2021年01月31日

10分間礼拝V「夜の日時計/horologium nocturnum」

2021年1月31日(日)

メッセージ:自分を鍛えなさい
聖   書:テモテへの手紙T 4章6〜10節(p.387)
讃 美 歌:464番「ほめたたえよう」


試聴は次の箇所をクリックしていただくと、PCにインストールされている音楽プレーヤー(WindowsならMedia playerなど)で再生できます。
ここをクリックして下さい音楽

これまでの「夜の日時計」はこちらから聴くことができます。

posted by 行人坂教会 at 10:00 | 夜の日時計

コロナ禍の落穂拾い

1.渡り鳥シリーズ

先日「NHK-BSシネマ」で、小林旭主演の「日活アクション」『ギターを持った渡り鳥』(1959年)を録画して、何年かぶりに観ました。今回、観直すと、冒頭のシーンから映像の美しさに圧倒されました。昭和新山から下って来る牧草を積んだ馬車、馬車を降りて函館に向かって歩き始める旭(勿論、背中にはギター)、そして、函館山から展望した市内の全景、それが「百万ドルの夜景」に変わるタイトル…。溜め息が出ました。

話の筋は説明する程のものではありません。第1作の『南国土佐を後にして』(1959年)から第10作『渡り鳥故郷へ帰る』(1962年)に至るまで(実は『ギターを持った渡り鳥』はシリーズ2作目なのです)、「渡り鳥」シリーズは、同じパターンを実直に踏襲して行きます。キャスティングで一目瞭然です。旭扮する滝伸次がヒーロー、相手役のヒロインは浅丘ルリ子、地元のボスが金子信雄(大抵はキャバレーの経営者)、キャバレーのマダムが渡辺美佐子か楠侑子、そのフロアショーで踊るダンサーが白木マリ、ヒーローのライバルとして、拳銃や賭博で対決するのが宍戸錠。

極端な話、舞台と成る土地が変わるだけです。@高知、東京、A函館、B宮崎、C佐渡、D裏磐梯、E摩周湖、F香港、バンコク、G雲仙、長崎、佐世保、H函館、I高松というような具合です。『ギター』のラストシーン、青函連絡船の波止場で、ルリ子が旭に「どこに行くの?」と尋ねると「佐渡にでも行ってみようかと思って」「あいつ(昔の恋人)の墓参りをしてやらないと…」と答えるのですが、この後の第3作『口笛が流れる港町』(1960年)は宮崎が舞台で、佐渡に行くのは第4作『渡り鳥いつまた帰る』(1960年)です。

青函連絡船を切ない眼差しで見送るルリ子を、中原早苗が「あの人は必ず帰って来るわ」と慰めるのですが、それに対して、彼女はキッパリと「いいえ、あの人は帰って来ないわ。私にはあの人の心が分かるもの」と断言するのです。本来、泣かせる台詞のはずですが、どこに行こうと、毎回、相手役は浅丘ルリ子だと知っている私としては、思わず吹き出してしまったのでした(最終作にして姉妹編の『故郷へ帰る』のみ笹森礼子)。

2.太陽がいっぱい

「コロナ禍」で外出が憚られるように成って以来、昔、観損ねた映画、もう一度観てみたい映画を録画して、空いた時間に観ています。「日活」で言えば、『太陽の季節』(1956年)、『狂った果実』(1956年)、『あいつと私』(1961年)が出色でした。『太陽の季節』と『狂った果実』は鎌倉や逗子、葉山あたりが舞台、『あいつと私』の舞台は田園調布と慶應日吉キャンパス、軽井沢です。改めて観ると、3作とも共通して、非常に裕福な家庭の若者たちの話で、私などは引け目を感じてしまいます。数十年後の私が観て、そう思うのですから、当時これを観た貧しい若者たちが憧れと妬みの入り混じった気持ちを抱いたであろうことは、想像に難くありません。それでも『あいつと私』のモダニズムには、うっとりと見惚れてしまいます(裕次郎は「オースチン・ヒーレー100」に乗って通学している!!)。

そのような相反する感情で思い出されるのが、昨年12月に亡くなった作詞家、なかにし礼のエピソードです。なかにしは元タカラジェンヌでシャンソン歌手の深緑夏代(歌劇団では、越路吹雪とコンビで知られた)に依頼されて、シャンソンの訳詞をしていました。「なかにし礼」というペンネームも、フランシス・レイ(Francis Lai)から採ったと言われています。なかにしの家は満州からの引き揚げ者で、彼は小樽や青森の暗い海を見詰めて、少年時代を送ったのです。ですから、真夏の湘南の海で戯れる若者たち(所謂「太陽族」の係累)に対しては、ただ怨嗟しか感じていなかったそうです。そんな彼の心にズシンッと響いたのが、1960年のフランス映画『太陽がいっぱい』(Plain Soleil)だったのでした。

3.今日でお別れね

地中海でヨットに乗って、女の子と遊び呆けて暮らしている、金持ちの放蕩息子フィリップ(モーリス・ロネ)を殺して、彼に成り済まそうとする貧乏で孤独な青年トム(アラン・ドロン)の悲劇ですが、ナポリ湾に浮かぶイスキア島の南端サンタンジェロの風景(トニー・リーヴス著『世界の映画ロケ地大事典』による)を、なかにしは湘南の海に、自身の心情をトム・リプリーに重ねていたと言います。そんな感情が後に(1967年)、菅原洋一の「今日でお別れ」(作曲:宇井あきら、編曲:早川博二)に結実したのです。

♪「今日でお別れね/もう逢えない」という歌い出し、覚えて居られる方も多いと思いますが、ニーノ・ロータ作曲の『太陽がいっぱい』のテーマそっくりです(!)。作曲の宇井は元シャンソン歌手、なかにしの先輩ですし、編曲の早川はトランペット奏者です(「太陽がいっぱい」の主旋律がトランペットだったことを忘れてはいけません)。しかも「今日でお別れ」の伴奏はマンドリンなのです(「太陽がいっぱい」も)。

しかしながら「太陽族」的な湘南文化に対して怨嗟を抱いていた、なかにし礼を、シャンソンの訳詞などという地味な世界から引っ張り出して、歌謡曲の作詞家として大成功に導いたのが、他でもありません、元祖「太陽族」石原裕次郎なのです。新婚旅行中のなかにしが下田のホテル滞在中に、偶然ホテルのバーで隣席に成ったのが、『太平洋ひとりぼっち』撮影中の裕次郎だったそうです。「シャンソンの訳詞なんてやってないで、日本の歌謡曲の歌詞を書きなさいよ」と勧められて、石原プロに行ったのがキッカケだったと言います。

考えてみたら、裕次郎を発掘してスターダムに押し上げた立役者は、松竹歌劇団出身(「男装の麗人」の異名を欲しい儘にした)水の江瀧子です。水の江は1950年代、日本映画界初の女性プロデューサーとして、日活の黄金時代を作ったのでした。深緑夏代の愛称が「ターコ」、水の江の愛称が「ターキー」だったのも似ています。歌劇団、恐るべし(!)。

牧師 朝日研一朗

【2021年2月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 06:00 | ┣会報巻頭言など

2021年01月24日

10分間礼拝U「夜の日時計/horologium nocturnum」

2021年1月24日(日)

メッセージ:エヴァンゲリオンQ
聖   書:ローマの信徒への手紙 1章8〜15節(p.273)
讃 美 歌:125番「いかに幸いなことだろう」


試聴は次の箇所をクリックしていただくと、PCにインストールされている音楽プレーヤー(WindowsならMedia playerなど)で再生できます。
ここをクリックして下さい音楽

これまでの「夜の日時計」はこちらから聴くことができます。

posted by 行人坂教会 at 10:00 | 夜の日時計

2021年01月17日

10分間礼拝T「夜の日時計/horologium nocturnum」

2021年1月17日(日)

メッセージ:腹には苦く、口には甘い
聖   書:ヨハネの黙示録 10章8〜11節(p.464)
讃 美 歌:222番「キリストよ、光の主よ」


試聴は次の箇所をクリックしていただくと、PCにインストールされている音楽プレーヤー(WindowsならMedia playerなど)で再生できます。
ここをクリックして下さい音楽

これまでの「夜の日時計」はこちらから聴くことができます。

posted by 行人坂教会 at 10:00 | 夜の日時計

2021年01月12日

〜10分間礼拝「夜の日時計」のご案内〜

「夜の日時計/horologium nocturnum」


1.ヒゼキヤの祈り

旧約聖書「列王記下」20章(及び「イザヤ書」38章)に「ヒゼキヤの病気」という記事があります。ヒゼキヤ(Hezekiah)は、紀元前715年〜687年(686年との説も)に、南王国ユダを治めた国王です。超大国アッシリアの脅威の迫る中、国の舵取りをしなければなりませんでした。しかも、緊迫する政治情勢下で、彼は死の病を患います。

病からの回復を必死に祈るヒゼキヤに、預言者イザヤが神の託宣を告げます。「私はあなたの祈りを聞き、涙を見た。私はあなたを癒す。私はあなたの寿命を15年延ばし、アッシリア王の手から、あなたの都を救い出す」。

そして、その託宣の確かさの証として、神さまは「日時計」の影を10度後戻りさせるという徴を示されたのでした。

「日時計」はヘブライ語で「マーアロース/階段」です。階段の影で建物の壁に時を示したようです。古代パレスチナの町、ゲゼルの遺跡からは、旅行用に携帯する日時計(6センチほどの幅)も発掘されています。そこには、紀元前13世紀のファラオ(メルエンプタハ)の名前と姿が描かれていて、非常に古い物であることが分かります。

2.ホーロロギウム

ヒゼキヤの「日時計」はラテン語「ウルガタ聖書」では「ホーロロギウム/hōrologium」と訳されています。それを目にした時、私は「horologium nocturnum/ホーロロギウム・ノクトゥルム/夜の日時計」という物があったことを思い出したのです。英語で「ノクターナル/nocturnal」と呼ばれる装置です。

中世以前、時計のない時代には、海上で時刻を知るために、昼間は日時計、夜は「ノクターナル」という装置が使われていたそうです。「ノクターナル」は北極星とこぐま座ベータ星「コカブ/Kochab」との角度から時間を知る装置で、13世紀頃から用いられ、16世紀には、広く行き渡っていたそうです〔以上、飯島幸人著「航海技術の歴史物語」(成山書店、2002年)から〕。「星時計」と呼ぶ人もいます。

3.夜間に朝を想う

「ノクターナル」という語から「ノクターン/nocturne/夜想曲」を連想する人も多いと思います。キリスト教で「ノクターン/nocturn」と言えば、カトリック教会の「聖務日課/時禱」の1つ「宵課(しょうか)、夜課/Nocturna/ノクトゥルナ」が思い出されます。

「宵課/宵の祈り」は、何と「朝課/Matutinus/マートゥーティーヌス」の一部です。しかも「朝課/朝の祈り」と言いながら、やはり、実際には、真夜中の祈りなのです。これは、日没と共に日が変わるという、旧約聖書以来の認識から来ています。12月24日の日没後に行なわれる、クリスマスイヴの礼拝が降誕日、12月25日と認識されるのと同じです。真夜中に朝を覚えて祈るのです。

「コロナ禍」の時代を生きている私たちもまた、真っ暗な夜のような時間を過ごしています。しかし、そんな時にこそ「星時計」を通して、夜空に輝く光のアリカを探したいと思います。「夜の日時計」を通して、夜明けを待ちながら、ご一緒に祈りたいと思うのです。


音声配信礼拝の予告


T.1月17日(日)午前10時30分から配信
メッセージ:  腹には苦く、口には甘い =@
聖書: ヨハネの黙示録 10章8〜11節(p.464)
讃美歌: 222番「キリストよ、光の主よ」


U.1月24日(日)午前10時30分から配信
メッセージ:  エヴァンゲリオンQ
聖書: ローマの信徒への手紙 1章8〜15節(p.273)
讃美歌: 125番「いかに幸いなことだろう」


V.1月31日(日)午前10時30分から配信
メッセージ:  自分を鍛えなさい
聖書: テモテへの手紙T 4章6〜10節(p.387)
讃美歌: 464番「ほめたたえよう」


W.2月7日(日)午前10時30分から配信
メッセージ:  棘があるなら
聖書: コリントの信徒への手紙U 12章1〜10節(p.339)
讃美歌: 498番「道、真理、命」


※ 当教会の音声配信礼拝には、「新共同訳聖書」「讃美歌21」を使用しています。
posted by 行人坂教会 at 09:14 | 夜の日時計

教会からの重大なお知らせ  Bulla Pastoralis

主日礼拝、諸集会休止のお知らせ(第2回)

主の御名を賛美します。

去る1月8日、日本政府は、首都圏(一都三県)に対して「緊急事態宣言」を発出しました。それに伴い、1月10日の主日礼拝後、会衆(一般会員と教友)の陪席の上、(公開)臨時役員会を招集、再び教会の諸集会を休止することを決定いたしました。

行人坂教会における主日礼拝、CSこどもの礼拝(教会学校)、聖書と祈りの集い、委員会活動、団体活動を、しばらくの間すべて休止いたします。休止期間、及び活動再開につきましては「緊急事態宣言」解除を目安として、改めて判断させていただきます。

6月7日の再開以来、集会そのものは、できる限りの感染対策をして開催して参りました。しかしながら、更なる感染の拡大、あるいは「感染爆発」が予想される中、外出そのもの(公共交通機関を利用しての往復など)が、礼拝参加者の命と健康を危機に晒すことを鑑み、休止を判断しました。

「緊急事態宣言」解除の予定日(2月7日)を、教会活動再開の目安にしていますが、期間が延長される場合には、引き続き休止します。

尚、前回と同じように、毎週日曜日の礼拝時に音声配信を、行人坂教会HP上にアップいたします。パソコン、スマホ、タブレット端末などをお持ちの方は、ご利用ください。

2021年1月12日(火)   日本基督教団 行人坂教会 牧師 朝日研一朗

posted by 行人坂教会 at 06:00 | 教会からのお知らせ

2021年01月11日

安息日にこそ救いを【ルカ 14:1〜6】

聖句「あなたたちの中に、自分の息子か牛が井戸に落ちたら、安息日だからといって、すぐに引き上げてやらない者がいるだろうか。」(14:5)

1.《ぽっぽや》 映画『鉄道員(ぽっぽや)』で高倉健扮する主人公、乙松は北海道のローカル線の終着駅の駅長です。生後2ヶ月の娘が病死した時も、入院中の愛妻が臨終を迎えた時も、鉄道員としての職務を全うしたために、その最期を看取ることが出来ませんでした。定年退職を控えた乙松の前に、幼児、中学生、高校生の3姉妹が順に現われます。それは、幼くして亡くなった娘が成長して行く自分の姿を見せようとして、彼の前に現われたのでした。

2.《四角四面》 『鉄道員(ぽっぽや)』(1999年)の下地に成っているのは、イタリア映画の『鉄道員』(1956年)でしょう。いずれの主人公も、鉄道員としての職務に誇りを持ち、家庭の事情よりもダイヤと乗客の足を守り、職務を全うすることを第一に考えているのです。愚直を通り越して偏屈と言っても良いくらいです。昔の職人気質や職業人のプロ意識なのです。イエスさまの御言葉を読みながら、自分の息子が穴に落ちても、気付かない人もいるでしょうし、仕事を優先する人もいるかも知れないと思いました。イエス一行を自宅に招いて宴会を開いたファリサイ派の議員も、同席した「律法の専門家やファリサイ派の人々」も、決して悪い人たちではなく、ただ自分の職務に忠実な人たちだったのではないでしょうか。

3.《救いの手》 律法には「たとえ敵の驢馬でも荷物の下敷きに成っているのを見たら助けよ」「同胞の驢馬や牛が倒れているのを見て見ぬ振りをするな」と教えられています。況してや自分の家畜なら、自分の息子なら尚更でしょう。言うまでもありません。宴会の席上に「水腫を患っている人」がいました。リンパ液の病気で、体に浮腫が出ているのです。同席していたのですから、議員の身内に違いありません。しかし、居並ぶ面々は、イエスさまから改めて「安息日に病気の治療は許されるか?」と訊かれると、職業意識が邪魔をして黙り込んでしまったのです。議員は誰よりも癒しを願っていたはずです。それなのに私情を差し挟むことは許されないと沈黙してしまうのです。融通の利かない「律法バカ」なのです。彼らこそが井戸に落ちて上がれないのです。イエスさまはそんな面々を通り過ぎて、彼を癒されました。大切なのは愛、神が良しとされるのは愛、私たちを天国へと連れて行ってくれるものがあるとしたら、それは愛だけです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 22:52 | 毎週の講壇から

2021年01月05日

1月第2主日礼拝

       1月10日(日) 午前10時30分〜11時30分
説  教 ”安息日にこそ救いを” 音楽     朝日研一朗牧師
聖  書  ルカによる福音書 14章1〜6節(p.136)
讃 美 歌  150、490、206、222、26
交読詩篇  詩編104編24〜30節(p.118)


・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2021年01月04日

亡命者はナザレをめざす【マタイ2:19〜23】

聖句「ところが、夢でお告げがあったので、ガリラヤ地方に引きこもり、ナザレという町に行って住んだ。」(2:22,23)

1.《巣ごもり生活》 昨年はコロナウイルス感染拡大に伴い「外出自粛」が叫ばれました。在宅で仕事をする「テレワーク」や、外出を減らして「おうち時間」が増えた結果、「巣ごもり需要」と言って調理器具や食品、ゲームや書籍、動画配信サービス、健康器具、家具、学習教材などの販売収益が倍増したそうです。このように「コロナ禍」で大儲けした人がいる一方、仕事や職場を失った人たちも多数あることを思うと、とても遣り切れない気持ちに成ります。

2.《引きこもり?》 昨年は「引きこもり」に取材した番組も多くありました。所謂「8050問題」もありますが、失職や高齢の親の介護を契機に引きこもる人も増えています。米国精神医学会の診断マニュアルに「社会的撤退/Social Withdrawal」とあったのを翻訳したのが「引きこもり」の語源です。聖書にも「引きこもり」が出て来ます。単に時代に迎合したのではなく、キリストの「公生涯」を如何に位置付けるかという問題があります。降誕から洗礼者の登場までの約30年間、イエスさまの動向について、知られざる期間があるのです。社会的に孤立しても、人から知られていなくても、生きている人たちがいるのです。

3.《ナザレの人?》 ヘロデの死後にユダヤ地方の統治を継いだ、アルケラオは大変な悪政を行なったそうです。そこで、ヨセフ一家はガリラヤ地方のナザレに移住したと言うのです。ここに「ルカによる福音書」のクリスマス物語との齟齬があります。「ルカ」では、マリアもヨセフも最初からナザレに住んでいた設定ですが、この「マタイ」では、故郷のベツレヘムに戻らず、泣く泣く東北の片田舎に移住するのです。この齟齬を「面白い」と思うか否かで、信仰の在り方(寛容と不寛容)が分かれます。「彼はナザレの人と呼ばれる」という預言は旧約聖書にはありません。むしろ「ナザレから何か良いものが出るだろうか?」と言われているのです。しかし、その方が本当のキリスト、王宮にではなく飼い葉桶に生まれたイエスさまに相応しいと思います。寄る辺ない亡命者の憂愁、片田舎に引き籠る者の孤立感、田舎者の鬱屈を、イエスさまは御存知なのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 20:55 | 毎週の講壇から