし」ならざるものに膝を屈めることを強いる残酷な支配が、ドイツの田舎町の教会にも押し寄せて来る様子を活写しています。ルターが「キリストのしるし」を見失ったローマ教会を批判したこと、教団が「戦責告白」を発表したことも思い出されます。揺るがせに、曖昧にしてはならないものが確かにあるのです。そんな「キリストのしるし」とは何か。消去法で私たちが選び取って行く他はありません。

3.《多様性》 教会は「キリストのしるし」を核として一致していながら、聖霊の働きの多様性、一人一人の違いが強調されているのです。恐らく、パウロは各人の顔を思い浮かべながら書いたはずです。信仰に踏み出す契機が多様であったのと同じように、人生や個性の違いをエンジョイすべきなのです。私たちの最期の時は、自分では保証できません。強い人も自力で支えられなくなります。そんな時、思わず助けを求める叫びを上げる、それも祈りなのです。戦後、東ドイツに留まり、不遇な生涯を送った神学者、シュニーヴィントは「自分が苦しくて祈ることが出来ない時には、私のために祈り給う方にしがみつく」と告白しています。たとえ「死の陰の谷」でも、主に出会うことが出来るのです。

佐治 恵

posted by 行人坂教会 at 19:52 | 毎週の講壇から

2019年10月20日

2019年教会バザー

2019年教会バザー
posted by 行人坂教会 at 22:33 | 教会アルバム

2019年10月15日

10月第3主日礼拝(信徒伝道週間、教育週間)

      10月20日(日) 午前10時30分〜11時40分
信徒奨励 ともにある時間、ひとりで行く時間 音楽 佐治 恵
聖  書  コリントの信徒への手紙T 12章1〜11節(p.315)
讃 美 歌  27、95、490、406、377、25
交読詩編  詩編73編21〜28節(p.84)

・教会案内      正午〜午後0時30分    礼拝堂
教会バザー    午後0時30分〜3時    階下ホール

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2019年10月14日

愛が冷え切った世界で【マタイ 24:1〜14】

聖句「不法がはびこるので、多くの人の愛が冷える。しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。」(24:12,13)

1.《嘆きの壁》 エルサレムには「西の壁」と呼ばれる場所があります。2千年間、ユダヤ教徒はその壁の前で嘆きの祈りを奉げています。紀元66年、第一次ユダヤ戦争の際、ローマ軍によって破壊された神殿の残骸なのです。ユダヤ人は将来、ダビデ王家を継ぐメシアが来臨し、神殿が再建されることを願って祈り続けているのです。それが彼らの終末信仰なのです。

2.《神殿崩壊》 弟子たちはエルサレム神殿の威容を見て感動しています。「おのぼりさん」です。神殿の大きさ(メガス)に見とれて(テアオマイ)いるのです。しかし、イエスさまは神殿崩壊を預言されます。すると直ちに、弟子たちは神殿崩壊と世界の終わりが、いつ起こるのか主に尋ねます。弟子たちは、スペクタクルな展開を期待して、好奇心を満たそうとしているだけです。即物的で興味本位で、自己中心的です。エルサレムの破滅を予感して、涙を流された主の御心とは大違いです。イエスさまは終末の時を「知らない」と突っ撥ねられます。終末の時に執心するのは、福音信仰からすると、邪道、外道なのです。

3.《セカオワ》 「SEKAI NO OWARI」のボーカリストは、ADHD(注意欠陥・多動性障害)を患っていて、何度も「世の終わり」と呻くような挫折と絶望を経験し、それでも音楽を支えに「世界の終わりから始めてみよう」と決意したと言います。偽預言者、戦争と内乱、飢饉や地震などの自然災害、迫害、信仰の躓き、裏切りに憎しみ合い、倫理観の喪失、無法状態、愛の消滅と「世も末」と思われますが、「そういうことは起こるに決まっている」のです。愛を「冷やす」のは「プシュコー」、私たち自身の「プシュケー/息、命、霊魂」なのです。ダメな自分に耐え忍ぶ者に、主は救いを約束されたのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 20:51 | 毎週の講壇から

2019年10月08日

10月第2主日礼拝(神学校日、伝道献身者奨励日)

      10月13日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 愛が冷え切った世界で=@音楽    朝日研一朗牧師
聖  書  マタイによる福音書 24章1〜14節(p.47)
讃 美 歌  27、95、490、398、483、25
交読詩編  詩編73編21〜28節(p.84)


・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2019年10月07日

まだ席がありますか?【ルカ14:15〜24】

聖句「『…まだ席があります』と言うと、主人は言った。『通りや小道に出て行き、無理にでも人々を連れて来て、この家をいっぱいにしてくれ。…』」(14:22,23)

1.《聖書と血糖》 家庭医から血糖値の高さを指摘されます。聖餐式に使用する葡萄液が甘いものですから、イエスさまの血糖値も気になります。古代から糖尿病はあったそうですから、大酒飲みのイエスさまも、ヘロデ親子や大祭司も糖尿病の可能性があります。古代ローマ人は1日4食でしたから、ピラトも糖尿病だったかも知れません。誰も彼も糖尿病にしたく成るのです。

2.《午餐と晩餐》 古代ユダヤ人は朝夕の1日2食でした。「列王記」の預言者エリヤや「出エジプト記」の鶉とマナからも分かります。ところが、14章12節には「昼食や夕食の会」とあります。英訳聖書は「ディナー」と「サパー」に訳し分けられることが多いです。「ディナー」は時間帯ではなく、その日のメインの食事「正餐」を意味します。「サパー」は「スープを啜(すす)る」から派生した語で、床に入る前の簡単な食事でしたが、照明の発達と共に豪華に成ったのです。ギリシア語の「デイプノン/晩餐」には「御馳走を食べる」の含みがあります。イエスさまの譬え話「大宴会」は「デイプノン・メガ」なのです。

3.《神の招待状》 ある主人が盛大な宴会を催し、予め招待して置いた客たちに、改めて召使いを遣わして案内しますが、招待客は「畑を買った、牛を買った、嫁を買った」と理由を付けてドタキャンするのです。自らの所有と経済活動を優先しているのです。この無礼なドタキャンに対して「神の怒り」は、恐らく生涯を通して、畑も牛も嫁も得ることがない、生活困窮者を招くという方向に転換します。「町の大通り/広場」「路地/巷」から更には「通り/田舎の畦道」「小道/生垣、垣根」まで召使いたちは、客を捜して巡ります。私たちは、そのような神の必死の招きを決して疎(おろそ)かにしてはなりません。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 19:51 | 毎週の講壇から