2021年01月04日

亡命者はナザレをめざす【マタイ2:19〜23】

聖句「ところが、夢でお告げがあったので、ガリラヤ地方に引きこもり、ナザレという町に行って住んだ。」(2:22,23)

1.《巣ごもり生活》 昨年はコロナウイルス感染拡大に伴い「外出自粛」が叫ばれました。在宅で仕事をする「テレワーク」や、外出を減らして「おうち時間」が増えた結果、「巣ごもり需要」と言って調理器具や食品、ゲームや書籍、動画配信サービス、健康器具、家具、学習教材などの販売収益が倍増したそうです。このように「コロナ禍」で大儲けした人がいる一方、仕事や職場を失った人たちも多数あることを思うと、とても遣り切れない気持ちに成ります。

2.《引きこもり?》 昨年は「引きこもり」に取材した番組も多くありました。所謂「8050問題」もありますが、失職や高齢の親の介護を契機に引きこもる人も増えています。米国精神医学会の診断マニュアルに「社会的撤退/Social Withdrawal」とあったのを翻訳したのが「引きこもり」の語源です。聖書にも「引きこもり」が出て来ます。単に時代に迎合したのではなく、キリストの「公生涯」を如何に位置付けるかという問題があります。降誕から洗礼者の登場までの約30年間、イエスさまの動向について、知られざる期間があるのです。社会的に孤立しても、人から知られていなくても、生きている人たちがいるのです。

3.《ナザレの人?》 ヘロデの死後にユダヤ地方の統治を継いだ、アルケラオは大変な悪政を行なったそうです。そこで、ヨセフ一家はガリラヤ地方のナザレに移住したと言うのです。ここに「ルカによる福音書」のクリスマス物語との齟齬があります。「ルカ」では、マリアもヨセフも最初からナザレに住んでいた設定ですが、この「マタイ」では、故郷のベツレヘムに戻らず、泣く泣く東北の片田舎に移住するのです。この齟齬を「面白い」と思うか否かで、信仰の在り方(寛容と不寛容)が分かれます。「彼はナザレの人と呼ばれる」という預言は旧約聖書にはありません。むしろ「ナザレから何か良いものが出るだろうか?」と言われているのです。しかし、その方が本当のキリスト、王宮にではなく飼い葉桶に生まれたイエスさまに相応しいと思います。寄る辺ない亡命者の憂愁、片田舎に引き籠る者の孤立感、田舎者の鬱屈を、イエスさまは御存知なのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 20:55 | 毎週の講壇から