2020年10月26日

味方を増やす生き方を【ルカ9:49〜50】

聖句「やめさせてはならない。あなたがたに逆らわない者は、あなたがたの味方なのである。」(9:50)

1.《ライバル》 往年の戦争映画『眼下の敵』や『好敵手』では、敵軍の将校が互いに虚々実々の駆け引きや知恵比べをします。敵の戦術の見事さに舌を巻いたり、攻撃を見事にかわしたりする内に、相手への敵意が敬意へと変わって行くのです。但し、英語の「ライバル」はラテン語の「リーウス/小川」、つまり、水利権を巡る争いから派生した語です。本来「ライバル」には、日本語に言う「好敵手/好ましい競争相手」という意味合いは無いのです。

2.《主の名前》 イエス一行にとってもライバルの如き存在があったようです。弟子のヨハネは、イエスさまの名前を使って悪霊祓いをしていた者に、使用を禁じたと言います。まるで登録商標、商号の不正使用、専売特許の侵害を告発しているかのようです。しかし、主は「やめさせるな」と仰るのです。なぜなら、イエスさまの行き先は十字架です。誰からも理解されぬ不名誉な死でしたが、万民の救いを目指しています。奇跡や癒しや悪霊祓いは余技に過ぎません。私たちは、世間の評判や評価、名誉や名声、人望や人気ばかりに囚われています。私たちが「信仰の証しのために」と善行に励むのも自意識の裏返しだったりするのです。

3.《同じ方向》 洗礼者ヨハネの所にも「イエスが勝手に洗礼を授けている」とご注進にやって来る人がいました(ヨハネによる福音書3章22節〜)。その時、洗礼者は「私は嬉しい」と答えました。他にも、アスクレピオス教団やテュアナのアポロニオス等、イエスさまと同時代に、地中海世界を遊行しながら、病を癒したり悪霊を祓ったりする個人や団体があったのです。イエスさまは「私たちと一緒に従わなくても」「逆らわない者は味方だ」と言われるのです。原典には「敵/味方」という名詞はありません。「あなたがたと逆に向かう」「あなたがたの方に向かう」という方向性の違いだけです。たとえ信者にならなくても、イエスさまが見詰めて居られたのと同じ方向、主が胸裂かれる思いで見詰められた人々の悲しみや苦しみを見ている、それだけで良いのではないでしょうか。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 21:56 | 毎週の講壇から