2021年05月30日

ユリの花

教会の庭に大きなユリの花が咲いています。


20210530gyoninzaka_flower1.jpg
20210530gyoninzaka_flower2.jpg
posted by 行人坂教会 at 14:44 | こどもの教会「あんず」

10分間礼拝]Y「夜の日時計/horologium nocturnum」

2021年5月30日(日)

メッセージ: 聖霊シール
聖   書:エフェソの信徒への手紙 1章11〜14節(p.352)
讃 美 歌:347番「たたえよ、聖霊を」


試聴は次の箇所をクリックしていただくと、PCにインストールされている音楽プレーヤー(WindowsならMedia playerなど)で再生できます。
ここをクリックして下さい音楽
posted by 行人坂教会 at 10:00 | 夜の日時計

2021年05月29日

ひとりぼっちじゃない

1.ぼっち礼拝

当教会では「緊急事態宣言」発出に伴う休止中には、音声配信を行なっています。けれども、これは所謂「ライヴ」ではなく、事前に「録音」されたものです。それとは別に、日曜日の午前10時半に、牧師は礼拝堂において、会員とその家族、教友、CSの子どもたちとその家族のために祈りを奉げています。お一人お一人の名前を唱えてお祈ります。勿論、コロナ禍の収束のためにも祈れないではいられません。

カトリック教会では、聖職者(司教、司祭、助祭)のみで「非公開ミサ」を執り行なっているそうです。プロテスタント教会でも大規模教会では、数名の教職(牧師、副牧師、伝道師)が通常のプログラムに則って、礼拝を執り行なっているそうです。それを「YouTube」で配信なさっているのです。

さて、私の場合ですが、独りで祈っているので、冗談半分に「ぼっち礼拝」等と名付けていました。それを妻(現在、京都にいます)に言うと、このように叱咤されたのでした。「そんな悲しいことを牧師が言っちゃいけないよ。神さまがいらっしゃるでしょう!」。

自分の愚かさに呆然としました。そんな当たり前のことすらも、私は忘れてしまっていたのです。否、むしろ、私たちが「独りぼっち」と感じる時にこそ、孤独や孤立、疎外に悩んでいる時にこそ、主なる神は側近くにいて下さるのです。

2.共にある主

その秘義を私たちに最も明らかに示してくれたのが「インマヌエル/神は我々と共におられる」という御言葉であったはずです。この「インマヌエル」という語は、有名なクリスマスの記事の中に出て来ます。許婚のマリアの懐妊を知り、離縁しようと悩むヨセフに、主の天使が語り掛けたのでした。

「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。/その名はインマヌエルと呼ばれる。」(「マタイによる福音書」1章23節)。この「インマヌエル預言」は「イザヤ書」7章14節からの引用です。ヘブライ語の「インマーヌー・エール」の「エール」が「神」です。「イム」が「共に」、「アーヌー」が「私たち」です。直訳は「神は我らと共に」です。従って「おられる」とか「いる」とかの動詞は、飽く迄も説明的な付加に過ぎません。

例えば、ドイツの宗教改革者、マルティン・ルターは、ヴォルムスの国会に召喚されて審問を受けた時、「我ここに立つ。他に為し能はず。神よ、我を助け給へ。/Hier stehe Ich. Ich kann nicht anders. Gott hilffe mir.」と言ったそうですが、この「我ここに立つ」も「神は我らと共に」を前提としていると考えられます。

ルターの名文句「我ここに立つ」は、ディズニーの大ヒット映画『アナと雪の女王』の、これまた大ヒットナンバー「ありのままの/Let It Go」の中の、最も重要な歌詞に受け継がれています。「Here I stand and here I stay/ここに私は立つ、ここに私は留まる」です。怪物呼ばわりされ、祖国を追われたエルサが最果ての山に辿り着き、そこに自らの氷の城を築き、自分独りで生きて行く決心を謳い上げる、最も感動的な場面です。「ここに立つ!」と、自らの足でドンッと地を踏むエルサの姿は、恐らく、これを幼少時に観た少女たちの心に深く刻まれたはずです。そして、もう後10年もすれば、その子たちが声を上げ始めるに違いありません。これもまた、ルターの遠い反響なのです。

3.孤独の中で

ベン・E・キングの大ヒット曲「スタンド・バイ・ミー/Stand by Me」(1961年)もまた、同じ心情を歌ったナンバーです。実は「スタンド・バイ・ミー」は、黒人霊歌「主よ、我が傍らに立ち給え/Lord, Stand by Me」(1905年)にインスパイアされたものだと言われています。要するに「神への呼び掛け」を「友への呼び掛け」に置き変えたのですが、あの歌を聴いて、私たちの魂が震えるのは、その底流に「神への呼び掛け」が隠されているからなのです。「孤独な魂」の叫びなのです。

コロナ禍の現在、孤独に苦しみ悩む人が増えていると聞きます。インターネットに飛び付く気持ちも分からないではありませんが、ネットの世界は「危険がいっぱい」です。むしろ、こんな時だからこそ、自らの孤独を深めて欲しいと、私は思うのです。実は、信仰にとって「孤独」は重要な要素です。魂が孤独でなければ、本当に神に近付くこと等は出来ないのです。神さまを呼び求めることもないのです。

14世紀ドイツの神秘主義者、マイスター・エックハルトは「離在/アプゲシャイデンハイト/Abgescheidenheit」という語で表現しました。独和辞典では「隠遁、隠居」等と訳されていますが、神秘主義の研究者の間では「離在、離脱」と訳されています。「思い煩いなく純粋であろうと欲する者は、唯一のもの、即ち、離在を得なければならない」。これはエックハルトが「ルカによる福音書」10章41〜42節「マルタよ、マルタよ、あなたは多くのことに心を配って思いわずらっている。しかし、なくてならぬものは多くはない。いや、一つだけである」(協会訳)という御言葉に付け加えた註釈です。

この世から離れ、社会から退き、愛する家族や友と別れ、独りぼっちになった時、その時にこそ「なくてならぬものは多くは無い。たった一つである」と仰る御方に近付くことが出来るのでは無いでしょうか。孤独の中でこそ「共に居られる」神と出会うのです。

16世紀のスペインの神秘家、サン・ファン・デラ・クルス(十字架の聖ヨハネ)も言います。「孤独な鳥の条件は五つある。/第一に、孤独な鳥は高く高く飛ぶ。/第二に、孤独な鳥は仲間や同類に煩わされない。/第三に、孤独な鳥は嘴を天に向ける。/第四に、孤独な鳥は決まった色を持たない。/第五に、孤独な鳥は優しく歌う」。

牧師 朝日研一朗

【2021年6月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 06:00 | ┣会報巻頭言など

2021年05月26日

〜10分間礼拝「夜の日時計」〜 音声配信礼拝の予告 その6

今後の10分間礼拝予定です。

]Z.6月6日(日)午前10時30分から配信
メッセージ:  荒野の呼び声 =@
聖書: マタイによる福音書3章1〜6節(p.3)
讃美歌: 173番「荒れ野よ、喜べ」


][.6月13日(日)午前10時30分から配信
メッセージ:  地上の星
聖書: マタイによる福音書5章13〜16節(p.6)
讃美歌: 509番「光の子になるため」


]\.6月20日(日)午前10時30分から配信
メッセージ:  怒りのデスロード
聖書: マタイによる福音書5章21〜26節(p.7)
讃美歌: 364番「いのちと愛に満つ」



※ 当教会の音声配信礼拝には、「新共同訳聖書」「讃美歌21」を使用しています。
聖書箇所は、主日聖書日課「日毎の糧2021」(日本キリスト教団出版局)を参照
しています。
posted by 行人坂教会 at 23:21 | 夜の日時計

2021年05月23日

10分間礼拝]X「夜の日時計/horologium nocturnum」

2021年5月23日(日)

メッセージ: 俺たちの舌
聖   書:使徒言行録 2章1〜13節(p.214)
讃 美 歌:406番「聖霊ゆたかに」


試聴は次の箇所をクリックしていただくと、PCにインストールされている音楽プレーヤー(WindowsならMedia playerなど)で再生できます。
ここをクリックして下さい音楽

この記事の公開が予定時刻を過ぎてしまい、ご迷惑・ご心配をおかけしました。大変申し訳ございませんでした。

posted by 行人坂教会 at 10:58 | 夜の日時計

2021年05月16日

10分間礼拝]W「夜の日時計/horologium nocturnum」

2021年5月16日(日)

メッセージ:♪昇天だ〜よ
聖   書:ルカによる福音書 24章50〜53節(p.162)
讃 美 歌:338番「勝利の喜び」


試聴は次の箇所をクリックしていただくと、PCにインストールされている音楽プレーヤー(WindowsならMedia playerなど)で再生できます。
ここをクリックして下さい音楽
posted by 行人坂教会 at 10:00 | 夜の日時計

2021年05月11日

〜10分間礼拝「夜の日時計」〜 音声配信礼拝の予告 その5

今後の10分間礼拝予定です。

]X.5月23日(日)午前10時30分から配信
メッセージ:  俺たちの舌 =@
聖書: 使徒言行録 2章1〜13節(p.214)
讃美歌: 406番「聖霊ゆたかに」


]Y.5月30日(日)午前10時30分から配信
メッセージ:  聖霊シール
聖書: エフェソの信徒への手紙 1章11〜14節(p.352)
讃美歌: 347番「たたえよ、聖霊を」



※ 当教会の音声配信礼拝には、「新共同訳聖書」「讃美歌21」を使用しています。
聖書箇所は、主日聖書日課「日毎の糧2021」(日本キリスト教団出版局)を参照
しています。
posted by 行人坂教会 at 20:49 | 夜の日時計

2021年05月09日

10分間礼拝]V「夜の日時計/horologium nocturnum」

2021年5月9日(日)

メッセージ:異邦人のように
聖   書:マタイによる福音書 6章5〜8節(p.9)
讃 美 歌:496番「しずけき夕べの」


試聴は次の箇所をクリックしていただくと、PCにインストールされている音楽プレーヤー(WindowsならMedia playerなど)で再生できます。
ここをクリックして下さい音楽
posted by 行人坂教会 at 10:00 | 夜の日時計

2021年05月02日

10分間礼拝]U「夜の日時計/horologium nocturnum」

2021年5月2日(日)

メッセージ:クォ・ヴァディス?
聖   書:ヨハネによる福音書13章36〜38節(p.196)
讃 美 歌:443番「冠も天の座も」


試聴は次の箇所をクリックしていただくと、PCにインストールされている音楽プレーヤー(WindowsならMedia playerなど)で再生できます。
ここをクリックして下さい音楽
posted by 行人坂教会 at 10:00 | 夜の日時計