2021年04月26日

さあ、わたしの後ろに【マタイ4:18〜22】

聖句「イエスは、『わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしよう』と言われた。二人はすぐに網を捨てて従った。」(4:19,20)

1.《信仰への入門》 プロテスタント教会には「教理問答/カテキズム」の伝統があります。洗礼志願者、堅信礼志願者に「信仰告白」に準じて教育し、自らの信仰について弁証できるようにしたのです。それに倣って、カトリック教会も「公教要理」を作りました。しかし、私は教理の「詰め込み」に意味を感じません。それで「キリスト教入門講座」の中では、受講者と一緒に、信仰者は如何に生きるのか、暮らしの中に信仰生活を如何に位置付けるかを考えるようにしています。

2.《イエスの弟子》 その「入門講座」の受講者から「これで私も先生の弟子になりますね」と言われて驚いたことがあります。私にも洗礼を授けてくれた牧師はいますが、「彼の弟子」と意識したことは無かったからです。漢字の「弟子」(「弟」の文字は矛の柄に巻く鞣革)は「次の人」の意味、ラテン語の「ディスキプルス」は「学ぶ、経験する」から、ギリシア語の「マテーテース」は「習得する、聞いて理解する」から、ヘブライ語の「リンムーディーム」は「馴れる」から来ています。因みに、ヘブライ語の「師/モーレハ」は「投げる、指し示す」から来ています。これこそ、イエスさまです。主は私たちに「模範解答」など求めて居られません。いつも何かを「投げ掛け」、新しい気付きを与えて下さるのです。

3.《最前線の矢面》 小見出しは「4人の漁師を弟子にする」ですが、本文に「弟子」という語はありません。「従う、付いて行く」が「弟子になる」という意味ではあります。「教理問答」を習得したから弟子と認められた訳ではありません。イエスさまの召し(人選)は、むしろ、神の国の門が全ての人に開かれていることを示すものです。なぜペトロたちがイエスさまの召しに従ったのか不思議です。しかし、聖書は人を操るための魔法の本ではありません。「あなたならどうする?」と問い掛ける本なのです。主は「私に付いて来なさい」(直訳は「さあ、私の後ろに」)と仰っただけです。戦争では、属国(占領地)の兵士を最前線に立たせるのが常です。服従させ「弾除けの楯」「鉄砲玉」にするのです。しかし、信仰の闘いでは、矢面に立つのはイエスさま、後ろに続く私たちを守って下さるのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 20:56 | 毎週の講壇から

2021年04月25日

〜10分間礼拝「夜の日時計」〜 音声配信礼拝の予告 その4

今後の10分間礼拝予定です。

]U.5月2日(日)午前10時30分から配信
メッセージ:  クォ・ヴァディス?
聖書: ヨハネによる福音書13章36〜38節(p.196)
讃美歌: 443番「冠も天の座も」


]V.5月9日(日)午前10時30分から配信
メッセージ:  異邦人のように
聖書: マタイによる福音書 6章5〜8節(p.9)
讃美歌:  496番「しずけき夕べの」


]W.5月16日(日)午前10時30分から配信
メッセージ:  ♪昇天だ〜よ
聖書: ルカによる福音書 24章50〜53節(p.162)
讃美歌: 338番「勝利の喜び」



※ 当教会の音声配信礼拝には、「新共同訳聖書」「讃美歌21」を使用しています。
聖書箇所は、主日聖書日課「日毎の糧2021」(日本キリスト教団出版局)を参照
しています。
posted by 行人坂教会 at 20:24 | 夜の日時計

教会の庭の苺が一個だけ赤くなりました。 子どもたちが分けて食べました。 礼拝が再開される頃にはもっと実っていることでしょう。

20210425教会の庭の苺

トマトも植えました。 楽しみが増えました。

posted by 行人坂教会 at 20:05 | こどもの教会「あんず」

天国への階段

1.ツェッペリン

もう長い年月、久しく忘れていた、一つの光景と音色が蘇って来ました。

障碍のある次男が京都の大学に進学し、その支援のために妻も京都に行ったことが契機となり、母教会のメンバーと約30年ぶりに連絡を取り合うようになったのです。

学生時代に通っていた母教会では、礼拝が終わると、毎週「ポトラック/Potluk」(持ち寄りの食事会)が行なわれていました。貧乏学生の私たちは、専ら食べる係でした。いや、それは幾ら何でも言い過ぎ。食事の後片付け(テーブルや椅子の収納と皿洗い)を担当していました。しかしながら、牧師から「お前、日頃ろくなもん食ってないんだから、もっと食べろ」等と勧められるまま、それを真に受けていたのは事実です。片付けが終了すると、庭に出てタバコを吸ったり、皆で次の会報の相談をしたり、お喋りをしながら、のんびりと日曜日の午後を過ごしていたものです。

そんな傍らで、Y君はアコースティックギターを爪弾いていました。礼拝の奏楽のために彼が持ち込んだギターでしたが、今思えば、下宿で練習するよりも、心置きなく弾けたからかも知れません。練習していたのは、どれもブリティッシュ・ロックの曲でした。その定番の練習曲の1つが、1970年代英国のロックバンド、レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)の「天国への階段/Stairway to Heaven」(1971年)でした。勿論、彼が弾くのは、ギターソロのイントロ部分だけだったのですが、私も大スキな曲だったので、彼がそれを弾き始めた時だけは、思わず、うっとりと耳を傾けていたものです。

因みに、当時、文学部国文学科に在籍していて「作家になりたい」と言っていた、そのY君も牧師になり、今は岩手県の教会にいます。

2.メイクイーン

急に思い出したのは、主の「昇天日/Ascension Day」のことを考えていたからでもあります。イースター(復活日)から40日目の木曜日が「昇天日」です。「使徒信条」に「天に昇り、全能の父なる神の右に座したまへり」とあるように、このキリスト昇天こそが復活の御業の完成とされています。実は「偲ぶ会」(昨年、コロナ禍のために延期された)を5月に開催することにしたのも、この「昇天日」に因んでのことです。

そこで、ツェッペリンの「天国への階段」を聴き直してみると、歌詞の中に「生垣の中からざわめきが聞こえても驚かなくていい/それはメイクイーンを迎えるための掃除なのだから」という一節があったりして、益々、啓示のように感じてしまったのでした。「メイクイーン/May queen」は文字通り「五月の女王」です。「五月祭」の際に、白いドレスを着て、花の冠を被って踊る少女のことです。勿論、ジャガイモの「メークイーン」という品種も英国発祥で、「五月の女王」から採られたものです。

大学時代の先輩(これまた国文科)Mは、福岡女学院で国語の教師をしています。彼から女学院では、毎年5月18日の創立記念日には「メイポール・ダンス」が行なわれると聞いてビックリしたことがあります。「メイポール/五月柱」と呼ばれる、飾り付けをした柱の周りで、夏服(当然、白い)に衣替えした女学院の生徒たち(中学2年生)が、柱に結ばれた紅白のリボンを持って、大群舞を繰り広げるのです。ポールの高さは3.5メートル、リボンは12本です。学年全員が参加するのですから、校庭にポールは何本も立てられるのでしょう。1916年から行なわれているそうです。「それで、ジャガイモの女王を選ぶんよね」と言われて、思わず「それって、メークイーンじゃん!」と応えたのを思い出します。

福岡女学院はセーラー服の発祥校としても知られていますが、創立者は、米国メソジスト監督教会の宣教師、ジェニー・ギール(Jenny Gheer)です。厳格なメソジスト系の学校で、キリスト教以前に遡る習俗が行なわれているのは奇異に思われます。しかし、そこにも歴史の変転があるのです。英国本土では、イースターやペンテコステ(聖霊降臨日)にも「メイポール・ダンス」が行なわれていたのですが、ピューリタン(清教徒)の批判を浴びて一旦は廃れました。それが、19世紀末に民謡収集家のセシル・シャープ(Cecil Sharp)のフィールドワークにより発掘、再評価され、学校教育に導入されるに至ったそうです(讃美歌104番「愛する二人に」(The Water Is Wide)が歌えるのも、この人の御蔭です)。

3.グリッターズ

さて、ツェッペリンの「天国への階段」は、こんな歌詞で始まります。「輝くもの全て黄金なりと信じる婦人がいる。/彼女は天国へと続く階段を買おうとしている。/そこに辿り着きさえすれば/たとえ商店が全て閉まっていても/それが一言で手に入れられると思っている。/ああ、彼女は天国への階段を買うつもりなのだ」。

作詞・作曲は、ジミー・ペイジ(Jimmy Page)とロバート・プラント(Robert Plant)の共作ということに成っています。ペイジの静かなアコースティック・ギター・ソロ、プラントの呟きか呻きのような歌声で始まり、最後にはハードなシャウトに達して、また静かに終息して行きます。演奏時間8分にも及ぶ大曲です。

実は、冒頭の「輝くもの全て黄金なり」と思い込んでいる女性の妄執は「輝くもの全てが黄金に非ず/All that glitters is not gold」(「輝くものが全て黄金であるとは限らない」)という言葉のモジリなのです。シェイクスピアの『ヴェニスの商人』の中で、ポーシャに求婚したモロッコの大公が、彼女に渡した黄金の宝石箱の中に入っていた紙切れの警句、それが「輝くもの全てが金に非ず」だったのです。

今の世の中は「光輝くもの/グリッターズ」に満ち溢れています。しかし、私たちにとって、本当に「輝いているもの」とは何でしょうか。

牧師 朝日研一朗

【2021年5月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 06:00 | ┣会報巻頭言など

2021年04月23日

4月第4主日礼拝(労働聖日/働く人の日)

       4月25日(日) 午前10時30分〜11時30分
説  教 ”さあ、わたしの後ろに” 音楽    朝日研一朗牧師
聖  書  マタイによる福音書 4章18〜22節(p.5)
讃 美 歌  27、320、490、370、516、88
交読詩篇  詩編66編1〜9節(p.73)

・讃美歌練習(5月の月歌:557番)  礼拝後    礼拝堂
・定期教会総会     午後0時30分〜3時     礼拝堂

  ・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 20:00 | 毎週の礼拝案内

2021年04月19日

何のために生きるのか【ローマ 14:1〜12】

聖句「それなのに、なぜあなたは、自分の兄弟を裁くのですか。また、なぜ兄弟を侮るのですか。わたしたちは皆、神の裁きの座の前に立つのです。」(14:10)

1.《驚く為五郎》 その昔、ハナ肇の「アッと驚く為五郎」というギャグがありました。そもそも、ハナが麻雀をしている時、自分の打牌によって他家にロンしてアガられた瞬間に唸っていた口癖だったそうです。元ネタは浪曲「清水次郎長伝」の「為五郎の悪事」の一節、本座村為五郎の驚愕を、名人と言われた二代目広沢虎造が独特の節回しを効かせて唸った(歌った)ものだったのです。

2.《恩を着せる》 ここには「わたしたちは、生きるとすれば主のために生き、死ぬとすれば主のために生きるのです」という有名な聖句があり、その前後も含めると僅か2節に7回も「ために」が出て来ます。こんなに連発されたら、さぞかし主も鬱陶しかろうと思いました。愛国心に付け込んで「お国のため」と言っては、兵隊を死地に追いやった歴史があります。親が子どもに「あなたのためなのよ!」と捲くし立てる場合も、大抵、本人のためには成りません。殆ど全ての日本語訳で「主のため」になっていますが、実際には、単に「主に」(定冠詞+与格の名詞)に過ぎないのです。英訳なら「to the Lord」です。人間が神さまに恩を着せよう等とは言語道断、以ての外ではありませんか。

3.《主に生きる》 イエスさまは高い所から下々を見下ろして居られたのではなく、実際に地上に生きて、人間として苦難を受け、十字架に死なれました。そのような御方だからこそ、生きている者にとっても死んだ者にとっても、主であられるのです。その主が「私は誰をも裁かない」と仰っているのに、どうして信徒を自称する者が他人を裁くのでしょうか。主は「ファリサイ派と徴税人」の喩え話をして、他人を見下してはいけないと教えられたのに、どうして同胞を蔑んだり侮ったりするのでしょうか。「裁く」ことは「侮る」ことと同じです。残念ながら、社会は勿論のこと、教会の中にさえ、他者を自分より低い者と見下す人がいます。しかし、私たちがキリストを主と仰ぐなら、同胞と同じ目線で生きて行く道を選ぶべきです。その時にこそ、自分が生きる価値と目的とが知らされるのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 19:53 | 毎週の講壇から

2021年04月17日

旭日亭菜単(続き)その64

  • 「シオンズ・フィクション/イスラエルSF傑作選」(中村融他訳、竹書房文庫)
    こんな奇特な企画が通ったのも、中国SFのアンソロジー『折りたたみ北京』(その内に読みます)が売れたせいでしょう。『第四惑星の反乱』や『生きていた火星人』のシルヴァーバーグが「まえがき」を書いていますが、ヘブライ聖書(旧約)がSFイメージの宝庫であり「語り(騙り)/ナラティヴ」の最高峰であることを改めて証してくれています。この本、女性作家の作品が数多く採り上げられていることにも共感が持てます。エレナ・ゴメルの「エルサレムの死神」が私の推しです。リーブレヒトの「夜の似合う場所」も「アポカリプス物」に新しい地平を拓いています。ガイ・ハソンの「完璧な娘」には、シャーリー・ジャクソンとマーベルの「X-メン」をブレンドした匂いがあります。ヤエル・フルマンの「男の夢」は、主人公が自分の意志とは無関係に、夢に見た女性を自分の隣に有無を言わさず転送させてしまう特殊能力(病気)を持っていて、遣る瀬無い悲劇としか言いようがありません。
  • 「ゴールデンカムイ」第25巻(野田サトル作、集英社)
    北海道時代、新千歳空港に友人を迎えに行くと、道道16号線を通って支笏湖に出たものです。「支笏湖公園線」とか「支笏湖スカイロード」と言われます。冬季には『アナ雪』の世界「霧氷ロード」と化すことがあります。第241話「消えたカムイ」〜第242話「交互に」に北海道式の凄まじい森林伐採が出て来ますが、ある日、16号線を走っていて、片側の森林が丸裸に成っているのを見て驚愕したことを思い出しました。切り裂きジャックと顔面刺青男(元ネタはイーライ・ロス監督の『ホーンテッド』か)、二人の犯罪者の刺青人皮を求めて「札幌に終結する全勢力」って、「網走監獄クライマックス」の再現でしょうか。
  • 「世界最終戦争の夢」(H・G・ウェルズ著、阿部知二訳、創元SF文庫)
    往年のパニック映画『巨大蟻の帝国』(バート・I・ゴードン監督)では、核廃棄物の影響でアフリカゾウくらいに巨大化した蟻の軍団が人間を襲います。まあ、ゴミ映画の1本ですが、その原作とされているのが、巻頭の「アリの帝国」です。勿論、上記の映画とは似ても似つかぬ深い内容です。むしろ、小説で言えばコンラッドの「闇の奥」、映画ならソール・バス監督の『フェイズW/戦慄!昆虫パニック』に近い。外来種による生態系の崩壊、ウイルス感染のパンデミックを予感させる作風です。同趣向の巻末「クモの谷」も絶品です。「盲人村」はアンデス山脈の奥地に、風土病と遺伝により全住民が盲人の村があるという、昨今の『犬鳴村』『樹海村』等の「実録!恐怖の村シリーズ」元祖とも言うべき作品でした。
  • 「龍の起源」(荒川紘著、角川ソフィア文庫)
    著者は東洋の龍と西洋のドラゴンの起源を遡り、そこに古代から現代まで人間の魂に宿る宇宙観(コスモロジー)を再構築して行きます。日本の民俗学者が陥りがちな狭隘さ、海外の神話に対する知識不足などは全くありません。「創世記」や「ヨハネの黙示録」等も文献として取り上げていますが、神話学や古典文献学のみならず、聖書学にも目配せが行き届いています。それ故、メソポタミア神話やインド神話、仏教説話や日本の記紀神話などの解説も、心安らかに受け容れる事が出来ました。世界各地の土器や壺に残る「渦巻文」は、以前から気に成っていたのですが、漸く腑に落ちた心地です。素人にも読み易い文章で、胸を躍らせながら読み進むことが出来ます。そして結論部分では、農業や科学技術の抱える根源的な問題にまで踏み込み、文明批判が展開されます。
  • 「19世紀イタリア怪奇幻想短篇集」(橋本勝雄編訳、光文社古典新訳文庫)
    恐らく、幻想小説の見直しと再評価は世界的な潮流なのでしょう。タルケッティの「木苺の中の魂」は、怪奇短篇としての美点を全て兼ね備えた作品です。カミッロ・ボイトの「クリスマスの夜」は、若くして病死した美しい姉の面影に取り憑かれた青年の物語です。読んでいる間、シチリア島のカプチン修道会納骨堂に安置されているロザリア(世界一美しい少女のミイラ)を思い出していました。因みに、前者はエットーレ・スコーラ監督の映画『パッション・ダモーレ』の原作者、後者はルキノ・ヴィスコンティ監督の映画『夏の嵐』の原作者です。そう言えば、アッリーゴ・ボイトの「黒のビショップ」の場合も、ジッロ・ポンテコルヴォ監督の『ケマダの戦い』を連想しました。カトリックの司祭が体験した怪異譚、レミージョ・ゼーナの「死者の告解」、神聖冒瀆語満載の艶笑譚、インブリアーニの「三匹のカタツムリ」は対極に位置しながら、いずれもイタリアのお国柄を感じさせるものでした。
posted by 行人坂教会 at 21:41 | 牧師の書斎から

2021年04月13日

4月第3主日礼拝

       4月18日(日) 午前10時30分〜11時30分
説  教 ”何のために生きるのか音楽     朝日研一朗牧師
聖  書  ローマの信徒への手紙 14章1〜12節(p.293)
讃 美 歌  27、320、490、196、518、88
交読詩篇  詩編66編1〜9節(p.73)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2021年04月12日

イエスの顔も三度【ヨハネ 21:1〜14】

聖句「イエスが死者の中から復活した後、弟子たちに現われたのは、これでもう三度目である。」(21:14)

1.《魂の暗証番号》 最近は、年配者が若い人に説教する姿が見られなくなりました。昔の人は叱るにしても、諺や格言を織り交ぜていました。その人の人生観や職業倫理を裏打ちするものだったのでしょう。愛誦聖句も同じです。朝な夕なに唱えて自分を律する聖句は、私たちの魂の一部になります。クレジットカードの暗証番号みたいなものです。愛誦聖句を忘れるようでは、天国の扉は開きません。

2.《見ずに信じる》 「仏の顔も三度」の由来は、コーサラ国の毘瑠璃王(ヴィドゥーダバ)の軍勢が母の祖国、釈迦族を攻めた時、釈尊が教え諭して戦を押し留めるのですが、遂に4度目に釈迦族を滅ぼしてしまう故事です。「仏の顔」は釈迦の威光ですが、3度までしか効かなかったようです。聖書の「神の御顔」も神の栄光と臨在を意味します。私たち人間が見ることは出来ません。ただ仰ぐのです。イエスさまの復活の御姿も「見る」ものではありません。「ヨハネによる福音書」20章では、マグダラのマリアから始まり「見る」という動詞が繰り返されますが、「見ないうちは信じない」トマスに対して、主は「見ないで信じる者になりなさい」と言われて、復活は見るものではなく信じるものだと解き明かされるのです。

3.《毎日の朝御飯》 21章は後日譚です。最近の映画やアニメはエンディングのクレジットの後に付け足しのドラマが続いたりします。これを映画業界では「ポスト・クレジット・シーン」と言います。派遣命令が出された後に、どうして弟子たちが漁師なんかやっているのでしょうか。それは、私たちの日常生活の中に復活の主が居られるというメッセージです。夜通し働いた弟子たちのために朝御飯を用意して待っているイエスさまは、私たちの家族、学生食堂のおばちゃんのようです。聖礼典だの秘蹟だのと勿体ぶったものではありません。もはや「見たの見ないの」と喧嘩する弟子は一人もいません。イエスさまがそこに居られるのが当たり前なので、誰も「あなたは誰か?」と問うたりしないのです。だって「これでももう3度目」なのですから。私たちの暮らしの中に主は居られるのです。 

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 21:54 | 毎週の講壇から

2021年04月06日

4月第2主日礼拝

      4月11日(日) 午前10時30分〜11時30分
説  教 ”イエスの顔も三度音楽       朝日研一朗牧師
聖  書  ヨハネによる福音書 21章1〜14節(p.211)
讃 美 歌  27、320、490、553、326、88
交読詩篇  詩編66編1〜9節(p.73)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内