2021年10月31日

今日は宗教改革記念日です。

こどもの礼拝の後、お庭の柿の実を収穫しました。 柿の木の背が低いので手が届きます。小さいけれど甘い柿です。

20211031gyonizaka_persimmon.jpg

それから、ハロウィンのカボチャやマスクの工作をしました。

20211031gyonizaka_halloween.jpg

仮装している人がいます。誰だか分りますか?

posted by 行人坂教会 at 15:09 | こどもの教会「あんず」

変わる世界の只中で

1.感覚が麻痺する

2020年に引き続き、2021年も「新型コロナウイルス感染症」に対する不安と恐怖から、私たちは外出を控えて暮らさなくてはなりませんでした。特に、夏から秋に掛けての「第五波」は深刻でした。何をどう考えてみても「オリパラ」を強行開催した結果としか思われません。あの時期に入院も出来ぬまま、死んで行った人たちや遺族はどう感じているでしょうか。それに加えて「あの時期を境にして、もうすっかり外出する習慣が途絶えてしまった」という高齢者の呟きを、最近、私は耳にしています。

「オリンピック憲章」の「オリンピズムの根本原理」には、「オリンピズムの目的は、人類の尊厳の保持に重きを置く平和な社会の推進を目指すために、人類の調和のとれた発展にスポーツを役立てることである」と、立派なお題目が掲げられています。けれども、強行開催によって、日本国民の「尊厳は軽んじられた」と思いました。私たちは逼塞した状況に放置されたまま、マスコミが盛んに「メダルラッシュ」を報じていたのも、到底「調和のとれた発展」とは思われませんでした。

テレビで「オリパラ」の開会式や閉会式を見ていると、新国立競技場に打ち上げ花火が輝く、綺麗な映像を流していましたが、自分が同じ国にいるという感覚を持てませんでした。自動車を走らせれば、僅か18分で行ける距離(11.9キロ)に住んでいると言うのに、どこか遠い他所の国(異世界)で行なわれているようでした。

高齢者の「ひきこもり」程では無いにせよ、最近に成って、自分もまた、何かを失っているのでは無いかと気付いたのです。コロナ感染者は味覚や嗅覚を奪われる事があると言います。同じように、私たちもまた、感覚の一部が麻痺してしまっているのでは無いでしょうか。

2.認識が変容する

10月半ばまで暑い日が続き、衣替えが出来ませんでした。ところが、気温がジェットコースターのように一気に下降してから、慌てて冬物を取り出したのは、私だけでは無いはずです。その時に「自分の中の季節感が変調を来たしている!」と感じたのです。「そう言えば、今年は夏があったのだったかしら」。あんなに暑かった夏の記憶すらも、怪しく成っているのです。驚いた事に、新年や春の記憶もあやふやではありませんか。果たして、自分は2021年を本当に生きていたのか、余りにも実感が乏しいのです。

例えば、冬でも無いのに1年中、マスクをして暮らしています。私たちはマスクをした顔でしか、(家族以外の)他者を見なくなっているのです。今は、飲食店の時短営業が解除されて、アクリル板越しかも知れませんが、同僚や友人と飲食をする事が出来るように成って来ました。でも、それ以外の時間は、マスク着用がエチケットです。公衆の面前に出る時、口と鼻は覆い隠すべきものに成ってしまったのです。つまり、今や私たちは顔の半分以上が覆い隠された状態で、お互いを認識するように成っているのです。これは単に「顔認識」の問題ではなく「他者認識」の在り方を大きく変えてしまうでしょう。

1日の内に何十回も消毒液で両手を拭います。「強迫性障害」の症状の1つに「汚染不安」があります。例えば、自分の手が汚れているのではないかという強迫観念から、何度も何度も手を洗う患者さんがいます。勿論、お店に買い物に行って、消毒液を付けたり検温したりしても、私たちは不安や恐怖に責め苛まれている訳ではありませんが、やっている事は同じですね。社会の構成員が全員で同じ事を、常に繰り返しているのですから、精神が影響を受けない訳がありません。

特に子どもたちの受ける影響が心配です。子どもの描くお絵かきの「顔」から「口や鼻」が消えてしまうのでは無いか。家族を越えた周辺の人たち、近所の人たちを「人」として認識できるのだろうか。家族以外の人たちと飲食をする機会が減って、これまで以上に共生感覚を持てなくなるのでは無いだろうか。潔癖症の子が増えたり、場合によっては「強迫性障害」を発症してしまう子も出て来るのでは無いか…。

3.世界も変わるか

「『コロナ前』と『コロナ後』で世界は変わってしまった」と言われます。けれども、その意味が本当に明らかにされるのは、これからだろうと思います。私たちが社会の変容に気付くのは、随分と後に成ってからなのです。そして、何年も経ってから「あの時を境にして変わったんだね」と皆が認識し始めるのです。でも、もうその時には、次なる変容の波が押し寄せて来ているかも知れません。

聖書の世界で「変容」と言えば「主の変容/Transfiguration of Jesus」です。イエスさまが3人の弟子たちを伴って「高い山」(正教会では「タボル山」とされています)に登った時の出来事です。イエスが白く光り輝く御姿に変わって、旧約聖書の律法者モーセ、預言者エリヤと語り合っていたという話です。このエピソードは古来「これから始まる十字架の受難においても、希望を見失わないように」というメッセージとされています。ローマカトリック教会は、8月6日を「主の変容日」として記念していますが、ルーテル教会は「灰の水曜日」の直前の主日に定めています。

ドイツ・ロマン派を代表する作曲家、リヒャルト・シュトラウスの交響詩「死と変容」(Tod und Verklärung)も思い出されます。貧しい病人が臨終を迎える姿を描いているのですが、その死によって、彼の世界は恐怖から一転、安らぎに「変容」するのです。ドイツ語では「キリストの変容」を「die Verklärung Christi」と言いますが、「Verklärung/フェルクレールンク」とは「浄化、純化」を意味します。十字架の苦難を通して復活があるように、もしかしたら「変容」がもたらす「浄化、純化」という事もあるのかも知れません。

牧師 朝日研一朗

【2021年11月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 06:00 | ┣会報巻頭言など

2021年10月26日

11月3日の聖書と祈りの集いは休会します。

11月3日聖書と祈りの集い休会します

posted by 行人坂教会 at 13:37 | 教会からのお知らせ

10月第5主日礼拝(宗教改革記念日)

      10月31日(日) 午前10時30分〜11時30分
説  教 ”人の心に書かれた手紙音楽     朝日研一朗牧師
聖  書  コリントの信徒への手紙U 3章1〜6節(p.327)
讃 美 歌  27、112、490、406(@D)、531、29
交読詩篇  詩編52編1〜11節(p.61)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2021年10月25日

その人と同じように【フィリピ2:1〜11】

聖句「…自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。人間の姿で現れ、へりくだって、…十字架の死に至るまで従順でした。」(2:7,8)

1.《心に掛ける》 世の中、自分の事だけで精一杯、他人の事まで知らない。ところが、聖書には「おのおの、自分のことばかりでなく、他人のことにも注意を払いなさい」と言われています。「注意を払う」は「見守る、心に掛ける」の意味です。相手が気付かなくても、見守る人の心の中にあるのです。恩着せがましくありません。勿論「自分のこと」も蔑ろにしてはいけません。「他人の…」は「一方に対する他方」です。ここから自分や身内以外の「隣人」を意味するようになりました。共同体に関わりを持って、世間は広がり、人生も深まるのです。

2.《天まで上れ》 最近、巨大資本の総帥と言われる企業家たちが相次いで、宇宙旅行をビジネスモデルとして成功させました。あの満面の笑みは、誰よりも高い次元に上り、神の視点を手に入れた喜びです。富の支配者が地上を見下ろそうとするのは「バベルの塔」から「トランプタワー」まで変わりません。アポロ15号の乗組員アーウィンは、後に福音伝道者と成りましたが、「月面を歩く人間よりも、地上を歩むイエスの方が重要だ」と言い残しています。上を目指し「優れた者」に成ろうとしても、待っているのは「利己心(独善)と虚栄心(自惚れ)」に過ぎません。舞い上がっているのは本人だけで、恥ずかしい限りです。

3.《へりくだる》 反対に、イエスさまの在り方は「神と等しい者であることに固執しようとは思わず」ですが、「固執」とは「手放したくない宝物」の意味です。主にとっては、神さまとの親子関係、一体感です。それを手放されたからこそ、十字架の上で絶望の叫びを上げられたのです。「自分を無にする」は自分を明け渡すことです。「へりくだる」には「肉体労働をする」の意味もあります。姿形を表わす3つの語「形」「似姿」「有様」が使われていて、地上に生きたイエスさまが「良い御身分」ではなく、汗と泥に塗れて働かれたことが言われています。そのようにして「神の愛の何たるか」を身をもって顕わされたのです。ラテン語の「へりくだり/フミリタース」は「大地/フムス」が語幹です。私たちは「大地から離れては生きられない」のです。「地面」から離れることは致命的です。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 20:57 | 毎週の講壇から

2021年10月19日

10月第4主日礼拝

      10月24日(日) 午前10時30分〜11時30分
説  教 ”その人と同じように音楽      朝日研一朗牧師
聖  書  フィリピの信徒への手紙 2章1〜11節(p.362)
讃 美 歌  27、112、490、13、483、515、29
交読詩篇  詩編52編1〜11節(p.61)

・讃美歌練習(11月の月歌:108番)  礼拝後      礼拝堂

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2021年10月18日

共に生きる【ローマ 12:15】

聖句「喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい。」(12:15)

1.《無謀な戦争》 年齢を重ねたせいか、最近よく戦争を思い出します。最近の政治家たちの言動が軽いのも、戦争の実体験が無いからでしょう。あれば、もう少し人の心に響く言葉を語られるのではと思います。3歳の頃、父の勤務地の岡山で空襲を経験しました。逃げ込んだ防空壕も火の粉が入り、後楽園の対岸に避難して助かりましたが、沢山の焼死体が積み重なっているのを見ました。敗戦後には、父の転任で被爆間もない広島に引っ越し、街に残る原爆の爪痕をそこかしこに目にしました。どうして、このような無謀な戦争をしたのでしょうか。

2.《人の痛みを》 表題を「共に生きる」としましたが、後悔しています。現実には、他者に寄り添って生きることは大変に難しいのです。人の心の痛みを自分のものと出来るかどうか、全てはそこに掛かっていると思います。パラリンピックを見て、障がいを持つ人たちの不屈の姿に目を開かれました。顔と顔とを合わせ、同じ目線で接する。そして、心の中でも目線を合わせることが大切です。小学校5年生の時、足を引き摺る同級生をからかったことがありました。謝罪する機会を逸したままに成ってしまいました。今でも申し訳なかったと思っています。寄り添うべき相手に、私は寄り添っていなかったのです。

3.《乗り越える》 同じ官舎に暮らす高校時代の同期生がいました。絵も文も上手でしたが、日常生活の自己管理が全く出来ない男でした。ホームレス状態に成り、公園のトイレで寝起きしていたこともあったそうです。見兼ねた私は、彼に事務所の空き部屋を提供して、住居として使って貰うことにしました。その一室はゴミ屋敷と化しました。住民票すら無いので健康保険も取れません。転倒して起き上がれなくなり、入院するに際して戸籍を割り出すところから始めました。1年後、彼と連絡不通となり、漸く彼の姪に連絡がついて「亡くなった」と知りました。もう少し親身に世話をしていればと後悔しました。人は自分の目線や価値観でしか動こうとしません。しかし、イエスさまは違いました。キリストは言葉だけではなく実際に「喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣く」生き方をされたのです。

三井 務

posted by 行人坂教会 at 21:57 | 毎週の講壇から

2021年10月12日

10月第3主日礼拝(信徒伝道週間、教育週間)

      10月17日(日) 午前10時30分〜11時30分
信徒奨励 ”共に生きる音楽       三井 務
聖  書  ローマの信徒への手紙 12章15節(p.292)
讃 美 歌  27、112、490、475、462、29
交読詩篇  詩編52編1〜11節(p.61)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2021年10月11日

小さい人と大きい人【ルカ9:46〜48】

聖句「一人の子供の手を取り、御自分のそばに立たせて、言われた。『わたしの名のためにこの子供を受け入れる者は、わたしを受け入れるのである。」(9:47,48)

1.《主の御名により》 私たちは常日頃から、祈りの締めの言葉に「イエスのお名前によって」と添えて「アーメン」と唱えます。この「主の御名によって」が抜けると、皆で「アーメン」を唱和するのがズレてしまいます。間合いが取れないのです。18世紀のモラヴィア兄弟団やメソジストの祈り会に端を発する習慣でしょう。これが絶対でも必須でも無い事は、カトリックの祈祷書を見ても、一斉に各自で祈るペンテコステ派を見ても分かります。

2.《身を低くして》 私たちが「主の御名によって」と言い添えるのは、イエスさまが「私の名によって願えば、私が叶える」(ヨハネによる福音書14章、16章)と仰っているからです。また「フィリピの信徒への手紙」の「キリスト賛歌」(2章9〜10節)でもイエスの御名こそが「最高の名前」だと言われています。そこで、その「主の御名」が何に光を当てているのか知るべきです。ここでは「子どもを受け容れる」ことです。2歳から5歳くらいまでの幼児です。幼児の手を取って御側に立たせられたイエスさまは、きっと身を屈めて、この子と同じ目線に成って居られたはずです。その周りに「自分たちの内、一番偉いのは誰か」と浅ましい議論をしていた弟子たちが、呆然として立っていたはずです。

3.《小さくなろう》 「最高の名前」は年端も行かぬ幼な子と共にあったのです。権威や権力とは正反対の世界です。私は「オノマトペ/擬音語」を思い出します。星が「キラキラ」とか皆が「にこにこ」です。元々はギリシア語で「オノマ/音」を「ポイエイン/作る」事です。イエスさまの「名」も「オノマ」です。赤ちゃんの時には「喃語」です。人との間合いを取るような発話です。その進化系がオノマトペです。イエスさまは「偉そうになったら、いつでも何度でも、ここに戻って来なさい」と仰っているのでは無いでしょうか。「誰が一番偉いか、大きいか」等と競い合っていたら(権威主義、権力志向)、必ず行き詰って窒息するのです。でも、小さくなれば良いのです。それが「主の名によって」祈る事です。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 21:56 | 毎週の講壇から

2021年10月05日

10月第2主日礼拝(神学校日、伝道献身者奨励日)

      10月10日(日) 午前10時30分〜11時30分
説  教 ”小さい人と大きい人音楽   朝日研一朗牧師
聖  書  ルカによる福音書 9章46節〜48節(p.134)
讃 美 歌  27、112、490、153、361、29
交読詩篇  詩編52編1〜11節(p.61)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内