2021年11月15日

悪霊の家から神の国へ【マタイ12:22〜32】

聖句「しかし、わたしが神の霊で悪霊を追い出しているのであれば、神の国はあなたたちのところに来ているのだ。」(12:28)

1.《デーモン》 近年ブームを巻き起こした『鬼滅の刃』の英題は「デーモン・スレイヤー/鬼殺し」です。『鬼滅の刃』には、醜悪な鬼たちが登場しますが、元々は皆、普通の人間だったのです。不幸や貧困や虐待など、この世の残酷に直面して鬼に取り憑かれたのです。中国朝鮮から「鬼」の観念が入って来た時、「鬼」は目に見えない存在でした。姿形の無いものこそ最も恐ろしいのです。だから、洋の東西を問わず、人間は鬼や悪魔を描いて姿を与えようとします。「ベルゼブル」も巨大な蝿の姿が定番に成りましたが、それは19世紀に成ってからのことです。

2.《悪霊の家》 イエスさまの所に「悪霊に取り憑かれた人」が連れられて来ますが、彼自身は「悪霊」ではなく「人」なのです。どんな病気だったのかは分かりませんが、大変に苦しんでいます。本人のみならず、連れて来た家族も暮らしが成り立たなくなって苦しんでいたと思います。しかも「悪霊憑き」ともなれば、隣近所からも村八分にされ、結婚や祭り等で繋がる共同体からも排除されます。村に降り掛かる災いも全て「憑き物筋の家」のせいにされるのです。そんな中で、彼らは絶望して「神も仏も無い!」と叫びます。人間は神を呪い、人や社会を呪い、家族や自分自身までも呪うことで「鬼」に成って行くのです。

3.《神の国へ》 悪魔、悪霊、鬼は、人間を神から引き離し、神を信じさせないようにするものです。しかし、神が人の犯す罪や過ちを赦すのと同じく、たとえ神を呪い罵っても、神は赦して下さると、主は保証して居られます(31節)。イエスさまは「悪霊に取り憑かれた人」を癒されますが、その件について、ファリサイ派から「悪霊で悪霊を祓っている」と難癖を付けられます。けれども、イエスさまは声高に「私は神の霊で悪霊を祓っている」等と抗弁なさらず、「私が神の霊で悪霊を祓っているなら、もう神の国は来ている」と仰るのです。「神の国」とは「神の居られる所」です。「愛と慈しみのある所に神あり」です。ファリサイ派は気付きませんでしたが、癒された人は「信仰を告白でき、信仰の目が開かれた」はずです。もう神を呪わなくても、我と我が身を呪わなくても良いのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 20:55 | 毎週の礼拝案内