2021年01月11日

安息日にこそ救いを【ルカ 14:1〜6】

聖句「あなたたちの中に、自分の息子か牛が井戸に落ちたら、安息日だからといって、すぐに引き上げてやらない者がいるだろうか。」(14:5)

1.《ぽっぽや》 映画『鉄道員(ぽっぽや)』で高倉健扮する主人公、乙松は北海道のローカル線の終着駅の駅長です。生後2ヶ月の娘が病死した時も、入院中の愛妻が臨終を迎えた時も、鉄道員としての職務を全うしたために、その最期を看取ることが出来ませんでした。定年退職を控えた乙松の前に、幼児、中学生、高校生の3姉妹が順に現われます。それは、幼くして亡くなった娘が成長して行く自分の姿を見せようとして、彼の前に現われたのでした。

2.《四角四面》 『鉄道員(ぽっぽや)』(1999年)の下地に成っているのは、イタリア映画の『鉄道員』(1956年)でしょう。いずれの主人公も、鉄道員としての職務に誇りを持ち、家庭の事情よりもダイヤと乗客の足を守り、職務を全うすることを第一に考えているのです。愚直を通り越して偏屈と言っても良いくらいです。昔の職人気質や職業人のプロ意識なのです。イエスさまの御言葉を読みながら、自分の息子が穴に落ちても、気付かない人もいるでしょうし、仕事を優先する人もいるかも知れないと思いました。イエス一行を自宅に招いて宴会を開いたファリサイ派の議員も、同席した「律法の専門家やファリサイ派の人々」も、決して悪い人たちではなく、ただ自分の職務に忠実な人たちだったのではないでしょうか。

3.《救いの手》 律法には「たとえ敵の驢馬でも荷物の下敷きに成っているのを見たら助けよ」「同胞の驢馬や牛が倒れているのを見て見ぬ振りをするな」と教えられています。況してや自分の家畜なら、自分の息子なら尚更でしょう。言うまでもありません。宴会の席上に「水腫を患っている人」がいました。リンパ液の病気で、体に浮腫が出ているのです。同席していたのですから、議員の身内に違いありません。しかし、居並ぶ面々は、イエスさまから改めて「安息日に病気の治療は許されるか?」と訊かれると、職業意識が邪魔をして黙り込んでしまったのです。議員は誰よりも癒しを願っていたはずです。それなのに私情を差し挟むことは許されないと沈黙してしまうのです。融通の利かない「律法バカ」なのです。彼らこそが井戸に落ちて上がれないのです。イエスさまはそんな面々を通り過ぎて、彼を癒されました。大切なのは愛、神が良しとされるのは愛、私たちを天国へと連れて行ってくれるものがあるとしたら、それは愛だけです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 22:52 | 毎週の講壇から