2020年08月31日

旭日亭菜単(続き)その60

  • 「短編ミステリの二百年vol.2」(レイモンド・チャンドラー、マージェリー・アリンガム他著、小森収編、猪俣美江子他訳、創元推理文庫)
    とにかく、このシリーズ、収録作品そのものはアッと言う間に読み終えられるのですが、巻末の小森収の連載(?)評論が非常に時間を食います。但し、これを読まずに済ませられるかと問われれば、否と言う他はありません。本編の方は…と言うと、やはり、ハメットの「クッフィニャル島の略奪」がベストでしょうか。私立探偵が自らのプロ意識を吐露する場面には、宗教的召命観(Calling)すら感じさせます。それに比べると、ホイットフィールドの「ミストラル」、チャンドラーの「待っている」は、いずれも「標的」に感情移入してしまいます(そこが魅力なのですが)。グルーバーの「死のストライキ」に登場する「人間百科事典」オリヴァー・クエイド、スタウトの「探偵が多すぎる」の美食探偵ネロ・ウルフ、アリンガムの「真紅の文字」のアルバート・キャンピオン等、今回は、さながら「探偵物語」特集と言ったところです。
  • 「日本怪談集/取り憑く霊」(種村季弘編、河出文庫)
    三浦哲郎の「お菊」は、タクシー運転手が幽霊を乗せるという定番の話でありながら、どうして、こんなにも胸を打つのでしょうか。「ユタと不思議な仲間たち」と同じく現代の民話として、何等かの真実が核に成っているのでしょう。「あれが生きた人間以外のなにかだったら、自分も含めて世の中の人はみんな同類だと思いました」の言葉に震えます。藤本義一の「足」、舟橋克彦の「手」、江戸川乱歩の「人間椅子」、田中貢太郎の「籠の中の顔」と並べる辺りがアンソロジストの妙味でしょう。藤本の「足」が絶品です。幾ら変事でも死体が見付からないと「事件」が成立しないという導入からしてワクワクさせます。そして因縁譚のようなオチの付け方で「怪談」が完成するのです。森銃三の「碁盤」、柴田錬三郎の「赤い鼻緒の下駄」、吉田健一の「幽霊」等、所謂「ジェントル・ゴースト物」も忘れ難い読後感です。
  • 「日本怪談集/奇妙な場所」(種村季弘編、河出文庫)
    東雅夫のアンソロジー、作家の短編集で既読という作品も少なくないのですが、それでも夏に「怪談」は外せません。森鷗外の「鼠坂」と大岡昇平の「車坂」は、日露戦争と日中戦争、従軍記者と兵隊の違いはあれど、余りにも同工の作なので驚きました。戦時下に姑娘(クーニャン)をレイプして殺害した男の物語が宴席で語られ、翌日には、その呪いが発現します。中学の国語の教科書には「高瀬舟」等は止めて「鼠坂」を載せるべきです。笹沢左保の「老人の予言」の既視感の怖さ、吉行淳之介の「出口」の姿を現わさない存在の戦慄、半村良の「終の岩屋」には、高橋克彦の「さるの湯」、恒川光太郎の「風天孔参り」の原点だったと確信しました。
  • 「久生十蘭短篇選」(久生十蘭著、川崎賢子編、岩波文庫)
    ヨーロッパの怪奇短編の世界から、日本の作家に軸足を移そうと思ったら、丁度よい本がありました。諸作の多くが敗戦後を舞台としながら、とても貴族趣味的な十蘭です。フランス人の家庭教師とか、パリ留学とかが自然に出て来ます。「ルウレットを征服するのは…絶対の無関心」と主張する「黒い手帳」は、ドストエフスキーの短編「賭博師」の妄執(「ゼロに賭けるんだ!」)を連想しますが、実際には賭博場は出て来ません。脅迫観念の作り出した代物なのです。催眠術犯罪を描いた「予言」には、見事に読者も幻惑されてしまいます。「白雪姫」は、氷河のクレヴァスに滑落した性悪妻の遺体発見を待ち続ける夫の話。反対に「復活祭」は、米国滞在時代の母の愛人に思いを寄せ続けた女性の話で、横浜港を舞台に一夜限りの逢瀬を描いています。これもまた妄執の果て…。でも、いずれも愛すべき妄執です。
  • 「銀の仮面」(ヒュー・ウォルポール著、倉阪鬼一郎編訳、創元推理文庫)
    その特異な人間観には、ルヴェルの短編集「夜鳥」と似た、残酷で皮肉な味わいがあります。但し、ウォルポールは紳士です。ルヴェル程に露悪的描写はしません。巻頭の表題作は(千街晶之の解説は、ヴィスコンティの『家族の肖像』との類似性を言っていますが)、むしろ、安部公房の戯曲「友達」の元ネタでは無いかと思われます。善意の老婦人が困窮の美青年に情けを施したばかりに、彼の俗悪な一族によって家財も生命も奪われる話です。嫌悪して遠ざけた男の死後に、我知らず「唯一の親友だった」と嘯いてしまう「敵」、理解者である唯一の友人を、人生の邪魔者として殺してしまう「みずうみ」等、憎しみと愛情とが歪に複合して、自分でも分からなくなってしまうのが彼の真骨頂です。愛着を抱くことは、何かに取り憑かれ支配されてしまうことに等しいのです。そんな中、巻末のクリスマス物語「奇術師」が一服の清涼剤と成っています。
posted by 行人坂教会 at 23:21 | 牧師の書斎から

幸せになろうよ【ルカ6:20〜26】

聖句「貧しい人々は、幸いである、神の国はあなたがたのものである。今飢えている人々は、幸いである、あなたがたは満たされる。」(6:20,21)

1.《お幸せに》 結婚式や披露宴の際に、新郎新婦に向かって「お幸せに」とお祝いの言葉を掛けたり、祝辞を申し述べたりします。「いつまでも仲良く、お幸せに」との意味でしょうが、結婚が幸せとイコールとは限りません。結婚情報誌の「ゼクシィ」が「結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私は、あなたと結婚したいのです」と新婦が宣言するCM(2017年)を発表しました。結婚についての意識変化と共に幸福観の多様化を見る思いがしました。

2.《神の勝手》 イエスさまも「お幸せに」と仰っています。「貧しい人々は幸いなり」「飢えている人々は幸いなり」「泣いている人々は幸いなり」です。やがて運命の大逆転が起きて、飢えている者は満たされ、泣いている者は笑うようになるからです。「神の国、天の国」の「報い/ミストス」は「賃金、給料」という即物的な語ですが、そこから「葡萄園の労働者」の譬え話が思い出されます。資本主義や功利主義とは真逆の価値観で、主が一人一人に報いてくださるのです。何故かと問われれば、神が「自分のものを自分のしたいようにする」だけなのです。神は慈しみ深い御方なので、貧しい人たちを見過ごしに出来ないのです。

3.《神の招待》 「幸いである」に対応して「不幸である」があります。これは「災いなるかな」という呪詛です。「富んでいる人々」「満腹している人々」「笑っている人々」は「報酬」を前借してしまっているのです。未来の子孫を思わず、自らが便利さと快適さを享受するため資源を浪費し、負の遺産を残す現代社会の在り方を連想します。妖怪「アマビエ」は災いを警告する不吉な前兆でしたが、庶民の間で疫病除け、厄除けの守り神になりました。イエスさまの呪詛もまた、私たちが悔い改めることで、事前に災いを食い止め、私たちを正しい道へと導くためのものです。己の幸せのみ求めるのではなく、誰が一番に「神の国」へと招かれているか考えましょう。それが「天国への招待状」です。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 21:55 | 毎週の講壇から